現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 売却ガイド > 中古車を売る時のポイントや注意点とは?売却手順や方法も解説!

売却ガイド

中古車を売る時のポイントや注意点とは?売却手順や方法も解説!

中古車を売る時のポイントや注意点とは?売却手順や方法も解説!

中古車を売る時は、いくつかのポイントや注意点があります。初めて売却する、久しぶりに売却するとなると、不安に思うこともあるでしょう。
そこで今回は、中古車を売る時に必要な知識をまとめました。売却手順や必要書類、査定を受ける際のポイントを解説します。愛車を安心して売りたい方は参考にしてみてください。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

中古車を売る時の方法4選

中古車を売る時の方法4選

まずは車を売る時の売却方法から検討してみましょう。具体的には「下取り」「買取」「オークション」「個人売買」の4つの中から選ぶことになります。それぞれに特徴があるので、自分に適した売却方法を選んでみてください。

【方法1】ディーラーの下取りに出す

ディーラーの下取りは、主に新車の購入を考えている方向けの売却方法です。今乗っている車を売却すれば、ディーラーでの新車購入費に充てることができます。しかし、ディーラーの主な業務は新車販売のため、中古車販売の販路が少ない、ノウハウが確立していないなどの理由から査定額が低くなる傾向にあります。

売却から購入まで一貫して行えるのはメリットですが、「高値で売却したい」「新車への乗り換えを希望していない」といった方にはあまり向いていません。

【方法2】オークションに出す

車の売却には「業者オークション」を利用する方法もあります。中間コストが削減できたり高く売れたりするのがメリットです。

しかし、実際は参加資格が厳しいだけでなく、売却までに必要以上の時間や手間がかかります。さらに、オークションは売れ残るリスクもあるので、一般人にはハードルが高いと感じるでしょう。

【方法3】個人売買をする

友人や知人へ車を売る方法です。知り合いであれば相談しながら車の価格を決められるので、お互いが納得できる金額で売買できます。

ただし、売却手続きをすべて自分で行う必要があります。慣れていないと名義変更や任意保険の入れ替え手続きが複雑に感じてしまうこともあるでしょう。

【方法4】買取業者へ売却する

トラブルのリスクを避けつつ高く売りたいのであれば、買取業者への売却がおすすめです。買取業者は豊富な知識と経験があるので、スムーズかつ安全に車を売却できます。

純正品やカスタムパーツなど、価値があるものはプラス査定が期待できるでしょう。初めて車を売却するなら買取業者で売却するのがおすすめです。

中古車を売る時の流れ

中古車を売る時の流れ

中古車を売る時は、段取りが重要になります。特に相場価格を調べるところから最後に行う入金確認まで、一連の流れを理解しておくことが大切です。ここでは、中古車を売るまでの流れを5つのステップで解説します。

【Step1】相場価格を調べる

車を売る時のファーストステップは、「買取相場チェック」です。これを行えば、買取業者から買い叩かれる心配もなくなり、適切な売却先を選ぶことができます。

買取相場は買取カービューのウェブサイトでチェック可能です。個人情報の入力は一切必要ないので、愛車の買取相場が気になる方はチェックしてみてください。

【Step2】売却方法を決める

車売却の方法は先ほど紹介した4種類の中から、自分に適したものを選びましょう。新車への乗り換えを決めているなら下取り、買取額アップを目指すのであれば買取業者への買取がおすすめです。

【Step3】査定を受ける

査定は店舗への持ち込みか出張査定のどちらかです。故障車や車検切れの車は公道を走れないので、出張査定を利用しましょう。査定結果に満足できれば即決しても良いでしょう。しかし、即決を無理に迫るような買取業者は避けたほうが無難です。

【Step4】契約・車両受け渡し

査定額に納得したなら、いよいよ契約書へのサインに移ります。この時は、「車検証」「自賠責保険証明書」などの書類が必要になるので、事前にしっかり準備しておきましょう。また車両の引き渡し時は、カーナビの個人情報の消し忘れや、ETCカードの抜き忘れには注意が必要です。

【Step5】入金を確認する

車売却後の入金は、最短だと2日、長くても1週間程度が目安です。入金のトラブルを回避するためは、予め入金日を明確にしておくことが大切です。入金日には「入金されているか」「金額は間違っていないか」を確認し、もし問題があれば早めに連絡を取りましょう。

中古車を売る時に必要な書類

中古車を売る時に必要な書類

中古車を売る時には、さまざまな書類が必要になります。普通自動車と軽自動車によっても必要書類が異なるので、事前に確認しておきましょう。ここでは、中古車を売る時の必要書類について解説します。

普通自動車を売却する場合

普通自動車の売却に必要な書類は以下のようになります。

  • 自動車検査証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書
  • リサイクル券(預託済みの場合)
  • 印鑑登録証明書
  • 振込口座情報
  • 実印
  • 譲渡証明書(買取業者が用意)
  • 委任状(買取業者が用意)

軽自動車を売却する場合

軽自動車の売却に必要な書類は以下のようになります。

  • 自動車検査証
  • 自賠責保険証明書
  • 軽自動車納税証明書
  • リサイクル券(預託済みの場合)
  • 振込口座情報
  • 印鑑(認印でも可)

場合によっては追加で必要になる書類もある

引っ越しで住所が変わっている、結婚などで氏名が変わっている場合、別途用意する書類があります。

  • 住民票(車検証の住所と印鑑証明書の住所が異なる場合)
  • 戸籍の附票または住民票の除票(住所変更が複数回ある場合)
  • 戸籍謄本(氏名が変わっている場合)

メンテナンスノートや取扱説明書もそろえておく

点検整備記録簿と取扱説明書がセットになった「メンテナンスノート」も用意しておきましょう。整備や点検の記録が確認できると、車の状態確認が円滑に進むだけでなく、査定額アップも狙えます。査定士に対してメンテナンスがしっかりされてきた車であることをアピールできます。

中古車を売る時の査定のポイント

中古車を売る時の査定のポイント

中古車を売る時の流れや必要書類が分かれば、準備から売却までがスムーズに進みます。しかし、少しでも車を高く売るためには、他にも理解しておきたい点があります。ここでは、中古車を売る時の査定ポイントを6つ解説します。

年式は新しいか

車が製造・初回登録されてから、どれだけ年数が経過したのか示すのが年式です。車検証の「初度登録年月」の項目に記載されています。中古車市場は比較的に年式の新しい「3年落ち」「5年落ち」の車が人気です。当然ながら低年式車よりも高年式車のほうが高く売れやすくなっています。

走行距離はどのくらいか

車の走行距離はオドメーターで確認します。車は1年に1万km走るのが平均とされているので、年式に対して走行距離が多いと査定額は安くなり、反対に少ないとプラス査定につながります。

低走行車は査定で有利とされていますが、年式に対して走行距離が極端に短いと、しばらく乗っていない車と見なされる場合があります。

車種・ボディカラーは人気のものか

近年、中古車市場で人気がある車種は、高燃費や安全性能が高い車です。特に燃料価格の高騰が大きく影響しており、ハイブリッド車の需要が高まっています。

また、アウトドアやキャンプブームによって、SUVが大ヒット中です。軽自動車のSUVモデルも人気があり、このような車種は査定で有利になるでしょう。また、ボディカラーは「白」「黒」「パールホワイト」といった色が人気です。

修理・修復歴がないか

事故などを起こすこと「修復歴車」「修理歴車」になるケースがあります。売却する車が該当する場合は、その違いを正確に理解しておきましょう。

  • 修復歴車:車の骨格部分(フレーム)を交換修理した車
  • 修理歴車:車の骨格部分(フレーム)に影響しない部品を交換修理した車

なお、修復歴があることを隠したまま売却を進めると、売却後に損害賠償を請求される恐れがあります。査定の減点対象になりますが、正直に申告することが大切です。

車内外がきれいか

ボディの洗車や車内掃除は必須ではありませんが、車の見た目が良いと好印象を与えることができます。ただし、車内のにおいは査定に影響するので、換気を行ったり消臭スプレーを使ったりして可能な限り無臭にしておきましょう。

プラス査定につながるパーツやオプション

車の査定ではパーツやオプション品がプラス評価されるケースがあります。メーカーオプションやディーラーオプションを取り付けている場合は、査定時にアピールすると良いでしょう。車種によっては社外製ホイールやエアロパーツなどが評価される場合もあります。

中古車を売る時の注意点

中古車を売る時の注意点

車売却の流れや書類の準備を完璧に行っていても、手続きが止まってしまうこともあります。名義変更や保険関係は難しいイメージが強いので、事前に注意点を確認しておきましょう。

売却のタイミングを見極めよう

中古車市場を確認すれば、買取相場は安定しておらず常に動いていることが分かります。そのため、売却のタイミング次第では高く査定してもらえる可能性があるのです。

もっとも高く売れやすいのは「1~3月」「7~9月」です。この時期は買取業者の決算月が近づくので高価買取に期待できます。他にも「フルモデルチェンジ前」や「車検を通す前」に売却するのもおすすめです。

名義人が誰か事前に確認する

車を売却できるのは、名義人のみです。もし売却する車の名義が親やローン会社・信販会社などの場合は、名義人を自分に変更する必要があります。ローンを組んでいる場合は、ローンを完済することで売却可能です。

保険手続きを忘れずにしておく

車の保険は「自賠責保険」と「自動車保険(任意保険)」の2種類があります。自賠責保険は買取業者が手続きを代行してくれますが、自動車保険については自分で手続きする必要があります。

車の乗り換え時にこの手続きを怠ると、万が一の事故が起きた際に保険適用の対象外となってしまいます。車を完全に手放す前に、自動車保険を契約している方は保険会社に問い合わせてみましょう。

傷は無理に直さないようにする

傷やへこみを直したからといって、査定額が上がるわけではありません。道具をそろえる費用がかかったり、技術不足によって状態が悪化したりすることも考えられます。そのため、傷は無理に直さずにそのまま売るほうが良いでしょう。

買取業者と積極的にコミュニケーションを取る

車の売買は人対人のやり取りになるので、査定士や販売員とのコミュニケーションは積極的に取りましょう。疑問点をその場で解決することで、後の余計なトラブルを防ぐことができます。相談しやすく信頼できる買取業者を探すことも重要なポイントです。

トラブルを避けるためにキャンセルはなるべくしない

売買契約後のキャンセルは避けたほうが無難です。どうしてもキャンセルする必要がある時は、早めに連絡を取りましょう。売却先によって違約金やキャンセルの猶予期間はさまざまです。車はクーリングオフ制度の対象外なので、契約書はしっかり読んでおきましょう。

査定は複数の買取業者に依頼する

1社の査定だけでは相場価格よりも安くなるかもしれません。そのため、査定は複数の買取業者に依頼し、比較検討することが大切です。買取業者によっては欲しい車や専門的に取り扱っている車があるので、愛車の価値を適正に判断してくれる買取業者を選びましょう。

中古車を売る時は買取カービューがおすすめ!

買取カービューは安心信頼の証でもあるJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)加盟事業者で、利用実績も450万人を突破しました。提携している査定会社数は300社以上もあり、一度の見積もりで最大10社の査定を受けられます。

見積もり依頼は無料で、愛車の年式や走行距離などの簡単な情報入力だけで申込み可能です。車の売却先選びで悩んだら、ぜひ買取カービューの「愛車無料一括査定サービス」をご利用ください。

まとめ

まとめ

中古車を売る時は流れを把握してから必要な書類を用意し、相見積もりを取るなどと大切な手続きがたくさんあります。査定のポイントや注意点を押さえることで、トラブルなく高く売れるようになるでしょう。

買取カービューなら、300社以上の提携会社から最大10社の見積もりを比べられるので、高額査定も夢ではありません。まずは、お手元のスマートフォンで無料見積もりから始めてみませんか。

写真:アフロ

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ