現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 売却ガイド > ローン会社名義の車でも売ることは可能!名義変更や売却の手順を解説!

売却ガイド

ローン会社名義の車でも売ることは可能!名義変更や売却の手順を解説!

ローン会社名義の車でも売ることは可能!名義変更や売却の手順を解説!

カーローンの返済中に「車を売りたい」または「別の車に乗り換えたい」と考える方もいるのではないでしょうか。この記事では、カーローン返済中でローン会社名義になっている車を売却することは可能なのかという点や、売却の必須条件である「名義変更」の方法について解説します。
加えて、高額査定につながるポイントも紹介しているので、車の買取金額でローン完済を目指している方もチェックしてみてください。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

ローン会社名義の車でも売ることは可能

ローン会社名義の車でも売ることは可能

ローンが残っている車の場合、買取店などから協力を得ながら「ローン返済」と「名義変更」の2つの手続きを進めれば、売却が可能となります。ローン会社名義の車を売るためにローンの残高をゼロにしたい場合、車を売ったお金でローンを完済するのが簡単な方法です。つまり、「車の売却」と「ローンの返済」を同時に済ませてしまうやり方のことを指します。

しかし、車の買取金額がローンの残高に届かない場合は、残ったローンの支払う手段を考えることが必要です。「ローン残高」と「買取金額」を比べ、最終的に入ってくる金額を考慮した上で売るかどうかを検討してみてください。

ローン会社名義の車を売るためには名義変更が必要

ローン会社名義の車を売るためには名義変更が必要

ローン会社名義の車を売るためには、車の名義を自分の名前にする必要があります。車の売却は、所有者のみが行えるためです。ここでは、名義変更が必要になる理由と、名義変更するための方法について解説します。

車を売却できるのは所有者のみ

基本的に、車を売却できるのはその車の所有者のみとされており、所有者が持つ権限として「廃車」や「売却」などがあります。そのため、自分以外の名義の車を売却する際には、名義変更をする必要があるのです。自動車検査証の所有者欄で、自分が乗っている車の所有者を確認できます。

家族が名義人になっている場合は、売却の際に委任状や印鑑証明が必要です。法的な手続きは無いので比較的簡単に売却できるでしょう。

まれに、ローンで車を購入したのにもかかわらず、所有者名義が個人になっていることがあります。これは銀行でマイカーローンを組んだケースです。その場合、たとえ所有者名義が自分であっても、ローンの返済中は売却できない契約になっていることがほとんどなので注意しましょう。

ローンを完済するまでは、車の所有権はローン会社にあるため、名義人もローン会社となっています。ローンを完済しない限り名義変更はできず、車を売ることも不可能です。

ローン会社名義の車を売りたい時はローン残債を確認しよう

ローン会社名義の車を売りたい時はローン残債を確認しよう

ローン会社名義の車を売るためには、所有者名義を自分の名前に変更する必要があります。続いて、車の買取金額がローンの残額よりも多い場合と少ない場合、それぞれのパターンごとに対処法を見ていきましょう。

車の買取金額がローンの残積を上回る場合

車を査定してもらい、買取金額でローンを完済できる場合は、難しく考える必要はありません。たとえば、ローンの完済に必要な金額が70万円で、車が100万円で売れたとします。その100万円のうち70万円をローンの返済にあて、残りの30万円を受け取れるのです。この30万円は次の車を買う資金に充てるなど、自分の好きなように使えます。

また中古車買取業者の中には、ローン残債の返済手続きまで代行してくれるところもありますので、査定時に一度相談してみると良いでしょう。

車の買取金額がローンの残積を下回る場合

車の買取金額を全て充ててもローンを完済できない場合は注意が必要です。たとえば、ローンの残債が70万円あり、車の買取金額が40万円だったとします。買取金額を全額ローンの返済に充てても、30万円のローンが残ってしまうのです。

このような場合、所有者がローン会社名義だと、30万円の不足分を補わなければなりません。名義変更ができず、車を売却できないためです。残った残高を工面する方法については次項で解説します。

買取金額でローンを完済できない時の対処法

「買取金額を全て充ててもローン完済はできないが、どうしてもローン会社名義の車を売りたい」という場合、以下のような対処法があります。

1.現金で残りのローンを支払う
こちらはまとまったお金が用意できる方向けのシンプルな方法です。先ほどの例から説明しましょう。ローンの残債が70万円、車の買取金額が40万円だったとして、買取金額を全てローンの返済に充てれば、残りのローンは30万円となります。この30万円を現金で支払うことで、ローンの完済が可能です。

2.新たにローンを組む
車の買取金額を全てローンの返済に充てた上で、なお残っているローンの残積分を、他の金融機関から借りて返済する方法です。車のローンは完済となるため、売却が可能となります。ただし、金融機関へのローンの返済が必要になります。特に、消費者金融やカードローンなどは金利が高く設定されていることも多いため注意が必要です。

3.新たな車のローンに上乗せする
ローン残債を、次に乗る車のローンに上乗せする方法です。車を売った後、新たに車を購入してローンを組む予定の方におすすめの手段です。現金を用意する必要も、金融機関でローンを組む必要もありません。ただし、ローン残積があまりにも多い場合は、上乗せされる金額も高額になるため注意が必要です。

車の名義変更の方法と必要書類

車の名義変更の方法と必要書類

ここでは、車を売却するためには必須となる「名義変更」について紹介します。名義変更の方法は、買取業者に依頼する方法と、自分で手続きをする方法の2種類です。スムーズに手続きするために、事前に必要書類を確認しましょう。

買取業者に依頼して名義変更してもらう

買取業者に名義変更を依頼すれば、手続きを代行してもらえます。車を買取に出すのであれば、その買取業者に依頼するのが簡単でしょう。注意点として、買取業者によっては名義変更手数料が必要となり、査定額からその分を減額されることもあります。手数料は1万5000円〜3万円前後になることが多い傾向です。

「ディーラー」「行政書士」「整備工場」などでも代行可能です。依頼先によって代行費用が異なるため、事前に確認してください。代行依頼する場合、自分で用意する書類は「印鑑証明書」と「身分証明書」などです。代行費用と同じく、事前に確認すると良いでしょう。

自分で名義変更の手続きをする

自分で名義変更の手続きをすることも可能です。その場合は、必要書類を整えて車のナンバー登録がされている陸運局(軽自動車の場合は軽自動車検査協会)へ出向き、手続きします。手続き自体は窓口で丁寧に教えてもらえるため、難しくはありません。

ただし、書類に不備があるとその日のうちに名義変更ができなくなることがあり、再度陸運局へ出向く必要があります。陸運局は平日しか開いていないため、日中に時間を取れない方は注意が必要です。必要書類については次で詳しく紹介しているので、しっかり確認しておきましょう。

名義変更に必要な書類

名義変更の手続きには以下の書類が必要です。手続きをスムーズに進めるために、早めに準備しておきましょう。

  • 身分証明書
  • 自動車検査証(車検証)
  • 印鑑証明書(発行から3か月以内のもの)
  • 納税証明書(紛失した場合は役所または役場へ問い合わせて再発行が可能)
  • 車庫証明(駐車場を契約している場合)
  • 自動車リサイクル券(紛失した場合は「自動車リサイクルシステム」のウェブサイトから情報が確認可能)

以下は旧所有者側が発行する書類です。
・譲渡証明書
・委任状

高額査定のコツは?買取金額でローン完済を目指そう

高額査定のコツは?買取金額でローン完済を目指そう

続いて、車を買取に出す際に高額査定につなげるためのコツを紹介します。査定額がローン残高を上回るためには、できるだけ高額査定を引き出すことが大切です。以下で紹介する5つのポイントを意識し、プラス査定でローンの完済を目指しましょう。

車の内外装をきれいに掃除する

車を査定に出す時は、可能な限りきれいな状態にしておくと良いでしょう。査定士も人間なので、あまりにも汚れが酷いと不信感を持たれる確率が高くなります。わざわざ有料のクリーニングを依頼する必要はありませんが、査定前に自分で洗車しておくと良いでしょう。

車内も、ほこりや砂などの汚れを掃除機で隅々まで取り除くことをおすすめします。中でも重要なのが車内のにおいです。車内で喫煙している場合は、ヤニの臭いがこびりついていることが多くあります。ペットを乗せていた場合も、においや抜け毛の付着に注意しましょう。また、芳香剤を使っている方も多いかもしれませんが、においには好き嫌いがあるので、できるだけ無臭にしておくのが無難です。

高値で売れる時期を意識する

中古車市場は1〜3月、または7〜9月に繁忙期を迎えます。この時期は中古車の需要が高まり、買取も積極的に行われるため、他の時期に比べて高く売れる傾向にあるのです。その理由として、春は進学や就職などの新生活へ向けて車を購入する層が増えること、夏はボーナスや転勤の多い時期であることが挙げられます。

また、多くの買取業者は3月に決算期、9月に中間決算期を設定しており、売り上げを伸ばすために十分な在庫を確保したいと考えるでしょう。そのため、これらの時期は買取価格が上がりやすいのです。

純正パーツは付けたまま査定に出す

純正パーツが装備されている車は、査定額が上がる傾向にあります。純正パーツとは、その車専用に作られたもので、とくにメーカーオプションについては新車購入時にしか取り付けができません。

カーナビや自動ブレーキシステム、フロアマットなどの純正パーツは人気が高く、プラス査定につながりやすい傾向にあります。車を売却する際には、取り外さずセットで引き渡すようにしましょう。社外パーツなどを使って愛車を自分好みにカスタマイズしている方は、取り外した純正パーツを査定時に持ち込むと良いでしょう。

おおよその相場価格を調べておく

車を売る際は、事前に自分の車の買取相場を調べておくことが重要です。買取相場を知らなければ、提示された査定額が高いのか安いのかの判断ができず、交渉も不利になってしまいます。

基本的に、買取業者は安く買取りたいと思っているため、始めは低めの買取価格を提示してくるでしょう。愛車を安く買い叩かれないようにするためにも、通常どの程度で売れるのか、目安を把握しておくことが大切です。

事前に車の相場価格を知ることで、相場よりも低い査定額を提示された際に、理由を聞いて交渉する余地が生まれます。

一括査定サービスを利用する

車をより高値で買取ってもらうためには、複数の買取専門店に査定を依頼し「相見積もり」を取るのが有効です。しかし、複数の業者にそれぞれ査定依頼をするのは、多くの時間と手間がかかります。そこで、一括査定サービスの利用がおすすめです。

一括査定サービスを使えば、一度の情報入力により複数の業者へ同時に査定依頼が可能で、数社の査定価格を簡単に比較できます。つまり、査定依頼と同時に相場価格も把握可能なのです。また、一括査定サービスを利用して申し込むことで、業者同士の競争心理が働くため、より高額査定を促せるというメリットがあります。

ローン返済中の車を売るならcarview!車買取で!

carview!中古車一括査定サービスの申し込みは、ウェブサイトから査定してもらいたい車の「メーカー」「モデル」「年式」「走行距離」を入力するだけなのでとても簡単です。走行距離は5,000km単位での入力、また車検証に記載されている情報も不要なので、気軽に申し込みができます。もちろん、パソコン・スマートフォンのどちらからでも利用可能です。

carview!車買取はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)に加盟しており、協会と連携して安全・安心なサービスを提供しています。提携査定事業者数は300社以上あり、愛車の価値を適正に評価してくれる買取業者が見つかるでしょう。

まとめ

まとめ

ローンが残っている車を売却する場合、「ローン返済」と「名義変更」の手続きが必要です。車を売ったお金でローンを完済すれば、「車の売却」と「ローンの返済」を同時にできます。今回紹介したプラス査定につなげるためのコツを意識して高額査定を引き出し、ローン完済を目指しましょう。

そして高値で車を売るときに効果的な方法は、一括査定サービスを利用することです。各社から相見積もりを取り、最高額を付けた業者を選びましょう。その際は、ぜひcarview!中古車一括査定サービスをご利用してみてください。簡単にお申し込みが完了します。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ