現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 売却ガイド > 車の税金が未納でも売却できる?納税の必要性や売却時の注意点

売却ガイド

車の税金が未納でも売却できる?納税の必要性や売却時の注意点

車の税金が未納でも売却できる?納税の必要性や売却時の注意点

車の税金が未納になっている場合もあるでしょう。自動車税は1年分をまとめて支払うことになりますが、「納付書が届いた時にお金が不足していて払えなかった」「もう乗る予定がないから払わなかった」など事情はさまざまです。しかし、車を売りたいと思った時に税金が未納だと、あらゆる問題が発生してしまいます。
この記事では、車の税金が未納でも売却できるのかという点と、税金が未納の場合に発生するさまざまな問題点についてご紹介します。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

税金が未納の車は売却できるの?

税金が未納の車は売却できるの?

基本的に車を売却する時は税金を納めている必要があり、税金が未納のまま車を売却するのは難しいでしょう。仮に買取可能な買取店が見つかったとしても、税金関係のトラブルに巻き込まれてしまうこともあるのです。ここからは、税金を納めていない場合の車の売却について解説します。

未納のままでは売却できない

自動車税(軽自動車税)は、毎年4月1日に所有者に対して課税される税金です。その自動車税が未納のままだと、基本的に売却はできないといえます。

なぜ自動車税を未納のまま売却することが難しいのかというと、自動車税を納めた時に受け取る納税証明書がないと買取店が車を買い取ってくれないからです。買取業者からしてみれば、納税証明書のない車を再販売するとトラブルに繋がるので買取を断ります。

売却時はトラブルに気を付けよう

税金が未納の状態でも買い取ってくれる買取業者は少なく、見つかったとしても未納となっている税金をどう取り扱うのかは買取店によって違います。主に以下の3つの扱い方が挙げられます。

  1. 1.車の所有者が税金を納めてから売却手続きに入る
  2. 2.買取業者が税金を代わりに支払ってくれる
  3. 3.売却した車を再販売し、購入者が支払う

「税金が未納でも買取可能」と謳っている買取店でも、1のように契約書に記載されている場合があるので注意が必要です。税金が未納状態の車を売却する時は、契約書をよく確認しましょう。

車の売却時に税金が未納ではないと証明する方法はあるの?

車の売却時に税金が未納ではないと証明する方法はあるの?

車の売却時に税金が未納の状態だと売却するのは困難ですが、納税している場合、税金を支払っている証明はどうすれば良いのでしょうか。ここからは、税金を支払っていることを証明する方法についてご紹介します。

自動車税納税証明書で証明する

税金を支払っている証明をするためには、自動車税納付証明書という書類を提示します。軽自動車の場合は軽自動車税納付証明書と呼ばれており、普通車と軽自動車で名称が違うので覚えておきましょう。

多くの地域では、5月頃に自動車税納付書が届くので、期日までに納税をすると納付書に付帯してある自動車税納付証明書が有効となります。この書類は、売却以外に車検時にも使用する場合があるので、大切に保管しておきましょう。

紛失時は再発行する

仮に、税金を納付している場合でも、自動車税納税証明書がなければ本当に納税しているのか分かりません。自動車税納税証明書を紛失した場合は、再発行の手続きを行いましょう。再発行を行う際は、自動車税管理事務所か県税事務所に必要書類を持参して手続きをする必要があります。

軽自動車の場合は、住んでいる市町村の税務課が手続きをする場所です。普通車と軽自動車どちらも必要なものは「車検証」「印鑑」「運転免許証(身分証明書)」の3点で、受付時間も決まっているので事前に確認してから手続きを行いましょう。

未納で売却できない車の税金を支払う方法

未納で売却できない車の税金を支払う方法

税金を納付していない車を売却するのはかなり難しいので、税金を納付してから車を売却した方がスムーズに手続きが進むでしょう。ここからは、自動車税納付がある場合と無い場合に分けて税金を納付する方法についてご紹介します。

納付書がある場合

税金が未納状態ということは、自動車税納付書の支払期限が切れていることが前提になります。自動車税納付書があれば期限切れでも支払いは可能ですが、コンビニでの支払いはできない場合が多いため注意が必要です。そのような場合は、金融機関の窓口もしくは各自治体の税事務所にて支払い手続きをすることになります。

自動車税納付書の期限が切れてしまうと余計に手間がかかってしまうので、可能な限り自動車税納付書の期限が切れる前に支払うようにしましょう。

納付書がない場合

転居して住所が変わった場合、納付書が前の住所に届くことがあります。現在の住所に納付書が届かないので自動車税の納税自体を忘れてしまい、未納のまま車を所有しているケースはゼロではありません。

納税の通知が来なくても、納税義務は発生し続けるので納付書が無い場合でも早めに支払った方が良いでしょう。納付書が無い場合の支払方法は以下の通りです。

  • 普通車の場合、運輸支局や都道府県税事務所で納付書を紛失した旨を伝えて納付書を再発行してもらう
    (軽自動車の場合、市町村役場での手続きとなる)
  • 納付するために必要な金額も一緒に持っていけば、その場で手続き可能

税金が未納で売却できない車を放置するリスク

税金が未納で売却できない車を放置するリスク

車を所有している限り税金は必ず発生しますが、その税金を未納のまま放置していると車検が通らなくなったり延滞金がかかったりと、さまざまなペナルティが発生するでしょう。最悪の場合、財産の差し押さえとなってしまうのです。ここでは、税金が未納のままの車を放置するリスクについて解説します。

車検が通らなくなる

車検は自動車税が納税されている車でないと通りません。そのため、車検時に自動車税納付証明書の提出を求められることがありますが、都道府県によって不要な場合もあります。不要な場合とは、所有している車が普通車で都道府県がペーパーレス化に対応している場合です。

所有している車が軽自動車だったり都道府県がペーパーレス化に対応していなかったりする場合は、自動車税納付証明書が必要になります。

利率に応じて延滞金もかかる

納付書に記載されている期限までに自動車税を納めないと、納付期限の翌日より延滞金が発生してしまいます。自動車税は地方税で、延滞金の割合は年次によって違うことがほとんどです。ここでは、東京主税局の情報をもとに一例をご紹介します。

【自動車税の延滞金の割合】※令和3年1月1日~令和3年12月31日まで
2.5%:納期限の翌日から1か月を経過する日まで(日数A)
8.8%:納期限の翌日から1か月を経過した日以降(日数B)

【自動車税の延滞金の計算方法】※平成26年1月1日以降
延滞金=(税額×日数A×2.5%÷365日)+(税額×日数B×8.8%÷365日)

100円未満の端数や、延滞金の合計が1,000円未満の場合は、切り捨てて対応します。

【自動車税の延滞金の計算例】※自動車税額3万9,500円、延滞期間180日の場合
(税額3万9,500円×30日×2.5%÷365日)+(税額3万9,500円×150日×8.8%÷365日)=延滞金1,500円

参考:東京都主税局
https://www.tax.metro.tokyo.lg.jp/common/tozei_nouzei.html

毎年5月ごろに納付書が届きますが、納付期限が1か月もないことがほとんどで、払い忘れてしまうこともあります。支払い期限を過ぎてから1か月で督促状が届くので延滞金を増やさないため早めに支払いましょう。

以下が財産差し押さえになるまでの流れです。

  1. 1.督促状が来る(納付期限から20日程度)
  2. 2.催告状が来る
  3. 3.差し押さえ予告通知書が来る
  4. 4.差し押さえが実行される

差し押さえになる資産は、預金口座や給料、自動車やバイクなどです。最初に預金口座から差し押さえられますが、それでも不足している場合は給料(手取りの4分の1まで)から毎月差し押さえられてしまいます。預金口座や給料でも不足している場合は、自動車やバイクが競売に掛けられることがあるので注意しましょう。

車の税金が未納でも問題のないケースはあるの?

車の税金が未納でも問題のないケースはあるの?

自動車税が金銭的に納められないなど、さまざまな事情から支払いができない方もいらっしゃるでしょう。そこでここからは、支払の猶予が認められるケースと税金が免除されるケースについて紹介します。状況が自分に合っているか、確認してみてください。

支払いの猶予が認められるケース

以下の条件に当てはまれば、支払の猶予が認められる可能性があります。

  1. 1.地震や火事などの災害または車の盗難に遭ったなど財産に影響があった場合
  2. 2.事業に重大な損害が生じた場合
  3. 3.事業を撤回またはストップした場合
  4. 4.納税者および生活を共にする親族の体に不調が生じた場合
  5. 5.上記と類似する事実があった場合
  6. 6.法定納期限から1年以上経過してから課税された場合

ただし、上記条件に当てはまっていても、延滞金が納付日の翌日から発生する点に注意しましょう。

税金が免除されるケース

以下の条件を満たすと税金が免除、減免されます。

  1. 1.精神障害や身体障害などの障害がある方が使用もしくは所有している場合
  2. 2.グリーン化特例の条件を満たしている場合

精神や身体に障害がある方が使用もしくは所有している車は、減免を受けられる可能性があります。詳細を知りたい方はお住いの自治体に確認してください。グリーン化特例は条件を満たせば75%減税されますが、新車で購入することが前提です。環境に対してどれくらい負荷が少ないかで税額が上下します。

車の税金の未納状態を解決したら高値での売却を目指そう

車の税金の未納状態を解決したら高値での売却を目指そう

自動車税を納めたら、車の売却手続きが進められます。しかし、ただ車を売却するだけでなくなるべく高値で売却したい方が大半でしょう。そこでここでは、車をなるべく高く売るコツについて紹介します。

車が売れやすいタイミングで手放す

車に限った話ではありませんが、物を売る時は需要が高い時に売ると高く売却できます。車の需要が高い時期は1~2月、7~8月とされていて、この時期に車の売却をすると普段よりも高値が付く可能性があります。なぜこの時期に需要が高まるのかというと、1~2月は新生活に備えて車の購入を検討する方が増えるからです。

また、7~8月はボーナスの支給時期となるので、買取店側は多くの車を確保しておきたいという需要が高まることが要因とされています。車は売れやすいタイミングで売却すると、高額査定につながるでしょう。

車内・車外の清掃を実践する

車内車外がきれいな状態になっているかというのも、マイナス査定を受けないために重要なポイントです。洗車をするなどして、なるべくきれいな状態にしておきましょう。車内のにおいも重要なポイントです。タバコやペットのにおいなどが残っている場合は減額対象です。できるだけ車内を無臭の状態にし、査定をしてもらうことをおすすめします。

ボディの傷や凹みについては、無理に業者に頼んで直す必要はありません。自分で修理する必要もなく、傷や凹みがある状態のままで査定をしてもらいましょう。費用をかけて直しても、大幅なプラス査定にはつながらないためです。

一括査定で高く売れる店舗を探そう

自動車税を納めることで発生した金銭的な負担は、車を高く売ることで相殺できるでしょう。車を高く売るために、一括査定サービスなどを利用して複数の見積もりを比較することで、高額査定を目指せます。

ただし、査定をする買取店によって査定額に差が出るので、自分の車の買取が得意な買取店に査定を依頼することが大切です。したがって、複数の業者へ同時に査定依頼できる一括査定サービスを利用すると、より高額査定となる可能性が上がります。

高価買取を目指すならcarview!車買取で徹底的に比較しよう!

高価買取を目指すならcarview!車買取で徹底的に比較しよう!

一括査定サービスを利用するなら、carview!中古車一括査定サービスを利用してみてください。査定事業者数も300社を超えており、1度で最大10社に査定依頼ができる点が強みです。ここでは、carview!中古車一括査定サービスを利用するメリットについて解説します。

買取業者数も300社を超える豊富さ

車の査定額は、買取店によって違います。大切なのは自分の車の買取が得意な買取店に、査定を依頼することです。carview!中古車一括査定サービスなら提携している買取事業者数も300社を超えているため、自分の車の買取が得意な買取店はきっと見つかることでしょう。

また、carview!車買取はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)にも加盟しており、ユーザーが安心して車を売却できるよう努めています。

1度で最大10社に査定依頼できる

車の高額査定を目指すなら、業者の査定額を比較する相見積もりを取ることがポイントです。carview!中古車一括査定サービスでは、1度に最大10社の事業者へ査定依頼できます。その中から、査定を受けたい会社を選択可能です。

申し込み方法も簡単で、入力にかかる時間は最短45秒です。申し込み後は各社から連絡が来るので、査定の日程を段取りしていきます。そして、各社の査定額を比較し、最高額をつけてくれた業者を選ぶだけです。ぜひ活用してみてください。

まとめ

まとめ

税金が未納状態の車を売ることは非常に難しいため、まずは税金を納めてから車の売却手続きを進めるようにしましょう。その際に高く売るためのコツで紹介した一括査定サービスを利用することで、税金を納めた分を回収できるほどの高額査定を目指してみてください。

carview!車買取なら300社以上の事業者と提携しているので、自分の車の買取を得意とする買取店がきっと見つかります。車を売却する際は、carview!中古車一括査定サービスの利用を検討してはいかがでしょうか。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ