現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 売却ガイド > 車の売却時に車庫証明は必要なの?必要なケースや手続きに必要な書類まとめ

売却ガイド

車の売却時に車庫証明は必要なの?必要なケースや手続きに必要な書類まとめ

車の売却時に車庫証明は必要なの?必要なケースや手続きに必要な書類まとめ

車の購入時に必要な書類の中でも、取得するのに手間がかかるのが「車庫証明」です。警察署に出向く必要があるため、忙しいとなかなか手続きができないこともあります。そのため、「車の売却時にも車庫証明は必要なのだろうか」と不安に思う方もいるのではないでしょうか。
そこでこの記事では、車の売却時に車庫証明は必要なのかを解説します。把握すれば、スムーズな愛車の売却が可能です。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

車の売却時に車庫証明は必要なの?

車の売却時に車庫証明は必要なの?

車庫証明を取得するためには警察署に出向く必要があり、時間を作って手続きをしなくてはなりません。多忙な方であるとなかなか手続きを行えず、書類を用意できない場合もあります。

そのため「売却時は不要であってほしい」と思うユーザーも多いでしょう。車の売却時に車庫証明は必要なのかを解説します。

車庫証明は不要

車を売却する際には、車庫証明は不要です。売却した車の車庫証明は、自動的に消去されるので安心しましょう。

車庫証明の正式名称は、「自動車保管場所証明書」です。正式名称どおり、自動車の保管場所があることを証明する書類であり、法律によって登録が義務化されています。

車庫証明の手続きが必要であるのに手続きをしなかった場合、通称「車庫飛ばし」といわれる法律違反となるので注意が必要です。住所の変更があった際は、15日以内の手続きが必要となります。

友人間で車を売却する場合は?

売却先が友人であっても、車庫証明は必要ありません。「道路運送車両法第13条」において、所有者の変更があった際は新所有者が移転登録を行うことが記されています。そのため新所有者が警察署に出向き、車庫証明を取得しなければなりません。

車を友人へ売却した際は、トラブルにならないように新所有者が車庫証明の手続きを行うことを説明しましょう。

参考:『e-Gov 道路運送車両法』

車の売却以外で車庫証明の手続きが必要なケース

車の売却以外で車庫証明の手続きが必要なケース

車の売却時には車庫証明の手続きをする必要はありません。車庫証明の手続きが必要となるのは、「車を廃車にするとき」と「車を買うとき」です。車の売却以外の取引では、手続きが必要であると覚えておきましょう。廃車時と購入時の2点について詳しく解説します。

車を廃車にするとき

車を廃車にする場合は、自分で車庫証明の抹消手続きをします。売却時のように、自動的に抹消されることはありません。

売却時に車庫証明が自動的に抹消されるのは、買取業者や新たなユーザーが新しく車庫証明を取得するためです。情報を上書きすることで、以前のデータは消去されます。廃車の場合、新たなユーザーは存在しません。新しい車庫証明のデータに上書きされることがないため、自分で抹消手続きをする必要があります。

車を買うとき

車を購入する場合は、車の保管場所を登録する義務があるため車庫証明の手続きが必要です。車の保管場所は、使用の本拠地から2km以内と定められています。

車庫証明の手続き場所は、保管場所のある地域を管轄する警察署の「交通課窓口」です。証明書は手続き後1週間程度で発行され、合計で2,500円~2,700円の手数料がかかります。車庫証明の手続きを行う際は、以下の書類が必要となります。

    車庫証明の手続きを行う際の必要書類

  • 自動車保管場所証明申請書
  • 保管場所標章交付申請書
  • 土地使用に関する権利関係を証する書面
  • 所在図、配置図

車を購入した業者で手続きを代行してくれるのが一般的です。自分で警察署に行き手続きをする必要はないため、多忙な方でも安心して車を購入できるでしょう。

車を売却と購入を同時に行う際に車庫証明が不要なケース

車を売却と購入を同時に行う際に車庫証明が不要なケース

車の購入時には新車か中古車か問わず、基本的には車庫証明が必要になります。しかし場合によっては、車庫証明が不要になるケースも存在します。

車の買い替え時に車庫証明が不要になる2つの場合について見ていきましょう。

軽自動車を購入する場合

軽自動車の購入時は、「保管場所」の届け出を自治体に行うだけで、車庫証明が不要になる場合が多くなっています。ただし、以下のような場合は車庫証明が必要になるので、詳しくはお近くの警察署で確認すると安心です。

  • 人口10万人以上の市町村
  • 各都道府県の県庁所在地
  • 東京や大阪といった都心部

軽自動車の場合は、軽自動車検査協会で登録手続きをしてから車庫証明の手続きを行えます。届け出をし忘れたり、虚偽の申告をしたりすると10万円以下の罰金を科されるので注意しましょう。

村に在住している場合

「村」に住んでいる方も車庫証明が不要となる場合があります。車庫証明は、都市部での路上駐車が問題視されるようになってから導入されました。

「市町村合併前は村だった地域」やそもそも人口の少ない「村」に関しては、規制の対象から除外されているケースが多くなっています。

軽自動車の場合と同様に「村」であっても、車庫証明が必要になる場合もあるので、詳しくはお近くの警察署へ確認することがおすすめです。

車庫証明以外も要チェック!車の売却時に必要な書類

車庫証明以外も要チェック!車の売却時に必要な書類

車の売却時に必要な書類のほとんどは車に保管されているものか、買取業者が用意してくれるので手間はかかりません。しかし、中には取りに行く必要がある書類もあります。紛失した場合は再発行しなければならないため、できるだけ早めに用意しておきましょう。売却時に必要な書類について詳しく解説します。

(1)自動車検査証

自動車検査証は、車検を受けて保安基準を満たした車であることを証明する書類です。車の「使用者」「所有者」「車台番号」「型式」「有効期間の満了する日」などが記載されています。

携帯義務があるため、車のグローブボックス内に保管されているのが一般的です。紛失してしまった場合は、再発行が必要となります。普通車は運輸支局、軽自動車は軽自動車検査協会で再発行が可能です。土日祝日は休みである機関なので、平日に手続きをする必要があります。

(2)自動車税納税証明書

自動車税納税証明書は、自動車税を支払ったことを証明する書類です。自動車税は、4月1日時点での車の所有者に納税義務が生じます。自動車税の支払いが済んでいないと、車検は受けられません。グローブボックス内に保管するのが一般的です。

紛失した場合、普通車であれば、都道府県税事務所や運輸支局税事務所にて再発行ができます。軽自動車の場合は市区町村窓口での再発行となり、場所が異なるので注意しましょう。

(3)自賠責保険証

自賠責保険証は、自賠責保険に加入していることを証明する書類です。自賠責保険は「強制保険」とも呼ばれ、車を運転する方は加入しなければなりません。携帯が義務付けられているため、車内に保管されているのが一般的です。

紛失した場合、自賠責保険を契約した保険会社に連絡をして再発行してもらいます。再発行されるまでに7日~30日かかる場合もあるため、早めに確認をしておくと安心です。なお、自賠責保険が切れた状態での売却もできます。

(4)印鑑登録証明書

印鑑登録証明書は、印鑑登録がされた実印であることを証明する書類です。普通車は資産として定義されるため、売却時には実印が必要となります。そのため実印とセットで印鑑登録証明書も提出しなくてはなりません。

印鑑登録証明書は、市区町村の窓口や対応地域のコンビニで発行できます。市区町村の窓口は平日のみの受付ですが、コンビニであれば土日祝日でも発行可能です。平日に手続きができない方は、マイナンバーカードを利用してコンビニで発行しましょう。

(5)リサイクル券

リサイクル券とは車を廃車にする際に発生するリサイクル料金を、車を購入した際に支払い済みであることを証明する書類です。リサイクル料金は、「シュレッダーダスト料金」「エアバッグ類料金」「フロン類料金」「情報管理料金」「資金管理料金」を合計した金額を指します。

紛失した場合は、「自動車リサイクルシステム」のホームページで、「自動車リサイクル料金の預託状況」を印刷すればリサイクル券の代わりとして使用可能です。

(6)振込用の口座通帳

口座通帳は、車を売った代金の受け取り時に必要となります。中には売ったお金を現金で渡してくれる買取業者もありますが、後日口座振込で支払われることがほとんどです。

「金融機関名」「支店名」「口座番号」「名義」が分かれば良いので、メモの持参をおすすめします。通帳を持っていく必要はありません。スマートフォンで写真を撮る方法も、手間がかからないのでおすすめです。

現金支払いを希望する場合は、あらかじめ買取業者に相談してみましょう。対応不可であれば、現金支払いの買取業者を探す必要があります。

住所が変わっている場合は住民票

自動車検査証に記載されている住所と、印鑑登録証明書に記載されている住所が異なる場合は、住民票の用意が必要です。住民票は現在の住所だけではなく、過去の住所も記載されています。そのため住所が以前のままの自動車検査証と紐づき、正当なユーザーであることの証明が可能です。

住民票は、市区町村役場の窓口で発行できます。対応地域であれば、マイナンバーカードを利用してコンビニでの出力も可能です。平日に市区町村役場に行けない方は、土日祝日でも発行可能なコンビニを利用しましょう。

業者側が用意する書類

業者側が用意する書類は、譲渡証明書と委任状があります。譲渡証明書とは車の譲渡を証明する書類であり、名義変更の際に必要です。買取業者は車を買取したあとに、運輸支局や軽自動車検査協会で名義変更を行います。現在のオーナーが記入した委任状があることで、買取業者が名義変更の手続きをすることが可能です。

特に難しい書類ではなく、買取業者の指示どおりに記入すれば問題ありません。どちらの書類も重要な書類ですが、ユーザーが用意する手間はかからないので安心しましょう。

車の売却時に書類以外で準備しておきたいこと

車の売却時に書類以外で準備しておきたいこと

売却時に必要な書類以外にも、査定に出す前に準備しておきたいことがあります。準備しておきたいことは、「車を売却する流れの再確認」「念入りな車の掃除」「査定は無料の一括査定サービスを利用」の3つです。3つのポイントを押さえておくことで、よりスムーズで高額な売却が期待できます。詳しく解説するので、チェックしてみましょう。

車を売却する流れを再確認

車を売却する流れを再確認しておけば、スムーズな売却が可能です。車の売却は以下のような流れで行います。

・買取業者の選定
まずはどこの買取業者で査定をしてもらうか決めます。決める際はクチコミをチェックして、「スタッフの対応が良かった」「査定額に満足できた」などの評価が高い買取業者を選ぶのが重要です。

・査定を受ける
車を店舗へと持ち込む他に、「出張査定」を受けられる買取業者もあります。多忙で時間を取れない方は、出張査定を行っている買取業者がおすすめです。

・必要書類をそろえて手続きをする
査定額に納得したら、売却手続きを行います。早めに必要書類をそろえておき、スムーズに売却できるようにしましょう。

・車両の引き渡し
手続きが完了して車両を引き渡す前に、車内の最終確認を行います。カーナビの個人情報の削除や、忘れ物がないかの確認をしましょう。

・入金の確認
買取業者によって入金がいつになるかは異なるため、あらかじめ確認しておくと安心です。

車の掃除は念入りに!

査定前の念入りな掃除は重要です。洗車や車内の掃除をしておくことで、査定士の車に対する印象が上がります。大事に乗っていたことをアピールでき、「車の状態が良い」ことを印象付けられるのがメリットです。

最終的に査定額を算出する際、査定額アップを一押しする要素となりえます。車内はシートやフロアマットの掃除、車用消臭剤を使用してにおいの除去を行いましょう。

査定は無料の一括査定サービスを利用

愛車をより高く買取してもらうのであれば、無料の一括査定サービスの利用をおすすめします。高値で売却するためには、相見積もりを取り、最も高値を付けてくれる買取業者を見つけることが重要です。

carview!中古車一括査定サービスは、全国300社もの買取業者と提携しており、ユーザーの居住エリアに合った最大10社に一括査定依頼ができます。簡単な車両情報を登録するだけなので、手間なく高値を付けてくれる買取業者が見つかるのが魅力です。愛車を売却するのであれば、carview!中古車一括査定サービスをご利用ください。

車の売却で高価買取を狙うならcarview!車買取の利用がおすすめ!

車の売却で高価買取を狙うならcarview!車買取の利用がおすすめ!

車の売却には必要な書類も多く、更に複数買取店から相見積もりを受け取るにはかなりの時間がかかってしまいます。一括査定を利用すると一度の情報入力で高値の査定額がすぐに比較できるので手間いらずです。

ここでは、高価買取を狙う方におすすめのcarview!車買取の特徴やクチコミをご紹介します。

carview!車買取が選ばれる理由

数ある一括査定サービスの中でも、carview!車買取は沢山の方に選ばれてきた確かな実績があります。carview!車買取の特徴は以下の通りです。

  • 最大10社まで同時に見積もり依頼ができるので高値の買取店を選ぶだけです。
  • ネットの申し込みは簡単で約45秒で入力できます。
  • 利用実績は500万人で業界トップクラスなので安心です。

車の売却には必要な書類も沢山ありますが、「車庫証明」に関しては必要ありません。車の売却に必要な書類と高く売るためのポイントを押さえた方には、一括査定の利用がおすすめです。

特に複数社の見積もりを比較して、高価買取を狙うならcarview!車買取を是非試してみてください。

利用者のクチコミや評判

carview!車買取を利用した方からのクチコミはウェブサイト上で確認できます。利用者からのクチコミの一例は以下の通りです。

60代 男性
査定時期 2019年9月
ユーザーコメント
担当の方の対応は親切で丁寧であったと妻は好感を持ち、その後私本人が電話での応答をしました。これもにも親切丁寧に対応していただきました。評価など失礼ですがた最良の対応状況です。ありがとうございました。
「※サイトより引用(https://carview.yahoo.co.jp/kaitori/shop/12553/?page=2#user-review)」

30代 女性
査定時期 2021年3月
ユーザーコメント
輸入車専門というだけあって知識もありますし車に関してとても話しやすかったです。出張査定に来ていただいたのですが、隅々まできちんと見てくださいました。安心感がありました。
「※サイトより引用(https://carview.yahoo.co.jp/kaitori/shop/2727/?page=10#user-review)」

まとめ

まとめ

車を売却する際は、車庫証明は必要ありません。友人間で車を売却する際は、新たなユーザーになる友人が車庫証明を取得する必要があります。廃車にする際は車庫証明の抹消が必要であり、車の購入時には新規で車庫証明の取得が必要です。

車を売却する際は、車庫証明が不要であってもさまざまな書類が必要となります。早めに用意をしておき、スムーズな売却を目指しましょう。

carview!中古車一括査定サービスは、実際に店舗を回る必要がなく手間もかからず、簡単に高値を付けてくれる買取業者を見つけられます。carview!中古車一括査定サービスを利用して、是非高額査定を目指してください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ