売却ガイド

車の売却に使うリサイクル券とは?その役割から紛失時の対応策まで丸っと解説

車の売却に使うリサイクル券とは?その役割から紛失時の対応策まで丸っと解説

リサイクル券について、よく知らない方も多いのではないでしょうか。車の売却をするときには、複数の必要書類がありますが、リサイクル券も必要です。車の売却時に条件を満たせばリサイクル料が返金される場合があります。リサイクル料の仕組みを知ることで、車の売却時のリサイクル料金の返金について確認でき、高額査定を狙いやすくなるでしょう。
今回の記事では、「リサイクル券」や「リサイクル預託金」の詳細や仕組み、返金されるパターンや返金方法などについて解説します。
この記事ではリサイクル券やリサイクル預託金の仕組み、リサイクル料が返金されるケース、リサイクル料の返金方法などについて解説します。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

車の売却に使用するリサイクル券とは?

車の売却に使用するリサイクル券とは?

車売却する時に必要なリサイクル券とは、リサイクルにかかる料金を納めたことを証明する書類です。リサイクル券は、車の売却や廃車を行うとき必要になります。2005年の自動車リサイクル法施行により、車の解体費用を車の所有者が負担することが定められました。この項目では「リサイクル券」「リサイクル預託金」の2つについて解説します。

リサイクル券について

リサイクル券は、車を売却するときにリサイクル預託金を納めたことを証明する書類です。2005年に施行された自動車リサイクル法により、車を解体するときの費用を車の所有者が負担することが定められました。これにより、リサイクル券は最終的に解体業者に引き渡される必要があるため、車の売却時に必要です。

リサイクル預託金は、あらかじめ車の販売代金に含まれているのが一般的です。車の購入時に、購入者がリサイクル預託金を支払い、このときリサイクル券が発行されます。

車の所有者が廃車にせず売却や譲渡をする場合には、リサイクルにかかる費用が返金されます。返金にはリサイクル券が必要なので、紛失しないように車検証や自賠責保険証と一緒に保管しておくとよいでしょう。

リサイクル預託金について

リサイクル預託金とは、後述するリサイクル料に情報管理費用と資金管理料金を含めたものです。リサイクル預託金は、新車・中古車問わず車を新しく購入するときに納めます。資金管理料金は、新車で購入する場合にかかる費用です。

リサイクルにかかる費用は車の所有者が負担するもので、車の販売店に支払います。販売店はこの費用を、自動車リサイクル促進センターに預託金として納める仕組みです。

リサイクル預託金は車を購入するときのみ発生し、その後定期的に納めなければいけないものではありません。

ただし、2004年12月31日以前に購入した車の場合、リサイクル法施行前なのでリサイクル預託金が納められていない状況となります。廃車時の車の所有者が、引き取り業者に車を引き渡す際、これを支払うことになるので注意しましょう。

車の売却に使用するリサイクル券の仕組み

車の売却に使用するリサイクル券の仕組み

車のリサイクル費用はシュレッダーダストの発生見込量、エアバッグ類の個数や外しやすさ、フロン類の使用量から、自動車ごとに自動車メーカーや輸入業者が定めています。

ここでは、「車のリサイクル費用がどのようにして決まるか」というリサイクル券の内訳や消費税の取扱いを説明します。

リサイクル料の内訳

リサイクル料とは、車を廃棄処理するときにかかる費用の総額です。具体的にはシュレッダーダスト、エアバッグ、フロンなどの処理にかかります。

リサイクル料の金額は、軽自動車で6,000円程度、普通車で10,000円、輸入車で 20,000円程度が相場です。車種やエアバッグの数、エアコンの有無などでかかる費用が変わります。金額が気になる場合はあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

支払ったリサイクル料は車の販売店を経由して、自動車リサイクル促進センターにて管理されます。廃車にする場合リサイクル料から支払われ、追加料金などがかかることはありません。

ただし、2004年12月31日以前に購入した車の場合、リサイクル法施行前なのでリサイクル預託金が納められていない状況となります。廃車時の車の所有者が、引き取り業者に車を引き渡す際、これを支払うことになるので注意しましょう。

リサイクル料の内訳

リサイクル料とは、車を廃棄処理するときにかかる費用の総額です。具体的にはシュレッダーダスト、エアバッグ、フロンなどの処理にかかります。

リサイクル料の金額は、軽自動車で6,000円程度、普通車で10,000円、輸入車で 20,000円程度が相場です。車種やエアバッグの数、エアコンの有無などでかかる費用が変わります。金額が気になる場合はあらかじめ確認しておくといいでしょう。

支払ったリサイクル料は車の販売店を経由して、自動車リサイクル促進センターにて管理されます。廃車にする場合にはリサイクル料から負担され、追加料金などがかかることはありません。

リサイクル料にかかる消費税

車を売却する際のリサイクル料は、車の購入時と同じく消費税は発生しません。車とリサイクル預託金を一緒に売却したと考えられます。「金銭債権の譲渡」に該当するため、会計処理も非課税売上となります。なお、使用済み自動車として廃車にする際はリサイクルや解体という行為を受けるため消費税が発生します。

車の売却に使用するリサイクル券の4種類の違いとは?

車の売却に使用するリサイクル券の4種類の違いとは?

車の売却に使用するリサイクル券は、A~D券の4枚セットで構成されています。これら4枚のリサイクル券は、それぞれ必要とする業者が異なります。車のリサイクルの仕組みを理解するためにも、リサイクル券の役割を知っておくと良いでしょう。ここからは、4枚それぞれのリサイクル券にどのような役割があるか解説します。

A券(預託証明書)

A券の預託証明書は、車のリサイクル料金が公益財団法人自動車リサイクル促進センターに預託(預けて任せていること)を証明する書類です。預託金額がいくらなのかを知りたいときに見るほか、廃車時には引取業者(ディーラー・廃車買取業者・中古車買取店・解体工場など)へ渡します。A券はかつて2008年1月31日までに行う車検、中古新規登録、構造等変更検査を行う際に必要でした。

B券(使用済み自動車引き取り証明書)

B券の使用済自動車引き取り証明書は、使用済自動車として引取業者に引き渡す際、業者が必要事項を記入して、最終的な所有者へ渡すものです。このB券と必要書類を持参し陸運支局に行けば、廃車手続きを行うことができます。廃車にするときに必要な「リサイクル券」とは「使用済み自動車引き取り証明書」を指しています。普通自動車と軽自動車では手続きが異なります。

C券(資金管理料金受領証)

C券の資金管理料金受領証は、公益財団法人自動車リサイクル促進センターが、資金管理料金を受領済であるのを証明する書類です。「資金管理料金」は、資金管理を請け負う法人(自動車促進センター)に対して、センターが行う実務費用として、自動車ユーザーが支払う料金です。

資金管理料金は、車の購入方法によって以下のように定められています。
・新車を購入する際に支払う場合:290円
・中古車を購入する際に支払う場合:410円

D券(料金通知書発行者控え)

D券の料金通知書券発行者控えは、車の所有者へ業者などがリサイクル料金を通知するときに使用されます。リサイクル料金の金額を車の所有者に通知したら、その後は業者が控えとして保管します。

車を売却するとリサイクル券の料金は返金されるの?

車を売却するとリサイクル券の料金は返金されるの?

「車を売却する場合、リサイクル料が返金される」と聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。車を売却する場合は次の所有者に支払い義務が移るため、納めたリサイクル料が返ってくることがあります。

しかし、車の状態次第ではリサイクル料が返金されないこともあるため、注意しましょう。ここでは車売却をする場合にリサイクル料が返金されるのかどうか、条件別で解説します。

下取りや買取で中古車として売却できれば返金される

車を売却するときに下取りや買取として売却ができ、廃車とならなければ自動車リサイクル促進センターから車の買取業者を経由して、リサイクル料は返金されます。この場合、売却した車のリサイクル料は新しく購入した方が納めます。買取業者を通さず個人売買をした場合でも同様です。

返金されるのは、リサイクル預託金として納めた金額の一部です。「情報管理費用」や「資金管理料金」は返金されないので注意しましょう。しかし、これらは1,000円に満たない程度なので、それほど気にする必要はないかもしれません。,000円に満たない程度なので、それほど気にする必要はないかもしれません。

廃車扱いならば返金されない

車の下取りや買取を希望しても、業者の判断で廃車扱いになることがあります。車が古かったり、状態が悪かったりして中古車として販売できず、部品として扱われるケースがあるからです。このようなケースでは、車の最後の所有者がリサイクル料を負担するため返金されません。

リサイクル料を返金してもらいたい場合は、できるだけ大切に乗って中古車として買取してもらうことを目指しましょう。

買取金額の一部になっている場合がある

買取業者から受ける見積金額には、既にサイクル料金の返金分が含まれているのが一般的です。仮に買取金額が15万円、リサイクル料金が5万円であれば、買取業者はわかりやすいように一括して買取金額は「20万円」と記載した書類を作成します。

大半の買取業者はリサイクル料金の返金分を含んだ買取金額を提示しますが、一部の悪質な業者はリサイクル料金を返金しない業者も存在します。車を売却しようとしている方が車の税金や費用に対する知識がない場合、これに気が付かない場合もあります。

不安な場合は業者が買取金額を提示した際にリサイクル料金の返金分の扱いを確認すると良いでしょう。

車の売却時にリサイクル券の料金を受け取る方法とは?

車の売却時にリサイクル券の料金を受け取る方法とは?

「リサイクル料を返金してもらうにはどうしたら良いかわからない」という方もいるでしょう。リサイクル料の返金は特別な手続きが必要で難しいと感じる方もいるかもしれませんが、そのようなことはなくシンプルです。

ここではリサイクル料を返金してもらう手続きの方法について、業者に支払ってもらう場合と、新しい車のオーナーから受け取る場合に分けて解説します。

業者に支払ってもらう

車の買取業者に買取してもらう場合、買取業者がリサイクル料の返金を行います。リサイクル料を返金してもらうために売り手側が行う手続きは、特にありません。

返金されるリサイクル料は、車の買取金額の一部に含まれていることが一般的です。買取依頼時には買取価格の内訳を明示してもらい、査定額にリサイクル料の返金分が含まれているかを確認しましょう。

新しい車のオーナーから受け取る

個人間で車の売買を行う場合、リサイクル料相当額を次の所有者から直接受け取ります。リサイクル料はリサイクル券に明記されているため、この料金も含めてお金の相談を進めるのがおすすめです。

親しい間柄でやりとりが行われることもあり、言いにくい場合もあることでしょう。しかし、リサイクル料を踏まえた売却価格にしないと、後々トラブルになりかねません。親しい友人関係でも、リサイクル料の請求は正当な権利として主張できることです。言いにくい相手の場合でも、きちんと相談しておきましょう。

車の売却時にリサイクル券を紛失したらどうなるの?

車の売却時にリサイクル券を紛失したらどうなるの?

「リサイクル券をなくしてしまった」という場合もあるかもしれません。リサイクル券は普段車検証と一緒に保管されることがほとんどです。しかし、頻繁に確認するものでもないため、気づかないうちに紛失していることもあるでしょう。

リサイクル券をなくした場合でも、適切な対処法を知っておけば、問題なく対処できます。ここではリサイクル券を紛失した場合の対処法について見ていきましょう。

紛失厳禁!リサイクル券は再発行できない

通常であれば、リサイクル券は車の買取時に買取業者に引き渡され、次の所有者の元に渡ります。リサイクル券を紛失した場合、再発行はできません。そのため、まずはリサイクル券をなくさないよう大切に保管する必要があります。

しかし、リサイクル券をなくしてしまった場合でも慌てる必要はありません。リサイクル券は、リサイクル預託金の支払いを証明する書類です。リサイクル券がない場合でも、リサイクル預託金の支払いが証明できれば問題ありません。

リサイクル預託金の支払いが証明できれば不要

リサイクル券の再発行はできませんが、代用できる預託証明書がWEB上で発行でき、この預託証明書があれば、車の売却が可能です。

参考:『自動車リサイクルシステム』

まず車検証を準備します。万が一車検証もなくしている場合は、先に車検証の再発行を行いましょう。

次に自動車リサイクルシステムのWEBサイト内で、車検証にある車台番号と登録番号を入力し、リサイクル料を検索します。ここで表示された預託証明書を印刷しましょう。預託証明書では、車両情報の他、リサイクル券番号や預託状況が確認できます。

車の売却で損したくないときは一括査定を活用しよう!

車の売却で損したくないときは一括査定を活用しよう!

車を売却するなら、少しでも高値で車を売却したいものです。買取金額を重視して、車の売却で損したくないならば、車買取一括査定サービスの利用をおすすめします。ここからは車買取一括査定サービスの特徴と、おすすめの一括査定サービスをご紹介します。

一括査定なら手間が省ける

少しでも高値で車を売却したい場合は、一括査定がおすすめです。一括査定では複数業者の見積もりを比べられるため、高価買取を狙えます。車の一括査定を依頼するのは、サービスを選ぶのにも手間がかかり面倒な場合もあるでしょう。

そのような場合はcarview!車買取の「愛車無料一括査定サービス」をぜひご利用ください。carview!車買取であれば、面倒な複数業者への査定を一度で済ませられるため、効率的に査定依頼ができます。

約45秒!carview!中古車一括査定サービスを試してみよう

車の売却を検討している方にcarview!中古車一括査定サービスがおすすめです。carview!車買取には以下のようなおすすめの理由があります。

  • 安心のJPUC加盟業者を含む全国300社以上の買取業者と提携しており、効率的に売却したい車の条件に合った買取業者を探せる
  • 2000年5月に中古車査定仲介サービスを開始以来、累計500万人以上の利用実績
  • 一度の申込みで最大10社の買取業者に一括で査定依頼可能

まとめ

まとめ

新車を購入する際には、リサイクル預託金を支払い、その証明としてリサイクル券が発行されます。車を売却する際に、リサイクル料の返金で必要になる書類なので、大切に保管しておきましょう。

また売却時には、買取価格にリサイクル料が含まれているかどうか、きちんと確認することをおすすめします。

高価買取できる買取業者を選びたい場合は、carview!中古車一括査定サービスをご利用ください。情報の入力を一括ででき、簡単に出張査定を依頼できます。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーの口コミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

トヨタ プリウス
実際の査定金額
70.0万円
見積り数
5社
査定満足度
3.5
ユーザーコメント

オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

ホンダ フィット
実際の査定金額
63.9万円
見積り数
5社
査定満足度
5
ユーザーコメント

一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

日産 セレナ
実際の査定金額
75.0万円
見積り数
8社
査定満足度
5
ユーザーコメント

はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

買取カービューについて

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営するLINEヤフー株式会社が提供しています。LINEヤフー株式会社のカービューサービスは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP