売却ガイド

査定時に値段のつかない車を売却するための対処法を解説!

査定時に値段のつかない車を売却するための対処法を解説!

「車を売却したいが、古くて値がつかないのではないか」「査定を受けたけど、値段がつかなかった」という悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。中古車の販売目的で買い取る業者以外にも、廃車専門の業者など、売却先の選択肢は複数あります。
値段のつかない原因を知ることで、0円査定を避けられたり査定額に納得したりしやすくなるでしょう。そこでこの記事では、愛車に値段がつかない原因や対処法をご紹介します。車に値段がつかないことには、原因があることを把握しておきましょう。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

買取査定で値段がつかない場合の対処法

買取査定で値段がつかない場合の対処法

買取査定は、買取業者に依頼しましょう。新車を購入するときの下取りと買取業者とでは、買取業者のほうが好条件で買い取ってくれる傾向にあるためです。

それでも値段がつかないという場合でも、諦める必要はありません。廃車買取業者や、複数の業者に一括査定を依頼する方法があります。それぞれを詳しくご紹介するので、愛車に合う売却先をぜひ見つけてください。

下取りではなく買取業者へ依頼する

愛車に値段がつくかどうか不安な場合、おすすめの売却先は買取業者です。新車を購入するために販売店に車を売却する「下取り」に比べると、高値で買い取ってくれる傾向にあります。買取業者は自らの店舗で販売する以外に、他店舗での販売やオークションでの取引など、さまざまな販売ルートをもっているためです。

下取り業者の目的と、買取業者の目的は異なります。下取り業者は新車を販売することで利益を出すのが一般的です。買取業者は買い取った車を再販することで利益を出すため、中古車を仕入れなければ事業が成立しません。そのため下取りよりも高値で買取してくれやすいという仕組みです。

廃車買取業者へ依頼する

買取業者で値段がつかなかったときは、廃車買取業者に持ち込むことを考えましょう。車としては価値がなくても、車の部品には値段がつく可能性があります。廃車買取業者での査定時に重視されるポイントは、部品の状態です。なかでも比較的高い価格の部品の状態が良いほど、高い値がつきます。

廃車買取業者が買い取るのは、エンジン・タイヤ・ホイール・バンパー・ガラスなどです。さまざまな車のパーツを買い取ってくれるので、部品に価値がある場合は値段がつきます。買取業者のなかにも廃車買取を行っている業者もあるので、確認してみましょう。

一括査定を利用する

一括査定の特徴は、一度に複数の業者にまとめて査定依頼ができることです。複数の業者に査定額を提示してもらうことで、買い取ってくれる買取業者が見つけられるだけではなく、高値をつける業者を把握できます。

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、最大8社へ一括で査定依頼をすることが可能です。買取カービューから確認のメールが届いてから2日以内に、各業者から連絡が入るスピードも強みです。

自宅や駐車場など、愛車のある場所まで無料で来てもらう「出張査定」を実施している業者も多数あります。1社ずつ自宅に来て査定をしてもらうと強引に契約させられそうで不安、という方は、複数同時出張査定もおすすめです。複数の業者の営業マンが同時に来て、同時に査定してもらうことができます。

値段がつかない車を買取に出す際の注意点

値段がつかない車を買取に出す際の注意点

車を売却するときには、名義変更の手続きや自動車税の納付など、さまざまな手続きが必要です。手続きを自分でするか業者にしてもらうかによって、お金がかかってしまうこともあります。損をしないように、手続きの代行費用や税金の還付の有無などを事前に把握しておきましょう。

書類や代行費用がかからないか確認する

車を売却するときには、名義変更が必要になることがあります。その際、印紙代や代行手数料などの費用を支払わなければなりません。

印紙代や代行手数料などの諸費用は、査定額から差し引かれるのが一般的です。値段がつかなかった場合は、費用が徴収されるのか確認する必要があります。業者によっては、「査定額」と「諸費用」を分けて見積もりを出すところもあるでしょう。

契約時には、普通自動車であれば印鑑登録証明書が必要です。場合によっては住民票などの書類を求められることもあります。書類を発行するための手数料は自己負担です。このような手数料や代行費用を考えたときに、自己負担がどれほど発生するかを考慮して売却先を決めましょう。

自動車税の還付はあるか確認する

支払った未経過分の税金が戻ってくるのか確認することも重要です。自動車税については、滞納していると名義変更ができません。滞納していることがわかると、買取業者に与える印象は良くないでしょう。自動車税(種目別)納税証明書を用意しておき、扱いについて聞いておくと安心です。

ほどんどのケースでは、買取価格に未経過分が上乗せされます。このような還付制度を踏まえて、トータルとしてマイナスになるかプラスになるかを考えましょう。売却後にトラブルにならないよう、買取業者と共通の認識をもっておくことが大切です。

レッカー代はかかるのかを確認する

愛車が自走できない場合のレッカー代についてもきちんと確認しましょう。無料か有料かは業者によって異なり、レッカー代は無料とうたっていても、査定額から差し引かれるケースもあるためです。

レッカー代が有料の場合でも、距離によって無料で車を運んでもらえるケースもあります。車の保管場所から店舗までの距離に応じて、金額が決まるのが一般的です。

レッカー代がかかる場合は、任意保険を確認してみましょう。任意保険でまかなえる場合もあるためです。廃車買取業者に依頼する場合でも有料となるケースがあるので、どのような方法で車を運ぶのかをきちんと考えておきましょう。

車に値段がつかないのはなぜ?

車に値段がつかないのはなぜ?

車に値段がつかない理由のひとつは、車としての価値がない場合です。低年式だったり走行距離が長すぎたりすると、中古車として再販する際に買い手がつかないかもしれません。

走行距離にかかわらず、整備が必要な車も値段がつかないことがあります。車に値段がつかない3つの考えられる原因をご紹介するので、愛車にあてはまるものがないか確認してみてください。

【原因その1】年式が古すぎる

新車で購入してから5年がひとつの節目といわれており、5年を過ぎると買取価格は一気に下がる傾向にあります。新車で購入した場合の保証期間が5年というケースが多いことが理由です。5年を過ぎると、故障や不具合のリスクがある可能性を示しているともいえるでしょう。

次のタイミングとしては10年です。「10年落ち」という言葉もありますが、10年が経過すると、車のさまざまな消耗品が交換時期を迎えます。維持費がかさむ心配から売れにくくなるので、買取価格もかなり低くなったり、値段がつかなかったりするでしょう。

【原因その2】走行距離が長すぎる

走行距離が長すぎる車も、値段がつかないことがあります。普通自動車の年間の一般的な走行距離は、1万kmです。この距離を目安に1年で1万km以上を走行している車は、値段はつきにくい傾向にあります。

走行距離10万kmを超えた車や、20万kmを超えた過走行車も売却しづらい車です。過走行車はさまざまな部品が劣化していると考えられます。買い取った後すぐに修理が必要だと判断される車は、値段がつかないといえるでしょう。

【原因その3】走行ができない

走行ができない車も値がつきにくいといえます。たとえば事故で自走できなくなったり、水没したりといったケースです。とくに水没車は修理後でも特有の不快なにおいが残ることがあるため、値段はつきにくい傾向にあります。

買取業者は買い取った車を再販することで利益を得るため、修理費用がかかる車には高値をつけません。希少車やヴィンテージカーなどは走行ができなくても高値がつく可能性もありますが、一般的な車ではあてはまらないと把握しておきましょう。

買取業者が車の査定額を0円にする理由

買取業者が車の査定額を0円にする理由

買取業者は車として売れるかどうかで、査定額を決めます。売れないと判断した場合には、査定額は0円になるでしょう。車の状態も重要ですが、中古車としての需要もポイントです。どのような場合に査定額が0円になるのかを解説します。

中古車として売れ残る可能性が高いため

査定額が0円になる理由のひとつは、中古車として売れ残る可能性が高いことです。低年式だったり、走行距離が長すぎたりするとなかなか買い手がつきません。買い手がつかなければ在庫になってしまうため、売れ残ると判断されると0円査定になる可能性があります。

その車自体に人気がないことも理由です。ほとんどの買取業者は、人気のある車種と人気のない車種を把握しています。車の状態が良くても売れる見通しがたたなければ、お金を出して買い取ることはないでしょう。

整備費用を考えると利益を得られないため

膨大な整備費用がかかる車も、査定額が0円になることがあります。エンジンやトランスミッションなど、大がかりな修理が必要な場合は注意が必要です。

整備をすれば売れる車であったとしても、整備費用が買取価格を上回ってしまうと、買取業者の利益がなくなります。年式や走行距離だけではなく、整備費用も査定額に影響すると覚えておきましょう。

レッカー費用や人件費で損をする可能性があるため

レッカーが必要な車も、査定額が0円になる可能性があります。レッカー自体は無料で実施する買取業者でも、レッカーにかかるコストや人件費を査定額から引くことがあるためです。その結果レッカー代の請求はないものの、車の値段はつかないというケースも考えられます。

0円査定を避けるためには、何にどれくらいの費用がかかるのかをきちんと把握することが重要です。自分でできることであれば自分でするなど、少しでも査定額を上げられるようにさまざまな行動を起こしましょう。

まとめ

まとめ

車は、年式や走行距離だけで値段が決まるわけではありません。買取業者が売れ残らないと判断できる車であることが重要です。売却先を見極めることで、0円査定を避けられる可能性もあります。査定はできるだけ多くの買取業者に依頼し、一番高値をつけてくれる業者を見つけましょう。

買取カービューでは、最大8社へ一括で査定依頼が可能です。査定場所を自宅や駐車場など、自由に選択できる出張査定に対応している買取業者とも提携しています。愛車に値段がつくか不安な方は、買取カービューの愛車無料一括査定サービスを活用して価値を調べ、できるだけ高く売れる1社を見つけてください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーの口コミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

トヨタ プリウス
実際の査定金額
70.0万円
見積り数
5社
査定満足度
3.5
ユーザーコメント

オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

ホンダ フィット
実際の査定金額
63.9万円
見積り数
5社
査定満足度
5
ユーザーコメント

一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

日産 セレナ
実際の査定金額
75.0万円
見積り数
8社
査定満足度
5
ユーザーコメント

はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

買取カービューについて

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営する株式会社カービューが提供しています。Yahoo!JAPANグループのカービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP