現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 売却ガイド > 車を5年で売却するメリットと注意点を解説!売却に適したタイミングは?

売却ガイド

車を5年で売却するメリットと注意点を解説!売却に適したタイミングは?

車を5年で売却するメリットと注意点を解説!売却に適したタイミングは?

新車で購入してから5年という節目は、2回目の車検を受けるタイミングです。そのため「車検を受ける前に売却しよう」と考えていても、本当に売るのに適したタイミングなのか分からないという方もいるのではないでしょうか。
そこでこの記事では、車を5年で売却するメリットと注意点を解説します。高額で売るためのポイントも分かるので、5年目の車をより高く売却することが可能です。ぜひチェックしてください。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

車を5年目に売却するメリット

車を5年目に売却するメリット

新車で購入してから5年目という節目の年の売却には、さまざまなメリットがあります。5年目に売却するメリットは、「車検代の負担が1回のみになる」「特別保証の期間を活かせる」「車の価値が下がる前に売れる」「自由に手放せる状況にあることが多い」の4つです。メリットを詳しく把握して、売るタイミングであるかを考えましょう。

車検代の負担が1回のみになる

5年目で売却する大きなメリットとして、車検代の負担が1回で済むことが挙げられます。新車で購入した場合、最初の車検は3年目のタイミングです。その後は2年間隔で車検を受けるため、5年目は2回目の車検の年となります。

車検費用は、車のランニングコストの中でも高額になるのが特徴です。軽自動車であれば7万円ほど、普通自動車であれば8万円~10万円ほどかかるため、大きな出費といえるでしょう。2回目の車検を受ける前に売却すれば、車検の負担が一度で済むためお得です。

特別保証の期間を活かせる

5年目であれば、特別保証の期間を十分に活かしてから売却できます。国産車の場合、新車で購入すると特別保証を受けられるのが一般的です。特別保証は、基本的に5年間受けられます。

5年間という期間内であれば、「シリンダーヘッド」「クラッチカバー」「ステアリングホイール」などのメーカーで定められた部分が故障した場合、修理費用はかかりません。5年を過ぎたら修理費用は自己負担となるため、5年目での売却はお得なタイミングといえます。

車の価値が下がる前に売ることができる

5年目であれば、車の価値が下がる前に売却が可能です。車は新車で発売されてから年数が経過するほど、買取相場が下がっていきます。車の寿命は「10年10万km」という定説が色濃く残っていることを認識しておきましょう。

10年経過した車や10万km以上走行した車は、中古車市場においての需要が低い傾向にあります。5年という経過年数は、ちょうど10年の半分です。5年を境にして価値が大きく下がることもあるため、5年目は価値が下がる前の良い売却タイミングといえます。

自由に手放せる状況にあることが多い

5年目であれば、自由に売れやすい状況にあるのもメリットです。ローンを組んで車を購入していた場合、5年目であれば完済している可能性が高いでしょう。

完済していれば「所有権解除」の申請を行うことで、車の所有者を自身に変更することが可能です。自分の意思で自由に売却ができ、売却後に購入する車の新たなローンも組みやすくなります。

仮にローンを完済していなくても、5年経過していれば残額はわずかになっているケースが多いため、売却して得たお金でローンを支払えるのもポイントです。負担が少ない状態で、新しい車へと乗り換えができます。

車を5年目に売るときの注意点

車を5年目に売るときの注意点

車を5年目で売却すると多くのメリットがありますが、注意しなくてはならない点もあります。注意点は、「モデルチェンジしていると査定額が下がりやすい」「過走行であれば査定額が下がりやすい」「需要によっては査定額が下がる可能性がある」の3点です。売却時には、メリットだけではなく注意点も把握しておきましょう。

モデルチェンジしていると査定額が下がりやすい

モデルチェンジして新型が発売されている場合、査定額は低くなる傾向にあります。車種によっても異なりますが、モデルチェンジの周期は多くの車種で4年~6年の間隔です。新車で購入して5年が経過すると、すでにモデルチェンジが行われている可能性があります。

モデルチェンジが行われると、旧型を売却して新型を購入するユーザーが多くいるのが注意したいポイントです。中古車市場に旧型があふれると、供給過多となって旧型の査定額が低下します。売却を検討するのであれば、モデルチェンジが行われる前に売るのがおすすめです。

過走行であれば査定額が下がりやすい

新車購入から5年以内に売却したとしても、過走行車の場合は査定額が下がりやすいので注意しましょう。普通車は「1年1万km」、軽自動車であれば「1年8,000km」の走行距離が目安とされているのもチェックポイントです。

目安の距離よりも走行距離が多い場合、査定額は低くなる可能性があります。「5年以内だから高額査定になるだろう」と走行距離を気にしないでいると、予想以上に査定額が低い結果になりかねません。

需要によっては査定額が下がる可能性がある

5年以内に売却しても、車の需要によっては査定額が低くなる可能性があります。車の査定額を決める要素として「走行距離」「年式」「車の状態」などがありますが、中古車市場での需要も重要な要素です。状態が良い車であったとしても、人気がなく買い手が見つかりにくければ査定額は下がります。

買い手がなかなか見つからない場合、どうしても販売価格を下げざるをえません。その結果、査定額についても安値になるという仕組みです。

5年目の車を高額で売るためのポイント

5年目の車を高額で売るためのポイント

5年目の車を売る際には、メリットもあれば注意点もあります。注意点として挙げたポイントをカバーして高く売るためにも、高額で売るためのポイントをおさえることが重要です。

高額で売るためのポイントは5つありますが、どれも難しいことではありません。誰でもできることなので、しっかりと把握して行動を起こしましょう。

買取相場を把握しておく

まずは愛車の買取相場を把握します。査定を受ける際に買取相場は重要な要素です。買取相場を知らずに査定を受けた場合、買取業者から提示された価格が高いのか安いのかの判断ができません。買取相場を知っていれば、提示された額が妥当であるかの判断が可能です。

買取相場よりも安い価格であったとしても、相場を把握しておけば安く買い叩かれるリスクを減らせます。なぜ買取相場よりも安いのかを確認して、価格交渉につなげられるのもポイントです。結果的に、より高値で売却できる可能性が高まります。carview!車買取を利用すればメーカーごとに買取相場を調べられるので、ぜひご利用ください。

買取業者に査定してもらう

より高値を目指すのであれば、下取りよりも買取を依頼しましょう。5年目であれば中古車市場での需要があるケースが多く中古車としての価値が高いため、買取のほうが高値を付けてくれる可能性が高いといえます。

買取業者のメイン業務は車の買取です。買取に関して多くのノウハウを持っており、中古車の査定や市場の動向に精通した査定士が車の価値を判断します。中古車市場における価値を最大限査定額に反映してくれることから、高額査定になりやすいのが魅力です。

独自ルートで買取した車を販売することで中間マージンをカットできるため、買取価格に還元してくれるのも大きな魅力といえるでしょう。

一括査定サービスを活用する

一括査定サービスは車両情報と個人情報を入力するだけで、一括で多くの買取業者に査定依頼ができるサービスです。スマートフォンやパソコンで24時間いつでも入力できるので、効率的に相見積もりが取れ、高額査定が期待できます。

carview!中古車一括査定サービスは、全国300社の買取業者と提携しており、居住エリアに合った最大10社への査定依頼が可能です。高額査定をしてくれる買取業者を手間なく見つけられるので、スムーズに高値で売却できます。

付属品は準備しておく

付属品があることをアピールできると、より高額査定が期待できます。査定前に「スペアキー」「工具」「純正パーツ」などの付属品を準備しておきましょう。

付属品はそろっているとユーザーの利便性が上がります。工具はタイヤがパンクした際に、車体のジャッキアップやタイヤ交換作業で必要になるものです。

ユーザーの好みや個性が表れる社外パーツが付いていると、次の買い手がなかなか見つからないかもしれません。中古車市場においては、純正パーツ装着車のほうが人気は高い傾向にあるので査定前に準備しておきましょう。

5年目以外に乗り換えを検討すべき年数は?

5年目以外に乗り換えを検討すべき年数は?

5年目の売却に焦点を絞って解説をしてきましたが、他にも乗り換えを検討するのにおすすめの年数があります。5年目以外に乗り換えを検討するのにおすすめの年数は、「3年目」と「10年目」です。5年目よりも早い、もしくは遅いタイミングで売却をする場合は、3年目と10年目を目安に売却を検討しましょう。理由を詳しく解説します。

3年目

3年目での売却は、5年目での売却よりも査定額が高額になりやすいのが特徴です。最初の車検を受ける前であれば、車検費用を支払う必要もありません。

販売されてから間もないため、最新モデルの可能性が高く、高年式でプラス査定となります。走行距離も伸びていないことが予想され、中古車としての価値がまだ高い時期です。

ただし新車価格と比較すると、価値は下がっています。ローンを完済していない可能性も高いため、売却すると経済的に苦しくなる場合がある点には注意しましょう。

10年目

5年目での売却を行わない場合は、10年目での売却がおすすめです。同じ車を長く乗り続けることで、新しい車の購入費用がかかりません。そのため10年目に売却するユーザーも多くいます。車の性能は年々向上しており、しっかりと整備をしていれば10年目でも問題なく乗れることが多いので安心です。

しかし高年式の車と比較すれば、不具合はどうしても発生しやすくなります。不具合で維持費がかかりやすくなったり、売却時の価格が安くなったりすることに注意が必要です。

年数以外に考えるべき車売却のタイミング

年数以外に考えるべき車売却のタイミング

年数も売却を検討する際に重要なポイントですが、年数以外にも考えるべき車売却のタイミングがあります。

売却を検討する要素は、「車検を受ける前」「走行距離が5万kmや10万kmを超える前」「ライフスタイルが変化するとき」「重要なパーツが故障したとき」の4つです。これら4つのうちのひとつでも発生した場合は、愛車の売却を検討しましょう。

車検を受ける前

車検を受ける前のタイミングは、車検費用の負担をする必要がありません。5年目というタイミング以外でも、車検前は車売却におすすめの時期です。

車検費用は軽自動車で7万円ほど、普通自動車であれば10万円以上かかることもあります。修理が必要であれば、さらにプラスの費用が発生するでしょう。今後修理が必要になることを考えても、売却にちょうど良いタイミングです。

走行距離が5万kmや10万kmを超える前

走行距離が5万kmや10万kmの大台を超える前に売却すると、高額査定が期待できます。車種や整備の状況などによっても変わりますが、大きな不具合が発生することなく乗れる目安が10万kmです。10万kmを超えると修理箇所が増え、費用も多くかかる傾向にあります。

10万kmを超えた車は中古車市場において需要が低く、販売しても買い手が付きにくいことから査定額も低くなりがちです。売却を検討する際は、走行距離が大台に乗る前に早めに行動しましょう。

ライフスタイルが変化するとき

ライフスタイルが変化するときは、車の売却や買い替えのタイミングです。以下のような場合、車の売却や買い替えを検討しましょう。

結婚や出産

家族が増え、乗車する人数も増加します。子どもの乗り降りがしやすい車や、多くの荷物を積める車への買い替えがおすすめです。

転勤や転職

今まで車通勤であったのが、公共交通機関での通勤に変わるかもしれません。通勤専用の車を所有していた場合、必要がなくなるので売却がおすすめです。

子どもが独り立ちした

子どもが独り立ちし、大人数で乗れる車がいらなくなることもあります。その場合、趣味性の高い車やコンパクトカーなどの購入を選択肢に入れることが可能です。

重要なパーツが故障したとき

車を走らせるうえで重要なパーツが故障した場合は、売却を検討するタイミングといえます。重要なパーツとは、「エンジン」や「ミッション」に関連するパーツです。故障すると多額の修理費がかかる傾向にあります。

重要パーツの修理をする場合、中古車を購入できるほどの費用がかかるかもしれません。修理するよりも売却したほうがお得な可能性があります。

まとめ

まとめ

新車で購入してから5年目での売却は、「車検費用の負担が1回のみになる」「車の価値が下がる前に売却できる」などのメリットがあり、高値での売却が期待できます。5年目というタイミング以外にも、さらに高値で売るために「一括査定サービス」を利用して、多くの買取業者から相見積もりを取るのも重要です。

carview!中古車一括査定サービスは、300社もの買取業者と提携しています。スマートフォンで簡単に入力でき、手間なく高値を付けてくれる買取業者を見つけることが可能です。愛車の売却は、carview!中古車一括査定サービスにお任せください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ