売却ガイド

車を売却してローンを組み直す方法とは?完済できない場合の方法も紹介

車を売却してローンを組み直す方法とは?完済できない場合の方法も紹介

車を購入する際には一括で支払う方法の他、分割払いのローン契約も選択できます。分割払いで車を購入した場合、ローンが完済してから買い換えを検討するケースも見られますが、なかには「支払いが残っているが手放したい」と考えることもあるのではないでしょうか。
そこでこの記事では、ローンの支払いを残したまま車を売却する方法を詳しく解説します。ローンを組み直す前にチェックしたいポイントや、手続きの具体的な流れを知ることも可能です。ローンをまとめる2つの方法を理解して、希望の車を手に入れましょう。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

ローンを組み直す前に確認すべき内容

ローンを組み直す前に確認すべき内容

ローンの組み直しを決断する前に、現在のローン残高や、車の所有者名を確認しなければなりません。有益な取引につなげるためには売却額・購入額の明確化が重要なポイントです。所有者が誰かによって売却の可否や手順が異なるため、事前にしっかりチェックしておきましょう。売却を進める前に確認しておきたい4つの要素をご紹介します。

ローン残高

ローン残高がある場合は、まずどのくらい残っているのかチェックしましょう。購入してからそれほど経過していない場合、想像以上の金額が残っているかもしれません。月々の支払いで書類が送付されるよう設定している方は、ローンの残高が記載されているので確認してみましょう。

ローン残高が大きいほど、ローンを組み直したときの審査難易度が高まりやすくなります。最終的に借り入れる金額が大きくなり、年収とのバランスをみて返済能力があるのかが判断されるためです。

ローン残高を調べる方法がわからない方は、契約しているローン会社に直接問い合わせると良いでしょう。電話・メールでの問い合わせだけでなく、ローン会社のウェブサイトにある指定フォームから必要事項を入力すると調べられる場合もあります。

売却したい車の所有者

車の所有者が誰になっているのか車検証で確認しましょう。ローン契約で購入した場合、ローン会社やディーラーが「所有者」、本人が「使用者」となっているケースが一般的です。所有者でなければ車は売却できないため、車検証の所有者欄に記載されている会社に連絡して対応を求めましょう。

ローン会社により対応は異なりますが、場合によってはローン残高が残っていても所有者の変更を承諾してくれる会社もあります。判断はローン会社によるため、まずは相談してみましょう。

ローン残高が残っていて所有者の変更ができない場合は、ローン残高の一部を繰り上げて返済したり、ローン全額を支払ったりといった手段が必要です。乗り換えを希望する旨も伝えたうえでローン会社に相談してみましょう。

買取額の相場

売りたい車の買取相場を調べておくのも重要な作業のひとつです。売却して得たお金は、ローン残高にあてたり、乗り換えの購入費用にあてたりできるため、いくらで売れるのか事前に確認しておきましょう。可能であればより現実的な数字を調べるのがおすすめです。

買取額の相場を調べる際は、車メーカーの公式サイトや、買取業者のウェブサイトを参考にしましょう。メーカー・車種・年式など、指定する項目が多いほど価格幅も限定しやすくなります。買取カービューでは、たくさんの車種の最新相場を公開しています。実際の取引歴も掲載されているため、リアルな相場を知ることができるでしょう。

乗り換えたい車の価格

乗り換えたい車の価格を確認しておくのも、スムーズに乗り換えるためには大切です。売却したあとに購入する車の金額は、最終的にいくら借り入れるかを決める要素でもあります。

すでに欲しい車が決まっている方は、購入金額を明確にしておきましょう。買取額の相場と、乗り換えたい車の価格がある程度わかることで、いくらのローンを組むことになるのかが見えてきます。

現時点で希望車種が決まっていない方は、メーカーやボディタイプなどを大まかに絞っておくと、欲しい車の傾向がわかりやすくなります。最終的に2つ~3つ候補をあげておくと大幅なズレがなく進められるでしょう。

車を売却してローンを組み直す方法

車を売却してローンを組み直す方法

実際に車を売却してローンを組み直すためには、事前に確認しておくことや、踏むべき手順があります。まずは具体的な流れを4つのステップに分けてご紹介します。

ステップ1:一括査定サービスで複数の買取店に査定をしてもらう

売却の手続きを進める前に、まずは買取業者を選ばなければなりません。ローンを組み直したあとに借り入れる金額を減らすためには可能な限り高価買取を実現したいものです。一括査定で複数の査定額を比較し、高額で買い取ってもらえる業者を選定しましょう。

一括査定では、一度の情報入力で複数社へ依頼が可能です。何度も入力する手間が省けるため、金銭面だけでなく時間の節約にも有益な方法といえます。アクセス可能な複数の買取業者へ査定を申し込んでみましょう。

ステップ2:売却する買取店を決定する

業者への査定依頼が完了したあとは、担当者と日程を調整して査定日を迎えます。車の状態を良好に保って少しでも高い金額を目指しましょう。依頼した業者すべての査定額がそろってから比較し、どの業者に売却するか決定します。

買取金額に納得できない場合は交渉し、マイナス査定になっている部分は理由もたずねましょう。お互いが納得したうえで契約に進むことが大切です。提出書類や契約書に不備がなければ売買取引が完了します。

ステップ3:売却したお金をローン残債の返済にあてる

車を売却したお金は、ローンの残債にあてます。買取金額でローンを払いきれなかった場合は、ローンを組み直したり貯蓄でまかなったりといった手段を選ばなければなりません。繰り上げ返済後の金額を計算したうえで、どのような選択が適切か決断しましょう。

下取りでない場合は、売却・購入を別に手続きする必要があるため、次に購入する車の契約についても必要な書類をそろえておきましょう。

ステップ4:新しい車の購入時にローンを組み直す

次に購入する車が決まったあとは購入手続きに進みます。ローンを組み直して契約することをあらかじめ伝えておくのがおすすめです。ローンの契約先は、大きく分けると以下のような種類があります。

    車ローンの契約先の種類

  • マイカーローン
  • ディーラーローン
  • カードローン
  • フリーローン

いずれも車の購入に対応できるローンですが、組み直しの条件や金利などはさまざまです。「審査に通りやすいから」という理由だけで契約すると、金利が高くなり負担が増えることもあるかもしれません。何を基準に選べば良いかわからない場合は、車を購入する店舗に相談してアドバイスを受けられると安心です。

ディーラーや信販会社名義の車を売却してローンを組み直す方法

ディーラーや信販会社名義の車を売却してローンを組み直す方法

ディーラーや信販会社が車の所有者になっている場合に車を売却するには、所有者の名義を自分に変更しなければなりません。その具体的な方法や、所有権留保の解除について解説していきます。

一度完済して所有権を自分に移してから組み直す

車の所有者がディーラーやローン会社の場合、ローンを完済して所有権を自分に移してからローンを組み直す必要があります。ローンが残っていると所有権を変更できないケースもあるため、貯蓄をあてて繰り上げ返済するのもひとつの手です。

必要なお金が用意できない場合は、別のローン会社と契約して一度完済する選択肢もあります。同じ会社では限度額を超えるリスクがあるため、オートローン・フリーローンといった種類を選ぶのがおすすめです。

ローンを完済すると、車の所有者を自分に変更する所有権留保の手続きができます。その後は売却手続きも問題なく行えるため、売却で得たお金を活用しながら残債を減らしていくと良いでしょう。

所有権留保の解除手続きに必要な書類

所有権留保の解除手続きに必要な書類は以下の書類です。

    車の所有権留保の解除手続きに必要な書類

  • 車検証
  • ローン完済を証明する書類
  • 身分証明書

必要書類はローン会社によって異なるため、上記以外の書類を求められるかもしれません。ローン完済後にローン会社からハガキまたは封筒でローン完済のお知らせが送付されるケースもありますが、受け取れていない方は直接問い合わせましょう。

支払いが完了した事実を確認できると、ローン会社から所有権を解除するための書類が送付されます。そのあと、以下の書類を持って運輸支局で名義変更手続きをしましょう。

    車の名義変更に必要な書類

  • 車検証
  • 自動車税(種別割)納税証明書
  • 印鑑登録証明書(ローン会社のもの)
  • 譲渡証明書(ローン会社のもの)
  • 委任状(ローン会社のもの)

売却額でローン完済できるなら売却後に所有権を移そう

車の購入金額よりも売却額が上回るのであれば、現在の残債分をすべて返済しても良いでしょう。残ったお金は購入金額に充てられるため、お得に買い替えるきっかけにもなります。完済後はローン会社へ問い合わせ、所有権留保の解除を行ったうえで名義変更へ進みましょう。

手続きを面倒に感じる方は、売却する前の段階で買取業者へ相談するのもおすすめです。代行を受け付けている業者も多いため手間を減らせます。

ただし、売却したお金の用途が別にあるのであれば無理に返済にあてる必要はありません。返済できない場合は組み直しも可能なため、自分が満足できる方法を選ぶことが大切です。

ローンをまとめる2つの方法

ローンをまとめる2つの方法

ローンの完済ができなかったときは、現在の残債分と新しい支払い分をまとめて組み直すことで月々の返済額を軽減できます。中古車販売会社・クレジット会社2パターンの方法があるため、どちらが実行しやすいか把握しておきましょう。2つの選択肢について基本的な概要と組み直しの方法をご紹介します。

中古車販売会社によるローンの組み直し

車を購入する業者で2つのローンをまとめる方法です。中古車販売店で実施されているケースが多く、ユーザーにとってもメリットが多い方法といえます。ローン会社ではなく販売店で契約できるため、手続きが簡略化しやすい点も特徴的です。

具体的には、現在残っているローン残債と次の車に必要な購入金額を合算するかたちになります。残債が50万円、新車購入金額が100万円の場合は150万円です。こちらに利息が上乗せされるため、最終的にいくら支払う結果になるか把握しておきましょう。

「残債分を支払う余裕がない」「少しずつ返済していきたい」と考える方にも選びやすい方法です。通常のローン会社と同じく審査があるため、希望する場合は売却・購入の前に相談できると安心です。

クレジット会社によるローンの組み直し

車の販売会社だけでなく、クレジットカード会社でもローンの組み直しができます。さきほどと同様に、残債分と新たなローン支払い分を合算してまとめる方法です。

ただし、クレジットカード会社によって限度額や組み直しの条件はさまざまです。現在加入している会社の基準に当てはまるかどうかわからない場合は、申し込む前に確認したほうが良いでしょう。

他に借り入れがある場合は、購入金額以外の理由で審査に通過できないかもしれません。信用情報に影響する部分でもあるため、慎重に進めることが重要です。何が適しているかわからない場合は、信用できる買取業者に相談してみましょう。

まとめ

まとめ

売却を希望する車のローンが残っている場合、まずはローンを完済して車の所有者を自分に変更することが必要です。所有者がディーラーやローン会社になっていると、車の売却自体ができないからです。

車の売却額でローンを完済できない場合は、ローンの組み直しを行う方法もあります。そうならないためには、少しでも高値で売却できるよう一括査定を利用しましょう。一括査定なら効率よく高価買取してくれる業者を見つけられます。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーの口コミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

トヨタ プリウス
実際の査定金額
70.0万円
見積り数
5社
査定満足度
3.5
ユーザーコメント

オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

ホンダ フィット
実際の査定金額
63.9万円
見積り数
5社
査定満足度
5
ユーザーコメント

一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

日産 セレナ
実際の査定金額
75.0万円
見積り数
8社
査定満足度
5
ユーザーコメント

はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

買取カービューについて

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営する株式会社カービューが提供しています。Yahoo!JAPANグループのカービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP