現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 売却ガイド > 車を売る理由は3つのケースに分けられる!メリットのある売却を目指そう

売却ガイド

車を売る理由は3つのケースに分けられる!メリットのある売却を目指そう

車を売る理由は3つのケースに分けられる!メリットのある売却を目指そう

愛車を売却する理由は、人によってさまざまです。前向きな理由で手放す方もいれば、やむを得ない理由で売ることになる方もいるでしょう。ライフスタイルの変化だったり、車自体の寿命だったりします。
この記事では、車を売る主な理由を3つのケースに分けて解説し、車を売るメリットとデメリットを紹介します。現在、何らかの理由で愛車を手放すことを検討している方は参考にしてみてください。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

車を売る理由【生活が変化したケース】

車を売る理由【生活が変化したケース】

生活環境に変化があれば、車もそれに応じてタイプを変える必要が出てきます。また、転勤や免許返納を理由に、車を使用しなくなるケースもあるでしょう。ここでは、車を売る理由として、生活環境が変化した場合に焦点を当てて解説します。

ライフスタイルの変化

ライフスタイルの変化といっても、多くの理由が考えられます。たとえば就職や転勤などで車を手放したり、燃費の良い車へ乗り換えたりなどです。他にも、家族が増えたり、送り迎えの必要がなくなったりと、人を乗せる頻度や数が変わることもあります。

このように、人生の段階ごとにその環境は変化し、車の必要性やどのような車が必要になるのかは、人それぞれです。ライフスタイルの変化は、車を売る理由として一般的といえるでしょう。

免許の返納に合わせて

痛ましいことですが、昨今では踏み間違いによる交通事故のニュースがよく耳に入ってきます。高齢者だからといって交通事故を起こしやすいとは言い切れませんが、人間は年を重ねると判断能力や身体能力が衰えることは事実です。

車の運転には一定の能力が必要とされるため、能力が追いつかないという判断に至れば、免許の返納という選択肢があります。これは、高齢者だけではなく、若い方であっても同様です。免許の返納に伴い、車を売却することは十分にあり得ます。

車を売る理由【経済的なケース】

車を売る理由【経済的なケース】

ここで解説するのは、経済的な理由で車を手放すケースについてです。一概には言えませんが、この場合、どちらかというと「仕方のない理由」として手放す割合が大きいかもしれません。2つの例に分けて紹介します。

まとまった資金が必要になった

ライフスタイルの変化はもちろん、急な冠婚葬祭や家の修繕などでまとまった資金が必要になることもあることでしょう。この場合、十分な資金があれば問題ないのですが、なければ何らかの方法で工面せざるを得ません。

車は、売却できる資産としては高額な部類に入ります。一時的に多額の資金が必要になった場合、車を売ることは効果的な選択肢の一つです。

維持費が負担になった

車を維持するには、自動車税や車検費用、自動車保険、ガソリン代、タイヤ交換代とさまざまな費用が必要で、しかも決して少なくはない額が発生します。車の維持費は、家計に大きな負担をかける要因の一つです。

車を日常的に使う状況であれば維持費がかかっても仕方ないと思えますが、普段車にあまり乗らない場合の維持費は、家計の負担でしかありません。

車を売る理由【車が要因となるケース】

車を売る理由【車が要因となるケース】

環境など外的要因というよりは、車そのものが原因で車を売ることも考えられます。重大な故障を抱えてしまったり、事故に遭ったりすることもあるでしょう。ここでは、車が要因となって手放すケースを、おおまかに3つの例に分けて紹介します。

自分には合わない車だった

車を購入してみたが、乗り心地や性能が自分に合わない場合があります。例えば、見た目が好きでオフロード車を購入したものの、一般道を走ることが多くて本来の用途に適しておらず、その上、何回乗っても乗り心地に慣れないというケースもあるでしょう。

また、予想していたよりも燃費が悪く、想定以上に維持費がかさんでしまうということも考えられます。いずれにせよ、購入時の想定にそぐわない車だった場合は早々に売却し、売却した資金を元に買い替えを検討した方が良いでしょう。

事故や災害で使えなくなった

JAAI(一般財団法人日本自動車査定協会)の査定基準によれば、交通事故などを起こして骨格部分に損傷が生じた車のことを「修復歴車」、災害などで車内が一定以上浸水したものを「冠水車」と定義しています。骨格部分の損傷や災害により、車を手放すことがあるかもしれません。

不動状態や、車は動かせても日常使いに不安が残るような状態になってしまった場合は、専門業者に依頼して買取してもらった方が良いでしょう。事故車であっても、廃車買取などの専門業者なら車のパーツや資源そのものに値段を付けてくれることがあります。

車の好みが変わった

別の車に乗りたくなることは珍しいことではありません。趣味がスポーツ走行ではなく、アウトドアになってSUVが欲しくなることもあります。また、デザインが好みではなくなったり、新型車に魅力を感じたりすることもあるでしょう。

このように、車の好みが変わった(あるいは本当に乗りたい車が別にあった)場合は、今の車を売って新しい車の購入費用に充てようと考える方も少なくありません。

車を売るにはどんなメリットとなる理由があるの?

車を売るにはどんなメリットとなる理由があるの?

車を売れば売却した利益が手元に入ります。まとまった資金を手に入れるために車を売る方も多いでしょう。しかし、それだけが車を売るメリットではありません。その他のメリットも併せて紹介します。

高値で売れる可能性が高い

車を売った利益が手元に入ってくる、というメリットと被る部分もありますが、売却する車によっては高価買取を狙えるかもしれません。

例えば、新車をすぐに売った場合です。車は、1日ごとにその価値が減少していく資産ですから、売却時期が早ければ早いほど買取価格は高値となります。自分には合わない車だったケースだと、早々に売却することがあり得るでしょう。

また、中古車市場で人気のある車であれば、年式が古く走行距離の多い車であってもそれなりの値段が付く可能性があります。

事故や故障などのリスク回避

車を使用する前提として、事故や故障のリスクは完全に避けることができないと理解している方がほとんどでしょう。トラブルを避けるために安全運転をしたり、日々のメンテナンスを怠らないようにしたりしても、事故や故障は起きるものです。

このようなリスクに不安があったり、メンテナンスなどにかかる費用が負担になったりしている場合、思い切って車を手放すという選択肢も良いかもしれません。車に乗らなければ、少なくとも自分が事故を起こすことはありませんし、車がなければ故障することを心配してメンテナンスを行う必要もありません。

維持費の削減と収入につながる

車は所有しているだけでさまざまな維持費が必要です。仮に一切乗らないとしても、自動車税など各種税金、保険料、車検費用、契約駐車場を利用していれば駐車場代がかかります。

車を売却してしまえばこれらの維持費はかからなくなり、その分だけ家計に余裕ができるでしょう。加えて、車を売却した利益が手元に入るため、一時的にまとまった収入を得られます。

車を所有してはいるものの、無くても困らないという場合は、維持費削減と臨時収入のために売却も視野に入れてみましょう。

車を売るにはデメリットとなる理由もある

車を売るにはデメリットとなる理由もある

車を売るメリットとなる理由は、主に利益とリスク回避の2つに大別され、同様にデメリットも存在します。ここではデメリットを4点紹介しますので、車を売ることを検討している場合はメリットとの比較材料にしてみてください。

購入時の価格では売却できない

車は売る時期が早ければ早いほど、高く売れる可能性があります。しかし一般的に、購入時の価格よりも高く売れることはありません。時間の経過とともにその価値が減少していく資産である以上、仕方がないことでしょう。

例外的に、海外で人気があったり、中古車市場において非常に希少価値が高かったりする車であれば、購入時よりも価格が上がることがあります。しかしこのケースはまれであるため、車を売却しても購入時にかかった費用を取り戻せるわけではない、ということを念頭に置いておきましょう。

ローンが残っている場合の手続きが煩雑

オートローンなど、ローンを利用して購入した車を売却する場合、ローン残債があると売却手続きが面倒になります。車の名義が自分であれば、売却分の利益をローン残債から差し引いた残額を支払えば良いので、そこまで複雑ではありません。

一方で、所有者の名義がローン会社だった場合は手続きが複雑になります。車を売るためには、ローンを完済して名義を自分に変更する必要があるためです。

ローン残高の清算には、車の買い替えを行い新しいローンに組み込むか、買取業者に立て替えてもらい買取業者が提供しているローンとして改めて支払っていくか、このどちらかを選ぶことになるでしょう。自分の名義である車を売却するよりも、煩雑な手続きを要するということです。

所有時よりも経済的負担がかかる可能性がある

車を売ることにより維持費がなくなった分、家計に余裕ができると思っていても、普段の生活から車が消えることで余計に経済的負担がかかる場合があります。

たとえば、子供の送り迎えや毎月の通院など、日常的に必要となる移動に際して車がないと別途交通費が必要です。急に遠出が必要になるなど、結果的に1か月の交通費が想定よりも高額になることが考えられます。

1年を通して計算した場合、車の維持費よりも高額な交通費が発生することもあり得るので、車を売る前にしっかり計算しておくと良いでしょう。

生活が不便になる場合も

車を手放す上で、非常にシンプルかつ重大な問題と言えるのが、生活に支障をきたす場合があるという点です。交通機関が発達している都市部への引っ越しに伴って車を手放すのであれば、あまり不自由はないかもしれません。

しかし、日常的に車を使用する地域であれば、生活のさまざまな場面で不便を感じることになるでしょう。通勤や子供の送迎、買い物、徒歩や自転車では負担が大きい重量物の運搬も困難です。病院へ行くなど急を要する事態が起きた場合、車がないと対応が遅くなってしまうこともあります。

車を売る理由があればcarview!車買取を試してみよう

車を売る理由があればcarview!車買取を試してみよう

さまざまな理由によって車を売ると決断した場合、より高値で売れた方が多くの方にとって嬉しいでしょう。車を売る方法はいくつかありますが、その中でも高値を目指すのであれば一括査定サービスがおすすめです。ここでは、carview!中古車一括査定サービスについて解説します。

愛車の査定額を調べられる

carview!中古車一括査定サービスが提携している買取業者数は300社以上です。一度に最大10社まで、車の査定を申し込めます。carview!車買取から買取業者の候補が提示されたら、その中から自分に合いそうな買取業者を選んで査定依頼ができるため、必ずしも10社に査定依頼をする必要はありません。

あまりに多くの買取業者に依頼をしてもユーザーの負担になるため、carview!車買取ではユーザーの負担を最小限に留めるように努めています。

JPUCと連携してサービスを提供している

carview!車買取は、2000年5月にサービスの提供を開始して以来、500万件以上の実績を誇っています。また、中古車売買の健全化に努めているJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)加盟事業者として、ユーザーが安心してサービスを利用できる体制づくりに尽力しています。

JPUCはさまざまな規定を設けており、それにのっとったcarview!車買取なら初めてでも安心してサービスを利用できます。

まとめ

まとめ

車を売ろうとする理由は、生活環境や人の気持ちによってさまざまです。手放した際のメリットとデメリットについて考えた上で、決断することをおすすめします。

今回紹介したような事例を参考にしつつ、車を売ることにメリットを感じる場合は、まずはcarview!中古車一括査定サービスで、愛車の査定額を比較してみてはいかがでしょうか。利用は無料ですので、この機会にぜひcarview!車買取をチェックしてみてください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ