売却ガイド

売却する車のナンバープレートが欲しい!手元に残す方法をご紹介します

売却する車のナンバープレートが欲しい!手元に残す方法をご紹介します

ナンバープレートは車が公道を走るために必須です。「車を売却してもナンバープレートが欲しい」と思う方もいるのではないでしょうか。ゾロ目ナンバーやオリンピック仕様のナンバープレートといった特別感のあるもの以外にも、愛着があって手放すのが惜しいと感じる場合もあるでしょう。
そこでこの記事では、売却する車のナンバープレートを手元に残す方法をご紹介します。手続きの仕方や、ナンバープレートを外す際の注意点も解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

売却する車のナンバープレートが欲しい!手元に残すことは可能?

売却する車のナンバープレートが欲しい!手元に残すことは可能?

車のナンバープレートに思い入れのある方も多いと思います。では、売却する車のナンバープレートを手元に残すことは可能なのでしょうか。ナンバープレートの概要、役割や種類なども、合わせて紹介します。

車売却後もナンバープレートは手元に残せる

以前は悪用を防止するため、車を売却する際にナンバープレートの持ち帰りはできませんでした。しかし、ラグビーワールドカップ記念ナンバープレートの発行を契機に、2017年からナンバープレートの記念所蔵が認められています。

この制度は普通車・軽自動車のナンバープレートに適用されます。ただし自動車検査証に記載されている名義が本人であること、ナンバープレートに規定サイズの穴を開ける、といった条件を満たす必要があります。

そもそもナンバープレートは何のために付いているの?

ナンバープレートは車1台1台を識別するために取り付けられています。犯罪や事故などの際に車の持ち主を特定する証拠としての役割があるのです。日本国内はもちろん、海外でもナンバープレートの取り付けは義務化されています。

ナンバープレートの取り付けに関しては法律で定められており、車の前後の見えやすい場所に付けなくてはいけません。番号をステッカーで隠したり、向きを変えて取り付けたりすることは違法です。

ちなみに、ナンバープレートには下記のような正式名称があります。

  • 普通自動車やトラック:自動車登録番号標
  • 軽自動車、排気量200cc以上の二輪車:車両番号標
  • 原付バイク、小型特殊自動車:課税標識

ナンバープレートの持ち帰りに種類は問わない

ナンバープレートには一般的なプレートの他に、「オリンピックナンバー」や「ご当地デザインナンバー」といった種類も存在します。さらに、「ペイント」「字光式」の2種類に分けられ、それぞれ以下のような特徴があります。

・ペイント
よく目にする一般的なナンバープレートです。普通自動車、軽自動車、事業用、それ以外かによってもプレートの色が異なります。
・字光式
ナンバーを光らせるために、登録番号部分が樹脂で作られています。使用するためには、国土交通省が承認した照明器具の購入が別途必要です。

基本的には、どのような種類のナンバープレートでも持ち帰りは可能です。

ただしナンバープレートの使い回しは不可

ナンバーに愛着を感じている方の中には、「乗り換える車に同じナンバーを付けたい」と思う方もいるでしょう。しかしナンバープレートは車両の特定に重要な役割を果たすため、厳しく管理されています。売却時にナンバープレートを持ち帰ることは可能ですが、別の車に同じナンバープレートの使い回しはできません。

希望ナンバー制度を利用すれば、新たに乗る車に4桁のみ同じ番号を使用することは可能です。番号自体に愛着がある方は希望ナンバー制度を利用しましょう。

ナンバープレートが欲しいことを買取業者に伝える

「自分のナンバープレートを記念に残したい」という場合は、買取業者で一時抹消登録の手続きをする際に、スタッフにその旨を伝えましょう。手続きは提示された申請書の項目を埋めるだけです。ただし、受け取ったナンバープレートは再利用できないため、あくまでも観賞用・記念品としての楽しみ方になります。

売却する車のナンバープレートを持ち帰るための手続き

売却する車のナンバープレートを持ち帰るための手続き

売却する車のナンバープレートを手元に残すためには、どのような手続きが必要なのでしょうか。愛着のあるナンバープレートでも、勝手に取り外して持ち帰ることはできません。ここでは、ナンバープレートを持ち帰る際の手続きの流れや必要書類をご紹介します。

必要な書類

売却後にナンバープレートを手元におくには、一時登録抹消の手続きをする必要があります。次の書類を用意しましょう。

    車の一時登録抹消手続きに必要な書類
  • ナンバープレート(前後2枚)
  • 印鑑証明書(3か月以内に発行された所有者のもの)
  • 自動車検査証
  • 手数料納付書
  • 一時抹消登録申請書
  • 実印

代理人が手続きを行う場合は、上記に加えて車の所有者の実印が押印された委任状が必要です。自動車検査証に記載されている住所が異なる場合は住民票と戸籍の附票、氏名が異なる場合は住民票と戸籍謄本を準備します。いずれも車庫証明書を用意して変更登録をしたあとに一時抹消登録手続きを進めましょう。

運輸支局、軽自動車検査協会に届出

通常は一時登録抹消手続きのあとにナンバープレートを返却しますが、持ち帰る場合は運輸支局や軽自動車検査協会の窓口に持ち帰り希望の旨を伝えて「記念所蔵ナンバー破壊(穴開け)申込書」をもらいます。

「記念所蔵ナンバー破壊(穴開け)申込書」に記入する内容は、登録車両番号や氏名、連絡先といった基本的な事項の他に、穴を開ける位置やタイミングを記入する欄もあります。

持ち帰るために穴を開けてもらう

記念所蔵ナンバー破壊(穴開け)申込書を提出したあとは、実際にナンバープレートに穴を開けてもらいます。完了までに3日程かかることもあるため、受け取り日時の確認をしておきましょう。手数料は地域や状況により異なります。例えば、穴開け位置が固定位置の場合は300円、希望位置の場合は500円、といった具合です。

地域によっては自分でも穴を開けられますが、その場合は事前に運輸支局で相談をして用意された書類に署名か押印する必要があります。また、認められた場合は40mm以上の穴を開けなければいけません。

売却以外に古いナンバープレートを入手できる手続きタイミングは?

売却のタイミング以外で古いナンバープレートを入手できるのはいつでしょうか。考えられるタイミングとして、ナンバープレートの交換・名義変更・住所変更などが挙げられます。それぞれ自身で手続きをすれば、一時抹消登録と同じ流れで古いナンバープレートを手元に残すことが可能です。

通常、ナンバープレートを返納するタイミングは名義変更・住所変更の際ですが、交換の手続きはいつでもできます。また、交換の回数に制限はありません。

車を売却する際に知っておきたいナンバープレートの注意点

車を売却する際に知っておきたいナンバープレートの注意点

ここからは車の売却にあたって、ナンバープレートについて注意すべきポイントを解説します。ナンバープレートについて誤解をしていると、査定額に影響したり手続きが増えたりするかもしれません。「知らなかった……」となる前に、あらかじめ注意点をチェックしておきましょう。

ナンバープレートを外すと買取額が下がる

ナンバープレートを外した車は、一時抹消登録した車であることを意味します。そのため、ナンバープレートを取り外した状態で売却すると、買取額が下がってしまうことがあるのです。

その理由は、再び公道を走れるようにするために新規登録(中古車新規の手続き)の申請が必要になり、買取業者側に手間や費用がかかるためです。高価買取を狙うなら、ナンバープレートを付けたまま売却した方が良いでしょう。

ナンバープレートを紛失している場合は再発行が必要

紛失や盗難といった理由でナンバープレートを紛失した場合は、再発行の手続きが必要です。破損して使えない場合でも、現物が2枚とも残っていて、かつ番号が判読できれば同一番号で再発行をしてもらえます。

ナンバープレートの再発行手続きは、管轄の運輸支局や自動車車検登録事務所、軽自動車検査協会で行うことが可能です。手続きの際は以下のものを用意しましょう。

    車のナンバープレートの再発行手続きに必要な書類
  • 自動車検査証
  • 自動車税(環境性能割種別割)申告書
  • 認印
  • 手数料納付書
  • ナンバープレート(残存があれば)
  • 理由書(地域によっては不要)

車を個人間で売買する場合はナンバープレートを取り外しておく

車を買取業者に売却するのであれば、ナンバープレートを付けたままの方がプラス査定につながります。しかし、個人間で車を売買する場合は、ナンバープレートが原因でトラブルに発展する可能性もあるため、取り外してから売った方が良いでしょう。その際には、一時抹消登録の手続きが必要になります。

個人間での売買では、「買い手が名義を変更しないまま購入した車に乗り続ける」といったトラブルが見受けられます。車の所有者は自動車税や自動車重量税の支払い義務があるので、名義変更が終了しないと売却した車の税金を支払うことになってしまうのです。

ナンバープレートがない状態の車を売るなら一括査定がおすすめ

ナンバープレートを外すと公道での走行ができないため、売却時に不便を感じることがあります。その場合は、一括査定を利用して出張査定に対応している買取業者に依頼するのがおすすめです。

一括査定は車を高値で売却したい方に適したサービスですが、自分の都合に合う業者を探す場合にも有効な手段です。手間をかけずに複数の買取業者の中から比較・検討ができます。

買取カービューで出張査定に強い買取業者を探そう!

買取カービューで出張査定に強い買取業者を探そう!

車を少しでも高く売りたいなら一括査定サービスの利用がおすすめです。ここでは、数ある一括査定サービスの中でも、安心の実績を誇る買取カービューの愛車無料一括査定サービスをご紹介します。

提携会社は300社以上!

買取業者にはそれぞれ車種の得手不得手があることをご存じでしょうか。外車に強い業者やスポーツカーに強い業者など、査定を依頼する買取業者によって査定額は大きく変わります。

買取カービューの提携事業者数は300社以上あり、おなじみの大手から地方密着型の買取店、特定の車種に特化した専門店まで、幅広く提携している点が強みです。愛車の価値を評価してくれる業者や、出張査定に便利な自宅近くの業者を見つけやすくなっています。

最大8社から見積もり額を比較できる!

買取カービューのウェブサイトから申し込みするだけで、一度に最大8社の買取業者に査定依頼できます。提示された査定額の中から一番高い査定額を提示した買取業者を選べるので、高価買取が可能になるのです。

一括査定サービスでは、基本的に依頼する業者の数が多い方が高額査定されやすい傾向があります。しかし、多すぎるとその後の対応が手間になってしまうため、買取カービューでは最大8社までに制限しています。

査定の申し込みはパソコン・スマートフォンのどちらからでも利用できるので、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

まとめ

売却する車のナンバープレートは、運輸支局や軽自動車検査協会に届出をすることで手元に残せます。ただし、ナンバープレートを外すと車の売却額が下がることは認識しておきましょう。どうしてもナンバープレートが欲しい時は、まず買取業者に相談するのがおすすめです。

ナンバープレートを外した車で出張査定を受けたい時は、「買取カービューの愛車無料一括査定サービス」をご活用ください。利用人数450万人を突破した安心の一括査定サービスなら、条件に合う買取業者が見つかるでしょう。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーの口コミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

トヨタ プリウス
実際の査定金額
70.0万円
見積り数
5社
査定満足度
3.5
ユーザーコメント

オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

ホンダ フィット
実際の査定金額
63.9万円
見積り数
5社
査定満足度
5
ユーザーコメント

一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

日産 セレナ
実際の査定金額
75.0万円
見積り数
8社
査定満足度
5
ユーザーコメント

はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

買取カービューについて

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営する株式会社カービューが提供しています。Yahoo!JAPANグループのカービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP