現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 売却ガイド > 事故車の修理と見積もりのポイントを詳しく解説!高価買取のコツも伝授

売却ガイド

事故車の修理と見積もりのポイントを詳しく解説!高価買取のコツも伝授

事故車の修理と見積もりのポイントを詳しく解説!高価買取のコツも伝授

突然の事故が発生した場合、どのように対処すれば良いのでしょうか。少しぶつけてしまったという軽度の事故から、対人が関係する複雑なケースまで必要な対応はそれぞれ異なります。また、自分は気をつけていても事故に巻き込まれてしまうケースもあり、対応に困ってしまったという方は少なくありません。
事故により車が損傷した場合、正しい対応が必要です。事故車の修理や、買取を依頼して新しい車を購入するなど、検討が必要なポイントは多くあります。そこでこの記事では、事故車の修理と見積もりのポイント、事故が発生した際の相談先、事故状況を正しく把握するコツ、事故車への対応方法の比較などについてご紹介します。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

事故車の修理・見積もりは相談を

事故車の修理・見積もりは相談を

事故車の対応は基本的には、修理に出す、もしくは買い替えを行う場合がほとんどです。

しかし、購入したばかりの新しい車や思い入れの強い車であれば、修理してこの先も乗り続けたいと考える方もいるかもしれません。より冷静な判断を行うためには、第三者に相談すると良いでしょう。

ここでは、主な相談方法についてご紹介します。

家族に相談する

故障の程度に関わらず、家族に対して事故状況の共有は必須です。特に、家族で使用している車で事故を起こした場合は、早急に家族に報告しましょう。故障で車が使えない期間が発生してしまえば、日常生活が不便になってしまいます。

また、代車の検討や、生活費から修理費用の捻出の検討も必要です。家族に情報を共有して相談できれば、修理の方法に迷う場合でも適切な手段を話し合えるでしょう。特に、家族に車に詳しい方がいれば、適切なアドバイスをもらえる場合もあります。

インターネットを活用する

インターネットを利用して、事故車の修理や見積もりに関連する情報を集めることもおすすめです。例えば、Q&Aサイトには、車の事故に関する質問も多数投稿されています。「事故」や「物損」といったキーワードを検索して、自分の事故状況に近いケースを見つけましょう。

ただし、 ウェブサイトに掲載されているすべての情報が正しいとは限りません。複数の回答を見比べて情報を精査し、参考にできる事例を見極めましょう。もし、参考になる回答が見つからない場合は、実際に自分で質問して回答を募集してみることもひとつの方法です。

弁護士に相談する

車の事故の規模によっては、多額のお金がかかるケースもあります。その際、相手と思うように話し合いを行えなかったり、保険金を受け取れなかったりする場合は、弁護士に相談しましょう。

ただし、弁護士によって得意としている分野は異なるため、あらかじめ書籍やインターネットで調べてから実績のある方に依頼しましょう。

車の状態と事故状況を把握する

車の状態と事故状況を把握する

事故を起こした車の修理の見積もりを依頼するには、通常の中古車買取査定のように車種や年式といった情報だけでは算出できません。車の傷やへこみはもちろん、事故状況を正確に伝えることが重要です。

例えば、物損事故の場合だけでも原因は複数に分けられるため、修理したい車の事故状況はなるべく詳しく把握しましょう。

物損事故

物損事故は、人でなく「もの」が破損した場合の分類です。小さなへこみといった軽い内容から、車の横転など重大な損傷が発生しているものまで幅広く含まれます。

また、単独事故でガードレールを破損した場合も物損事故の扱いとなります。人的被害が発生していないからといって、通報せずにいると法律違反になるため注意が必要です。警察や保険会社などに忘れずに連絡しましょう。

修理費用が車両の時価額を上回っている場合、車両の時価額の限度でしか支払いを受けられません。

もらい事故

片方に全く非がなく、過失割合は0対100となる事故を「もらい事故」と呼びます。例えば、信号待ちの追突や停車中にぶつけられたなどのケースなどです。

もし、もらい事故で被害者となった場合、物損が生じても責任を問われることはほとんどありません。車に修理が必要であれば、相手側に費用を請求できます。

ただし、ケガを負った場合は保険適用のために医師の診断書の準備が必要です。保険金を受け取れるタイミングは、相手側が加入している保険内容によって異なるため注意しましょう。

また、「警察を呼ぶと時間がかかるから」という理由で示談に応じてはいけません。警察への通報は道路交通法第72条により義務付けられており、通報を怠った場合は3か月以下の懲役または5万円以下の罰金が科せられます。

追突事故

前方の停車中もしくは低速進行中の車に対して、後方からの衝突するのが追突事故です。例えば、一時停止中や信号待ちのタイミングで起こるケースが目立ちます。

2台以上の車が関わるためお互いの車に被害が出やすく、事故直後はパニックになりがちですが、まずは冷静になって警察に連絡しましょう。

なお、追突事故では車両保険の適用が可能です。仮に自分に事故の責任があっても、対物保険で相手側の修理費用をカバーできます。

追突の衝撃が強い場合は、打撲などのケガを負っている可能性も考慮する必要がありますが、相手側のケガには搭乗者保険や人身傷害保険などの保険が適用されるため焦らずに話を進めましょう。

修理依頼が可能な4つの方法

修理依頼が可能な4つの方法

車の修理依頼が可能な代表的な方法として、「カーディーラー」「自動車整備工場」「大手カー用品店」「クイック板金」の4つが挙げられます。それぞれの方法で費用や作業時間などが異なるため、特徴をよく理解して修理方法を選定しましょう。

この際、メリットだけでなく注意点も認識しておくと、思わぬミスマッチを防止できます。

カーディーラー

カーディーラーは、メーカーと特約店契約を結んだ車の正規販売店です。修理や定期点検といったサービスにも定評があります。店舗には、優れたメンテナンス技術を有する整備士が在籍しており、車に対するさまざまな知識も豊富なため修理内容などについて気軽に相談できるでしょう。

また、自社の車の整備で必要とされる検査機器や修理工具も整っているため、質の高い修理や整備を受けられます。

使用パーツは、メーカー指定の純正パーツのため、愛車の修理も安心して依頼できます。手厚いサービスがある反面、費用は他の修理方法と比較すると高くなる場合が多いので注意しましょう。

自動車整備工場

自動車整備工場では、メーカーや車種によらずさまざまな車の修理に対応してもらえます。メーカー指定の車の知識はカーディーラーが得意としていますが、修理の技術やノウハウは自動車整備工場も優れています。

また、修理費用はカーディーラーよりも低く設定されているのがメリットです。さらに、入手が難しい車のパーツも柔軟に代替品で対応してくれる場合もあるため、気軽に相談してみましょう。

ただし、自動車整備工場の店舗や配属されているスタッフの質に差を感じることがあります。修理費用が同等でも、仕上がりのクオリティに異なる可能性もあるため、事前に見積もりを出してもらったり評判を確認したりすると良いでしょう。

大手カー用品店

大手カー用品店も、修理の依頼が可能です。車の消耗品の購入などで店舗に立ち寄る方も多く、気軽に相談できるところがメリットでしょう。また、会員価格でサービスを受けられる店舗もあり、カーディーラーなどよりも低価格で修理を行える場合もあります。

特に、小さな傷やへこみの修理、マフラー交換など比較的簡単な修理であれば快く引き受けてくれるでしょう。

修理パーツはさまざまなメーカーや価格帯の商品から選んで修理を行うため、修理用品のブランドにこだわる方は注意が必要です。その他、技術面で不安が残る店舗もあるため、大掛かりな修理の場合などは慎重に判断しましょう。

クイック板金

そもそも、板金とは、車の傷やへこみをあて板や板金ハンマーなどを用いて元の状態に修復する作業です。作業が大掛かりなものを本格板金、もっと簡易で手軽なものをクイック板金と呼びます。

クイック板金は工程が全体的に簡単で、料金設定も安く設定されていることが特徴です。

車の損傷によっては、作業範囲や塗装が限定される場合もあるため、すべての傷やへこみがクイック板金で対応できるわけではありません。

そのうえ、通常の板金よりも仕上がりは劣るため、歪みや変形を伴うこともあります。修理の予算や時間、最終的な仕上がりを考慮して、板金業者やお店の方と相談しながら、ご自身にマッチする方法を選択しましょう。

事故車の廃車・修理・売却の比較

事故車の廃車・修理・売却の比較

事故車のその後は、大きく「廃車」「修理」「売却」に分けられます。どの方法を選択が最適なのかは、事故の状況や損傷の大きさなど個々の状況によって異なります。

ここでは、車の安全性とコスト面を考えた最善の方法の選び方について、それぞれのメリットと問題点を交えて解説します。

廃車だと損をする可能性も

廃車にする場合、一時抹消登録と永久抹消登録の2通りの方法があります。

一時抹消登録とは、一時的に車の登録を抹消する方法です。車を使用しない月は、自動車税や自賠責保険料が還付され必要に応じて車を再登録できます。また、車の再登録手続きを行えば、再び公道を車で走ることも可能です。

一方、永久抹消登録は、再登録して公道を走らせることはできません。また、永久抹消登録の条件として、車の解体が定められています。そのため、永久抹消登録を行ったら、今後その車に乗ることはできません。

ただし、どちらの廃車の場合でも、買取のように現金化ができず、車の廃棄などには費用が発生するため、コスト面には注意しましょう。

修理のメリットと問題点

修理ができれば、車を手放すことなく乗り続けられます。事故の損傷が軽く、走行可能な状態であれば、店舗まで運転して修理を依頼し、代車を用意してもらうことも可能です。

車の買い替えとなると、それなりのまとまったお金が必要なため、修理すれば事故後の負担額を軽減できるでしょう。また、希少性の高い車や思い出の詰まった愛車は、「継続して乗りたい」と思うドライバーも少なくありません。

ただし、ディーラーで修理する場合、仲介手数料が発生することもあるため、修理コストに関しては検討が必要です。また、故障の場所や規模にも左右されますが、修理後の車は事故の発生リスクも高まる場合もあるので注意が必要です。

売却なら車一括査定サービスの利用がおすすめ

車の状態によっては、買い取ってもらうことも可能です。もちろん、事故が発生していない車と比較すると査定額は下がりますが、次の車の購入資金として補填できるでしょう。

車の売却であれば、事故車一括査定サービスの利用がおすすめです。事故車一括査定サービスは、一度の簡単な情報入力だけで複数の見積もりが手に入ります。

複数の売却結果を比較して一番高い会社に事故車の売却が可能なため、手軽に高価買取を実現できるでしょう。

また、事故車の買取相場が分かるので、安く買取ろうとする質の悪い業者に騙される心配もありません。事故車のさまざまな対応で追われていて時間が足りない方や、スムーズに車の売却を進めたい方には事故車一括査定サービスも検討しましょう。

一括査定サービスならカービューがおすすめ

一括査定サービスならカービューがおすすめ

事故車一括査定サービスのなかでもおすすめなのが「carview!中古車一括査定サービス」です。carview!中古車一括査定サービスをご利用いただけば、簡単なステップで満足度の高い査定結果を得られます。

事故車の買取にも対応しているcarview!中古車一括査定サービスのおすすめポイントを、以下でご紹介します。

カービューのここがすごい

車の査定と聞くとさまざまな書類が必要で、専門用語も多く手間がかかるイメージを持つ方もいるでしょう。

carview!中古車一括査定サービスは、インターネットや電話から簡単に申し込みが可能です。パソコンやスマートフォンなど身近なデバイスから、都合の良い時間に好きな場所から気軽に利用できます。

インターネットでは、車の「メーカー」「モデル」「年式」「走行距離」の4項目を入力するだけで査定金額が把握できます。

また、走行距離も5,000km単位の入力なので、細かい数値の確認は不要です。条件に合った会社を最大で10社まで紹介されるので、納得できる査定額を提示したお店を選ぶだけで簡単に高値で車を売却できます。

カービューには安心・信頼と確かな実績がある

carview!は2000年5月に中古車査定仲介サービスを開始してから、これまでに500万人以上の利用者数を誇っています。

また、carview!中古車一括査定サービスはJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)に加盟しており、協会と連携して安全で安心なサービスをお客様に提供しています。

ここからは、carview!中古車一括査定サービスを利用したユーザーから寄せられたクチコミの一例をご紹介します。

「電話での一次情報から実車査定に至るまで気持ちよく誠意を感じる応対と査定をしていただけした。遅い時間でも応対いただけました。」
(40代男性 査定時期:2021年3月)

「丁寧でした。大手なので大した金額は見込んでいませんでしたが出てきた数字にはびっくりしました。後日他の人からも高条件提示の話を聞き、意外性を感じました。」
(50代男性 査定時期:2018年9月)

まとめ

まとめ

車の事故発生への対応は運転を頻繁にされる方であれば、気がかりな問題の一つです。狭い道や路面状況の悪い環境での走行では、思いもよらぬ事故が発生するリスクも高まるでしょう。

常に安全運転を心掛けていても、事故に巻き込まれる可能性をゼロにはできません。

もし、事故が発生した場合は焦らずに事故の状況を見極めて、警察や保険会社などに連絡をしましょう。慌てずに、身近な家族やお店の車のプロの方と相談しながら、対応方法を決めていくことがおすすめです。

事故車の廃車・修理・売却という選択肢を冷静に見極めて、満足できる選択をしましょう。

事故車の買取の見積もりを検討中の方は、ぜひcarview!の事故車一括査定サービスをご利用ください。万が一の事故の際も、簡単なステップで満足度の高い査定結果を得られるため、事故後の手続きもスムーズに行えるでしょう。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ