現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 売却ガイド > 残クレ(残価設定型ローン)の返済途中で車を売る際のポイント

売却ガイド

残クレ(残価設定型ローン)の返済途中で車を売る際のポイント

残クレ(残価設定型ローン)の返済途中で車を売る際のポイント

残クレローンを利用している方の中には、ローン返済中に車を売却したいと考えている方もいるのではないでしょうか。通常のローンでも残クレローンでも、返済途中に車を買取してもらうことは可能です。
この記事では、残クレローンの返済途中に車をお得に売却できるケースを紹介します。シミュレーションを交えつつ解説しますので、自分のケースも想定しやすいでしょう。少しでもお得に売却し、負担が減らせるようになるかもしれません。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

残クレ(残価設定型ローン)返済中も車を売ることは可能!

残クレ(残価設定型ローン)返済中も車を売ることは可能!

残価設定型ローン(以降、残クレ)とは、3年〜5年の契約期間を定めて車両価格から契約期間終了時の車の残存価値分を差し引いた金額を契約期間中に支払っていくシステムです。

車両価格を全額支払うのではなく、残存価値分の額を引いた金額を返済していくので、返済金額は一般的なローンと比べて安くなるでしょう。ただし、返済が終わっても車の名義はディーラーのままで購入者の所有物にはなりません。

残クレローンを利用すると、ローン返済中はディーラーしか車を売れないのではないかと不安に思う方もいるでしょう。しかし、ローンの返済中でも、購入者が買取業者などに車を売ることは可能です。

買取業者の査定を受け、査定額がローン残債よりも高額な場合は、車を売ったお金でローンを支払えます。ローンが残ってしまった場合は、車の所有者が買取業者に移るため、買取業者へ残りのローンを支払うことになります。

車を売る前に残クレについておさらいしよう

車を売る前に残クレについておさらいしよう

ここではまず、残クレの仕組みを改めておさらいしていきます。残クレは新車購入時だけでなく、中古車を購入する時にも利用可能です。今後のカーライフを考える上で役立つので、覚えておくと良いでしょう。

残クレのメリット

は、まとまった資金を用意できなくとも車を購入できる他、以下のようなメリットが挙げられます。

    残クレのメリット
  • 毎月のローンの返済負担を抑えられる
  • 基準となる下取り価格が保障されている
  • 頭金不要で車を購入できる
  • ライフスタイルの変化に応じて車を乗り換えしやすい

残クレのデメリット

は以下の通りです。考え方によっては必ずしもデメリットになるとは限りませんが、念のため覚えておきましょう。

    残クレのデメリット
  • 一般的なローンに比べて利子が高い
  • 購入した車はカスタマイズできない
  • 月間の走行距離制限がある
  • 状態次第では、清算時(ローン満了時)に追加で支払いが必要な場合もある

残クレ返済中の車を売るかの判断基準

さまざまな理由から、残クレ返済中に車を売る(解約する)ケースも少なくありません。解約を判断する際は、以下をもとに検討すると良いでしょう。

    解約の判断基準
  • 売却額とローン残債額のどちらが多いか
  • 売却額がローン残債額を下回る場合、補える資金にゆとりがあるか
  • 解約した場合と返済を続けた場合、支払いはどちらが大きいか

残クレ契約時に車を売る場合のシミュレーション例

残クレ契約時に車を売る場合のシミュレーション例

残クレローンが残っている状態で車を売った場合、ローンが残るのか、売却金で完済できるのか気になるところです。

そこで、残クレローン返済中に車をシミュレーションします。ここでは、200万円の新車を残クレローンで購入したケースで見ていきましょう。

返済途中:残クレ5年で購入して4年目の車を売る場合

200万円の車を5年後の残価を50万円とする残クレローンを利用して購入したとします。この場合、利子を考えなければ、5年間で支払う金額は150万円です。月々の支払いは2万5,000円になります。頭金を準備したり、ボーナス支払いを利用したりすれば、月々の支払い金額はさらに安くなるでしょう。

では、残クレローンの返済を開始して4年目にローン残債が80万円ある車を売る場合をシミュレーションします。

買取業者に査定を依頼して、100万円の査定額がついたとしましょう。100万円からローン残債の80万円を完済し、残った20万円は手元に入ります。売却額とローン残債の差額は次に購入する車の資金にあてたり、趣味などにも使ったり、使い道は自由です。

返済完了:残クレ5年を払いきった場合

同じ残クレローンで200万円の車を購入し、5年間でローンを完済した場合で考えてみましょう。残クレローンでは完済後に、ディーラーで査定を受けなくてはなりません。これは契約時の残存価値に誤差がないかを確認するためです。

5年間、車に乗り続けていると、車のボディに傷が付くこともあるでしょう。契約当初は残存価値が50万円の予定でも、実際の残存価値が30万円になった場合、20万円の差額が生じます。この場合、購入者が20万円を別途支払わなくはなりません。

このケースで買取業者に査定を依頼し、100万円の査定額がついて場合をシミュレーションしてみましょう。100万円から20万円が差額として支払われ、手元に入るのは80万円になります。

残クレで車を購入する時に頭に入れておきたい注意点

残クレで車を購入する時に頭に入れておきたい注意点

残クレローンを利用して車を購入する場合、経済的な負担は軽くなるでしょう。しかし、残クレローンは良いことばかりではありません。注意点をきちんと頭に入れておくことで、起こりうるトラブルなどを避けられるでしょう。

途中解約による違約金が発生することが稀にある

残クレローンは返済途中で解約しても、違約金を支払わなくて良いケースがほとんどです。ただし、例外もあるので注意しましょう。違約金が発生するかどうかは、契約書で確認が可能です。契約書を紛失してしまったり、不安があったりする場合は、ディーラーに確認してみましょう。契約の際には契約書の内容にしっかりと目を通すことをおすすめします。

買取価格を保証するための一定の基準がある

残クレローンの残存価値は、完済後も契約当初の価格が保証されるわけではありません。完済後の車の状態で実際の買取価格が決まります。たとえば、車の内装が破損していたり、事故や水没にあったりした車は買取価格が残存価値を下回るケースもあるでしょう。

購入者が車を改造した場合も買取価格が下がる可能性があります。買取価格が下がれば、差額を購入者が支払わなければなりません。できるだけ良い状態を保つように心がけて車を使用しましょう。

設定期間を払い終わっても自分の車にはならない

一般的なローンの場合、返済途中は「所有者」がローン会社(もしくはディーラー)、「使用者」が購入者となります。これは「所有権留保」と呼ばれ、ローンの完済後に車の所有者がローン会社から購入者に変更されます。

それに対し残クレローンの場合は、完済しても車両価格全額を支払ったわけではないので、所有権の名義変更は行われません。

残クレローンで購入した車の所有権を得たい場合は、ローン完済後、残っている残存価値分の支払いをする必要があります。車の所有者になるタイミングが一般的なローンと異なるので注意しましょう。

車を売る以外で残クレを終わらせる4つの方法

車を売る以外で残クレを終わらせる4つの方法

残クレローンの終了方法は車を売る以外にも複数あります。ここでは、契約期間を終える前にディーラーに返却する方法やローン残債を別のローンに組み替えるなど、4つの方法を見ていきましょう。

車の売却金額がローン残債よりも高額な場合は手元に現金が残ることもあります。自分にあった方法を選んで残クレローンを終わらせるのがおすすめです。

車をディーラーに返す(早期返却)

残クレローンは支払い中でも、車をディーラーに返却できます。残存価値が高いうちに返却することで、残クレを終わらせるのも方法の一つです。車を早期返却する場合もディーラーで査定をして、車の実際の価値を確認します。

査定額が契約当初の残存価値を上回った場合、その差額をローン残債の返済に充てることが可能です。それでローンが完済すれば残クレローンは終了しますが、完済できなかった場合は、残りのローンを完済するまで月々の支払いが続きます。早期返却をしてもローン残債がゼロになるわけではないので、注意しましょう。

自己資金で一括返済

経済的に余裕があれば、ローン残債をするのが、手間が少なくシンプルな方法でしょう。支払い期間が短くなれば、利子の額も減るため、結果としてローンの総支払額を減らせるというメリットもあります。

車の使用期間が短ければ、残存価値も高い可能性があるため、買取価格が契約当初の残存価値を下回り差額を支払うリスクも軽減できるでしょう。さらに、買取価格が当初の残存価値を上回れば、ローン残債の支払額を減らせるかもしれません。

買取業者のローンに組み替える

冒頭でシミュレーションしたような買取業者へ車を売る方法です。残クレローンを利用して車を購入した際の車の所有者はディーラーになります。

買取業者に買取を依頼すると一般的なローンと同じく、買取業者がディーラーへローンの残債を一括返済して車を買い取るのが一般的です。残クレローンはそれに加えて、車の残存価値分も支払わなくてはなりません。

買取業者がディーラーへ支払った総額より車の買取価格が少ない場合、差額は買取業者のローンに組み換えられます。買取価格によっては、月々の支払い額がディーラーへ支払っていた額より安く済むケースもあるでしょう。

他のローンに組み替える

車を買取業者へ売却してローンの組み替えが必要でも、買取業者のローンが使えないケースがあるかもしれません。そのような場合は買取業者のローンではなく、フリーローンなどの他のローンを検討してみましょう。

フリーローンとは、用途が制限されていないローンのことを指します。フリーローンは追加融資を受けられないことが多いようです。買取業者などに必要な額をきちんと確認し、計画的に利用しましょう。

また金利は一定ではなく、申込時に連帯保証人が必要なこともあります。フリーローンを取り扱っている金融機関ごとに異なるため、事前に確認し比較検討することが大切です。

【注意】残クレ解約時はローン会社に連絡

残クレの解約を決めたなら、車を購入したディーラーではなくローン会社に連絡するようにしてください。残クレの返済期間中はディーラー側に利子が入る仕組みのため、解約の旨をディーラーに連絡してしまうと、解約を引き止められるケースがあるからです。

スムーズに解約手続きを進めるためには、ローンの契約書に記載されたローン会社に連絡し、手順を確認しながら進めると良いでしょう。

残クレで購入した車を売る際の6つのポイント

残クレで購入した車を売る際の6つのポイント

残クレローンは完済する場合も、途中で解約する場合も査定を受けます。買取業者に売却する場合も査定が必要です。どちらの査定においても、査定額が高ければ高いほど、購入者の金銭的な負担は軽くなるでしょう。ここでは高額査定を受けるために気をつけたい注意点を紹介します。

まずは買取相場をチェック

車を売る時は買取業者を探すのと同時に、その車の買取相場を調べておきましょう。買取相場は中古車検索サイトや車関連雑誌などで調べられます。

おおまかな買取相場を知っておけば、買取業者が提示する査定金額の妥当性も判断しやすく、不当な買い叩きを防ぐことも可能です。査定員に対して本当に車を売る意思があることを伝えるためにも有効です。

ディーラーへの早期返却よりも買取業者へ依頼

早期返却を行う際、車の査定はディーラーが行います。ディーラーでの買取査定は、車の状態を判断する査定方法です。一方で買取業者の査定は、中古車市場の人気や相場、流通数などが加味されるので、ディーラーの査定よりも高くなる傾向にあります。

高額査定を狙うのであれば、一括査定がおすすめです。複数の買取業者へ査定依頼を同時に行うので、買取業者間での価格競争が起こります。うまく交渉すれば最初に提示された査定額より価格を上げることもできるでしょう。

内装も外装もなるべく傷つけない

車の内装や外装を美しく保つことも、高額査定を受けるうえで重要なポイントです。車は使っているうちに汚れていきます。とくにタバコやペットのにおい、車内で飲食をした際にシートにつけてしまったシミなどは簡単に取り除けません。ついた汚れはできるだけ早く掃除したり、日頃から消臭スプレーや換気といったにおい対策を行うと良いでしょう。

車に乗っていると、どうしても細かな傷は付いてしまうものです。それらはあまり気にする必要はありません。しかし事故などによる大きなキズやへこみは、査定額に影響する恐れがあります。丁寧な運転などを心掛け、なるべく傷を付けないよう気をつけましょう。

付属品やオプションは大切に保管

車を自分好みに改造する場合、車に購入当初から付属している純正品は失くさないように保管しておきましょう。一般的に車の査定では、カスタム交換を含む改造車より純正品を使用している車の方が高額査定になりやすい傾向にあります。仮に改造していても、純正品が揃っていれば査定額が上がるかもしれません。

その他にも取扱説明書やスペアキーなど、購入時の付属品もきちんと揃えて査定に臨むようにしましょう。

交渉のコツも知っておく

車を売る際は、知っておくと役立つ交渉のコツがあります。主に以下のような点を心に留め置きつつ、買取業者との良好なコミュニケーションを心がけてください。

    査定員や販売員との交渉のコツ
  • 不具合や故障など、車の状態に関して気になる点を正直に申告する
  • 他社の提示した査定金額を偽らない
  • 査定額アップを狙う要素(カーナビ、ETC車載器、純正オプションなど)をアピールする
  • 契約に関する不明点はきちんと確認する
  • 即決はなるべく控える

中古車一括査定サービスを活用する

より高値で車を売るなら、その車の買取に力を入れている専門的で相性の良い複数の買取業者から査定を受けることをおすすめします。相見積もりを取るのに便利なのが、中古車一括査定サービスです。

中古車一括査定サービスを利用すれば、相性の良い買取業者に一括で査定を申し込めます。ユーザー情報や車の年式や走行距離など、いくつかの簡易的な情報を入力するだけなので時間をかけずに手間なく申込できます。買取業者をいくつも回る時間が取れない方におすすめです。

残クレがある車を売るならcarview!車買取がおすすめ!

残クレがある車を売るならcarview!車買取がおすすめ!

先述した数ある中古車一括査定サービスの中でも、carview!中古車一括査定サービスはとくにおすすめです。2000年に業界で初めてサービスを開始した老舗なので信頼できるという点以外にも、以下のような特徴があります。

査定提携は300社以上

carview!車買取は2022年4月現在、全国各地の300社以上と提携しています。安心して取引を行う上でも、買取業者選びは重要な要素です。carview!車買取は、安心のJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)加盟店と多数提携しています。

CM等でおなじみの大手買取店からアットホームな地域密着店、各種専門店まで幅広いネットワークを持ち、実際に利用したユーザーのクチコミ情報もウェブサイトで確認可能です。

わずか45秒で申し込み完了

愛車と相性の良い買取業者を自力で探すのは、何かと手間がかかります。その点、carview!中古車一括査定サービスならば、わずか45秒ほどのフォーム入力で最大10社へ申し込み可能です。

気になる個人情報などの取り扱いに関しても、LINEヤフー株式会社が運営しているためセキュリティ対策も万全です。パソコンだけでなくスマートフォンからの申し込みにも対応しているので、好きなタイミングに利用できるでしょう。

まとめ

まとめ

残クレローンを利用して車を購入した場合でも、ローン返済中に車を売却することができます。ディーラーへ早期返却することも可能ですが、買取業者に依頼した方がお得になるケースもあるでしょう。

ただし、買取業者には車種によって得手不得手があります。複数の業者に査定してもらえば、売りたい車を得意とする業者から高額査定を得やすくなるでしょう。carview!中古車一括査定サービスを利用すれば、提携している300社以上の買取業者の中からユーザーに最適の買取業者を最大10社ご紹介します。

残クレローンで購入した車の売却をお考えの方は、ぜひcarview!中古車一括査定サービスをご活用ください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ