売却ガイド

オイル漏れの車は売却できるの?売却するためのポイントについて紹介します

オイル漏れの車は売却できるの?売却するためのポイントについて紹介します

エンジンオイルはエンジンの内部にある複数の機械が起こす摩擦や熱を抑える重要な役割を担っています。オイル漏れが起きた車は売却できないと考える方もいるのではないでしょうか。オイル漏れの車は査定に影響を与えることもありますが、ほとんどの場合で売却が可能です。
そこでこの記事では、オイル漏れの車を売却するためのポイントを紹介します。「オイル漏れの車は修理せずに売却する」など、売却に際してのコツも理解することができるでしょう。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

オイル漏れの車を売却することは可能

オイル漏れの車を売却することは可能

オイル漏れの車は売却できないと考える方もいますが、売却は可能です。オイル漏れの原因はさまざまなものがあげられますが、たとえ原因が判明していない状態であっても査定に出す価値はあると考えましょう。

走行距離が10万kmを超えるころになるとエンジンオイルの劣化速度も新車に比べると早まるのが一般的です。定期的にメンテナンスをしていても気づかないうちにオイル漏れを起こしてしまう可能性は十分あります。

オイル漏れは修理ができるため、査定額に影響があったとしても売却自体を断られることは稀です。オイル漏れしているからと査定依頼をあきらめる前にまずは買取業者に相談してみることをおすすめします。

オイル漏れの車が売却できる理由

オイル漏れの車が売却できる理由

オイル漏れを起こしている車は査定を断られるのではないかと不安に感じる方もいるでしょう。業者はオイル漏れを理由に取を拒否することはほとんどありません。

まずは、査定を依頼して買取金額を確認してみましょう。オイル漏れ以外に故障がなければスムーズに買取してもらえる可能性もあります。ここでは、オイル漏れの車が売却できる理由について解説します。

業者が修理して販売するため

業者がオイル漏れしている車を買い取るのは修理が可能だからです。業者は買取した車を商品として売り出す前に点検・修理を行うため、修理可能な範囲のオイル漏れなら問題なく買取してもらえるでしょう。

自分で修理してから査定を依頼する必要もありません。修理の程度によりますが、費用が買取金額を上回る可能性があります。オイル漏れが起きる原因はさまざまです。業者では自社で原因を分析して適切な修理を行えます。万が一、国内で販売できなかったとしても車種によっては海外で引き取り手が見つかる可能性があることも買取可能な理由の一つです。

業者が車の価値を引き上げられるため

業者が自社工場を持っている場合はオイル漏れの車を修理できます。他の整備工場に依頼せずに済むため、安い費用での修理が可能です。修理費用を抑えることができれば、結果的に車の価値を引き上げられるため、オイル漏れの車であっても他に大きな問題がなければ買取しても損することはありません。

オイル漏れの車は売却がベター!手放すメリットについて

オイル漏れの車は売却がベター!手放すメリットについて

オイル漏れを起こした車は売却を選択すると良いでしょう。安全面から考えてもオイル漏れしている車に乗り続けることは危険です。修理は高額になることもあるため、「修理費用がかかっても乗り続けたい」ということでなければ売却を前向きに検討する価値があります。ここで、オイル漏れの車を手放すことで得られるメリットを確認しましょう。

法律違反を避けられる

オイル漏れの車は車検に通りません。整備不良とみなされ修理を求められるでしょう。特に外漏れの場合は、シトシトと道路にオイルが垂れるため周囲に迷惑をかけてしまいます。

場合によっては道路交通法違反になる可能性もゼロではありません。その場合、法律違反で処罰されます。法律違反を避けるためにもオイル漏れの車に乗り続けることはおすすめできません。

オイル漏れの修理箇所を見つけるのは難しい

オイル漏れの原因はさまざまです。原因を見つけるのは専門的な知識を持っていない素人には難しいでしょう。オイル漏れは、目には見えない箇所の故障で起きていることもあるからです。

10年以上乗っている、走行距離が10万kmを超えているという車の場合はエンジン本体が故障していてオイル漏れの原因になっていることもあります。オイルそのものや部品の経年劣化も原因のひとつです。整備工場やディーラーに持って行き修理を依頼する手間を考えると、事象を伝えるだけで済む売却のほうが手間は少なくて済むでしょう。

必要以上に修理費用をかけなくて済む

オイル漏れの車を修理する場合、整備工場やディーラーに依頼しなければなりません。年式が高い場合は安い修理費用で済む可能性が高いですが、10年落ちなど車体が古くなればその分費用も高くなると考えて良いでしょう。

おおよその修理費用を原因別見てみると、エンジン回りの損傷で10万円以上、オイルパンの腐食で3万円前後、クランクオイルシール交換で2万円前後、オイルドレンボルトのゆるみで2,000円前後が相場となっています。

車の状態にもよりますが、ほとんどの場合が修理費用として2万円以上必要です。修理せずに売却すれば必要以上に費用をかけなくて済みます。

火災などのトラブルを避けられる

オイル漏れしたまま乗り続けていると、火災などのトラブルが起きる可能性が高くなるでしょう。オイル漏れの中でも危険性が高いのが「外漏れ」です。

「外漏れ」のまま走行していると、高温になったマフラー部分にオイルが落ちて火災につながる可能性が高くなります。ガソリンにまで燃え移ると爆発のリスクもあるでしょう。火災の危険性を回避するためにもオイル漏れに気づいたら早めの売却を検討することをおすすめします。

オイル漏れした車を修理する際はお早めに

オイル漏れした車にそのまま乗り続けるのは危険です。車の売却をすぐに考えていない場合はできるだけ早く修理する必要があります。何が原因でオイル漏れしているかによって修理費用が異なるため高額な場合を想定しておきましょう。

「車検が近くないから」「お金に余裕がないから」とオイル漏れした車の修理を先延ばしにしていると、火災などのトラブルに巻き込まれるリスクも高くなります。安全に車を使用するためにもオイル漏れに気付いたら早めの修理がおすすめです。

オイル漏れの車を売却する業者はどこがおすすめ?

オイル漏れの車を売却する業者はどこがおすすめ?

オイル漏れの車を売却するとき、「どのように業者を選べば良いかわからない」と悩む方もいるのではないでしょうか。オイル漏れを修理することを前提に業者を選ぶ場合、オイル漏れの程度によって選ぶ業者の特徴が異なってきます。紹介する業者の特性を見極めて、愛車のオイル漏れの程度に合ったところを探してみましょう。

修理工場のある中古車販売店

自社に修理工場を持つ中古車販売店は、それほどひどくないオイル漏れの車であれば買取します。修理工場があることで、自社内で修理を行い車の価値を上げることができるためです。特に小売販路も自社で持っている中古車販売店は、修理が必要な車であっても積極的に買い取ってくれるケースが多く見られます。

オイル漏れの修理も自社で行ってコストをうまく抑えられるため、オイル漏れの車を買取しても業者にとって負担にはなりません。オイル漏れの修理が終わった車は商品として販売されます。

海外販路を持つ買取業者

海外販路を持つ買取業者の場合、多少のオイル漏れがあっても買い取る傾向があります。車検制度がない国などでモータリゼーションが急速に発展している場合も多く、オイル漏れしていても気にせず乗ってしまうことがあるためです。

4WD車は特に海外での人気が高いこともあり、海外販路を持つ業者であればオイル漏れの有無に関わらず高額での買取が見込めます。他の業者に売却される前に査定段階で高額を提示するケースもあるようです。高額での売却を希望する場合は海外販路を持つ業者に査定依頼すると良いでしょう。

廃車買取業者

修理できないレベルのオイル漏れの車の場合は、廃車買取業者への売却がおすすめです。オイル漏れの原因箇所の修理が難しくても、他の部品に高い需要があれば車に価値を見出すことができるでしょう。

人気のある車種や生産が終了した車は部品の入手が困難な場合もあるため、中古部品の需要は高まります。中古であれば安い価格で購入できるため部品にも価値があるのです。

オイル漏れの車の売却先選びには一括査定を活用しよう

オイル漏れの車は、オイル漏れしていることがマイナス査定とされるケースもあります。一方で、4WD車や人気車種など条件が当てはまれば業者によってはオイル漏れに関係なく高額の査定額が期待できるでしょう。このように、オイル漏れの車は買取金額に差が出やすいといえます。

オイル漏れの車は、一括査定で売却先を探すのがおすすめです。複数の業者の査定を受ければ、業者間の競争が生まれ高額買取が期待できるでしょう。一括査定を受けた上で業者を厳選すれば、愛車を手放すときも納得した取引が可能です。

オイル漏れの車を査定してもらうときの注意点

オイル漏れの車を査定してもらうときの注意点がひとつあります。オイル漏れの原因が分かっていなくても必ずオイル漏れの事象があることを査定士に説明しなければならないということです。

オイル漏れしていることを査定時に黙ったままにしておけば、瑕疵担保責任の観点からトラブルに発展する可能性も十分あります。

また、オイル漏れがどのような状態かを伝えることで、車のプロである査定士には原因が突き止められるかもしれません。その場合は売却するか否かの判断もつきやすくなるといえるでしょう。

まとめ

まとめ

オイル漏れの車は修理せずにそのまま使用するとさまざまな支障をきたすため早めに修理する必要があります。オイル漏れの車は売却することもできるため、高額な費用がかかるかもしれない修理を依頼する手間を省きたいなら査定依頼がおすすめです。

売却する場合には、どの業者に売却するのか人気車種なのかによって、オイル漏れが査定に影響するかどうかも変わってくるため慎重に業者選びを行いましょう。

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、必要な情報を入力するだけで230社の提携業者のうち最大8社へ査定依頼ができます。一括査定の利用を検討し、車の売却を考えている方はぜひ一度ご利用ください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーの口コミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

トヨタ プリウス
実際の査定金額
70.0万円
見積り数
5社
査定満足度
3.5
ユーザーコメント

オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

ホンダ フィット
実際の査定金額
63.9万円
見積り数
5社
査定満足度
5
ユーザーコメント

一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

日産 セレナ
実際の査定金額
75.0万円
見積り数
8社
査定満足度
5
ユーザーコメント

はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

買取カービューについて

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営する株式会社カービューが提供しています。Yahoo!JAPANグループのカービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP