現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 売却ガイド > 車を売るのに印鑑証明書は必要?ポイントや注意点を解説!

売却ガイド

車を売るのに印鑑証明書は必要?ポイントや注意点を解説!

車を売るのに印鑑証明書は必要?ポイントや注意点を解説!

車を売る際、提出する書類の中で印鑑証明書の必要な場合があります。印鑑証明書の取得には手間がかかると思っている方も多いのではないでしょうか。
この記事では、車を売る際に印鑑証明書が必要になる場合と取得方法、なぜ必要なのかを解説します。また、車を売るときのお得な方法や、少しでも車を高く売るためのポイントもご紹介しますので、愛車を少しでも高く売りたい方はぜひチェックしてください。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

車を売るのに「印鑑証明書」は必要?

車を売るのに印鑑証明書が必要になるかどうかは、車の種類によります。普通自動車は、印鑑証明書と印鑑登録をした実印が必要です。軽自動車は印鑑証明書が不要で、実印ではなく認印で手続きができます。

ただし、買取業者の中で所有者の身元確認をする意味で印鑑証明書の提出を求められることもありますので、買取業者の指示に従って手続きを行いましょう。

「印鑑証明書」取得は実印登録が必要

「印鑑証明書」取得は実印登録が必要

印鑑証明書を取得するには「実印」が登録されていることが前提です。各市区町村役場で印鑑登録の手続きをしてからの発行になります。印鑑証明書の取得資格や印鑑登録、手続きの方法についても解説します。

そもそも印鑑証明書とは?

印鑑証明書の正式名称は「印鑑登録証明書」です。届け出のあった印章が本人の「実印」であることを証明する書類のことを指します。書面には、本人氏名・住所・生年月日・実印の印影が記載されています。

車売却の手続きでは、普通自動車で委任状や譲渡証明書などに押印した印章が実印であることを証明するために必要です。実印と印鑑証明書は、本人確認の手段として信頼性が高いものとされています。

印鑑証明書取得の前提条件

印鑑証明書を取得するには、下記の条件を満たしている必要があります。

  • 年齢が15歳以上であること
  • 各市区町村役場の住民基本台帳に記載されていること
  • 市区町村役場で印鑑登録をしていること
  • 成年被後見人でないこと

成年被後見人は単独での法律行為ができないので、印鑑登録手続きも行えません。必要な時は、後見人の印鑑証明書で代替が可能です。

※市区町村により印鑑登録できる年齢が異なる為、お住いの地域のHPをご確認ください。

実印の登録手順

実印の登録手順は以下の通りです。

①実印となる印鑑の作成
・大きさは、一辺8mm正方形から一辺25mm正方形に収まるもの
・「姓名」「姓のみ」「名前のみ」のいずれかが刻印されている印鑑
・既に印鑑登録がされている印鑑は登録不可

②登録に必要なものを揃える
・登録する印鑑
・運転免許証などの顔写真付き身分証明書
・手数料(200〜500円程度。各自治体によって異なる)

③役所で印鑑登録申請書の記入
次に印鑑登録の手続きを行いましょう。住んでいる役所に行き、「印鑑登録申請書」に記入をします。記入後、印鑑の提出・身分証明書と一緒に提出します。手数料を支払うことで申請が完了します。

④印鑑登録証の受け取り
印鑑登録が完了したら、「印鑑登録証」を受け取ります。印鑑登録証は、印鑑証明書を発行する際に必要です。カードサイズのため紛失しないようにしましょう。(印鑑登録証発行手数料は200〜300円程度。各自治体によって異なる)

⑤印鑑証明書の発行
印鑑登録完了時に入手した印鑑登録証を使用して、印鑑証明書を取得します。印鑑証明書の取得には、印鑑登録証の提示が必須です。印鑑証明書と印鑑登録証は違うものなので、混同しないように注意しましょう。(印鑑証明書発行手数料は200〜300円程度。各自治体によって異なる)

印鑑証明書の入手方法2選

方法1.市区町村役場の窓口で本人または代理人が申請する
窓口に用意されている印鑑登録証明書交付申請書に必要事項を記入し、必要書類を添えて提出すれば印鑑証明書が交付されます。代理人による申請も可能です。

方法2.役所内やコンビニに設置されている機械を使う
役所内やコンビニに設置されている機械でも、マイナンバーカードが必要ですが印鑑証明書の交付が受けられます。

「印鑑証明書」についてよくある質問

「印鑑証明書」についてよくある質問

ここでは、印鑑証明書に関する疑問を解消します。解決しない場合は、直接車を売却する買取業者へ問い合わせましょう。印鑑登録や印鑑証明書については、住まいのある市区町村役場に確認しましょう。

車を売るのになぜ印鑑証明書が必要?

日本では、普通自動車は「動産」すなわち「資産」として扱われます。名義変更をするには本人確認として実印と印鑑証明書を用意する必要があります。普通自動車は運輸支局で名義変更手続きをしますが、この際に所有者の実印を押印した書類が必要です。

ただ押印しただけでは、その印鑑が本当に実印であるのかが分からないため、印鑑証明書があって初めて実印の証明が可能になります。軽自動車は普通車と違い、動産ではありません。軽自動車は軽自動車検査協会で名義変更手続きをします。書類への押印は認印に使用が認められています。

印鑑登録をやり直す必要があるケース

実印を紛失し手元にない場合や転居先で車を売却する場合、車検証と住民票の氏名や住所が異なってしまいます。その場合は、新たに印鑑登録を行う手続きが必要です。

  1. 1.実印に登録する印鑑を準備する
  2. 2.住民票のある市区町村役場で印鑑登録を行う
  3. 3.印鑑証明書の交付を受ける
  4. 4.登録した実印で委任状・譲渡証明書に押印する

実印と印鑑登録証明書は本人確認として使われるものですので、紛失した場合は、すぐ使う必要がなくても廃止申請や紛失届を速やかに提出しましょう。以前の印鑑登録証の効力は、転居や改姓の届けを受理された時点で失いますので、再度印鑑登録をする必要があります。

印鑑証明書は何枚必要?

普通自動車を売却する場合、印鑑証明書は2枚必要でます。普通自動車の売却では、「譲渡証明書」と「委任状」が必要です。2枚とも実印で押印する必要があるためそれぞれに印鑑証明書を提出します。軽自動車の売却の場合は、印鑑証明書は必要ありませんが、念のため買取業者に確認しておくと安心です。

法人名義(会社所有)の車を売却するときは、法人の印鑑証明書が必要です。法人の場合は、法務局で手続きを行います。

印鑑証明書は発行から3か月以内のものを使用しましょう。期限切れにならないために、売却予定時期から3か月以内を目安に取得するのがおすすめです。

印鑑登録証明書が取れないケースがある?

次のようなケースでは、印鑑証明書を取得できないことがあります。詳しくは、住まいのある市区町村役場に確認しましょう。

・海外赴任や海外留学で住民票を抜いている場合
海外赴任や海外留学で住民票が抜かれた状態だと、印鑑証明書の発行はできません。住んでいる国の日本大使館や領事館で、「署名証明」を発行すれば印鑑証明書の代わりとして使用可能です。

・車の所有者が亡くなっている場合
亡くなった方の印鑑証明書の発行はできません。その場合は、相続人に印鑑証明書を取得してもらいましょう。

車検証記載住所と印鑑証明の住所が違うときは?

車検証と印鑑証明書の記載事項は、住所も含めて合致している必要があります。相違がある場合はそれを埋める手続きを行いましょう。住民票の移動回数で提出書類が変わりますので事前に確認しておくことをおすすめします。

・1回:新住所が記載された住民票
・2回以上:転居先の住所履歴がわかる住民票の除票、または戸籍の附票

車検証と氏名が異なる場合は戸籍抄本(または戸籍謄本)を用意します。

印鑑証明以外の車を売るのに必要な書類

印鑑証明書以外に、車の売却で必要な書類を紹介します。車を売却すると決めたら、早めに準備しておきましょう。

    普通自動車を売却する場合の必要書類
  • 車検証
  • 自賠責保険証
  • 自動車税納税証明書
  • リサイクル券
  • 実印
  • 譲渡証明書
  • 委任状
    軽自動車を売却する場合の必要書類
  • 車検証
  • 自賠責保険証
  • 自動車税納税証明書
  • リサイクル券
  • 認印

やってよかった!車を売るときのポイント8選

より高額査定を目指したい方に、知っておくと便利なコツを8つご紹介します。ポイントをあらかじめ押さえておくことで、スムーズ、かつ満足いく車の売却が可能になります。

あらかじめ買取相場を調べておく

あらかじめ、愛車の買取相場を調べておくことをおすすめします。買取業者との金額交渉がしやすくなるだけでなく、安く買い叩かれるリスクを減らせるでしょう。買取相場は、自動車メーカーのHPや一括査定サイトなどで検索できます。一括査定サイトのcarview!車買取では、買取相場をほぼ毎日更新しているため最新情報を知りたい方はぜひチェックしましょう。

売るタイミングを狙う

中古車買取相場は1年を通して波があり、中古車の購入需要に比例しています。1月~3月・7月~9月は、新生活や買取業者の決算時期、世間のボーナスと重なるため相場が高くなる傾向があります。

一方で、年末や自動車税課税直後の4月は需要も低く中古車買取相場も低くなりやすいとされているため、この時期を狙って売却するのもひとつの方法です。車の価値は日が経つごとに下がっていくものですが、需要の波も知っておくと良いでしょう。

付属品を用意しておく

メンテナンスノート(点検整備記録簿)やメーカー保証書・取扱説明書、スペアキーなどの付属品は査定前に用意しておきましょう。車を購入後に純正パーツを外していた場合は、査定時に準備しておくと査定額アップが期待できます。

メンテナンスノートは、車の点検修理の証明になるため重要です。純正パーツは、新車購入時にしか取り付けられないものもあるため需要が高い傾向にあり、高額査定を狙うためのポイントになります。

車の清掃を済ませて査定を受ける

査定を受ける際は、できる範囲でボディや車内の清掃を行っておきましょう。きれいな状態に整えておくと、査定員の印象アップに繋がります。場合によっては、印象が良くなるだけでなく査定額アップにつながる場合もあるでしょう。

汚れたボディやタバコのにおい残り、強い芳香剤のにおい残りは、査定額が低くなる場合があります。こまめに車の清掃を行い、換気を心掛けるなど清潔感を保つようにしましょう。

査定のための修理は行わない

気になる傷やへこみがあっても、査定額アップを狙うための修理は行わない方が無難です。自分で修理するのも他の修理業者に依頼するのも、どちらもおすすめしません。自分で修理する場合、仕上がりによっては査定額が逆に低くなる恐れがあります。

また、修理業者に依頼する場合、修理代以上に査定額がアップする見込みは低いためかえって損をしてしまうことが多い傾向にあります。傷やへこみ、不具合などは査定時に申告し、虚偽申告は絶対にやめましょう。

買取価格重視なら買取業者に売る

車を売却する方法は、大きく分けて「買取」「下取り」「個人取引」の3つです。下取りは1つの店舗で手続きができ、査定金額は次の車を購入する費用に充てられます。

買取は自社販売など独自の販売ルートを持っているため、査定金額に還元できます。買取金額の使い道も自由なので、価格や使い道を自由にしたい方には買取をおすすめします。個人取引は、車の知識があまりない場合、思わぬトラブルに巻き込まれてしまう場合もあるため、十分注意した上で行いましょう。

車一括査定サービスを利用する

車の一括査定サービスとは、愛車の情報と必要な個人情報を一度入力することで、複数の車買取業者に一括査定の依頼ができるサービスです。一括査定サービスを利用すると複数の買取業者に査定依頼できるので、価格競争で買取額アップも目指せます。

出張査定を行っている買取業者も多いため、同じ日に時間をずらして査定を依頼することもできます。店舗への移動時間や手間を減らせるので、忙しい方におすすめです。

車を売るならcarview!車買取がおすすめ!

一括査定サービスを利用するなら、carview!車買取がおすすめです。最後にcarview!車買取のおすすめポイントを紹介します。

  • 累計500万人以上の利用実績は業界でもトップクラス
  • JPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)に加盟しており、信頼できるサービスを提供
  • 提携査定事業者数は300社以上で、豊富な優良店から好きなお店が選べる
  • 1度の入力で最大10社に一括査定依頼ができ、高額査定が目指せる
  • 査定依頼は簡単項目の入力だけで、約45秒で完了

carview!車買取は独自のサービスや高い実績が人気の理由です。一括査定サービスを利用したいと考えているなら、まずはcarview!車買取で愛車の査定を行ってみてください。

まとめ

まとめ

この記事では、車を売る際の印鑑証明書の解説や取得方法、高額査定を目指すポイントなどを紹介しました。書類の手続きは面倒なものですが、その書類が必要な理由を理解すると準備もスムーズに進みます。車の売買は大きな金額が動きますので、納得のできる取引となるよう心がけましょう。

愛車の高額査定を目指すなら、査定額アップのポイントを押さえ、複数の業者の見積もりを比較することがおすすめです。carview!中古車一括査定サービスは、累計500万人以上という実績があります。提携査定事業者数は300社以上で、大手買取業者から地域密着型の業者などタイプもさまざまです。愛車をより高く売却したい際はぜひご利用ください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ