売却ガイド

車売却で戻ってくるお金は何?還付の方法についても解説!

車売却で戻ってくるお金は何?還付の方法についても解説!

車を売却すると、場合によっては税金や保険料の過払い分を返金されるケースがあります。売却のタイミングや料金の取り扱いによって異なるため、条件や料金がわからず不安に感じている方もいるのではないでしょうか。
そこでこの記事では、売却時に戻ってくるお金について詳しく解説します。税金や保険料といったお金の種類だけでなく、還付方法も確認しておきましょう。還付金の計算方法もチェックしてお得な買取取引へとつなげることが大切です。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

車売却で戻ってくるお金は主に5種類

車売却で戻ってくるお金は主に5種類

車を売却した際に戻ってくるお金は、税金、保険料、リサイクル料金など、主に5種類があげられます。それぞれの取り扱いや還付手続きの方法が異なるため、返金される可能性のあるものについて把握できると安心です。5種類のお金をひとつずつ詳しく解説します。

自動車税(種別割)

自動車税は、毎年4月1日時点での車の所有者へ課される税金です。2019年10月1日の税制改正とともに普通自動車は「自動車税(種別割)」、軽自動車が「軽自動車税(種別割)」へと名前が変更されました。

排気量1,000㏄以上の自動車を500㏄ごとに区分する税率体系で、向こう1年分の税金をまとめて支払うルールです。普通自動車の抹消登録を行うと還付されますので、売却の際も多くの場合還付金に相当する金額が査定に上乗せされると考えて良いでしょう。ただし、義務ではないため充当を業者に強制できません。

還付金額は月割りで計算します。査定額に自動車税(種別割)の還付金が含まれていない場合は、相談してみると交渉に進めるかもしれません。課税直後に売る場合は還付金が数万円になる可能性もあります。

自動車重量税

普通自動車を車両重量500kgごとに区分して課税される税金が自動車重量税です。軽自動車には一定金額が課税されます。車検の際に支払う税金のため、売却の際は車検の残存期間が評価される点も理解しておきましょう。

自動車重量税の還付は、永久抹消登録または解体届け出を行う際に同時に申請します。解体が終わった後に還付金を受け取る仕組みです。

売却のみであれば法的な対象ではないものの、自動車税(種別割)と同様に買取金額へ上乗せされるかもしれません。残存期間を反映して算出するケースが一般的ですが、複雑な方法で計算する場合もあります。あらかじめ明確に把握するのは困難なため、査定額にどのくらい含まれているのか確認しましょう。

自賠責保険

自賠責保険は、車を運転するために加入が必要な保険です。ほとんどの場合は、車検のたびに24か月分の保険金を前払いします。このような性質から、自動車重量税と同様に車検の残存期間が評価されるポイントといえるでしょう。

自賠責保険料は廃車にする場合や抹消登録などで還付を受けられます。先に挙げた税金と同じく強制ではないものの、多くの買取業者が買取金額の上乗せをする項目です。ただし、車検の有効期限が切れる直前のタイミングでは還付にあたるお金はほとんどない考えたほうが良いでしょう。

月割りで計算されることもありますが、計算どおりの金額が反映されないケースもあります。すべての買取業者が単純な計算方法で還付するものではない点には注意が必要です。

リサイクル料金

リサイクル料金は、所有している車を別のユーザーへ引き渡すタイミングで返金されます。車を廃車にする際、解体費用としてリサイクル料金を支払う義務も車と一緒に次のユーザーに引き継がれるためです。

返金のためにリサイクル券の提出を求められることもありますが、提出できなくとも問題ありません。自動車リサイクルシステムの公式ウェブサイトで「自動車リサイクル料金の預託状況」を印刷して提出すると良いでしょう。

万が一査定額に含まれていない場合は、どの項目に含まれているか詳しい内訳の説明を求めます。売却時には返金されるべきお金ですので、忘れないよう契約前に確認することが大切です。

任意自動車保険の未経過分費用

任意の自動車保険に加入している方は、保険会社で解約手続きを行うと返戻金が受け取れます。しかしこの返戻金は売却後、保険会社から自動的に返金されるものではありません。なるべく早い時期に解約手続きができるよう計画しておきましょう。

具体的な手続きの流れや還付金の計算方法は、保険会社の規定により異なります。残存期間から算出するケースが多いようですが、期間が少なければ還付金が発生しないケースもあることを考慮しておきましょう。

任意保険の解約は名義変更手続きなどとは別の取り扱いとなるため、必要ないと判断したタイミングで問い合わせるのがおすすめです。月をまたぐと戻ってくるお金が減額される可能性もあります。

売却時の還付における自動車税と軽自動車税の違いとは?

売却の際には、普通自動車と軽自動車で自動車税の扱いが違うことに注意しましょう。1年に1度納付する軽自動車税(種別割)は還付制度が設けられていません。

廃車にした際にも還付を受けられないため、売却でも上乗せされるケースはないと考えたほうが良いでしょう。還付制度自体がないのは、普通自動車のように前払いではなく1年分を後払いしているためです。

自動車税の還付金を計算する方法

自動車税(種別割)は、課税された金額と残存期間を用いて還付金の計算が可能です。以下の計算式を参考に算出してみてみましょう。

・年税額×抹消登録月(売却した月)の翌月から3月までの月数÷12=還付される金額

たとえば、1,500㏄~2,000㏄に区分される車を10月に売却した場合は以下のようになります。なお100円未満は切り上げて計算しましょう。

・3万6,000円×5(11月~3月の月数)÷12=1万5,000円

自動車税(種別割)の返金に強制力はないため、買取業者が上乗せする金額は変動する可能性もあります。あくまでも還付金額の参考として活用しましょう。ただし、価格交渉の材料にはできます。本来還付される金額を把握しておくと値上げを求めやすくなるため、残存期間と区分を明確にして計算しておくのもおすすめです。

参考: 『自動車税(種別割)のしくみ - 埼玉県』

車売却で税金を支払わなければならないケース

車売却で税金を支払わなければならないケース

売却によって戻ってくるお金がある一方で、ユーザーが税金の支払いを求められるケースもあります。所得税、消費税といった基本的な税金だけでなく、車にかかる自動車税(種別割)もそのひとつです。

なるべく課税されないタイミングで売却できるよう、税金に関する知識を深めておきましょう。売却前後に課税される4つのケースを詳しく解説します。

所得税が課税される場合

車の売却で課税される可能性が考えられる税金が「所得税」です。個人が所有する車は課税対象が決められており、以下のような用途であれば対象外となります。

・家から勤務先までの通勤用に利用している
・家族の送迎用に利用している
・食料品の買い出しなど生活用に利用している

子どもの送迎や通勤など、一般的に家庭用とらえられる車であれば課税対象外と考えて良いでしょう。ただし、以下のように生活以外に使用すると考えられるものは課税対象となります。

・レジャー用にキャンピングカーを所有している
・趣味のコレクション用に所有している

生活以外の用途であっても50万円の特別控除適用が可能です。つまり、売却金額が購入金額を50万円を上回らなければ所得税も課税されません。

消費税を支払う場合

ユーザーから車を買い取る業者には、消費税を納める義務があります。ユーザーが支払う必要のない税金ですが、業者は買取金額に含めて契約を行うことも可能です。事業者でなければ細かく理解しなくても問題ありません。

たとえば、業者が150万円で車を買い取った場合、ユーザーは150万円に課税される消費税の支払いが不要です。しかし業者は申告する義務があるため、消費税として15万円を納める必要があります。ユーザーが特別対応する部分ではないため、ひとつの知識としておさえておきましょう。

自動車税(種別割)を支払う場合

自動車税(種別割)は、4月1日の時点で所有者として登録されているユーザーに課税されます。4月1日に前後して車を売却した場合、買取業者に引き渡した日付ではなく、名義変更が完了したタイミングが重要です。

売却が3月末に終了した場合でも、名義変更の手続きが4月3日までかかると課税対象は業者でなく売却した元所有者になります。自動車税(種別割)1年分は数万円の出費になるため売却の時期には注意しましょう。

3月~4月の時期に手続きを進める場合は、契約前に還付金について相談すると安心です。買取業者も課税の時期は把握しているため、ユーザーに課税されないよう早めに手続きを始めてくれるでしょう。万が一遅れた場合は返金してくれることもあります。

高額買取ならカービューの一括査定がお得!

税金の還付金額だけでなく、査定額も買取業者によって変動します。車に対する考え方や価値観も人それぞれ異なるため、なるべく多くの業者をチェックして最適な依頼先を探し出しましょう。

買取カービューが展開する愛車無料一括査定サービスは、230社以上の買取業者から希望の業者へ査定を依頼できる便利なサービスです。一度で最大8社へ査定を申し込み、査定額を比較して価格の高い業者を絞り込めます。

「一つひとつ調べている暇がない……」という方にも適した方法です。出張査定サービスを実施する業者とも多く提携しているため、エリアと目的に合わせて選べるでしょう。金銭面でお得なだけでなく、業者選びの時間節約にも有益です。

まとめ

まとめ

車を売却した際には、自動車税(種別割)をはじめとする税金分の金額上乗せを受けられる可能性があります。普通自動車と軽自動車の違いも明確にしたうえで戻ってくるお金を予測しておきましょう。

車の用途や売却するタイミングによっては、納税義務が発生するかもしれません。税金について不安がある方は信頼できる業者へ相談できると安心です。高価買取だけでなく信頼性も重視したい方は、買取カービューの愛車無料一括査定サービスをぜひご利用ください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーの口コミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

トヨタ プリウス
実際の査定金額
70.0万円
見積り数
5社
査定満足度
3.5
ユーザーコメント

オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

ホンダ フィット
実際の査定金額
63.9万円
見積り数
5社
査定満足度
5
ユーザーコメント

一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

日産 セレナ
実際の査定金額
75.0万円
見積り数
8社
査定満足度
5
ユーザーコメント

はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

買取カービューについて

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営する株式会社カービューが提供しています。Yahoo!JAPANグループのカービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP