現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 売却ガイド > ローンが残ってる車でも売れる?!高価買取可能な一括査定サービスをご紹介

売却ガイド

ローンが残ってる車でも売れる?!高価買取可能な一括査定サービスをご紹介

ローンが残ってる車でも売れる?!高価買取可能な一括査定サービスをご紹介

ローンを組んで車を買ったものの、様々な事情で手放さざるをえなくなってしまう場合もあると思います。ローンが残っている車を売却することができるのか、不安に思っている方もいるのではないでしょうか。
この記事では、ローンが残っている車について、所有権によって異なる売却方法やローン残高の返済方法などについて解説します。加えて、ローンが残っている車を高く売るコツとおすすめの一括査定サービスもご紹介します。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

ローンが残ってる車でも売れる?

ローンが残ってる車でも売れる?

転勤や引っ越しといったタイミングで、急遽ローンがある車の売却を迫られるケースはよくあります。そのような場合に、本当に自分の愛車が売れるのか心配な人も多いはずです。結論から申し上げますと、ローンが残っている車の売却自体は可能です。しかし、以下の3点に注意が必要です。

  • 車の名義人
  • 売却後のローン残高
  • ローン残高の返済方法
  • ローンが残っている車の場合は、売却可能なのは名義人本人や家族のみとなるので、所有権の確認が必要になります。また、車の売却額によってはローン残高が残ってしまうこともあるため、無理のないローンの返済方法も考えなければいけません。

    車の所有権によって異なる売却方法

    車の所有権によって異なる売却方法

    その車の名義人が、本人や家族になっているのか、それ以外のディーラーなどになっているのかで売却方法が異なります。自動車検査証にある「所有者の氏名または名称」を確認してみると、車の所有権が誰にあるのかがわかるので、まず確認しましょう。

    本人・家族名義の場合

    車の名義人が自分の場合は、車売却時に必要な書類を揃えれば、問題なく手続きを進められます。

    家族の場合は、本人の同意と委任状・印鑑証明書などが必要となりますが、すぐに本人とやり取りができ、用意ができればこちらも問題はありません。本人の車や同意を得た家族の車を売却する場合は、たとえローン返済中であったとしても、名義の変更は必要ないです。たとえば、銀行の「マイカーローン」は、車を購入する前提で組まれるローンですが、車の所有権は本人名義のままとなるため、そのまま手続き可能です。ローン中の車を売ってもローンの返済義務は残ってしまうので、売却前にローンの返済方法を決めておきましょう。愛車を高価買取してもらえれば、そのお金でローン返済できるケースもあるため、よく確認してから売却することをおすすめします。

    本人・家族以外の名義の場合

    ディーラーや中古車販売店から、自動車ローン(オートローン)を利用して、購入した場合は、ローン完済まで名義人がローン会社に残るため、所有権が本人にありません。ローン残高のある車を売却するには、ローン会社から本人名義に変更する、「所有権留保の解除」が必要になります。手続きには以下の書類が必要です。

  • 自動車検証
  • 譲渡証明書
  • 委任状(旧所有者・新所有者)
  • 印鑑登録証明書(旧所有者・新所有者)
  • 実印(旧所有者・新所有者)
  • 車庫証明書
  • 基本的に買取業者が手続きを行うため、買取業者の指示に従い書類の準備を行えば問題ありません。自身で手続きする際は、上記の書類に加えて「手数料納付書」「自動車税申告書」「申請書」が必要となります。

    売却費用でローンの残高を返済する方法

    売却費用でローンの残高を返済する方法

    売却額でローンの残高を一括返済可能かどうか、確認しておきましょう。残債よりも売却額の方が高い場合は心配ありませんが、売却額が下回ってしまう場合は売却後も返済が続いてしまいます。ここでは、売却額がローン残高を上回るケースと下回るケース、それぞれの場合の返済方法について、それぞれ紹介します。

    売却額がローン残高を上回る場合

    車の売却額がローン残高を上回った場合には、その場で完済となります。完済手続きに関しては、買取業者などが代行してくれる場合も多いので、車を売る人にそれほど負担はかからないでしょう。売却価格からローン残高を差し引いた金額を、買取店やディーラーなどからお金を受け取ります。ローンを完済すれば名義人変更が可能となるので、本人名義に変更してから車を引き渡します。

    売却額がローン残高を下回る場合

    ローン残高よりも低い金額で売却された場合には、不足分を支払わなければいけません。この場合は、下記のいずれかの方法で完済を目指しましょう。

  • 現金で不足分を一括返済する
  • 新たにローンを組み直す
  • 買い替える車のローンに一緒に組み込む
  • 車を買い替えずに売却のみを行う場合に、買取業者にローンの肩代わりを依頼するサービスがあります。しかし、ローン契約には審査があるため、注意が必要です。また買い替えの場合は、新たに購入する車の金額とローン残高を合計し、新たなローンを組みなおすことができます。そのため、ローンをすぐ返済できなくても心配ありません。自身の収支をよく考えて、どちらのローン返済方法が向いているのか検討しましょう。

    買い替えなら完済しなくてもいい?

    買い替えなら完済しなくてもいい?

    「オーバーローン」を利用すれば、ローン返済がまだの人でも新車の購入が可能となります。「オーバーローン」は、新車購入時の代金に支払い中のローン残高を上乗せしてローンを組む方法です。車を購入したい店舗でオーバーローンが可能か事前に確認し、今乗っている車を下取り、もしくは買取してもらうと良いでしょう。売却費用をローン支払いに使い、新しい車のローンに上乗せしてもらうことで、返済の負担も減らせます。このとき、売却と購入を同じ店舗で行うとスムーズでおすすめです。

    非常に便利な仕組みですが、支払総額が増えるため、予算面で非常に注意が必要です。月々の返済額が変わっても支払いを続けられるように、しっかり計画を立てましょう。

    ローンがある車を売却した方が良い3つのケース

    焦って車を売却すると、相場よりも買取金額が低くなるリスクがあります。ローンがある車を売却すべきか、まずは慎重になって考えた方が良いでしょう。ここでは、ローンが残っている車を売却した方が良い3つのケースを紹介します。こちらを参考に、車を売却すべきかどうかぜひご検討ください。

    車の維持費が支払えない場合

    車は所有しているだけで維持費がかかります。維持費が生活の負担になるような場合は、売却した方が良いといえます。金銭的に余裕のない人にとっては、返済と維持費の支払いが二重にかかり、日々の資金繰りに追われてしまうでしょう。「ガソリン代がかかるからあまり乗れていない」「車検にかかる費用も支払いが厳しい」ということであれば、せっかく購入した車も宝の持ち腐れです。ローン返済と同時に維持費を支払い続けることが難しい場合は、すぐにでも売却を検討しましょう。

    あまり車に乗る機会がない場合

    車に乗る頻度が極端に少ないという場合は、売却を検討した方が良いでしょう。車は所有しているだけで税金・ガソリン代・駐車代といった様々な費用がかかってしまうからです。出勤や日々の買い物などの移動手段として、毎日車に乗るほど欠かせないものであれば、その出費に見合うだけの価値はあります。しかし反対に、週末や長期休暇時に月に数回しか乗らない場合は、その必要性も改めて再考しつつ、手放すことを検討しても良いでしょう。車を手放し、必要なときだけレンタカーを利用するのも良いかもしれません。

    まとまったお金が必要な場合

    「新しい車を買うための資金が必要」「生活環境の変化でまとまったお金が必要」といった、明確な目的がある場合は売却を検討してみましょう。ただし、単純に月々の支払いが厳しくなってきたというケースでは、かえって焦って売らないほうが良い場合もあります。ローン残高より売却額の方が下回ってしまい、現金で一括払いしなければならない状況に陥ると、より金銭的に厳しくなることが想定されるからです。車の売却後にどのような状況になるのかをよく考慮して、ローンが残っている車の売却が本当に妥当なのか冷静に判断しましょう。

    ローンが残ってる車を高く売るコツ

    ローンが残ってる車を高く売るコツ

    ローンが完済できない可能性も考えると、ローンが残っている車の買取額は、より気になるものでしょう。多くの人が最高額で売却をしたいと考えると思います。ここでは、ローンが残っている車を高く売るためのコツを紹介します。

    車の状態を把握する

    思わぬ部分が高額査定につながる場合も多いため、車の状態を把握しておくことは大切です。たとえば車の年式・色・販売台数の少ない特別仕様車や純正オプション装備など、自分の車にある特徴を査定士に伝えると査定アップにつながることもあります。他にもオプションでは、カーナビやバックモニター、ヒーティングシート、自動ブレーキシステム、アルミホイール、フロアマットなど様々な高額査定につながるポイントがあるのです。できる限り見落としのないようにひとつずつしっかり確認してみましょう。特に、その車専用に作られている純正オプションは高額査定につながりやすいので、忘れずにチェックしましょう。

    車をきれいに保つ

    車をきれいにしていると、「車のメンテナンスをしっかりしている所有者である」といった印象を与えることができ、査定士もポジティブに判断してくれるようになります。そのため、車内外の落とせる汚れに関しては全てきれいに落としておくと良いでしょう。具体的には、車外にある汚れはコイン洗車場で洗い流しましょう。また車内の汚れは市販のハンディクリーナーで埃を取り除き、雑巾で軽く拭き取りましょう。一方、革のシートは、変色の恐れがあるため、から拭きで十分です。小さな傷やへこみは、下手に自分で直そうとすると、かえって査定にマイナスに響くこともあるのでそのままにしておくことをおすすめします。

    高く売れる時期に売る

    簡単に高額査定を実現するために、意識したいポイントが売却のタイミングです。特に中古車買取業界の決算時期前である、1~2月と7~8月は売上目標達成のために、多少高くても買い取る傾向が強まるのでおすすめです。またフルモデルチェンジ後は、新型に乗り換える人が多いため、中古車市場に旧型モデルの在庫が増える傾向にあります。メーカーがフルモデルチェンジを発表した直後であれば、査定額が下がる前に売れる可能性があるので、忘れずに確認してみましょう。このように売却にはタイミングも大切になってくるのです。すぐ売りたいと考えている人も、一度時期を確認してから売却しましょう。

    車一括査定サービスを利用する

    ネットなどで一括査定を依頼することで、比較的簡単に高額で買い取ってくれる業者を見つけられます。 ネットで一括査定することの最大の利点は、複数の車買取会社の見積もりを依頼することができ、その中から最高額で売却を提示してきた業者に車を売却できることです。また、ネットで一括査定する場合は無料で、費用は一切かからないので気軽に査定依頼できます。特にローンが残っている車の場合は、できる限りローンを残さずに車を売却したい人が多いでしょう。可能な限り高価買取をしてもらうためには、車一括査定サービスの利用がおすすめです。

    carview!中古車一括査定サービスがおすすめ

    車一括査定サービスを利用するなら、carview!中古車一括査定サービスがおすすめです。たとえローンが残っている車でも利用できますし、複数社の査定結果を比較できるため、より高く売れる買取会社が簡単にわかります。ここでは、carview!車買取でできることと、carview!車買取が安心・信頼できる理由をご紹介します。

    carview!車買取でできること

    carview!車買取ではインターネットからの一度の査定申込で、最大10社の様々な買取店に同時に一括査定依頼ができます。10社の買取店から提示された査定額のうち、一番高い査定額を提示したお店を選べば、最高値で車の売却も見込める仕組みです。また、carview!車買取が提携している査定事業者数は300社あります。TVCMで馴染みのある大手の買取店や車の販売会社、専門店まで幅広く提携しているため、様々な買取店の査定額を比較して、ベストな査定額を提示できるのです。さらに、パソコン操作が不慣れな人でも、約45秒で入力完了できます。パソコンとスマートフォンのどちらにも対応していて、時間や場所を選ばずに利用できるのも魅力です。 ネットで一括査定することの最大の利点は、複数の車買取会社の見積もりを依頼することができ、その中から最高額で売却を提示してきた業者に車を売却できることです。また、ネットで一括査定する場合は無料で、費用は一切かからないので気軽に査定依頼できます。特にローンが残っている車の場合は、できる限りローンを残さずに車を売却したい人が多いでしょう。可能な限り高価買取をしてもらうためには、車一括査定サービスの利用がおすすめです。

    carview!車買取が安心な理由

    carview!車買取は、500万人以上の利用実績があり、業界でもトップクラスで確かな実績があるのです。また、JPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)にも加盟しており、協会と連携して安全・安心なサービスを提供しています。carview!車買取を利用したユーザーから寄せられたクチコミの一例をご紹介します。 ネットで一括査定することの最大の利点は、複数の車買取会社の見積もりを依頼することができ、その中から最高額で売却を提示してきた業者に車を売却できることです。また、ネットで一括査定する場合は無料で、費用は一切かからないので気軽に査定依頼できます。特にローンが残っている車の場合は、できる限りローンを残さずに車を売却したい人が多いでしょう。可能な限り高価買取をしてもらうためには、車一括査定サービスの利用がおすすめです。

    「とても丁寧で、親近感ももて、好印象でした。」
    (40代 男性 査定時期 2021年9月)

    「電話での一次情報から実車査定に至るまで気持ちよく誠意を感じる応対と査定をしていただけした。遅い時間でも応対いただけました。」
    (40代 男性 査定時期 2021年3月)

    まとめ

    まとめ

    たとえローンが残っている車でも、売却は可能です。ただし、車の売却が可能であるのは、名義人本人かその家族のみとなります。そのため、売却を検討する際は、必ず車の所有権を確認しましょう。また、車の売却額によっては、ローンの支払いが残り続けてしまうので注意が必要です。ローンの返済方法には、車の売却費用を用いる他、新車購入時にオーバーローンを利用して、前の車のローンに組み込む方法もあります。いずれにせよ、できる限り高価買取してもらえる方が良いでしょう。carview!中古車一括査定サービスなら、ローンが残っている車でも、安心・信頼できる確かな実績で高価買取も目指せます。ローンが残っている車の売却をお考えの人は、ぜひcarview!車買取をご利用ください。

    利用実績450万人突破!!
    見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
    サービスの流れ
    • お見積もりを依頼
    • 買取店から電話か
      メールでご連絡
    • 査定を実施
    • 査定額を比較し
      売却先を決定

    LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

    中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

    買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

    • トヨタ プリウス
      実際の査定金額
      70.0万円
      見積り数
      5社
      査定満足度
      3.5
      ユーザーコメント

      オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

    • ホンダ フィット
      実際の査定金額
      63.9万円
      見積り数
      5社
      査定満足度
      5
      ユーザーコメント

      一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

    • 日産 セレナ
      実際の査定金額
      75.0万円
      見積り数
      8社
      査定満足度
      5
      ユーザーコメント

      はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

    最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
    3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

    ※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

    ※1 2019年4月時点 当社調べ