売却ガイド

オークション代行で車を売るのは安全?業者選びで気を付けることと実際のトラブル事例

オークション代行で車を売るのは安全?業者選びで気を付けることと実際のトラブル事例

車を売る方法について調べていると、「オークション代行」という言葉を目にすることがあります。オークション代行とは、代行業者がユーザーに代わってオートオークションで車を売買する取引方法です。
オークション代行と聞くと「安全なのだろうか」と不安に感じる方もいるのではないでしょうか。そこでこの記事では、オークション代行でよくあるトラブルや依頼するときの注意事項をご紹介します。
あわせてメリット・デメリットについても見ていきましょう。この記事を読めば、オークション代行について詳しく理解できます。安心できる方法で上手に愛車を売るコツをお教えします。

オークション代行で車を売る時に実際にあったトラブル事例

オークション代行で車を売る時に実際にあったトラブル事例

オークション代行の取引時に実際にあったトラブル例を見ていきましょう。トラブル例を見れば、考えられるリスクを具体的にイメージできます。オークション代行を検討しているなら、事前にリスクを理解しておくことは大切です。できるだけトラブルを避けるために、信頼できるオークション代行業者の探し方を知りましょう。

連絡された価格よりも高い価格で落札されていた

売主に報告する落札価格を改ざんして本来より安く見せかけ、売却代金の差額を横取りする業者が存在します。たとえば、200万円で落札されたにもかかわらず落札された価格を150万円と偽り、50万円の差額を業者が横取りしてしまうのです。

オートオークション会場には参加資格のある中古車取扱業者しか入場できないため、売主側で落札価格が正しいかどうかを調べることは難しいといえます。

オークション代行を利用して愛車を売る際は、落札価格が正しいものかどうかを判断しにくいデメリットがあることを覚えておきましょう。

オークションで競り落とされていないにもかかわらず車が紛失してしまう

オークションで落札されていないのに車が行方不明になり、保証もされないというトラブルが発生することもあります。オークション代行では、代行業者に車を預ける日と売却代金を受け取る日にずれが生じるため、起こりがちなトラブルのひとつといえます。

場合によってはオークション代行業者に車を預けたら音信不通となり、その後連絡が取れなくなるということもあります。預かった車をそのまま日本国外に売却するケースもあり、追跡もできずに保証もされないということがあるようです。

このようなトラブルを防ぐためには、取引の実績数やいざというときの保証内容などから業者を選ぶことが大切です。

事故歴がないのに「事故歴が見つかった」として返品された

事故歴や修復歴がない車であるにもかかわらず、事故歴が発見されたとして返品されるトラブルも発生しています。

返品されたことにより、陸送費や出品料などがかさむ可能性もあるため注意が必要です。場合によっては当初予定していた金額の倍以上を払わされることもあります。

後からこのような事態を避けるためにも、事前にしっかりと申告しておくとともに定期点検整備記録簿を備えておくことがおすすめです。事故歴や修復歴がないことを明らかにしておけば、このようなトラブルに巻き込まれるリスクを減らせるでしょう。

報告外の手数料・費用を取られた

車が落札された後にオークション代行の契約書に記載されていない手数料を請求されたり、故障箇所の修理をしなくて良い契約にもかかわらず修理代を請求されたりすることがあります。

場合によっては、落札価格から本来必要な手数料以外に不明な手数料を勝手に差し引かれていることもあるでしょう。

オークション代行を利用する際は、必要な手数料の内容と具体的な金額が契約書に明記されているかの確認が大切です。少しでも不安を感じる業者は利用しないようにしましょう。

オークションに出したが売れず、手数料ばかりがかさむ

オークション代行業者の「間違いなく売れるので、最低売却価格を高く設定しておきましょう」というセールストークにつられた結果、なかなか落札されずに手数料を支払い続けなければならないケースや、値引きを何度もしなければならないケースもあります。

出品料は出品するごとにかかるため、落札されずに何度も出品するとそれだけで手数料がかさみます。無駄な出費をなくすため愛車の売却価格相場を事前にチェックして、適切な最低落札価格を設定することが大切です。業者のセールストークを鵜呑みにするのではなく、自分できちんと調べておきましょう。

オークション代行で車を売る時に気を付けたい業者選びのチェックポイント

オークション代行で車を売る時に気を付けたい業者選びのチェックポイント

信頼できるオークション代行業者を選択するためには、押さえておきたいポイントがいくつかあります。ここでは、業者の選び方について詳しく見ていきましょう。

信頼できない業者に代行を依頼して損失を出さないためにも、安心して依頼できる業者を見極めることが大切です。

業者によって異なる手数料をすべてチェックする

オークション代行の手数料は、基本的には代行手数料・出品料・成約料・陸送費の4種類から構成されています。これらの手数料の相場は以下の通りです。

・代行手数料:3万円~4万円程度
・出品料:8,000円~1万円程度
・成約料:8,000円~1万円程度
・陸送費:数千円~10万円程度(車の保管場所とオートオークション会場までの距離によって異なる)

手数料は決められているものではないため、業者によって金額が異なります。手数料体系が異なることも多く、代行手数料のみのところもあります。業者によって必要な手数料が異なるため、事前に内容をチェックしておきましょう。

自分が利用を考えている業者の手数料体系がどのようになっているのか、依頼するとどの程度の金額になるのかを計算しておくと安心です。

保証や返品などに関する項目を入念にチェックする

オークション代行業者が提供している保証の内容や、返品に関する条項はきちんとチェックしておく必要があります。基本的には契約書にすべて記載されているため、細かなところまで目を通しておきましょう 。

「車が行方不明になった場合でも保証がない」「なんらかの理由で返品になり手数料がかさんだ」といったトラブルを避けるためにも、契約書に記載されている保証や返品に関するルールを把握しておくことは大切です。

予算や最低額などの希望を聞いてくれるか確認する

オークションで車を売るときには、最低落札価格を設定することがあります。最低落札価格を設定しないと、予想以上に安く落札される可能性があります。

オークション代行業者を選ぶときには、最低落札価格などの希望を聞いてくれるかを調べておくと良いでしょう。相場に応じて適切な最低落札価格を提示してくれる業者は良心的な業者といえます。他にも希望がある場合は、オークション代行業者に伝えておくことをおすすめします。

取引実績がどの程度あるか

信頼できない業者や悪徳業者に依頼しないように、事前に取引実績を調べることは大切です。取引実績が少ない業者は手続きに慣れていないことも多く、手間やコストが必要以上にかかる可能性があります。また、信頼できない業者である可能性も否定できません。

取引実績が多い業者は、オークション代行を何度も行っています。多くのユーザーの依頼を受けてきたことから、信頼できる業者である可能性が高いといえるでしょう。トラブルのリスクを避けて愛車を希望価格で売るためには、実績のある業者に依頼することもひとつのポイントです。

サイトの充実度や口コミ・評判の良さ

オークション代行業者のサイトもチェックしておきましょう。サイトがしっかりと作られていて情報をきちんと載せている業者は、良心的な業者である可能性が高いと考えられます。あまりにも簡素であったり、所在などの情報が不明瞭であったりする場合は利用しないほうが賢明です。

実際に利用したユーザーの口コミも参考になる情報です。業者名で検索したり、SNSの情報をチェックしたりするなど、口コミからもより詳しい情報を入手できます。評価が低い業者には、なんらかの問題がある可能性も考えられるため避けることをおすすめします。

オークション代行で車を売るデメリットとは?

オークション代行で車を売るデメリットとは?

ここでは、オークション代行で車を売る際に考えられるデメリットを見ていきましょう。デメリットによっては、大きな損失が発生するかもしれません。メリットとデメリットの両方の面をチェックして、オークション代行の利用を検討することが大切です。

3割~4割の車が流札しているという成約率の低さ

オートオークションでは、落札されなければ取引は成立しません。中古車買取業者へ売却する場合、廃車にするような車でなければほとんどが売却できることを考えると、成約率が低いことは大きなデメリットといえるでしょう。

成約率が低いということは、なかなか車が売れないことを意味します。車は日が経つごとに価値が下がるため、取引成立までに時間がかかることはリスクになります。成約率を重視して早めに車を売りたい場合は、中古車買取業者への売却を検討しましょう。

成約状況にかかわらず、手数料がかかる

オークション代行では、成約状況にかかわらず手数料が必要です。1回目の出品で流札して再出品する場合は、再び出品料を支払わなければなりません。2回出品すれば2回分の手数料、3回出品すれば3回分の手数料と、出品回数分の手数料が必要です。

何度も流札すると、落札価格のほとんどを手数料に回さなければならない可能性もあります。前述した成約率の低さを考えると手数料がかさむ可能性も高く、この点もデメリットといえます。

買取であればあるはずの「代車サービス」がない

オークション代行では、業者は基本的には代車の貸し出しを行っていません。中古車買取店へ売却した場合、次の車の納車までに時間が空いていても短期間であれば代車を借りられることもあります。

オークション代行を利用する場合は、次に購入した車が納車されるまでの移動手段を確保しておかなければなりません。落札されるまでは売却代金を入手できないため、車を買い替えるための資金が不足している場合にも注意しましょう。

車をオークション代行業者に預けてから取引が成立して売却代金を受け取るまでに1か月以上かかることもあるため、その間の移動手段を確認しておきましょう。

ローンが残っている場合や不具合があった場合のフォローが一切ない

中古車買取業者への売却であれば買取金額が明確になるため、ローン残高より高い価格がつけば問題なく売れるでしょう。所有権留保解除や移転登録の手続きも中古車買取業者が行ってくれるため手間もかかりません。

オークション代行業者に出品を依頼する場合は、基本的にはローンを完済している必要があります。ローン残高を一括返済して所有権留保解除の手続きをし、その後出品を依頼する必要があるでしょう。さまざまな手続きを自分で行わなければならないケースもあるため注意が必要です。

車の不具合に対する保証やフォローも中古車買取業者ほど充実していないことも多く、安心して売りたい方は中古車買取業者のほうがおすすめといえるでしょう。

自分がオークション会場に入れないので、業者のウソを見抜けない

オートオークション会場に入場するためには、会員資格が必要です。会員資格を持つにはいくつか条件がありますが、中古車の展示場や事務所を持っていること、営業活動をしていることも条件のひとつとなるため、必然的に中古車業者に限られます。一般人である売主が入場して取引状況をチェックすることは不可能です。

落札価格の改ざんなど、業者が情報を偽った場合に見抜くことは困難といえるでしょう。オークション代行の大きなリスクといえるため、可能な限り信頼できる業者を選ぶことが大切です。

選ばれるからには理由がある。オークション代行で車を売るメリット

選ばれるからには理由がある。オークション代行で車を売るメリット

さまざまなデメリットがあるオークション代行ですが、それでも多くの方に売買手段のひとつとして選ばれています。ここでは、オークション代行を利用して車を売ることの2つのメリットについて見ていきましょう。オークション代行が選ばれる理由を知り、自分に合った方法であるかを見極めましょう。

オークション形式なので価格が吊り上がることがある

オートオークションはその名の通りオークション形式で取引するため、人気車種やプレミア車種の場合は価格が吊り上がることがあります。予想以上の高値で落札される可能性もあるため、人気車種や珍しい車を売りたい方には大きなメリットといえるでしょう。

旧車など希少価値の高い車も高値となる可能性があるため、そのような車のオーナーである場合はオークション代行の利用を検討してみると良いでしょう。

中間マージンを限りなく抑えられる

オークション代行で車を売る場合には、オークション代行業者、オークション運営会社、車を落札した中古車販売業者と、取引の間に入る業者は3社に思えますが、オークション代行は出品のみで車を引き取らないため、実際に売買の手続きを必要とするところは2社となります。

中古車買取業者との取引と比べると間に入る業者や手続きなどの手間も少なくなるため、中間マージンを抑えられます。

一方で、中古車買取業者に売る場合は、中古車買取業者、オークション運営業者、中古車販売業者の3社が間に入ります。買取業者が購入した車はオートオークションで取引されることが多く、基本的には3社となります。業者ごとにさまざまな手続きが必要となり手間もかかるため、中間マージンを高めに設定する傾向にあります。

オークション代行で車を売るながれ

オークション代行で車を売るながれ

実際にオークション代行で車を売るながれを確認しましょう。あわせて注意したい点も見ていきます。事前に把握しておけばスムーズに手続きを進められるでしょう。中古車買取業者へ売却する場合とは異なる部分もあるため、しっかりと理解しておきましょう。

オークション依頼と車の状態確認

オークション代行を利用して車を売ることを決断したら、まずは依頼する業者を選定します。業者が決まったら、ホームページなどから代行を依頼しましょう。依頼する方法が不明な場合は、問い合わせ窓口や電話で問い合わせることもおすすめです。

車の状態を確認して落札額を予想し、売主と代行業者で打ち合わせながら条件などを設定します。提示された条件に納得して依頼を決めたら、契約に進みましょう。

必要書類の準備と契約

オークション代行業者との契約時には、車を売るときに必要になる書類を準備しておきましょう。必要な書類は以下の通りです。

    車を売るときに必要になる書類

  • 自動車検査証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車税納税証明書
  • 印鑑登録証明書
  • 実印
  • 委任状
  • 譲渡証明書

委任状と譲渡証明書は代行業者側が用意する書類になるため、多くの場合は代行業者のホームページからダウンロードできます。

必要書類を契約時までに用意しなければならない業者もあれば、オークションの出品時までにそろえておけば良い業者もあるため、事前に確認しましょう。

車納品と調整・輸送

契約後に車を代行業者に引き渡します。代行業者によっては車のクリーニングや修理をする場合もありますが、原則として売主が納車したままの状態で出品します。

車はオークション会場へ輸送されたあとに出品となるため、陸送費や輸送費がかかることは覚えておきましょう。代行業者により異なりますが、売主が直接オークション会場に車を搬入できる場合は陸送費を抑えることができるでしょう。

オークションの実施と落札後の費用計算

オークションへ出品した車が落札された場合は、落札額から手数料を差し引いた金額が売却代金として支払われます。

流札した場合は次回のオークションへ再出品するのか、出品をキャンセルして返却するのかを選択しなければなりません。再出品する際には再び出品手数料がかかるため、最低落札額を調整するなど落札されるように工夫する必要があります。キャンセルする場合は、代行業者によってはキャンセル手数料が発生するため注意しましょう。

売上額の入金

無事に車が落札されて売上が確定すれば、代金が支払われます。ただし、入金後であっても保証期間内であれば返品される可能性もあることを頭に入れておきましょう。

購入した業者から保証期間内にクレームが入り、代行業者にペナルティが科せられた場合はそのまま売主が負担しなければならないこともあります。多くの場合、保証期間は5日~6日と短いものの、返品やペナルティの可能性がゼロではないことは注意しましょう。

オークション代行で車を売る不確実さに不安を覚える場合は「買取」がおすすめ

オークション代行で車を売る不確実さに不安を覚える場合は「買取」がおすすめ

オークション代行を利用して車を売ると、予想以上の高値で落札される可能性がある反面、流札などの理由から出費がかさむ可能性や取引が見えないことへの不安など、いくつかのリスクも存在しています。これらの不確実要素に不安を覚える方は、安心して車を売ることができる買取がおすすめです。

買取額が査定時に確実に分かる

中古車買取業者に売却する場合は実車を査定して買取金額を決めるため、愛車がいくらで売れるかが明確に分かります。はっきりした金額が掲示されるため、ローンが残っている場合でも一括返済の可否を判断できます。

車の買い替えを検討している場合は、購入する車にどの程度の金額をあてられるかも判断できるでしょう。金額面の予定を立てやすくなるため、買取額が事前に分かることは大きなメリットといえます。

代車サービスなどが付いている業者が多い

中古車買取業者のなかには代車サービスを提供しているところもあり、数週間程度であれば代車を借りられます。

車を手放してから新しい車の納車までの期間が空く場合でも、代車サービスを利用すれば移動手段を確保できます。オークション代行の場合は代車サービスがないことも多いため、中古車買取業者を利用するメリットのひとつといえます。サービスの利用を希望する場合は、事前に調べておくと良いでしょう。

すでに実績のある業者が多数ある

中古車買取業者のなかには、多くの実績がある大手業者も多数あります。一方、オークション代行は比較的新しいサービスとなるため、小規模であったり実績が少なかったりする会社も多いといえます。見極めるにも判断材料が少なく、不安を感じる方もいるかもしれません。そのような場合は、すでに成熟しているサービスともいえる買取を検討してみましょう。

実績のある中古車買取業者へ依頼すれば、査定から契約・引き渡しまでの手続きを安心してスムーズに行えるでしょう。なかには10年以上営業している業者も多数あり、そのような業者を選べば実績面でも安心です。

買取をする場合は一括査定をしてみよう

愛車を中古車買取業者に売る場合は、より高く売れる業者を探すために一括査定の利用がおすすめです。一括査定を利用すれば、複数の中古車買取業者から提示される買取額を比較して一番高値で売却できる業者を見つけられます。

買取カービューでは、230以上の買取業者と提携した愛車無料一括査定サービスを提供しています。簡単な入力で査定ができ、余計な手間もかかりません。愛車の査定価格を知りたいなら、買取カービューの愛車無料一括査定サービスをご利用ください。

まとめ

まとめ

中古車のオークション代行には、人気車種や旧車に高値がつくというメリットが考えられます。その一方で、車を持ち逃げする悪徳業者や信頼できない業者もあり、トラブルが起こりやすいことがデメリットです。

車を高く売りたいけれどトラブルは避けたいと考えている方は、安心して利用できる中古車買取業者への売却を検討してみてはいかがでしょうか。

買取カービューでは、信頼できる230以上の買取業者と提携した愛車無料一括査定サービスを提供しています。一括査定を利用して、安全に高価買取を実現しましょう。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーの口コミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

トヨタ プリウス
実際の査定金額
70.0万円
見積り数
5社
査定満足度
3.5
ユーザーコメント

オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

ホンダ フィット
実際の査定金額
63.9万円
見積り数
5社
査定満足度
5
ユーザーコメント

一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

日産 セレナ
実際の査定金額
75.0万円
見積り数
8社
査定満足度
5
ユーザーコメント

はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

買取カービューについて

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営する株式会社カービューが提供しています。Yahoo!JAPANグループのカービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP