現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 売却ガイド > 3月に車を売却すると税金で損をする?その理由とおすすめの時期を解説

売却ガイド

3月に車を売却すると税金で損をする?その理由とおすすめの時期を解説

3月に車を売却すると税金で損をする?その理由とおすすめの時期を解説

中古車は、買取業者に売るタイミングによって得する場合と損する場合があります。ひとつの基準として「3月であれば高く売りやすい」と聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。その反面、「3月になると税金で損をする可能性がある」ともいわれることもあります。
そこでこの記事では、3月の売却が本当に得なのかどうか詳しく解説します。税金関係で損をしないよう、対策を練ったうえで売却を決める判断基準になるでしょう。後半では、税金以外にも重視したい売却のタイミングの見極め方についてご紹介します。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

3月に車を売却すると自動車税を払わなければならない可能性がある

3月に車を売却すると自動車税を払わなければならない可能性がある

「3月は税金で損をするかもしれない」といわれる理由は、自動車税(種別割)が課税される直前であるためです。4月を迎える前に売却できれば税金の節約にもなりますが、場合によっては課税されるリスクもあります。

また買取業者の決算期も視野に入れて売却のタイミングを見計らうと良いでしょう。税金と決算、2つのポイントから3月の売却について解説します。

3月に売却すると自動車税がかかる場合がある

自動車税(種別割)が課税されるのは4月1日時点での車の所有者です。売却にあたり買取業者が名義変更を行う流れが一般的ですが、3月に売却を行う場合はスケジュールを確認したほうが良いでしょう。もし4月1日までに名義変更が完了しなかった場合、元の所有者に納税義務が発生するかもしれません。

車を手放す時期が4月1日に近いほど課税されるリスクが高まる点に注意しましょう。売却から名義変更手続きまでは1週間程度が目安とされていますが、買取業者の状況によっては長引く可能性もあります。

課税された場合は、業者から返金されるケースがほとんどです。ただし、4月分は返金されない可能性も考慮したほうが良いでしょう。手続きも面倒に感じるかもしれません。課税されないタイミングで売却できるよう余裕を持って手続きを進めましょう。

3月は車が高く売れる傾向ではある

車が高く売れやすい時期として3月があげられる大きな理由には、買取業者の決算期が関係しています。3月・9月の年2回を決算期とする買取業者が多く、業績を伸ばそうと中古車の買取・販売に積極的になるため、買取額がとくに高くなりやすいといえるでしょう。

また3月は進学や就職といった4月からの新生活にそなえて車の購入率が上がる時期でもあります。在庫確保が必須となり、他の時期に比べて買取を強化する買取業者も多く見られるでしょう。

ただし、税金のリスクを考えると3月中の売却は避けたほうが良いかもしれません。手続きが滞ると売却が思うように進まないため、査定や商談が安心してできる1月~2月を狙うのがおすすめです。9月の決算期も高額買取が十分に期待できます。直前の7月~8月に査定を依頼しても良いでしょう。

車売却後に届いた納税通知書には従わなければならないの?

「車の売買契約が済んだにもかかわらず納税通知書が届いた」という場合は、契約の内容によってとるべき対応が異なります。まずは売買契約書に記載された税金に関する事項を確認しましょう。

3月までに車を売却した場合は、買取業者が新年度分の自動車税(種別割)を負担するケースがほとんどですが、まれに4月~5月分は旧所有者が負担するというケースもあります。売却後の税金トラブルを避けるためにも売買契約書は事前に確認しておきましょう。

売却後の自動車税(種別割)はどのように取り扱われるか、名義変更は4月1日に間に合うのかなど契約前に情報共有しておくと安心です。売買契約書に記載がない場合は説明を求め、課税時期を迎えたあとの還付可否を明確にしてから契約を締結しましょう。

税金の支払いと車売却の関係

税金の支払いと車売却の関係

自動車税(種別割)の支払いを終えていない場合、売却手続きを進める前に納付を済ませましょう。未納のままでは売却の手続きはできません。税金の支払いに関して不安を感じている場合は、車の売却との関係について把握しておきましょう。自動車税(種別割)に関する取り扱いと還付の可能性がある料金について解説します。

自動車税は未納のままだと売却できない

自動車税(種別割)の支払いを証明する納税証明書は、売却手続きの際に提出しなければなりません。買取業者が買い取ったあと、名義変更の手続きをする際に必要になるためです。未納のまま査定依頼を予定している方は早急に納付しましょう。

納付書は毎年5月ごろに車検証に記載された住所へ郵送で届きます。納付前に紛失した場合は、都道府県税事務所や市区町村役場の窓口で再発行を申請しなければなりません。自治体によっては納付書を郵送してくれる場合もあるので、平日に都合のつかない方は問い合せてみると良いでしょう。

未納が続くと督促や滞納金、差し押さえといった事態に発展するため、可能な限り早く納付することをおすすめします。

支払い済みの税金は基本的に買取金額に含まれている

すでに支払った未経過分の自動車税(種別割)は、買取金額に上乗せするかたちで含まれているケースがほとんどです。

残存期間がわかる方は、支払った金額を月割りで計算してみると良いでしょう。買取金額に加算されていないと感じた場合は値上げ交渉の材料にもなります。残存期間が長いほど買取金額は高くなるので、査定額の項目を細かくチェックしましょう。

また自動車税(種別割)の他にも、自動車重量税とリサイクル預託金も買取金額に含まれて還付されるので覚えておきましょう。ただし、自動車重量税の還付は保険の残り期間に応じて、リサイクル預託金は「再販」が前提です。万が一含まれていない場合は買取業者へ確認しましょう。

税金対策を考えた車売却のポイント

税金対策を考えた車売却のポイント

税金で損をしないようにするには、課税のタイミングを見極めてスムーズに売却しなければなりません。書類に不備があると手続きがストップするため、事前に手元にそろえて確認を重ねましょう。売却して得た収入が所得税の対象になるかも注意すべき要素です。ここでは税金対策を考慮したうえでの売却ポイントを3つご紹介します。

自動車税が課税されない時期に売る

新年度の自動車税(種別割)の支払いを避けるには、課税される直前のタイミングを狙うのが有効です。しかし、あまりにギリギリでは納税義務が発生して逆に損をする結果になるかもしれません。3月に入ってからでは焦ってしまうことがあるため、できるだけ2月末までに売却するスケジュールがおすすめです。

1月~2月のタイミングで準備を始めれば、書類に不備があった場合も冷静に対応できるでしょう。買取業者による中古車の買取強化で車が高く売れる時期でもあるため、一石二鳥です。少し早めに業者選びを始めて、2月には売却できるようプランを立てておきましょう。

自動車税納税証明書を用意しておく

自動車税納税証明書を提出できない場合、売却手続きが進められず、再発行の手続きをしなくてはなりません。管轄の運輸支局や都道府県税事務所で再発行ができますが、時間がかかるため、紛失した方は早めに用意しておきましょう。

また、クレジットカードで納税した場合は従来の証明書が発行されません。ウェブサイトの支払い履歴が表示されたページを印刷し、買取業者に提出することで代行できます。ATMで納税した場合は、支払ったときに発行された明細書を利用しましょう。

納税証明書またはその代替となる書類を手元に用意しておけば、再発行や確認に時間を取られるリスクも軽減できます。なるべく早い段階から必要書類をそろえる準備が大切です。

所得税がかかるケースを把握しておく

売却を予定している車を日常生活以外の目的で利用している場合、売却で得たお金に所得税が課されるかもしれません。

学校の送迎、スーパーやショッピングモールでの買い物、毎日の出勤など、日常生活で利用している車であれば、売却して得た収入は所得税の対象外として扱われます。所得税が課せられるのは、レジャーやコレクション用に所有している場合です。業務用として利用している場合も課税の対象となるため注意しましょう。

車の売却金額が購入金額よりも上回る場合に所得税の課税対象となります。しかし、50万円の特別控除が適用されるため「購入金額よりも50万円以上高く売れなければ課税されない」と考えて良いでしょう。高級なキャンピングカーやクラシックカーのような特殊な車でなければ、売却金額が上回ることはほとんどないといえます。

税金よりも優先すべき車売却のタイミング

税金よりも優先すべき車売却のタイミング

車を売却する際のポイントは、税金を基準にした売却のタイミングだけではありません。車のコンディションやモデルチェンジ情報といった要素も査定額に影響します。

税金ばかりを優先すると損する結果につながる可能性もあるため、多角的にポイントをふまえたうえで見極めるよう意識しましょう。ここでは税金よりも優先したい売却のタイミングについてご紹介します。

年式や走行距離

中古車の価値を決める大きな要因には年式と走行距離があります。年式が古いほど劣化が進みやすくなり、走行距離が長いほどパワートレインの故障に影響しやすくなります。「古いものがすべて安くなる」というわけではありませんが、査定に響く重要なポイントであることを理解しておきましょう。

税金のタイミングのみを優先した場合、年式が古くなり価値が下がるかもしれません。走行距離が大幅に伸びて、想像以上に低い査定額を提示される可能性もあります。税金対策に気を取られ査定額が下がっては元も子もないので、年式や走行距離が査定に影響する前に売却の時期を見計らいましょう。

車のモデルチェンジ

モデルチェンジをすると旧モデルの査定額は下がります。モデルチェンジ前に手放そうという方やモデルチェンジを待って購入しようという方が増え、旧モデルの需要が低下する傾向があるからです。とくに人気モデルは査定額が大幅に下がりやすいため、モデルチェンジの前に売却したほうが良いでしょう。

売ろうとしている車が現行モデルの場合は、モデルチェンジが予測される時期や前回のモデルチェンジに関する情報を集めましょう。税金のみを理由に迷っているのであれば、「型落ち」する前のタイミングで売却を決断するのが損をしない選択肢といえます。

高額買取ならcarview!車買取の一括査定を活用しよう

税金をはじめ、売却にかかる費用を節約したい方には一括査定の利用がおすすめです。査定の申し込みを一度で済ませられるだけでなく、査定額を比較しながら自分に合った買取業者を選定できます。相談や交渉のしやすい担当者を見つけられればスムーズに売却を進められるでしょう。

carview!車買取では愛車無料一括査定サービスをご提供しています。全国展開している大手の買取業者から地方の専門業者まで、幅広い選択肢から条件を絞れるのが強みです。300社を上回る提携業者のなかから最大10社へ査定の一括依頼ができます。入力する情報はシンプルで手間がかからないため、時間に余裕がない方もぜひご活用ください。

まとめ

まとめ

3月は、買取業者の決算期にあたるので「高く売りやすい」といわれています。高額買取を狙うにはベストなタイミングではありますが、次年度の自動車税(種別割)が課税される直前でもあります。不本意な課税を避けるためには、もう少し早い段階での売却の決断がおすすめです。

年式やモデルチェンジ情報もふまえたうえで、自分にとって車を手放す最適なタイミングを狙いましょう。複数業者に査定を依頼し、自分に合った1社を選定することも大切です。車をお得に売却したい方は、ぜひcarview!中古車一括査定サービスをご利用ください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ