売却ガイド

海外に車を売る方法は?最新の人気車種から注意点まで徹底解説!

海外に車を売る方法は?最新の人気車種から注意点まで徹底解説!

日本車は国内だけではなく海外でも人気の高さが特徴です。そのため「これまで乗ってきた愛車を海外で売りたい」と考えている方もいるのではないでしょうか。そこでこの記事では、海外に車を売る方法や注意点などを解説します。
海外へ車を売る方法は、ひとつだけではありません。海外へ売る方法だけではなく、高く売れる車の特徴や海外で特に人気の高い車種もチェックしておきましょう。この記事を読めば、海外に車を売るための基本知識を把握できます。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

海外に車を売る主な方法

海外に車を売る主な方法

海外に車を売る時は、バイヤーに依頼したりオークション代行サイトを利用したりと、自分に合った方法を選択できます。方法を知れば、海外に車を売ることへのハードルが下がるでしょう。ここでは、海外に車を売る3つの方法をご紹介するので、海外に車を売ることを考えている方はチェックしてみてください。

バイヤーに依頼する

海外に車を売るひとつ目の方法は、バイヤーに買取を依頼することです。さまざまな国に車のバイヤーがいるので、販売する国を決めたらその国のバイヤーと交渉をします。一見すると単純に思えますが、やり取りは外国語で行われ、時にはクレーム対応も必要になるでしょう。他の手段よりも多くの手間が必要なので注意が必要です。

販売先の国にいるバイヤーへ売るまでに、以下のような手続きを要します。

    海外に車を売る際に必要な手続き

  • 運輸支局で登録抹消手続き
  • 輸出通関手続き
  • 船の予約
  • 外航貨物海上保険への加入
  • 保税地域で車両の保管

手続きを代行してくれる業者もいますが、代行業者に頼むと代行費用が必要です。バイヤーに車を売るのは、専門知識と手間が必要になる方法だといえるでしょう。

オークション代行サイトを利用する

オークション代行サイトを利用して、海外へ車を売る方法もあります。個人でもオークションを利用できますが、専門の代行サイトを利用すればより安心です。

オークション代行サイトの利用方法は、まずオークション代行業者に車の売却依頼をします。オークション代行を受けた業者は相場を参考に落札金額を設定し、オークションに出品するという流れです。

落札された場合はオークション代行サイトが手数料をとり、残りの金額が依頼主のもとへ入ります。成約手数料の他に出品手数料や陸送費用なども必要になる場合があるので、事前の確認が大切です。

オークション代行では、車が落札されなくても代行手数料がかかったり、ローンが残っている車は売れなかったりするので、その点も把握したうえで利用しましょう。

海外販路を持つ買取業者に売る

海外に車を売る3つ目の方法は、海外に輸出している業者に売ることです。国内の販路以外にも、海外への販路を持っている買取業者も少なくありません。

このような買取業者は国内での人気だけではなく、海外での人気も考慮して査定額を決めてくれるので、高価買取してもらいやすいのが特徴です。そのためバイヤーに売ったり海外オークションを利用するよりも、おすすめの方法といえます。

海外に輸出している買取業者ときくと、「売るのが難しいかも」と考える方もいますが、一般的な買取業者と手続きは変わりません。まずは査定を依頼して、査定額に納得すれば売れます。面倒な手続きもスタッフが代行してくれたり丁寧に教えてくれたりするので、知識がない方でも安心して車を手放せるでしょう。

海外に車を売る時の注意点・禁止事項

海外に車を売る時の注意点・禁止事項

国内で売るよりも海外へ車を売る時は、気をつけるべきポイントが多くあります。いざ売る時に困らないように、海外に車を売る時の注意点を今のうちにチェックしておきましょう。車を輸出できない国が存在したり、右ハンドルが認められていない国があったりと、意外と知られていない注意点があります。

車を輸出できない国がある

中古車は海外のどの国にも輸出できるわけではありません。国によっては、法律によって中古車の輸入が難しかったり、禁止されていたりするところがあります。

以下の国は、環境汚染抑制の観点から中古車輸入が禁止されていたり、ビジネスとしての中古車輸入が禁止されていたりすることを覚えておきましょう。

    ビジネスとしての中古車輸入が禁止されている国

  • 中国
  • タイ
  • インドネシア
  • ベトナム
  • パキスタン

右ハンドルの車が認められない国がある

車を輸出できない国の中には、右ハンドルの車が認められていないことが理由の国もあります。代表的な国として挙げられるのは、中国やカンボジア、ミャンマーです。これらの国は、たとえ改造して左ハンドルにしても認められないことがあるので覚えておきましょう。

日本に住んでいると、右ハンドルの車に乗り左側通行をするのがスタンダードだと感じるのではないでしょうか。実際は、ヨーロッパをはじめ北米・中国・韓国・台湾・アフリカ諸国など、多くの国では右側通行で左ハンドルの車が主流です。

清潔でないと売れないことがある

中古車を売る時は、できる限り車内をきれいにしておく必要がありますが、海外へ売る際はより清潔さに気をつかう場合があります。

見た目のきれいさだけではなく、徹底した消毒を行い、汚れをしっかりと落とさなければなりません。輸出する時に汚染物質などに問題があると、国の検疫項目でかかってしまう恐れがあるためです。昆虫や植物関連物質、土壌や汚水など海外輸出はこれらの項目に特に気をつける必要があります。

申請品以外のものを積んでいると輸出できないことがある

国から国への輸出入は、どのような商品でも厳しくチェックされます。中古車も例外ではありません。車を輸出する時に申請品以外のものを積んでいると、たとえ車のサービス品であっても輸出ができない恐れがあります。場合によっては密輸を疑われることもあるので、注意しましょう。

このようなトラブルを避けるためにも、個人で輸出する際は申請できるアイテムを事前に確認しておかなければなりません。万が一、余計なものを積んだ状態で輸出する場合は、インボイス(送り状)にその明細を追記しておく必要があります。小さなアイテムでも申請はきちんと行うことが重要です。

年式制限で輸出できないことがある

製造されて日が浅い高年式の中古車の場合、輸出できないこともあるので注意が必要です。製造から〇年経っていないと輸入できないという決まりのある国も存在します。高年式の車を輸出しようと考えているのであれば、あらかじめ売れるかを確認しておきましょう。

高年式の車であれば、国内で買取をしてもらう方法もおすすめです。多くの場合、比較的高値が付くことが多いでしょう。無理に海外へ輸出しようとするのではなく、違った手放し方も選択肢に入れてみてください。

また、年式制限だけでなく、「排出ガス基準を満たしていない」「走行距離計の不正変更」「整備されてないさびや摩耗」などを理由に輸入許可が下りない国もあります。

海外で人気や需要が高い車の特徴

海外で人気や需要が高い車の特徴

海外と国内では、売れやすい車の特徴に違いがあります。今後中古車を海外に売ろうと考えている方は、海外で値段が付きやすい車の特徴を把握しておきましょう。ここでは、海外で特に高価買取されやすいといわれている車の特徴を5つご紹介します。あなたの愛車も、海外で高価買取されやすい特徴を有しているかもしれません。

悪路の走行性が高い

海外で値段が付きやすい車の特徴のひとつは、悪路を走りやすい車です。国によってはきれいに整備されている道がほとんどない地域もあるので、そのような場所では悪路を走りやすい車の需要は高くなります。海外の購入客の中には、山を越えるためや長距離移動をするためなど、厳しい環境での使用を考えているケースも珍しくありません。

代表的なタイプには、車高の高いSUVや四輪駆動車、馬力のあるディーゼル車などが人気です。国内では需要が低い場合でも、海外では高価買取を期待できます。

オプションが魅力的

高い品質とラグジュアリー感も日本車に求められている特徴です。日本車特有のラグジュアリーさを感じられる車は、海外で高価買取を期待できます。たとえばウイングパーツやサンルーフなどは、高級感を演出するための魅力的なオプションパーツです。他にも、メーカー純正のエアロパーツなどが魅力的なオプションとして挙げられます。

ハイエースなどの大型車

ハイエースなどの大型車も、海外では人気です。海外では複数人を乗せて長距離を移動したり、荷物を多く載せて運転したりするために車を買う人が多く存在します。

ハイエースのような大型車であれば、さまざまな用途で車を使用できるので、スポーツカーのような使用用途が限られる車よりも需要は高くなるようです。さらに日本車は、故障も少なく品質の良さでも人気です。大型でありながら壊れにくく、長期間乗れる車は重宝されます。

ハイブリッド車ではない

国内では低燃費で節約につながるハイブリッド車(電子制御車)が人気ですが、海外ではハイブリッド車はそれほど需要がありません。海外目線でいえば、日本車に対して「壊れにくさ」と「修理の容易さ」が重視されるためです。ゆえにハイブリッド車よりも、ガソリン車やディーゼル車の方が海外需要は高いといえます。

ハイブリッド車であれば、国内の方が高価買取されるかもしれません。国内と海外両方の販路を確立している買取業者に査定を依頼すると、適正な価格を提示してもらえるでしょう。

メーカー別ではトヨタ車

数ある日本車メーカーのなかでも、海外ではトヨタ車への人気は群を抜いています。安全性の高さや壊れにくさという視点のみならず、自国に自動車工場を持たないような発展途上国では、車は移動手段であり財産的価値を強く見出しているためです。

メンテナンスや修理が難しいような環境で暮らす人々にとって、多少雑なメンテナンスであっても、長期間乗り続けられる車に対する需要は高い傾向にあります。

海外で人気や需要の高い車種

海外で人気や需要の高い車種

海外で車を売ることを調べると、実際に売れている具体的な車種も気になるのではないでしょうか。日本車は高品質であり、車検制度も確立しているため、海外からの日本車への人気は根強いものがあります。

ここでは、海外で特に人気の高い6つの車種と、高価買取されやすい理由をご説明します。ランドクルーザーやアルファードなど、一度は見かけたことがある車でしょう。

トヨタ|ランドクルーザー

トヨタ|ランドクルーザー

海外では悪路走破性が重視されることから、トヨタの自動車の中でも「ランドクルーザー」は高く評価されています。中東・ロシア・オーストラリアを合わせると、生産されるランドクルーザーのほとんどは海外で販売されているのです。

これらの地域では、路面コンディションが過酷な所も少なくありません。トヨタ車への信頼性の高さに下支えされ、優れた悪路走破性と走行安定性によって人気を集めています。

トヨタ|アルファード

トヨタ|アルファード

トヨタの「アルファード」は日本でも人気が高い車種ですが、海外でも人気があります。特にアジアで人気が高く、中国においては車名自体がひとつのブランドとして地位を確立しているほどです。

アルファードの特徴は、高い快適性でしょう。大空間高級セダンともいわれていて、広い室内空間でラグジュアリーな感覚を味わえます。先進安全運転支援装置も搭載されており、安全なドライブが可能です。日本車ならではの高級感と技術力の高さが、海外でも人気の理由といえます。

トヨタ|ハイエース

トヨタ|ハイエース

商用車の代表的な車に挙げられる「ハイエース」は、海外でも高い人気を誇っています。国内ではアウトドアに使える車としても人気で、乗車可能人数が多く荷室を広く確保できるのが特徴です。頑丈で壊れにくいのも特徴のひとつでしょう。

海外では荷物をたくさん載せられるうえに頑丈な車は重宝されるので、ハイエースは海外人気を獲得する要素を持っている車だといえます。人気ゆえに、中国ではハイエースのコピー版として他メーカーが「トランスバン」や「キンゴーL バン」という類似モデルを製造しアジア諸外国へ輸出しているほどです。

トヨタ|カローラ

東南アジアで特に人気の高い車が「カローラ」です。世界でも知名度の高い日本車としても知られています。トヨタを代表するモデルといえるでしょう。カローラの海外への輸出は1966年から始まっていて、昔から海外需要が高い車だということが分かります。

快適性や室内空間、燃費や走行性能など、開発に掲げられた「80点主義+α」を裏付けるかのようにさまざまな項目で高水準を保っているのがカローラの魅力です。比較的誰でも運転しやすく使いやすい車なので、安心して選べるモデルといえます。

ホンダ|フィット

ホンダ|フィット

コンパクトながらも、さまざまな機能が詰まった車がホンダの「フィット」です。高級感を味わえるような車ではないかもしれません。しかし使いやすい収納や電源ポート、カップホルダーなど、細かいところまで実用性を考えられて作られた「フィット」は、誰でも安心して乗れる車といえます。

フィットには前方車両との衝突を回避や軽減する自動ブレーキ機能が搭載されているのが特徴です。ヨーロッパの自動車安全テストでも高評価を得ています。日本車だからこその細かい点まで配慮された実用性が、海外人気の理由のひとつです。

日産|スカイラインGT-R

日産|スカイラインGT-R

実用性の高い日本車が海外で人気になりやすい状況で、スポーツカータイプの「スカイライン GT-R」は特別なポジションにいる車種だと感じる方もいるでしょう。スカイライン GT-Rが人気の理由は以下の通りです。

    スカイライン GT-Rが人気の理由

  • 世界トップレベルのスピード
  • い機能性が良いのに値段がお手頃
  • 故障しづらい
  • トランクの広さや乗車可能人数など実用性も高い

スカイライン GT-Rは魅力的な要素が多い車で、海外でもこのレベルの車種は少ないといわれています。国内で売る場合でも高価買取を期待できるでしょう。

海外に車を売るなら|買取カービューの愛車無料一括査定サービス!

海外に車を売る方法のひとつに、海外に販路のある買取業者へ売るという手段があります。しかしこのような業者を複数見つけるのには、時間がかかるかもしれません。

海外に販路のある買取業者を効率よく見つけて査定を依頼したい方には、一括査定サービスがおすすめです。一括査定サービスでは、一度の査定申込フォームの入力で複数の業者に見積もり依頼ができます。

提携業者が300社以上の買取カービューでは、海外販路のある買取業者とも多数提携しているのが強みです。最大8社を比較できるので、海外への輸出に強い買取業者と国内での中古車売買に強い買取業者の査定額を比べられます。

登録も不要でホームページから簡単に利用できるので、気になる方はぜひ無料見積もりから始めてみてください。

まとめ

まとめ

国内では需要が低い車でも、海外では需要が高い場合があります。そのため愛車をできるだけ高い値段で売りたい方は、海外への売ることも考えてみましょう。

海外へ車を売る方法は3つありますが、中には注意点が多い売り方もあります。信頼できる買取業者へ依頼するなど、トラブルが起こらないように慎重に売り方を決めることが大切です。

買取カービューは、海外に販路のある買取業者とも多数提携しています。登録不要で簡単に複数社への査定依頼をすることが可能です。個人で輸出するのには、手間がかかるほどに得られるメリットは見込みにくいでしょう。「愛車を少しでも高く売りたい」と考えている方は、買取カービューの愛車無料一括査定サービスをぜひご利用ください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーの口コミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

トヨタ プリウス
実際の査定金額
70.0万円
見積り数
5社
査定満足度
3.5
ユーザーコメント

オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

ホンダ フィット
実際の査定金額
63.9万円
見積り数
5社
査定満足度
5
ユーザーコメント

一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

日産 セレナ
実際の査定金額
75.0万円
見積り数
8社
査定満足度
5
ユーザーコメント

はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

買取カービューについて

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営する株式会社カービューが提供しています。Yahoo!JAPANグループのカービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP