現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 売却ガイド > 車を売る際はボディの色で査定額が変わる?人気・不人気の色を紹介!

売却ガイド

車を売る際はボディの色で査定額が変わる?人気・不人気の色を紹介!

車を売る際はボディの色で査定額が変わる?人気・不人気の色を紹介!

車を売るなら、できるだけ高い値段で買取ってもらいたいと考える方は多いでしょう。高値での売却を目指すなら、査定時に良い評価をもらうことが重要です。
プラス査定を狙うポイントは主に車種やグレード、年式、車両の状態ですが、車の色も査定に影響するのでしょうか。この記事では、車の色によって査定額が変わるのかどうか、人気が高い色や不人気の色もご紹介します。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

車を売る際はボディの色によって査定額に差が出る

車を売る際はボディの色によって査定額に差が出る

結論からいうと、車のボディカラーは買取金額に影響します。色ですべて決まるわけではありませんが、少なからず影響を与えるのは事実です。ここでは、車の人気色と不人気色が査定にどう反映されるのか解説します。

人気色は査定額が高い傾向

一般に人気のある色の車は、市場でも人気が高く需要が安定しています。そのため、人気のボディカラーは査定額が上がりやすい傾向にあるのです。

人気色の車はすぐに売れてしまうため、保管費用やメンテナンス費用がさほどかかりません。在庫として売れ残る心配もなく、買取業者にとってのメリットが多いため、売却を希望すれば多少高値でも積極的に買取ってくれます。

人気がない色は高値で売れにくい

人気のない色の車は売れ残る確率が高く、在庫になった場合は保管やメンテナンスの費用がかかってしまいます。そのまま売れない状態が続くとさらに年式が古くなり、ますます売れなくなってしまう悪循環も考えられるでしょう。

買取業者は少しでも売れ残りを防ぐために、人気色の車よりも価格を低めに設定して販売します。それに比例して売る時の査定額も低い傾向にあるのです。

車を売る際に人気のあるボディの色は?

車を売る際に人気のあるボディの色は?

ボディカラーは飽きにくくて性別・年齢を問わない色が好まれるため、中古車買取店では需要が高い色の車を積極的に買取る傾向があります。では、一般的に人気のあるボディカラーはどのようなものなのでしょうか。新車・中古車市場ともに、とくに需要が高い色を4つご紹介します。

ブラック・ホワイト

ブラックやホワイトは老若男女問わず使いやすい色であり、おおよそどのような車種にも合うため人気が高いカラーです。自家用車としてブラックやホワイトを選ぶケースもありますが、社用車や営業車としても利用されることが多いカラーでもあります。

注意点としてはホワイトは水垢などの汚れが目立ちやすいこと、ブラックは塗料の性質的に傷が付きやすい点です。しかし、これらのデメリットを踏まえてもホワイト・ブラックは安定して人気があります。

パール系やメタリック系

ブラックやホワイトと同様に、人気のあるボディカラーがパールやメタリックです。パール系の色でもパールホワイトはとくに人気が高く、高級車にも多く採用されています。

メタリック系の色は高級感があり、重厚感も醸し出す色として好まれます。メタリックにもさまざまな系統がありますが、中でもシルバーメタリックが人気です。

シルバー

パールホワイトやブラックなどと比べると人気はやや下がりますが、安定した需要があるのがシルバーです。どんな車種にもマッチする色ともいえるため、根強い人気があります。

シルバーは汚れや小さい傷が目立ちにくいメリットがあります。ブラックやホワイトと同じように社用車として使われることも多いのが特徴です。

パープル

パープルは車種によって需要が変わります。軽自動車やミニバンなど、特定の車種であれば査定額が高くなりやすい傾向ですが、それ以外だと不人気色として高い査定額は見込めません。

ただ、トレンドカラーとして選ばれることが多いパープルは、全体的に査定額が下がりにくい特徴があります。ミニバンなどの車種であればパープルの人気は安定しているため、高値で売れる可能性が高いでしょう。

車を売る際にあまり人気のないボディの色は?

車を売る際にあまり人気のないボディの色は?

誰でも使いやすく乗りやすい無難な色は需要が高い傾向にありますが、反対に原色や奇抜に感じる色は、査定時に不人気色と判断されてしまいます。需要が高くないボディカラーの車を売ろうと考えている場合、査定額アップはあまり期待できないと考えて良いでしょう。ここでは、人気があまり高くないボディカラーを2つご紹介します。

レッド・イエロー・グリーンなどの原色

原色のボディカラーはスタイリッシュで、スポーツカーをはじめとする一部の車種では人気を誇っています。しかし、原色は基本的に目立つ色合いのため、自家用車のカラーとしては乗る人が限定され人気が低めです。

原色の車を売る際は、査定額アップは厳しいことを理解する必要があります。その分、原色カラーの中古車を購入する際は、比較的安価で購入できるでしょう。

ピンク・オレンジやパステルカラー

薄めのピンクやオレンジ、パステルカラーもあまり人気がありません。パステルカラーは軽自動車やコンパクトカーに採用されることが多く、柔らかい雰囲気があり女性に人気があります。

しかし、原色と同じように目立つカラーなので、運転手が特定されやすい点がデメリットです。極めて個性的なカラーは、海外でもあまり好まれない傾向があります。

車を売る際の色に関する注意点

車を売る際の色に関する注意点

人気のある色の車は高値の査定が期待できますが、不人気色はプラス査定が難しいでしょう。例外的に、不人気色でも査定額アップを狙える特定の車も存在します。また、売りたい車があまり人気のないカラーだとしても、ホワイトなどの人気色に塗り替えることは控えた方が良いでしょう。

不人気色でもイメージカラーは高額査定になる可能性も

グリーンやピンクなどのボディカラーは、人気があまり高くありません。しかし、特定の車種であれば似合う色だったり、その車のイメージカラーとして定着していたりするボディカラーも存在します。

スポーツカーであればレッドが好まれ、コンパクトカーであればパステルカラーも需要があります。車種によっては不人気色でも査定額が高くなる場合もあるため、一般的な不人気色だからといって売却を諦める必要はありません。

人気色への塗り替えはおすすめできない

車のボディカラーが査定に多少の影響を与えることから、査定前に色を塗り替えれば良いのではないかと考える方もいるかもしれません。しかし、色をわざわざ塗り替えることはおすすめできません。

塗装を行うことによって、改造車として判別されてしまうかもしれませんし、傷が付きやすくなって結局塗り直すことになってしまうこともあります。マイナス査定につながる恐れもあるため、塗り直さずにそのまま査定に出しましょう。

将来売却するつもりなら人気色を選ぶ

車を選ぶ際は、自分が好きな色を選ぶのが一番です。しかし、将来買い替えを予定している、色選びに迷っている場合は定番の人気カラーを選んだ方がお得といえるでしょう。

その時の流行色を選ぶ方もいると思いますが、流行は変わっていくものであり、自分が飽きてしまう場合もあります。そのため、とくに色へのこだわりがなければ、定番色のブラックやホワイト、パールホワイトを選ぶのがおすすめです。

車の色以外で査定額に影響する項目

車の色以外で査定額に影響する項目

車の色によって査定額に差が生まれるのは事実ですが、ボディカラーよりも重視される査定項目があります。ここでは、とくに注意したい査定ポイントを6つご紹介します。

車種の人気度

ボディカラーも重要なポイントのひとつですが、車種の人気度も査定に大きく関わります。人気の車種は市場に出回ることが多く、比例して買取価格も高めです。査定額の差は、車種の影響が強いといっても良いでしょう。

また、モデルチェンジも査定に影響を与えます。新型モデルが発売されると、旧型モデルの市場価値が下がるためです。価値が下がれば買取金額も下がってしまうため、高価買取が難しくなります。

年式の古さ

車の査定では年式はかなり重要なポイントです。年式は車を登録した年のことで、1年経つごとに古くなり価値が下がっていきます。つまり、年式が新しいほど価値が高いとされ、査定額が上がるのです。

あまりに古い年式の車だと経年劣化を警戒されるため、査定額アップは厳しいでしょう。3年落ちや5年落ちが売却の目安という見方もあります。

走行距離の長さ

走行距離も年式と同様、査定において非常に重要な項目です。中古車業界では、1年間の平均走行距離は約1万kmとされます。JAAIが定める査定基準では、平均走行距離が1万kmを超えていれば査定は減点、超えていなければ加点される仕組みです。

走行距離は、走行した距離が長すぎても短かすぎても査定額に影響を与えます。走行距離が長ければ部品の消耗・劣化が疑われ、短ければメンテナンスを行わずに放置されていたという印象を持たれるでしょう。

純正オプションの有無

純正オプションを所持しているかどうかも、査定時に必ず確認されます。純正オプションとは、安全装備や純正カーナビなどの運転をサポートするためのものや、サンルーフやレザーシートなど、快適に車に乗るための装備のことです。

これらの純正オプションは後から取り付けられないため、プラス査定につながりやすい傾向にあります。純正オプションを取り外してしまったが保管はしている場合、査定の際に用意し積極的にアピールしましょう。

修復歴の有無

事故などで車の骨格部分を損傷したり修理したりした場合、車に修復歴が付きます。修復歴がある車は走行面や安全面で不安が残るため、査定額が大きく下がるので注意しましょう。

修復歴は、日本自動車査定協会が定義する内容を基準としています。フレームやダッシュパネル、トランクフロアなど車の骨格部分を修理したかどうかで判断されるのが一般的です。

外装・内装の傷や汚れ

外装はボディカラーの他に、傷やへこみも確認します。ヘッドライトやトランクフロア、バンパーなども細かくチェックされ、外装部の損傷が目立つ場合は評価を下げられるでしょう。

内装は車内の汚れやフロアマット、トランクルームなどを確認します。目に見える汚れだけでなく、車内のにおいも確認されるため、たばこを吸っていたりペットを乗せていたりした場合は注意しましょう。エンジンルームでは、オイル漏れの有無やプラグの状態が確認されます。

高額査定を目指すなら買取カービューを利用しよう!

買取カービューは、サービス開始から現在まで450万人以上の利用実績に加え、大手買取店を含め300社以上の業者と提携しています。買取カービューの愛車無料一括査定サービスの申し込みは簡単で、1度の情報入力で最大10社に一括で査定依頼が可能です。ウェブサイトでの査定申し込みは約45秒で完了します。

安全面においても、JPUC認定の適正買取店に認定されているため、安心して相談・売却が可能です。買取カービューを利用することで、高値の査定額を提示してくれる業者が見付かるでしょう。

まとめ

まとめ

車の買取査定には、走行距離や車両の状態だけでなくボディカラーも影響を与えます。誰でも使いやすい色であるブラックやホワイト、シルバーやパールホワイトは中古車市場でも人気があり、査定も高評価を得やすいでしょう。

将来、車の買い替えを考えているのであれば、査定で有利になりやすい色を選ぶことをおすすめします。好きな車に好きな色で乗りたいと考えているなら、査定に関係なく自分が好むボディカラーを選ぶことも大切です。

買取カービューなら、不人気色の車でも買取してくれる中古車買取店を見つけることができます。相見積もりを取って査定額をアップさせたい場合は、ぜひ買取カービューをご利用ください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ