現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 売却ガイド > 車を売却すると自賠責保険料は還付されるの?手続きは必要?

売却ガイド

車を売却すると自賠責保険料は還付されるの?手続きは必要?

車を売却すると自賠責保険料は還付されるの?手続きは必要?

自賠責保険とは、すべての車の所有者に加入が義務付けられている保険です。未加入で公道を走行した場合は罰せられます。加入しなければならないとわかっていても、売却をするときの手続きについては知らないという方もいるのではないでしょうか。
そこでこの記事では、自賠責保険の契約中に車を売却した場合の手続きや、還付について詳しくご紹介します。手続き方法や還付の有無を知ることで、手に入るはずだったお金が入らないという事態を防げるでしょう。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

自賠責保険料は買取価格に上乗せされて戻ってくる

自賠責保険料は買取価格に上乗せされて戻ってくる

どのような種類の保険でも、加入・解約時には手続きが必要です。解約時に保険料の還付があれば、手続き終了後に余剰分の金額が払い戻されます。

車を売却するときの自賠責保険の扱いについて、事前に把握しておくことは重要です。自賠責保険の基礎知識と合わせてご説明します。

自賠責保険料は一般的に買取価格に入っている

業者を通して売却を行うと、一般的には自賠責保険料は買取価格に含まれます。車の売却時期と保険の更新時期が重なっているケースや、残りの期間が2か月以下のケースでは基本的に余剰分は戻ってきません。保険期間が3か月以上残っている場合に、還付される額が買取価格に上乗せされます。

自賠責保険は車両を対象にした保険です。車を買い取るときに、業者が保険ごと買い取っていると覚えておきましょう。買取店は自賠責保険のことを熟知しているケースが多いといえます。

買取店へ車を売却するのであれば、手続きを任せられるでしょう。その際は車検付きで売却するのか、廃車にして売却するのかを確認しておくと安心です。

普通・軽自動車別の自賠責保険料還付金について

戻ってくる金額の計算方法は、日本自動車査定協会(JAAI)が基準を定めています。すべての買取店が必ずしも基準に沿っているわけではありませんが、残りの契約期間に応じて、1点ごとに1,000円がプラスされます。

普通乗用車と軽自動車いずれも、保険期間の残りが2か月を切っていると点数は0で返金はありません。

3か月~4か月の点数は1点、5か月では2点、6か月だと3点と定められています。点数の設定は「新車で購入して車検までの期間が3年間ある車」と、「車検の期間が2年の車」では異なるので注意しましょう。

自賠責保険の基礎知識

自賠責保険は損害保険会社で加入します。複数の保険会社で取り扱っていますが、任意保険のように加入内容によって金額が異なるわけではなく、保険料は一律です。

補償内容は、死亡・後遺障害・傷害など人的補償に限られています。加入期間は、1か月~37か月の範囲内で、最短1か月から加入することが可能です。基本的に車検は新車の場合で3年、通常は2年となっているので、24か月もしくは37か月単位で加入することがほとんどでしょう。

車検費用と一緒に支払うことが一般的なので、車検費用に含まれていると考えて問題ありません。

自賠責保険料について(令和3年4月1日以降)

自賠責保険料の金額は、車種(自家用乗用自動車か軽自動車か)、契約期間、地域によって異なります。年度ごとに変動することがあるので、「損害保険料率算出機構」のウェブページなどから適宜調べるようにしましょう。

令和3年4月1日から適用の自賠責保険料は、前年に引き続き値下げになりました。背景には、自動ブレーキなどの技術の普及により、交通事故の数が減少傾向にあることが挙げられます。

具体的な保険料の詳細はこちら
https://www.giroj.or.jp/publication/cali_table.html

車を売却したときの自賠責保険の手続きは?

車を売却したときの自賠責保険の手続きは?

車の購入や車検のときに加入した自賠責保険は、車を手放すときにも何か手続きしなくてはいけないのか疑問に思う方もいるのではないでしょうか。車を手放すときに考えられる、売却・個人売買・買い替えの各ケースによって異なる手続きを詳しくご紹介します。

買取店に売る場合は任せてOK

車を買取店に売却する場合は、自分で手続きをする必要はありません。買取店は、自賠責保険についても売却の手続きとあわせて行ってくれることがほとんどであるためです。

保険期間が3か月以上残っている場合、一般的には還付される保険料が買取価格に含まれています。自賠責保険は強制保険であるため、買取店は保険も含めて車両を買い取るという仕組みです。任意保険のように自分で手続きをせず、買取店に任せましょう。

名義人がリース会社の場合もほとんど手間はかからない

リース車を売りたいときは、その車をまずリース会社から買い取る(中途解約)必要があります。中途解約ができるとは限らず、売却したとしても損をする可能性があるので注意が必要です。この点を踏まえておけば、通常の中古車買取と同じように手続きを進めることができます。

自賠責保険もリース会社が支払っているのであれば、リース会社から名義変更手続きをしてもらう必要があります。解約に伴う名義変更の旨を連絡すれば、リース会社が手続きを進めてくれるため、買取店に売る場合と大差なく手続きを進められるでしょう。

リース車の名義はリース会社名となっており、さまざまな支払い経費はすべてリース料にあらかじめ含まれています。

毎年の自動車税の支払い、車検時の点検整備や自動車重量税と自賠責保険の支払いは、登録名義の所有者であるカーリース会社がすべての手続きを行います。基本的にリース車はあくまで「貸出」のため、売れるかどうかは契約で決まります。

個人売買の場合は手続きが必要

個人売買をする場合は、代行して自賠責保険の手続きを行ってくれる業者を介しません。そのため自分で手続きをする必要があります。

自賠責保険は車を対象にした保険なので、以下の書類を保険会社から取り寄せ、契約者変更を行いましょう。

書類に譲渡人・譲受人双方の署名捺印をして、保険会社に提出します。手続きを行うときに譲渡の意思を確認する書類や印鑑登録証明書、身分証明書などの提出を求められることもあるので、保険会社に問い合わせて確認をしましょう。

手続きができるか不安な方は、保険会社に代行を依頼できます。初めての個人売買の場合は、保険会社に相談しながら進めると安心です。

買い替える場合は新たに加入手続きが必要

売却と同時に車を購入し買い替えるケースでは、新しく自賠責保険に加入する必要があります。自動的に切り替えや継続はできません。

注意したいのは、車検が残っている中古車を購入した場合です。前払いしてある未経過相当額(残っている期間の保険料)を払わなくてはならないこともあるので、業者に確認しておきましょう。

自賠責保険の名義変更について

自賠責保険の名義変更について

車に乗るための保険として自賠責保険には強制的な加入義務があります。買取業者ではなく、個人売買や譲渡、廃車にする場合は、自分で名義変更手続きをする必要があります。自賠責保険の名義変更について解説します。

名義変更の流れ

自賠責保険の名義変更の手続きは、以下のような流れで行います。

  1. 1.自賠責保険証明書で加入している保険会社を確認
  2. 2.最寄りの保険会社の営業所を確認
  3. 3.必要書類を早めに発行
  4. 4.営業所で必要書類を提出(前保険契約者と現保険契約者の押印が必要)
  5. 5.書類に不備がなければ新しい保険証明書が発行される

なお、名義変更の手続きの中は「自動車損害賠償保障法」に基づき公道の走行が認められないため、手続き中の車の運転は控えた方が良いとされます。

また、車を譲り受けたときや前の名義人が亡くなっている、不明などのケースでは必要書類が異なります。また、各保険会社によっても、必要な書類が若干異なる場合があるため、まず保険会社に相談しましょう。

自賠責保険の名義変更に際して必要となる費用

自賠責保険の名義変更は、基本的に手数料はかかりません。ただし、必要な書類を発行するために一部費用がかかることもあります。

車が譲渡され譲り受けた人が手続きする場合、譲り渡した人の印鑑登録証明書が必要になります。書類の発行は、市役所や役場などの窓口で行うことができ、300円ほどの手数料が必要です。

また、コンビニで交付できる市町村なら、役所に出向かずコンビニのマルチコピー機で発行できます。その際の手数料は200円程度とされています。

自賠責保険の名義変更に関する注意点

自賠責保険は名義変更しないままでも、法律違反にはなりません。しかし、名義変更しないままでは、契約更新に関する連絡が届かないなど、いざというときの保険金申請も複雑になります。

手続き自体は簡単で必要書類も少ないため、車を購入した際や車検の際に、併せて自賠責保険の名義変更を行うとよいでしょう。

保険会社の窓口にて手続きを行う必要がありますが、委任状があれば代理人でも手続きできます。業者に手続きを依頼することもできるので、時間を確保できない場合はこちらもおすすめです。

【ケース別】車の売却における任意保険の手続き

【ケース別】車の売却における任意保険の手続き

車を購入したら、任意保険に加入することも大切です。自賠責保険は最低限の対人補償しかありません。車両や物品に対する補償や賠償が高額になったときに備えて、任意保険に加入しましょう。

ほとんどの方が任意保険に加入しているのが現状ですが、車を売却するときにはどのような手続きが必要になるのか解説します。

しばらく車に乗らないなら中断手続き

車の売却後しばらく車に乗らない場合は、中断手続きをしましょう。任意保険は、今まで保険を使ったかどうかで等級が決められます。等級によって保険料は異なりますが、解約すると等級は維持できません。

中断手続きを行うときは、中断証明書発行依頼書を発行してもらうために加入している保険会社に連絡します。手続き完了後は送付されてくる中断証明書を保管しておきましょう。後日再度加入するときには、中断証明書を提示すれば等級を引き継げます。

中断証明書を発行してもらえる等級は7等級以上の場合です。中断するときには、自分の等級を保険会社に確認することも忘れないようにしましょう。

買い替えなら車両入替手続き

売却と同時に新しく車を購入する場合は、解約や中断ではなく車両の入替手続きをします。任意保険は車が変わっても継続が可能です。

自分で手続きを行わなくてはならないので、買い替えをする場合は保険会社へ車両入替手続きをすることを伝えましょう。車検証のコピーを送付したり、ネット型保険の場合はウェブで手続きが可能だったりと、保険会社によって手続き方法は若干異なります。

車の種類(排気量や登録年度)や車両保険の有無も保険料に影響します。高級車などに買い替える場合は、保険料が高くなることもあるでしょう。購入する車が決まったら、シミュレーションをしてみましょう。

車を譲るなら名義変更手続き

家族や友人に車を譲渡する場合は、名義変更の手続きが必要です。親や子ども、兄弟姉妹の同居家族へ譲渡する場合は、等級が引き継げることもあります。名義変更を行わないと、万が一事故が起きた場合に補償を受けられないこともあるので、気をつけましょう。

任意保険には補償範囲というものがあり、補償される年齢や条件を設定することで保険料が変動するシステムになっています。名義変更をするだけでは条件に合致しない方が運転することになるケースもあるため、条件の設定も見直すことが大切です。

保険証券には現在の加入状況がわかりやすく記載されています。補償内容をきちんと把握し、譲渡する相手にとって不利にならないような引き継ぎにしましょう。

車の売却ならcarview!中古車一括査定サービスで!

車の売却は複数の業者から見積もりを取り、高く買い取ってくれる業者を探すことが重要です。carview!中古車一括査定サービスは、一度に最大10社の業者へ査定依頼ができます。

提携している査定事業者数は300社以上です。保険についても安心して相談できる優良企業がそろっています。

メーカー・モデル・走行距離・年式をパソコンやスマートフォンから入力するだけで、申し込みが可能です。安心して車を売却したい、少しでも高く売却したいと検討している方は、ぜひcarview!中古車一括査定サービスをご利用ください。

まとめ

まとめ

自賠責保険の扱いは売却方法によって異なります。買取店へ売却する場合は手続きを任せられるので、自分でしなければならないことはありません。買取価格に未経過分の自賠責保険料が含まれていることが一般的ですが、きちんと確認しておくと安心です。

複数の業者へ査定依頼をすることは大変ですが、carview!中古車一括査定サービスなら、高値で買い取ってくれる業者を簡単に探せます。保険の手続きや書類の煩雑さが苦手という方でも、買取店などのプロに任せることで、スムーズに売却できるでしょう。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ