現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 売却ガイド > 車売却時にリサイクル料は返金される!返金されないケースは?

売却ガイド

車売却時にリサイクル料は返金される!返金されないケースは?

車売却時にリサイクル料は返金される!返金されないケースは?

現在車を所有している方は、愛車の購入時に「リサイクル料」を支払っているでしょう。リサイクル料は、2005年に支払いが義務化されました。リサイクル料は将来の処分にかかる手間を前払いするものであるため、途中で愛車を売却する際に返金されないのかと疑問に思う方もいるのではないでしょうか。
そこでこの記事では、車を売る際にリサイクル料がどのように扱われるのかご紹介します。車の売却をするのなら、リサイクル料の扱われ方を把握しておきましょう。この記事を読めば、リサイクル料を返金してもらう方法が理解できます。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

車を売却するとリサイクル料は返金されるのか

車を売却するとリサイクル料は返金されるのか

中古車として売りに出す以上、次に購入する方がリサイクル料を負担するのではと考える方もいるでしょう。しかし、リサイクル料は必ず返金されるとは言いきれません。ここでは、車の売却時にリサイクル料が返金されるケースと、返金されないケースについてご説明します。

リサイクル料が返金されるケース

愛車を中古車として売却した場合や下取りに出した場合は、リサイクル料が返金されます。リサイクル料は、車を最終処分する際にかかる手数料を前払いしておくものです。中古車として使い続けることが前提の場合は、返金されます。次の所有者がリサイクル料を負担し、再び売却した際は、さらに次の所有者が負担する流れです。

リサイクル料は、資金管理法人が管理・運用を行っています。返金される際は、中古車の売却先となる販売店や買取店を通して、資金管理法人から返金されると覚えておきましょう。

リサイクル料が返金されないケース

リサイクル料が返金されないケースは、廃車手続きを行う場合です。廃車とは車を最終処分することであり、その処分手数料としてリサイクル料が支払われます。継続して使用できないないため返金されません。

リサイクル料は車の購入時に負担する必要があり、新車・中古車を問いません。廃車するまで、次のオーナーに支払いが引き継がれていくと覚えておきましょう。個人間の車の売買においても同様であり、こちらが売主の場合は次のオーナーへ返金を求められます。

そもそもリサイクル料とは何?

そもそもリサイクル料とは何?

リサイクル料を「将来の処分の手間を前払いするものです」と説明を受けることもありますが、内訳など不透明な部分に疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。ここではリサイクル料とは何か、内訳の詳細や消費税区分についてご紹介します。

リサイクル料とは何か

リサイクル料とは、「車を最終処分する際に必要となる費用」のことです。車にはさまざまな機構が取り付けられており、それらを環境に悪影響を及ぼすことのないように処理する必要があります。そのため、「リサイクル料」として車の購入者には一定の費用負担が2005年に定められました。

リサイクル料は、廃車にかかる費用負担を免れるために不法投棄や適正な処分をしない買取業者が増えた結果、環境問題を懸念した政府によって制定されました。

リサイクル料の目安と確認方法

では、実際リサイクル料はどのくらい必要なのでしょうか。車両の大きさによっても異なりますが、おおむね6,000円~18,000円程度が目安です。トラックやバスなどの大型車になると、値段はさらに高くなります。

また、使われているパーツによっても処分するのに必要な額は異なるため、同じ普通自動車でも値段が違うことがあります。メーカーや輸入事業者のホームページに正確な料金が公開されています。より詳しく知りたい方はそこで調べてみましょう。

リサイクル料の内訳はどうなっているのか

リサイクル料と聞くと、ひとつの項目のみから成り立っているように感じますが、そうではありません。具体的には、以下5つの内訳から構成されています。

・シュレッダーダスト料金
・エアバッグ類料金
・フロン類料金
・情報管理料金
・資金管理料金

上3つの項目は、それぞれリサイクルを行う際に発生する費用です。どのような工程で必要かというと、どれも回収・適正処理が主で、エアバッグの残った金属は原材料に、フロンは高熱で分解し無害化するのに使われます。

また情報管理料金は、使用済自動車が適正処理されているかどうかを電子管理するために使われ、資金管理料金は、リサイクル料金の収受・管理・運用をするために使用されています。

上3つは自動車メーカーや輸入業者に、下2つは自動車リサイクル促進センターに支払われます。

リサイクル料に消費税はかからない

リサイクル料の性質については詳しく説明を受ける機会が少ないため、消費税区分について疑問に感じている方もいるかもしれません。とくに個人事業主やフリーランスの方は、確定申告時の消費税の申告に影響が出る可能性があるでしょう。

新車購入時のように初めてリサイクル料を支払った場合は、課税対象とはならない「消費税不課税取引」として扱われます。リサイクル料が「預託金」として、自動車リサイクル促進センターへ委託されたものと考えられるためです。

中古車を購入した場合は前所有者に対してリサイクル料を支払う形となるため、「金銭債権の譲渡」にあたり「非課税取引」として扱われます。つまり、新車であっても中古車であっても、車を購入する際にかかるリサイクル料に消費税はかかりません。

リサイクル券やリサイクル預託金とは?

リサイクル券やリサイクル預託金とは?

車の売却時に必要な知識として、リサイクル券やリサイクル預託金があります。ここでは両者がどのようなものなのか、性質や特徴などをご紹介するので事前に確認しておきましょう。不明点をなくしておくことで、間違いなく使い分けることができるでしょう。

リサイクル預託金とは

リサイクル預託金は、廃車時に必要になる費用です。厳密には自動車リサイクル促進センターへ処分を委託する形になるため、リサイクル「預託金」と呼ばれています。あらかじめ支払った費用が使用されるのは、実際に車が処分されるタイミングです。

車の購入者は、リサイクル料を支払わなければなりません。支払うタイミングは車の購入時です。ただし車を処分せず売りに出す場合は返金されるため、最終的に支払うのは車の最終所有者といえるでしょう。

リサイクル券とは

リサイクル券とはリサイクル料の預託を証明する書面のことで、車の購入時に発行されます。リサイクル料の返金を受ける際や、廃車の手続きに必要となる重要な証明書です。自動車検査証と一緒に、大切に保管しておきましょう。

リサイクル券は1枚ではなく、4種類の書面がひとつにまとめられています。それぞれの内容は以下の通りです。それぞれ役割が異なるため、把握しておきましょう。

・A券:預託証明書
リサイクル料を支払っている証拠であり、預託金額を照合できます。
・B券:使用済自動車取引証明書
中古車を購入した場合のA券にあたるもので、その中古車を廃車にする際に必要になります。
・C券:資金管理料金受領証
自動車リサイクル促進センターが、リサイクル料のうち資金管理料金を受領した証拠になります。
・D券:料金通知書兼発行者控
リサイクル料がいくらか車の保有者に通知し、その控えとして事業者側が保管しているものです。

車の売却時にリサイクル券がなくても返金は可能?

車の売却時にリサイクル券がなくても返金は可能?

リサイクル券を所有していれば、過去のリサイクル料の支払いが証明され、車の売却時に返金を受け取れます。車の購入時から長い年月が経過しており、リサイクル券を紛失している方もいるでしょう。ここでは、リサイクル券が手元にない方でも返金をしてもらうための方法をご紹介します。

預託金を支払っていれば返金可能

リサイクル料の返金に必要なのは、「過去にリサイクル料を支払ったこと」の証明です。証明ができれば返金されます。

つまり、リサイクル券がなくてもリサイクル料を支払ったことを証明ができれば、返金してもらえるのです。支払ったことの証明をする方法は、「車買取店で支払い状況を確認してもらう方法」と「預託証明書を発行する方法」2つです。どちらも難しい手続きは必要ないため、紛失した方は参考にして確認しておきましょう。

車買取店で預託金の支払い状況を確認してもらう方法

リサイクル料を支払ったかどうかの確認で簡単なのが、車の買取店に確認してもらう方法です。自動車検査証を持参して、買取店を訪れましょう。

車の買取店で過去に支払い済みであることが確認されると、リサイクル券を持っていなくても返金を受けられます。リサイクル券が見あたらず、困った場合は取引した買取店を利用しましょう。リサイクル券が重要な書類であることは変わらないため、自動車検査証と同じ場所に保管しておき、いつでも提示できるようにしておくと良いでしょう。

預託証明書を発行する方法

リサイクル券の代用として使える「預託証明書」を発行することで、車を売却する時にリサイクル料の返金を受けられます。預託証明書の発行手順は下記の通りです。

1.車検証を用意する
2.「自動車リサイクルシステム」のサイトへアクセスする
3.「リサイクル料金検索」に車体番号と登録番号を入力し、「検索」をクリックする
4.「料金表示」ボタンをクリックし、表示されたPDFファイルで支払い状況を確認する

支払い状況の確認について買取店から預託証明書の提出を求められた場合は、自動車リサイクルシステムにアクセスしてPDFファイルを印刷しましょう。

参考:『自動車ユーザーの方 | 自動車リサイクルシステム』

車売却時にリサイクル料を返金してもらう方法

車売却時にリサイクル料を返金してもらう方法

リサイクル料を返金してもらう手段は、売却先の買取業者が支払うケースと車の次の所有者に請求する2パターンです。ここでは愛車を「買取業者へ売却する場合」と「次の所有者に請求する場合」、それぞれのケースで返金してもらう方法をご紹介します。

売却先の買取業者から支払われる

買取店で車を売却する際は、査定額にリサイクル料が上乗せされて支払われることがほとんどです。しかし、リサイクル料を別途返金する買取業者も存在します。

どちらにせよ買取店を利用する場合は、個人として何か手続きをするなど、特別な方法を取ることなく返金を受けられます。ただし、どちらの方法で支払われたかの確認はきちんとしましょう。

次の車の所有者に請求する

個人間売買であっても、リサイクル料は返金してもらえます。売主は買主に対して、返金してもらったリサイクル料と引き換えに、手元にあるリサイクル券を引き渡さなければなりません。リサイクル券がないとその車を廃車にする際に不都合があるので、リサイクル料の返金と同時に、リサイクル券の引き渡しを忘れずに行いましょう。

リサイクル券を紛失していたのであれば、その旨をきちんと説明し、自動車リサイクルシステムのサイトから支払い状況のPDFを印刷して渡すと親切です。

車売却時のリサイクル料に関する注意点

リサイクル料の返金方法についてご紹介しましたが、あわせて把握しておきたいのが、注意点です。まず買取店を利用する場合、買取業者によっては、リサイクル料について説明しないこともあります。そのため、リサイクル料を査定額に上乗せされていると知らないままに、少し高く売れたと錯覚してしまう方もいらっしゃるでしょう。

また、リサイクル料を買取価格に含まず、買取業者側の利益とする悪徳業者も存在します。買取業者との取引においては、買取価格の内訳詳細を念入りに把握すること、不審な点があれば買取業者に確認を取ることが重要です。

個人間売買の場合は、そもそもリサイクル料を買取価格に含むかどうか、意思疎通が取れていない可能性があります。リサイクル券の引き渡しをすることと返金を受けること、この2点についてあらかじめ両者が合意しておくようにしましょう。売却した後になって、リサイクル料に関するトラブルが発生しないよう十分注意してください。

信頼ある買取店を探すならcarview!車買取の一括買取で!

愛車を売却する際は、少しでも高額査定を期待するものでしょう。そのような時は、carview!中古車一括査定サービスをご利用ください。carview!車買取では、300社以上の提携事業者にまとめて見積もりを依頼できます。そのため、買取店を訪れる時間のない方でも安心です。

carview!車買取の特徴は、専用フォームに「メーカー」「モデル」「年式」「走行距離(km)」を入力するだけの手軽さにあります。車の売却を検討中の方は、carview!中古車一括査定サービスを利用して高額査定を引き出しましょう。

まとめ

まとめ

車の購入時に支払ったリサイクル料は、基本的に返金されます。スムーズに返金を受けるためにも、査定前にリサイクル券を準備しておきましょう。紛失した場合は、自動車リサイクルシステムのウェブサイトへアクセスすることで預託証明書を発行できます。

リサイクル料に関するトラブルを避けるには、信頼できる買取店を見つけることも大切です。carview!中古車一括査定サービスを活用して、信頼できる買取店を見つけましょう。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ