現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 売却ガイド > 車検切れの車は売却できる?注意点とおすすめの売却法を紹介!

売却ガイド

車検切れの車は売却できる?注意点とおすすめの売却法を紹介!

車検切れの車は売却できる?注意点とおすすめの売却法を紹介!

長い期間車を放置していたら、いつの間にか車検が切れていたということもあるでしょう。しかし、車検切れの車を売ることはできるのか、売却の方法が分からないという方もいるのではないでしょうか。
そこでこの記事では、車検切れの車を売却する方法についてご紹介します。まずは車検が切れていても売却できる理由を理解しましょう。車検切れの車をより高く売る方法も解説します。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

車検切れの車でも売却できる!

車検切れの車でも売却できる!

「車検を通さないと車は売れない」と考える方もいますが、車検が切れた状態でも問題なく売却できます。車検切れを理由に業者が買取を拒否することはないので安心しましょう。査定額が大きくマイナスになることもありません。

車検切れの車が売れる理由や、査定額に与える影響があるかを解説します。車検切れの車を売るのにおすすめの方法も分かるでしょう。

車検切れの車が売却できる理由

車検が切れていても売却できる理由のひとつは、買取業者が業者オークションを利用しているからです。業者オークションでは車検の残期間などの情報はリセットされるため、車検の有無は問題になりません。

また、買い取った車を海外に輸出する業者もいます。海外には日本の車検制度は適用されないため、気にせず買い取ってくれるのです。

車検は査定額に大きく影響しない

車検の残期間によっては査定額が多少アップすることがあります。しかし、車検が切れていても査定がマイナスになることは基本的にありません。

たとえば買い取った車を自社の店舗で売る場合、販売に出した車の多くはすぐには売れません。もともと車検期間が残っていても、買い手が見つかるころには車検が切れてしまうということもよくあります。買取業者にとっては車検の有無はそれほど重要ではないため、査定額が下がることはあまりないといえます。

車検切れの車を売る方法は?

車検が切れた車は公道を走ることができません。そのため、買取店への持ち込み査定は不可能です。仮ナンバーを申請する方法もありますが、手間なく売るためには買取業者の出張査定を利用することがおすすめです。

出張査定なら業者が家まで来てくれるため、車検切れの車を自分で動かす必要がありません。査定から引き取りまで業者が訪問して行ってくれる場合が多いため、安心して任せられるでしょう。

車検切れの車を売却する3つの方法

車検切れの車を売却する3つの方法

車検が切れてしまっていると、売却手続きで面倒な手間が発生すると考える方も多いでしょう。車検切れであっても、基本的に普通の車と売り方は変わりません。まずは車検切れの車を売る3つの方法を紹介します。

買取業者へ持ち込んで売却

単に売るだけならば買取業者に依頼した方が良いでしょう。新車購入が前提であればディーラーへ下取りという方法もありますが、買取金額を重視するならば買取業者に売却するのがおすすめです。買取業者は全国展開している大手と、小規模業者に分けられます。一概にどちらがいいとは断言できませんが、迷っているならば買取実績も多い大手がおすすめです。複数の買取業者に査定を依頼(相見積もり)することで、より高価買取も目指せるのもメリットです。

ただし、車検が切れている状態ではそのままで公道を走行できません。どうしても運転しなければならないときは、仮ナンバーを取得する必要があることを忘れないようにしましょう。

出張査定をお願いする

車検が切れている状態ではそのままで公道を走行できず、公道を走行するには仮ナンバーの取得が必要です。このような手間をかけなくても良いように、ほとんどの買取業者では、車検の有無にかかわらず出張査定をしています。

出張査定であれば、査定のために店舗に車を持ち込む必要はなく、査定員が車の保管場所に訪問し査定をしてくれます。時間をずらして複数の買取業者にアポイントメントを取っておけば、効率的に査定を受けられるでしょう。

個人間での売買

ディーラーや買取業者に依頼する以外に、オークションやフリマアプリなどで車を個人売買することも可能です。手軽さが魅力ではありますが、車の売買に伴うさまざまな手続きを当事者同士で行う必要があり、手続きなどの手間がかかるだけでなく、金銭トラブルも少なくありません。車の売買に関しての知識がない場合は、避けた方が無難でしょう。

車検にかかる費用をおさらい

車検にかかる費用をおさらい

車検を受ける際は、まとまった費用が発生します。車の売却を検討しているならば、車検を受けずにそのまま売却した方が結果的にお得なこともあります。まずは車検にどの程度の費用がかかるかを解説しますので、今一度チェックしておきましょう。

車検料金

車検料金は、車検を整備工場やディーラー、車検専門店やガソリンスタンド等に依頼したときに支払う費用を指します。金額は車検を依頼する業者、対象となる車の種類によって異なります。車検料金には以下の料金が含まれています。

・法定費用
自動車重量税、自賠責保険料、印紙代など、車体重量によって変動し国や保険会社に支払う費用です。

・車検基本料
点検費用・整備費用・代行手数料・検査料などさまざまな言い方がある。車のメンテナンスや点検にかかる費用で、金額は依頼先によって変動します。こちらは業者に支払うお金です。

・消耗品交換代
ヘッドライト電球やブレーキランプ等の交換など消耗品の交換

自賠責保険料

自賠責保険は強制保険とも呼ばれ、自動車を公道上で運行する場合は加入が必須です。自賠責保険が切れてしまうと車検を受けられません。車検切れの場合、車を検査場に持ち込む前に自賠責保険へ加入する必要があります。

保険料は、自家用乗用車の場合24か月契約で2万0,010円、25か月契約で2万0,610円となっています。軽自動車の場合は24か月契約で1万9,730円、25か月契約で2万0,310円です。(2021年11月現在 *沖縄県、離島など一部地域では料金が異なります)

自賠責保険料の詳細はこちらhttps://www.giroj.or.jp/publication/cali_table.html

自動車重量税

自動車重量税は車体重量に応じて課税(国税)され、車検時に収める必要があります。新規登録時は次の車検までの3年分を一括で支払います。それ以降は車検が2年ごとにあるため、2年ごとに一括で支払います。

継続車検時の場合、自家用乗用車(エコカー外)で減税や重課がない場合、車両重量500kgあたり8,200円(2年分)です。なお、新車登録から13年以上経過すると年額が上がり、追加で費用が発生します。自家用乗用車の場合、車両重量500kgあたり1万1,400円、18年以上経過の場合は車重500kgあたり1万2,600円です。(2021年11月現在 )

車検切れの車を売却するときの注意点

車検切れの車を売却するときの注意点

売却しようとしている車の車検がすでに切れているとき、いくつかの注意点を守る必要があります。注意点のひとつには、知らなかったでは済まされない罰則や罰金が発生するような法律違反となるものもあります。しっかり注意点を確認しておきましょう。

車検切れの車は絶対に運転しないこと

車検切れの状態で運転すると道路運送車両法違反になります。「無車検運行」という違反行為にあたり、減点数は6点です。過去に違反をしていなくても一度で免許停止になります。

さらに法律が定める罰則は6か月以下の懲役か30万円以下の罰金です。車検の状態は警察が見ればすぐに分かるため、絶対に車検切れの車は運転しないようにしましょう。

どうしても車検切れの状態で運転したい場合は、仮ナンバーを取得すると良いでしょう。市区役所や町村役場に車検証や自賠責保険証、本人確認書類を持っていき手続きしましょう。しかし、仮ナンバーを取得しても最大5日しか運転できないことは念頭におく必要があります。このような手間を省きたいなら出張査定を利用するのがおすすめです。

参考: 『交通違反の点数一覧表 警視庁』

売る前に車検に通さないこと

車検切れの車の処分や廃車手続きに困っているなら、一日も早い売却がおすすめです。車の価値は日ごとに下がるだけでなく、そのまま保管しておくメリットもありません。車検に出すことで査定結果がプラスになると考える方もいるでしょう。しかし、車検に通してから売る必要はありません。車検に通しても査定額はプラス1万円~2万円程度にしかならず、車検費用として払う費用の方が高くなってしまいます。

たとえば、車検費用で発生するのは自賠責保険料や自動車重量税、印紙代などの法定費用にプラスして、業者ごとに値段が変わる基本車検料や整備費用などもかかります。法定費用だけで3万円~5万円かかり、その他に数万円かかることがほとんどです。合計で10万円前後の車検費用がかかるので、車検に出さないで売った方が賢明と言えます。

売却を決めたらすぐに行動すること

車は、基本的には時間が経つほど査定額が下がっていきます。売りたいと思ったら、先延ばしせずに速やかに行動しましょう。普段から使っていない車は特に劣化するスピードも早いため、売却は早いに越したことはありません。

車の売却には自動車税の問題もあります。自動車税は毎年4月に車の所有者が払う税金です。納税タイミングが近づく2月~3月は、特に行動を急いだほうが良いでしょう。乗っていない車に数万円の税金を払うことになります。自動車税が課税される4月より前に名義変更の手続きが完了するように、逆算して行動しましょう。

車検切れの車を売却するときに必要な書類

車検切れの車を売却するときに必要な書類

車検が切れていても、車を売却する際には通常通り書類を揃える必要があります。売却の際に必要な書類と、書類の概要をご紹介します。車検証を含め、普段運転していないと書類がなかなか見つからないこともあるでしょう。再発行方法や対処法も合わせてご紹介します。

車検の有無にかかわらず必要な「車検証」

車検が切れていても車検証は必要です。車両番号や名義人の情報があり、正式な所有者であることを証明するためです。現住所と相違がないかを確認しておきましょう。

車検証を探しても見つからないときは、再発行する必要があります。印鑑や本人確認書類、再発行の理由書を持参して運輸支局に行きましょう。

本人確認書類は運転免許証やパスポート、外国人登録証明書などが使えます。理由書は盗難や紛失などの理由について記載し、押印する書類です。手数料として300円の印紙を購入します。業者や代理人に手続きをお願いする場合は、委任状が必要です。

参考:『自動車検査証再交付 国土交通省』

加入必須の「自賠責保険証明書」

自賠責保険は、車の購入や車検の際に加入が必須となっている強制保険です。支払いをすると証明書を受け取れるため、一般的に車検証と一緒に保管します。

保険料が支払い済みで自賠責保険証明書を紛失したときは、保険会社に再発行してもらえます。しかし、車検が切れているのであれば、基本的に自賠責保険に加入していない状況でしょう。あらためて自賠責保険に加入して保険料を支払う必要があります。

最新の「自動車税納税証明書」

まったく運転していなくても、その年の4月1日時点で車を所有していれば自動車税を支払う必要があります。一番新しい自動車税納税証明書を用意しましょう。たとえば、2月~3月に売るなら約1年前の4月に納税した書類です。7月~8月に売るなら同じ年の4月に納税した書類を用意します。

自動車税納税証明書は車検証と一緒に保管していることが多いでしょう。普通自動車の自動車税納税証明書が見つからないときは、県税事務所で再発行してもらえます。軽自動車なら、再発行できるのは市区役所や町村役場です。それぞれナンバープレートや所有者の氏名・住所などを窓口で確認します。

「印鑑登録証明書」と実印

印鑑登録をしている実印は、名義変更する際に必要な譲渡証明書や委任状に押印します。普通自動車を売る場合は、発行から3か月以内の印鑑登録証明書も必要です。軽自動車を売るときは認印でかまわないため、印鑑登録証明書は必要ありません。必要な印鑑証明書の枚数は売却方法により異なります。何枚が必要なのかを事前に確認しておきましょう。

印鑑登録証明書の登録や再発行は市区役所か町村役場で行います。再発行する際は印鑑登録証(カード)を持っていきましょう。印鑑登録証をなくしたときは、廃止手続きをした後にあらためて印鑑を登録する必要があります。

他の市町村に引っ越したときや結婚などによって氏名が変わったとき、実印を紛失したときはもともとの印鑑登録証は使えません。あらためて登録して印鑑登録証明書を発行しましょう。

住所の変更があるなら「住民票」も必要

車検証と印鑑登録証明書の住所が違うときは住民票が必要です。引っ越して住所が変わっているケースで必要になります。

住民票には現住所と引っ越し前の住所が記載されており、所有者の住所情報が一致しないときに情報を補うために使用できます。市区役所か町村役場で入手できます。

引っ越しを何度も繰り返しているときも、まずは市区役所や町村役場で相談してみましょう。同じ市町村内で引っ越している場合、ひとつの住民票で引っ越しの履歴を載せられることがあります。

あると良い「定期点検整備記録簿」

できれば用意しておくと良いのが定期点検整備記録簿です。用意することで査定額が上がることがあります。定期点検整備記録簿とは12か月点検や24か月点検で実施した内容を記録にまとめたものです。点検の際にはエンジンルームや下回り、車内の各項目を一つひとつチェックします。

定期点検整備記録簿を業者に見せるメリットは、車の履歴を伝えられることです。大きな問題がなかったことや丁寧に整備を行ってきたことが業者に伝わるでしょう。

きちんと整備を受けてきた車であれば、故障するリスクが低くなるでしょう。業者が修理にかける手間や費用を減らせるため、査定額をアップしてもらえる可能性も高くなります。

車の取扱説明書も忘れずに

取扱説明書も合わせて用意しておくと良いでしょう。取扱説明書には車の操作方法が書かれているため、業者や次の買い手から喜ばれます。汚れや破れなどがない状態の取扱説明書を渡せば、業者からの評価も上がるでしょう。

取扱説明書にはカーナビやオーディオなどの操作方法も載っています。オプション品の細かな設定をする上でも大切なアイテムといえるでしょう。自分では1回も開いてみたことがないという方も、ぜひ探して揃えておきましょう。

車をより高く売るコツ

車検切れの車をより高く売るコツ

「車検が切れているから高く売るのは難しい」と高額査定を諦めている方もいるでしょう。しかし、車検が切れていても、工夫次第では高く売ることができます。難しい知識や技術は必要ありません。車検が切れていてもできるかぎり高く売るコツをご紹介します。一つひとつ試して高額査定を目指しましょう。

できる範囲で車をきれいにする

車が良い状態であれば、業者から高い評価を受けられます。車外は洗車してピカピカの状態にしましょう。車内も隅々まで掃除し、ゴミを取り除くことも大切です。タバコやペットの臭いが問題となることもあるため、消臭対策もしましょう。

車を洗っていると、ボディの傷や凹みに気づくことがあるでしょう。自分のできる範囲で傷や凹みを隠すのがおすすめです。修理に出すと多少査定額が上がることもありますが、多くの場合修理代のほうが高くついてしまいます。高い費用を払ってまで修理する必要はありません。

複数の業者に査定を依頼する

査定を依頼するのが1社だけだと、査定額が安くても気付けません。複数の業者に見積もりを出してもらい査定額を比較するのがおすすめです。相場観が分かり、高く買い取ってくれる業者が見つかります。

複数の業者に1社ずつ問い合わせるのは手間がかかるため、一括査定のサービスを利用しましょう。1回の操作でまとめて複数の業者に査定を依頼できます。数営業日中に業者から連絡があるので、スピーディーに査定額を確認できるでしょう。

出張査定で業者に競い合わせる

車検が切れている場合、出張査定に対応できる業者を選ぶのが良いでしょう。仮ナンバーを取得する必要がないため、手間なく実査定を依頼できます。

できれば複数の業者に出張査定を依頼して、競争の原理を働かせるのがおすすめです。同じ日に出張査定をしてもらえば、競争の原理はより働きやすくなります。すでに出張査定により経費をかけているため、業者としてもぜひ車を買い取りたいと思っているでしょう。業者の心理を利用して、業者同士で査定額を競わせ、より高値になるように交渉しましょう。

高値相場の時期を狙う

車の買取相場は、売却する時期によって変動します。より高値相場の時期を狙うことで納得の買取金額を目指せます。高値相場の時期は毎年1~3月、7~9月です。この時期は、新生活や買取業者の決算時期と重なり中古車需要や買取相場も高くなる傾向にあります。また、車検前や4月1日の自動車税課税前のタイミングなども、車の売却におすすめです。しかし、車の価値は日ごとに下がっていくものです。高値相場の時期にとらわれすぎず、ベストな売却タイミングを見極めましょう。

一括査定を利用する

時期を狙うだけでなく「どのようにして車を売却するか」ということも重要です。車を売る方法は、ディーラーでの下取り、買取業者、個人売買などが挙げられます。一般的には下取りよりも、車買取業者のほうが高価買取されやすいと言われています。しかし、買取業者の数はとても多く、どの買取業者が良いか見極めるには手間も時間もかかります。

そこでおすすめなのが、買取一括査定サービスです。買取一括査定サービスは、一度の申し込みで売却したい車の条件に合った複数の買取業者に査定を申し込めます。複数の買取店が買取価格を競うことで、買取金額が上がりやすくなります。

車検切れの車を売却するならcarview!中古車一括査定サービス!

carview!中古車一括査定サービスなら、車検の有無にかかわらず条件に合った買取業者へ効率的に査定を依頼することが可能です。一度に10件の買取業者へ査定を依頼できます。

    carview!車買取をおすすめする理由
  • 車一括査定サービスで一番の老舗であり、累計500万人以上の利用実績
  • 安心のJPUC加盟業者を含む300社以上の買取業者と提携
  • 一度で最大10社へ査定申し込み可能
  • 申込みフォームは簡単45秒で入力完了

まとめ

まとめ

車検が切れていても業者は問題なく買い取ってくれるため、心配する必要はありません。車検切れの車を運転すると違反になるため、出張査定を依頼すると良いでしょう。少しでも高く売りたいなら、車をきれいに掃除したり、複数の業者に見積もりを取ったりしてみましょう。

複数の業者に査定を依頼する際に便利なのが、carview!中古車一括査定サービスです。出張査定に対応している業者とも多数提携しています。査定の連絡が2営業日以内と早いのが強みです。

車検切れの車もスピーディーに売却できるので、より早くより高く愛車を売りたい方は、ぜひcarview!中古車一括査定サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ