売却ガイド

ローンの残った車は売ることができる?必要な手続きと高く売るための方法を解説

ローンの残った車は売ることができる?必要な手続きと高く売るための方法を解説

「ローンが残っている車は売却できないのでは?」と心配な方もいるのではないでしょうか。結論からいうと、ローンが残っていても車を売ることはできます。「残価設定型」ローンの場合も同様です。
そこでこの記事では、ローンの残った車を売るときの流れを必要書類と一緒に解説します。買取額でローンを完済できない場合の解決策や、高く売却するためのコツなどを理解すれば、適した方法でローンの残った車を売却できるでしょう。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

ローンが残っている車を売ることは可能!

ローンが残っている車を売ることは可能!

ローンが残っている車を売ることはできます。ただしローンで車を購入した場合、車の所有者はローン会社で、実際に運転している人は使用者となっていることがほとんどでしょう。そのため、車を売るにはローンの完済と所定の手続きが必要です。

ローンが残っている車を売る場合の手続きや必要書類を確認し、スムーズに売却が進められるよう準備をしましょう。

ローンが残っている車を売るときの流れと必要書類

ローンが残っている車を売るときの流れと必要書類

ローンが残っている車を売る場合、買取額によって行うべき手続きが変わります。買取額でローンを完済できれば車の売却は可能となるため、買取業者へ査定を依頼する前にローン残債額がどれくらいあるのか把握しておくと良いでしょう。ここでは、ローンが残っている車を売るときの流れと必要書類について解説します。

1.ローンがいくら残っているかを確認する

まずは、ローンがいくら残っているか調べる必要があります。残債額を把握しておけば、買取業者の査定を受けるとき、提示された買取額がローン残債額を上回るのか下回るのかを判断できるでしょう。査定を依頼する前に、ローン会社から定期的に届く通知のハガキ、または直接ローン会社に問い合わせてローン残債額を確認しておきましょう。

買取額でローンが完済できれば問題なく売却できます。しかしローン残債額を下回る場合、どのような方法で完済するべきかあわせて検討しておくと良いでしょう。

2.買取額を把握する

次に、買取業者に査定依頼を申し込み、具体的な買取額を把握しましょう。買取額でローンを完済できるかできないかにより、今後の動きも変わってきます。買取額がローン残債額を下回る場合は完済方法を考えなくてはなりません。

買取額を少しでも高くしたい方には、一括査定がおすすめです。複数の買取業者に査定依頼して競合させることで、買取額を引き上げられる可能性が高まります。車の状態や車種の人気度など、さまざまな条件がうまく重なれば、数十万円の査定額アップも見込めるでしょう。

3.名義変更をする

上述したように、ローンで購入した車の所有者はローン会社やディーラーの場合がほとんどです。運転している本人は「使用者」として、車検証に名前の記載があります。車検証に記載されている「所有者」が自分自身でなければ売却はできないので注意しましょう。

その場合、ローン会社などの所有権を解除する「所有権留保の解除」の手続きを行い、名義変更をして自分自身を所有者にする必要があります。名義変更の手続きに必要な書類は以下の通りです。

    車の「所有権留保の解除」の手続きに必要な書類

  • 自動車検査証(車検証)
  • 実印(新旧所有者のもの)
  • 印鑑登録証明書(新旧所有者のもの)
  • 委任状(新旧所有者のもの)
    • ※自分で手続きする場合は旧所有者の委任状のみ、買取業者に手続きの代行を依頼する場合は新旧所有者の委任状が必要
  • 自動車税納税証明書
  • 譲渡証明書
  • 車庫証明書(新所有者のもの)

手続きは管轄の陸運支局で行います。所定の手数料がかかるため、自分で手続きを行う場合は現金を用意しておきましょう。

4.車を売却する

名義変更が完了すれば車を売ることができます。買取額に納得したら買取業者と売買契約を締結し、車の引き渡し日を決めて手続きを進めましょう。車の売却に必要な書類は以下の通りです。

    車の売却に必要な書類

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車税納税証明書
  • 所有者の実印
  • 所有者の印鑑登録証明書
  • リサイクル券
  • 委任状
  • 譲渡証明書
  • 住民票の写し(車検証の住所と現住所が異なる場合)

印鑑登録証明書や住民票は発行から3か月以内と有効期限が決められ、また平日に市町村役所で申請しなくてはならないため、事前にスケジュールを調整して取得しましょう。

また、上記書類を紛失してしまった場合は再発行が必要です。手元にあるか確認し、もし紛失した場合は再発行の申請を早めに行います。書類に不備があると売却の手続きをスムーズに進められないため、事前に確認しておきましょう。

買取額でローンを完済できない場合の対処法

買取額でローンを完済できない場合の対処法

買取業者が提示する買取額でローンを完済できない場合、所有権留保の解除手続きが行えないため車の売却はできません。どうしても車を手放したいと考えている方は、どのような対処法があるか知っておくと良いでしょう。ここでは、ローンを完済するための返済方法について解説します。

ローンの組み直し

まず、ローンの組み直しという方法があります。ローン残債額と月々の返済額を照らし合わせ、車の売却を予定している時期までに完済できるようローンの組み直しをローン会社やディーラーに相談しましょう。

しかし、結果として他の金融機関などから新たに借り入れて、組み直したローンの返済に充てることになるでしょう。月々の返済額が家計を圧迫するようなら、無理をせずに売却のタイミングを再検討するほうが良いかもしれません。

ローンの上乗せ

車を買い換える場合ならローンの上乗せをすることができます。新たに購入する車のローンに売却する車のローン残債を上乗せし、新しい車に乗り換えて返済を続けるという方法です。

あくまで乗り換えを想定しているケースにしか適用できませんが、現実的な返済方法だといえるでしょう。「1日でも早く新しい車に乗り換えたい」という方にはおすすめです。

現金一括払い

もっともシンプルで簡単な方法は現金一括払いでしょう。金銭面に余裕がある場合、もしくはローン残債額が数万円と少ない場合は現金で一括返済すると良いでしょう。

手元に用意できる金額ならおすすめですが、他の金融機関などから借り入れるなど無理して完済するのは現実的ではありません。現金一括払いでローンを完済する際には十分に検討しましょう。

ローンの残った車を売るかどうかの判断基準

ローンの残った車を売るかどうかの判断基準

ローンの残った車を売ろうと考える理由はさまざまでしょう。新しい車へ買い換えるなら、売却後に新しい車に乗りながらローンを返済できます。しかし、売却のみの場合はローン残債の完済に苦労するケースもあるでしょう。

「ローンの残った車を売るべきかどうか」と困っている方もいるのではないでしょうか。そこでここでは、車の使用頻度や経済的状況など、車を売るかどうかを客観的に判断する基準を具体的に解説します。

買取額でローンを完済できる場合

まず重要なのは、買取業者から提示された買取額でローン残債額を完済できるかどうかです。完済できるのなら売却にあたっては問題ないでしょう。買取額がローン残債額を下回る場合が問題です。その差額を返済できるだけの経済的余裕があり、完済の目途が立つかどうかが判断の基準になります。

現状のローンが苦しいから車を手放すという場合、結局は買取額で完済できなかった分を捻出しなければなりません。車を売却したあとのことも踏まえて判断しましょう。

車を運転する頻度が少ない場合

車を運転する頻度は、売却するべきかどうかの大きな判断基準になります。運転頻度が減ったうえに、公共交通機関が豊富で移動手段に困らない、生活に支障はないという場合は売却したほうが良いかもしれません。ローン残債は残りますが、維持費やメンテナンスの手間を考慮すると楽になるでしょう。

一方、車が欠かせないような地域に住んでいて、車を売ってしまうと移動手段に困るという場合は、車の売却を再検討したほうが良いでしょう。

新たな車が必要になった場合

仕事やプライベートなどで新たな車が必要になり、現在乗っている車から乗り換える場合は売却しても良いでしょう。仮に買取額がローン残債額を下回っても、新しい車にローンを上乗せすることで無理なく返済を継続できます。

また、現在乗っている車では補えないニーズを新しい車が満たしてくれるのであれば、仕事や生活はより向上するでしょう。

維持費を支払い続けるのが難しくなった場合

車を所有し続けるとローン返済だけでなく、車の維持費も支払わねばなりません。自動車税や車検費用・駐車場代・ガソリン代などが発生し、家計の負担にもなります。維持費を支払い続けるのが難しいかどうかも判断基準のひとつです。

車を日常的に運転し維持費を支払ってもメリットがあるのならば、売却する必要はないでしょう。しかし、あまり運転をしないのに維持費を支払い続けているのなら、売却することをおすすめします。カットした毎月の維持費をローンの返済に充てられるでしょう。

残価設定型ローンが残っている車も売れる?

近年定着しつつある「残価設定型」ローンをご存じでしょうか。購入する車両を3年~5年後に下取りに出した場合の下取り価格を保証し、これを「残価」と呼びます。車両本体価格から「残価」を差し引いた金額を分割払いに設定し、最終回に「残価」を支払うという仕組みです。

「残価設定型」ローンのメリットは毎回の返済額が通常のローンより少なく、3年~5年後の下取り価格が保証されている点でしょう。3年~5年後に据え置かれた「残価」の処理は、「車両を返却」「下取りに出して車を乗り換える」「残価を完済して買取」の3つから選べます。

ただし、車を返却する際には車の状態や走行距離に制約が設けられている場合がほとんどです。制約を超えると下取り価格が減額されるので内容を確認しておきましょう。この「残価設定型」ローンが残っている車もローンを完済すれば売却できます。

ローンを完済したい!できるだけ高く買い取ってもらうための方法

ローンを完済したい!できるだけ高く買い取ってもらうための方法

ローンが残っている車をできるだけ高く売却するためには、知っておくと役立つコツがいくつかあります。ローン完済のために「現金一括払いは避けたい」「他の金融機関からお金を借り入れたくない」と考える方もいるでしょう。ここでは、買取金額でローンを完済するために実践すると良い方法を解説します。

下取りは避ける

車を売却する場合、下取りは避けたほうが良いでしょう。下取りは車の乗り換えとして新車を購入することが条件となっています。ローンの返済などにおいて融通はききますが、高額査定は望めないでしょう。また、売却したお金はローン返済や車の購入以外には使えない点も不便です。

下取りよりも、取のほうが高額査定になりやすい傾向があります。少しでも高く売ってローンを完済したいなら、買取を検討したほうが良いでしょう。

全国展開している買取業者を選ぶ

買取価格の相場はさまざまな事柄が関係し、日々変動しています。中古車市場に売却予定の車と同じ車種がどれくらい流通しているのか、地域により人気の車種が異なる点なども買取価格に大きく影響することを理解しましょう。

買取業者を探す際には「全国展開をしているか」を基準に選ぶのがポイントです。全国展開している買取業者は、販路が広く在庫数も多いのが特徴です。そのため、地域性などによる価格変動の影響を受けにくく、車そのものを最大限に評価してくれるでしょう。

3社以上の業者から見積もりを取る

買取で車を売ると決めたら、複数の買取業者から見積もりを取りましょう。最低でも3社以上の見積もりは欲しいところです。仮に1社だけしか見積もりを取らなければ、他の買取業者の査定額とどれくらい差があるのか比較できません。

複数の買取業者に依頼するのは面倒だからとそれなりの査定額で売却し、売却後に「他の買取業者からも見積もりを取っておけばよかった」と後悔しないためにも複数社に査定を依頼しましょう。

一括査定サービスを利用する

「複数の買取業者から見積もりを取りたいけど、手間がかかるし時間がない」という方は一括査定サービスがおすすめです。必要な情報を入力するだけで複数の買取業者に査定依頼の申し込みができるので、時間を節約できるでしょう。

買取業者を競合させれば買取金額のアップが期待でき、満足のいく高額査定を受けられるかもしれません。効率的に複数の査定額を比較したいという方は、一括査定サービスを利用してみましょう。

まとめ

まとめ

ローンを完済していなくても車を売ることはできます。ローンで購入した場合、車の所有者はローン会社となっている場合が大半です。名義変更するには、ローンを完済しなければならないのがネックでしょう。

買取金額がローン残債額を上回れば問題なく完済できますが、下回った場合は現金の一括払いやローンの組み直しで完済しなければ売却はできません。

買取カービューの愛車無料一括査定サービスでは、複数の買取業者に査定依頼をして買取金額の比較ができます。ローンが残っている車を「1円でも高い買取金額で売却したい」と思っている方はぜひ一度、買取カービューの愛車無料一括査定サービスをご利用ください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーの口コミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

トヨタ プリウス
実際の査定金額
70.0万円
見積り数
5社
査定満足度
3.5
ユーザーコメント

オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

ホンダ フィット
実際の査定金額
63.9万円
見積り数
5社
査定満足度
5
ユーザーコメント

一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

日産 セレナ
実際の査定金額
75.0万円
見積り数
8社
査定満足度
5
ユーザーコメント

はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

買取カービューについて

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営する株式会社カービューが提供しています。Yahoo!JAPANグループのカービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP