現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 売却ガイド > 車を売るときカーナビを取り外す?プラス査定のポイント

売却ガイド

車を売るときカーナビを取り外す?プラス査定のポイント

車を売るときカーナビを取り外す?プラス査定のポイント

車を売る時、「カーナビは付けたままの方が良いの?」と悩む方も多いのではないでしょうか。この記事では、車を売却する際にカーナビを外した方が良いのか否かを解説します。
また、プラス査定に有利となるカーナビの種類や、売却時に気を付けておきたいポイントなども紹介しています。これから車を売る方はぜひ参考にしてみてください。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

車を売るときはカーナビはそのままが正解

車を売るときはカーナビはそのままが正解

はじめに、車を売る際にはカーナビを外した方が良いのか否かの解説をします。現在カーナビ付きの車を売却しようと考えている方も、将来的にどうしようか悩んでいる方も、これを参考に検討してみてください。

カーナビがあることでプラス査定の可能性も

基本的に中古車を売る場合、ほとんどのカーナビは査定額に影響しないか、プラス査定となります。そのため、外さずに売るのがおすすめです。特にメーカー純正品やディーラーオプション品ナビの場合、操作が車と連動して行えるものが多く、取り外し作業も困難なため付けたままの方が良いでしょう。

近年はカーナビが珍しいものではなくなり、次に乗る車も最初からナビが付いている可能性が高いため、わざわざ取り外して付け替える必要はないといえます。

カーナビが故障していても大幅な減額には繋がらない

カーナビの査定基準はJAAI(日本自動車査定協会)によって細かく決められています。評価は加点方式で、ナビの状態が良いほど点数が高くなる仕組みです。

カーナビの特性上、傷が付くのはよくあることだと考えられています。そのため、表面の傷が原因で査定額が下がることはほとんどありません。故障している場合や古いモデルの場合は、査定額が0円になるケースが多い傾向にあります。カーナビが付いていることによってマイナス査定となることは、基本的にありません。

車を売るときにカーナビを取り外すか種類で判断

車を売るときにカーナビを取り外すか種類で判断

カーナビの査定額への影響は、種類によって大きく差があります。ここでは「メーカー純正品」「ディーラーオプション品」「後付け社外品」「ポータブル型の外付け品」それぞれの査定への影響について紹介します。ナビを付けたままにするか、外すかの判断基準にもなるでしょう。

メーカー純正品はそのまま

メーカー純正品とは、自動車メーカーがその車種専用のナビとして開発された製品のことです。設計の段階から車の内装に合わせてパネルが製造されており、車の装備と連動した高機能なシステムが盛り込まれています。デザインにも統一感があって、状態が良ければ高額のプラス査定が期待できるでしょう。

ただし、純正品のナビは取り外しが非常に困難で、取り外せたとしても他の車種に流用することができません。逆にマイナス査定となる可能性が高いので、そのままに装着していたほうが良いでしょう。

ディーラーオプション品はそのまま

ディーラーオプション品とは、文字通りディーラー(メーカーと契約を結んだ正規販売店)で取り付けるナビのことです。純正品に近い性能で、なおかつ汎用性が高く、価格も安いといった特徴があります。

査定の際は、純正カーナビの次に有利なアイテムとなるため、外さずに売った方が良いでしょう。ただし、傷が付いている場合やモデルが古い場合は、査定額が0円となることもあります。

後付け社外品は取り外しも検討

社外品ナビとは、購入した車のメーカーやディーラー以外が製造・販売しているナビのことです。主にカー用品店などで購入できます。社外品のナビは、付いていてもほとんどプラス査定に繋がらないため、査定に出す前に取り外しても大きな影響はないと考えられます。

もし最新モデルや高価なモデルの場合は、取り外してナビ単体で売ることも検討してみましょう。

ポータブル型の外付け品は取り外す

ポータブルナビとは、取り付け・取り外しが簡単で、持ち運びもできるカーナビのことです。吸盤などでダッシュボードに貼り付けるタイプや、シガーソケットにコードを挿して電源を供給するタイプのものがあります。さまざまなメーカーから安価で出ているのが特徴です。

ポータブル型のナビは取り外して査定を受けても全く影響はありませんし、そのまま次の車へ取り付けて使用できます。

車を売るときにマイナス査定になるカーナビって?

ほとんどの場合、カーナビが原因でマイナス査定になることはないと説明しましたが、以下のようなケースでは、マイナス査定につながることもあります。

・付属品が欠品している
取扱説明書や地図ソフト、リモコンなどの付属品が揃っていない場合、その分減点になる可能性があります。特に「地図ソフト」はカーナビの心臓と言える部分なので、なくさないようにしましょう。

・故障している
カーナビ自体が故障していたり、破損していたりした場合、修理や交換にコストがかかると判断され、マイナス査定になることがあります。

車を売る前にカーナビの情報は消去しよう

車を売る前にカーナビの情報は消去しよう

カーナビ付きの車を売る前にしておくべきことを紹介します。車を引き渡す前に、以下のことを済ませておくと安心です。個人情報を守るうえでもとても大切なので、しっかりチェックしておきましょう。

登録されている個人情報を削除

よくあるのは、カーナビに自宅や親族、友人知人の住所または電話番号を登録しているケースです。また、検索履歴や毎日走るルートなどのデータも残っていることもあります。Bluetoothで携帯電話やスマホと連動していた場合は、機器登録のデータも記録されているでしょう。

これらの個人情報が第三者の手に渡るのを防ぐためにも、ナビ付きの車を売る前には初期化しておくことが重要です。カーナビ内の情報は見逃されることが多いため、入力されたデータを確実に消し、個人情報を自分で守らなければなりません。ほとんどのカーナビは設定画面から初期化が行えるので、売却前にやっておきましょう。

音楽データなどの削除

HDD内蔵のカーナビで、CDから音楽や映像データを取り込んでいる場合は事前に消去しておきましょう。また、CDやDVDが入っている場合も忘れずに取り出してください。

オリジナルのCDやDVD内のデータは著作権の関係上コピー不可となっており、コピーしたものを譲渡、売買することは著作権保護法に反する行為にあたります。データを消し忘れたまま売却したからといって法に問われるとは限りませんが、万が一のことを考え忘れずに消しておきましょう。

その他売却前に注意しておきたい書類

カーナビに登録された情報以外にも、個人情報となる書類が車内にはたくさんあります。車を引き渡す際は、以下の書類が残っていないかどうか確認しましょう。

・点検記録簿
点検記録簿は、基本的に車の中で保管されています。使用者の氏名や住所が記載されており、査定額のアップにつながる可能性のある重要な書類です。個人情報が記載されている欄は、通常買取店側でカットなどの処理をします。しかし、そのまま販売されてしまうことも全くないとは言い切れません。売却の際に担当者に確認すると良いでしょう。

・整備明細の書類やレシート
住所や氏名、連絡先電話番号などに加え、レシートにはクレジットカード番号が記載されていることもあります。車を手放す前に整理しましょう。

・自賠責保険証明書、任意保険証券
自賠責保険証明書と任意保険証券にも、氏名や住所といった個人情報が記載されています。車検証と一緒に車内で保管していることが多く、チェックしておきたい書類です。

車を売る前に取り外したカーナビの売却方法は?

車を売る前に取り外したカーナビの売却方法は?

取り外したカーナビを再使用する場合を除いて、多くの方はカーナビ単体での売却を検討するのではないでしょうか。ここでは、カーナビを単体で売却する方法を3つに分けて紹介します。

専門業者に売る

カーナビは、リサイクルショップやカー用品店、カーナビ専門の買取店などで売却できます。取り外したカーナビを店舗に持ち込むか、宅配買取や出張買取を行っている買取業者に依頼する方法もあります。

車と同じく、カーナビも買取業者によって買取価格が異なるので、より高値で売りたいなら複数の買取業者で査定してもらうと良いでしょう。

ネットオークションやフリマサイトで売る

カーナビは、ネットオークションやフリマサイトでも売却できます。ナビの種類によっては高値で売れる可能性が高い方法です。写真の掲載や発送作業は自分で行う必要があるので、それらの作業が苦にならない方に向いています。

また、個人間での直接取引のため、トラブルに発展するケースや、値引き交渉することもあり得ます。買取業者よりも低い金額で落札される可能性もあるので、事前に相場を把握してから出品しましょう。

カーナビを高く売るためのポイント

カーナビを少しでも高く買取ってもらうためのポイントを紹介します。以下の点に気を付けましょう。

・地図プログラムを最新版に更新しておく
少しでも良い状態で買取ってもらうために、地図データを更新しておくのがおすすめです。カーナビによって更新方法が違うので、型番で調べるか取扱説明書を読んでみましょう。

・取り付けキット、ハーネスを一緒に売る
取り付けキットが付いていれば高価買取が期待できます。また、ハーネスがないとカーナビの動作確認ができないため、買取ってもらえないこともあるでしょう。

ただし上記のことに気を付けていても、古いカーナビの場合は取り外したところで高く売れない可能性があります。その場合は、取り外さずに査定してもらうことをおすすめします。

カーナビ付きの車を高く売るには一括査定がおすすめ

カーナビが査定に影響を与えるかどうかは、カーナビの機種によります。近年、カーナビが車に付いているのは当たり前という傾向があるため、カーナビがあることで車の価値が大幅に上がるということは期待できません。特に、後付け品や古い機種のカーナビの場合「0円査定」となる可能性が高くなります。

まずは諦める前に「一括査定」を試してみましょう。複数の買取業者に査定依頼をすれば愛車が高く売れる可能性が上がり、カーナビを含めて評価してくれる買取業者も見つけやすくなります。

車を売るならcarview!中古車一括査定サービスへ!

carview!中古車一括査定サービスでは、インターネットからの査定申込を一度するだけで、最大10社の買取店に同時に査定依頼が可能です。提示された査定額の中から一番高い査定額を提示した店舗を選ぶだけなので、手間をかけずに高額査定が期待できます。

carview!車買取の提携査定事業者数は300社以上あり、おなじみの大手買取店から専門店まで幅広くカバーしています。愛車にピッタリの買取業者を見つけることに役立つでしょう。

carview!車買取は中古車査定仲介サービスを開始してから、これまで500万人以上の方にご利用いただいています。また、JPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)に加盟しているため安心のサービスです。

まとめ

まとめ

中古車を売る場合、カーナビはほとんどが査定額に影響しないかプラス査定となります。わざわざカーナビを取り外すことによる傷のリスクや、ナビ単体で売れなかった場合の手間を考えると、外さずにそのまま売るのがおすすめです。

カーナビ付きの車を売却する際は事前にナビを初期化し、登録された個人情報や履歴のデータを削除しておきましょう。

ナビ付きの車を売却したい方は、ぜひ「carview!中古車一括査定サービス」をご利用してみてください。カーナビ含めて高評価してくれる買取業者を探してみてはいかがでしょうか。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ