現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 売却ガイド > 車を高く売る方法としてオークションは有用?メリットや注意点も徹底解説

売却ガイド

車を高く売る方法としてオークションは有用?メリットや注意点も徹底解説

車を高く売る方法としてオークションは有用?メリットや注意点も徹底解説

車を高く売りたいと考えている方の中には、オークションの利用を検討したことがある方もいるかもしれません。しかし、「オークションの利用方法がわからない」「オークションを利用すれば本当に高く売れるのか」といったさまざまな疑問を持っている方もいるでしょう。
この記事では、車を高く売る方法としてオークションを利用する際の流れやメリットと、注意点やおすすめの車の売却方法も紹介しますので参考にしてみてください。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

車を高く売る方法としてオークションは有用?

車を高く売る方法としてオークションは有用?

車を高く売る際に、オークションの利用は有用です。ただし、向き不向きがあるため自身に合った方法かどうかよく検討しましょう。また、事前に流れをチェックしておくとスムーズです。

車を高く売るためにオークションも検討しよう

車の売却方法は主に、ディーラーによる「下取り」と買取業者による「買取」の2通りがあり、中間手数料がかからないため「下取り価格<買取価格」となるのが一般的です。

しかし、自社に販売ルートのない業者が利用する「オークション代行」であれば、買取業者の利益分も上乗せされた落札相場となり、買取価格を上回るケースも珍しくありません。車を高く売りたい方にとっては選択肢のひとつと言えるでしょう。

オークションの利用にも向き不向きがある

オークションを利用すると「相場より高値で売れることもある」「業者との交渉が省ける」などのメリットがあり、会話や交渉が苦手な方や売却を急いでいない方には向いていると言えます。

車の売却時期

車を高値で売却するには、売却するタイミングも重要です。高く、早く車を売却したい方は、おすすめの売却時期を知りましょう。車を売りに出しても、すぐに買い手が見つからない場合もあります。需要と供給がかみ合うタイミングでの売却がおすすめです。

ただし、オークションでの車の売却は長くて1か月程度かかるケースもあるため、急ぎの場合は不向きの可能性があります。

その一方で「短期間で車の売却を済ませて乗り換えやお金にしたい」「自ら交渉をしてプラス査定を勝ち取りたい」といった場合は、オークションの利用は不向きと言えるでしょう。車を早く、かつ高く売りたいだけであれば、オークション以外の売却方法を検討することがおすすめです。

オークションで車を売る流れ

オークション代行を利用した車売却の流れを説明します。まずはオークション代行業者を選定し、落札予想額の見積もりをもらいます。

次に希望落札価格を決めてオークションへ出品しますが、売れ残った場合にはキャンセル料や手数料がかかる可能性があります。車を出品した後は落札状況を確認しながら、売れた場合は成約の手続きを進めます。

そして、契約が完了すると同時に愛車と売却に必要な書類を業者に渡し、買い手からの入金を確認できれば売却が完了します。

車を高く売るならオークションの利用方法を確認しよう

車を高く売るならオークションの利用方法を確認しよう

オークションには、中古車売買事業者のみが参加できるオートオークションと、個人利用が可能なオークションとがあります。

中古車が出品できるオークションサービスを、一般利用の可否も含めて紹介します。主な5種類のオートオークションの特徴を比較して、自分に合ったサービスを選びましょう。

1.中古車売買事業者がオートオークションで車を売る方法

新車の購入による買い替えを検討している方は、ディーラー下取りも一つの方法です。新車を購入する際の担当者が購入と同時に売却の手続きもしてくれるため手間がかかりません。新車の購入価格交渉と同時に進められ、一度に売買が完了します。手間をかけずに車の売買を完了させたい方におすすめです。

オートオークションは一般利用不可ですが、業者に代行を依頼すれば参加可能です。オートオークションは日本の中古車が多く集まります。

中古車買取業者が出品し、それを中古車販売店が落札する仕組みなので、スピーディーかつ高値で取引されているのです。

オートオークションは主に、国内最大の「USSオークション」、国内自動車メーカー主催の「メーカー系オークション」、中古車販売業者が多く参加する「JUオークション」の3種類に分かれています。

2.代行業者を利用してオートオークションで車を売る方法

オークション代行は一般利用可能なオークションサービスです。前述したようにオートオークションに代行で出品してくれる業者に依頼すれば、業者オークションにも参加できます。

「個人」「代行業者」「買取業者」といった三者間での売買形式で、売り手が負担する手数料の目安は平均5~10万円ほどと高額なのがネックです。一方で価格を競わせられたり、中間マージンがかからなかったりとメリットもあるため、高価買取を目指す方にはおすすめです。

3.オークション形式の車一括査定を利用して車を売る方法

オークション形式の車一括査定も一般利用が可能で、「個人」「運営者」「買取業者」の三者間での売買形式です。手数料もかからず、直接交渉するのを煩わしく感じる方にとっては良いでしょう。

しかし、ネットよりもリアルタイムで業者を競わせる方が査定額が上がりやすい可能性があります。そのため、査定までに時間を要する傾向もあるので、より高値かつスピーディーに売却したい方にはあまりおすすめできません。

4.サポートを受けてネットオークションを利用する方法

サポート付きのネットオークションも一般利用できます。手続きや品質保証といったトラブルにつながりやすい部分を運営が代行してくれるのが特徴です。

個人と車買取業者とを比較し、より高い金額を提示した方に売却できる反面、平均5,000円~販売価格の7%の高額な手数料が発生するので気をつけましょう。たとえ手間がかからない売却方法であっても、高く売れないと感じた場合は他の方法を検討するのもおすすめです。

5.一般的なネットオークションで車を売る方法

専門業者以外の一般利用可能でサポートが付かないネットオークションでも、車の売却は可能です。この場合、個人同士での車の売買となり、手数料は販売価格の10%程度が目安となりますが、各サービスごとに異なるので事前に確認しましょう。

手数料を差し引いても高く売れる場合がありますが、「代金が支払われず困っている」「買い手がなかなか名義変更してくれない」といったトラブルに発展したケースも多いので気を付けましょう。

オークションで車を売るメリット

オークションで車を売るメリット

車を売るということは、購入者がいなければ取引は成立しません。そのため、需要が高まるタイミングで売ることが大切です。需要が高まればそれだけ価値も高まり、高額査定も期待できるでしょう。

前述のように、業者オークションへの出品を行い高額で売却できたというメリットもありますが、オークションで車を売る利点は他にもいくつかあります。

ここでは、オークションで車を売るメリットを3つに分けてご紹介します。オークションでの売却を強く望んでいる方は参考にしてみてください。

価格交渉が不要

オークションで車を売る場合は、手続きをインターネット上で完結出来る場合があります。店舗や事務所に直接足を運ぶ必要がないので、忙しい方や近隣に買取店が無い方にとっては魅力的と言えるでしょう。

また、過去の経験から「価格交渉で失敗した」「交渉に苦手意識がある」という方にとっても、価格交渉の場が無いオークションは気軽に利用しやすいサービスです。ただし、交渉の余地がある場合は損をしない選択をしましょう。

電話のやり取りが最小限で済む

オークションで車を売る場合は、電話のやり取りが少ない点もメリットと言えるでしょう。買取業者に査定依頼を行う数が増えるにつれて、顧客リストに乗ってしまい、営業電話の頻度が高くなるケースもあるようです。

オークションの場合は基本的にオークションサービス提供者とのやり取りしか行わず、営業電話などのリスクが低いので、業者からの電話をストレスに感じる方にはおすすめの売却方法と言えます。

相場よりも高値がつくケースも

オークションは中間手数料がかからないため、買取店よりも高値がつくことがあります。また、オークションは参加者が多くなるにつれて落札価格が競り上がりやすく、最終的に予想していた額を上回ること場合もあります。

希少性の高い車種が高額で売れたり、ニッチな車種に買い手がついたりすることも珍しくありません。また、愛車に対して最低落札価格という自分が納得できる売却価格を設定できる点もメリットです。

オークションで車を売るデメリット

オークションで車を売るデメリット

「価格交渉が不要」「車の売却価格が上がる可能性がある」といったメリットを考えると、オークションで車を売却したいと感じる方も多いでしょう。

しかし、オークションでの車の売却にも注意点がいくつかあるのでポイントを押さえることが大切です。ここでは、オークションで車を売る時のデメリットを3つ紹介します。

売却までに時間が必要

車をオークション代行で売却する場合は、売却完了までに時間がかかることをあらかじめ想定しておきましょう。申し込みから成約までに最低でも1週間、長くて1か月程度かかる場合もあるので、急いで車を売りたい方にはおすすめできません。

また、「出品中は車に乗れない」という制約もあるので、車の使用が欠かせない場合は気を付けましょう。車を通勤・通学や日常生活で頻繁に使う方は、即時買取を行っている業者への売却も検討してみましょう。

買い手が見つからない場合も多い

オークションに車を出品しても、車が必ず売れるわけではありません。市場の需要と出品タイミングにずれが生じると買い手が現れにくく、車を売却するという当初の目的を達成できないこともあります。

また、「自ら設定した最低落札価格>入札価格」の場合も売却できないので、価格設定も重要です。車の売却を急いでいる場合は、オークション以外の売却方法を検討すると良いでしょう。

ローン残債のある車は売却できない

オークションに限らず、ローンが残っている車の売却はできないので、まずはローンの完済が必要です。ディーラーの下取りや業者による買取の場合は、「車の売却額>ローン残債」となればローンを完済でき、名義人を変更する「所有権の解除」の手続きを行えば売却できます。

一方で、オークションの場合は完済のための手段が限られているので、ローンがいくら残っているか確認してから売却方法を決めましょう。

車を高く売るためのオークション利用で注意したいトラブル

車を高く売るためのオークション利用で注意したいトラブル

オークションの利用は「車を高く売れる」「交渉せずに売れる」といった利点もありますが、トラブルに関するクチコミや評判が多い傾向にあります。そのため、トラブルになりそうな事柄は、対処の準備をするためにも事前に確認しておくことがおすすめです。

ここではオークションを利用することで起こる代表的なトラブルを3つ紹介します。

1.手数料など諸費用が発生するケースもある

オークションを利用する場合、手数料などの諸費用も考慮しましょう。諸費用はまちまちで、個人向けでは6,000円程で済むこともあれば、オークション代行では合算して10万円を超えることもあります。

キャンセル時に別途料金が加算されることや、オークションの種類やサービスごとで費用が異なることも念頭に入れておきましょう。諸費用はあらかじめ調べておき、それを踏まえて満足できる最低落札価格を設定するのがおすすめです。

2.売却後のクレームにつながることもある

オークションでの車の売却は、基本的に画像から車両の状態を確認するしかないので、実車を見て行う売買と比較してトラブルが起きやすくなっています。

傷と凹みは特にクレームにつながりやすいので、車の状態と事故歴・修復歴は、できる限り詳細に記載するのがポイントです。また、落札前に買い手から質問があれば、迅速にかつ正確に答えることでクレーム対策になります。

3.名義人変更の手続きを忘れる買い手もいる

個人売買は名義変更に関するトラブルが多いと言われています。業者の場合は手続きを代行してくれますが、個人売買の場合は買い手側が「自賠責保険」と「車両の名義変更」の2点の手続きを行う必要があります。

車両の名義変更が行われないと、車の事故や違反時に売り手側に慰謝料や罰金が請求されたり、自動車税の納付書が届いたりというトラブルが起きます。名義変更をしっかりと行い、車検に必要な「納税証明書」も確実に渡しておくと良いでしょう。

オークションの利用前に中古車を高く売る方法をチェック!

オークションの利用前に中古車を高く売る方法をチェック!

オークションで車を売却すれば、中間マージンがかからず相場よりも高く売れることがある一方で、トラブルも多い傾向にあります。しかし、リスクを回避するのであれば、高価買取を目指す準備を行い、買取査定を受けてみることもおすすめです。

ここでは、リスクを抑えつつ中古車を高く売る方法や、査定額に影響するポイントも併せて紹介しますので、参考にしてみてください。

車をきれいにしておく

車をきれいにしておくと査定士に良い印象を残せます。車がきれいかどうかは直接査定額に影響するわけではありませんが、愛車を大切に乗ってきたことをアピールできます。

具体的には、ボディの洗車や車内のゴミや埃を取り除くなどできる範囲で清掃を行っておくと良いでしょう。また、ペットを飼っていたり喫煙していたりする場合は、次に乗る方のことも考えて、車内の臭いをできる限り無臭に近づけておくと売れやすくなります。

売却の時期を考慮する

車を高く売りたい方は、買取業者の繁忙期である1~3月と7~9月を狙いましょう。買い手側にとっては新生活が始まるタイミングで、免許を取得した学生や社会人を中心に車の需要が高まる時期です。

買取業者にとっては決算月が近いので、在庫を豊富に確保するために、通常よりも買取を強化して高額査定を行ってくれる傾向があります。ただし、車の価値は日々低下するので、その点も含めて良いタイミングを見極めるようにしましょう。

高く売るなら一括査定の利用がおすすめ

オークションで車を売る場合、特に個人間ではトラブルが起こりやすいので、手間をかけたくない方は買取業者に依頼することをおすすめします。オークションを利用すると相場よりも高く売れることもありますが、落札者が現れないなどの問題が発生することもあります。

車を確実に売りたい場合は、一度に複数社に査定依頼ができる「一括査定サービス」の利用がおすすめです。相見積もりが簡単に取れるので、愛車を少しでも高く売りたい場合は是非試してみてください。

車を高く売りたい方にはcarview!車買取の利用がおすすめ

車を高く売りたい場合は、数ある一括査定の中でも特にcarview!車買取の利用がおすすめです。carview!中古車一括査定サービスには以下のような特徴があります。

  • 500万人の利用実績で業界トップクラスの老舗である
  • 一度に最大10社まで同時に見積もり依頼ができる
  • ネットの申し込みは簡単で約45秒で入力できる
  • 提携事業者数は300社以上と豊富である

また、carview!車買取はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)にも加盟しているので、信頼できる業者にも出会えます。信頼と実績で選ぶならcarview!中古車一括査定サービスを試してみてください。

まとめ

まとめ

車をオークションに出品して高く売れるケースもありますが、そもそも売却が成立しなかったり、最低落札価格を下回って売却が成立しなかったりすることも珍しくありません。車を確実に高く売りたいなら、一括査定を選ぶことをおすすめします。

carview!車買取なら最大10社の中から高値で売却できる業者を選ぶだけなので、自身であちこちの業者に依頼をして回る必要がなく便利です。提携している業者も大手から専門店までと豊富なので、あなたの愛車を高く評価してくれる業者に出会える可能性があるため、売却方法に迷ったら是非試してみてください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ