現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 売却ガイド > 車は3月に売るべき?高価買取のタイミングやポイントを解説します!

売却ガイド

車は3月に売るべき?高価買取のタイミングやポイントを解説します!

車は3月に売るべき?高価買取のタイミングやポイントを解説します!

新生活を機に車の購入を考える人も多い3月は、売るのに最適な時期というイメージがあります。実際、「車を売るなら3月が良い」という話を聞いて、その時期に売るべきかどうか悩んでいる人も多いではないでしょうか。しかし、結論からいうと、3月に車を売るには注意が必要です。
この記事では、車の売却時期を3月にすると注意が必要な理由や、車を売るのに適した時期、タイミングなどを解説します。愛車を高価買取に導くポイントがわかるので、ぜひ参考にしてみましょう。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

車を3月に売るのに注意が必要な理由

車を3月に売るのに注意が必要な理由

3月は、新生活に合わせて車の乗り換えを検討する人も多い時期です。しかし、高価買取という観点からみると、車を3月に売るのは注意が必要です。どちらかといえば、3月は「買う」のに適した時期です。3月に車を売ると、逆に思わぬ損をしてしまう恐れもあります。その理由について、以下で詳しく見ていきましょう。

3月下旬に売却すると自動車税が請求される可能性がある

自動車税は、4月1日時点での車の名義人に対して課される税金です。通常、車を売却してから名義を買取業者に移行するための手続きに、約1週間程度はかかります。さらに、3月は自動車業界の繁忙期であるため、通常より手続きに時間がかかることも珍しくありません。

そのため、3月に売却を依頼すると、車を手放したあとで自動車税が発生してしまうケースがあります。自動車税は、1年分をまとめて納税するものです。1,000cc超1,500cc以下で34,500円、1,500cc超2,000cc以下で36,000円、と排気量によって税率が変わりますが、排気量によっては10万円近い自動車税が課せられます。

数日ずれただけで何万円もの納税義務が発生してしまうため、なるべく3月の売却は避けたほうが賢明でしょう。

参考: 『総務省 自動車税(種別割)の税率引下げ』

3月だからといって買取価格が高くなるとは限らない

3月は多くの販売店にとって、決算前の最終調整時期であるため、下取りや買取価格が高くなると考えられがちです。

確かに、3月に新車を多く売りたいと考えるディーラーでは、下取り価格が高くなる場合もあります。しかし、下取り価格自体が買取価格よりも安く設定される傾向があるので、高く売りたいユーザーには必ずしも適した方法ではありません。

一方、3月に決算セールを行う傾向にある中古車販売店にとっては、少しでも在庫が欲しい時期ではあります。ただし、中古車の買取価格は、基本的に市況によって左右されるものです。愛車のニーズが高ければ3月に限らず高値で買取してもらえますし、ニーズが低い場合は、どの時期を選んでも安値になる可能性もあります。

3月は車のニーズが高い時期である

3月は車を買い替える人や、新生活のために車を購入する人が増える時期です。また、3月に決算セールを行う販売店も多く、3月までにより多くの車を買い取って、品揃えをよくしておきたいという店も多いでしょう。

そのために、販売店としては、3月に入るまでに買取査定や名義変更などの手続きを完了させておく必要があります。買取した車の点検・整備や清掃をしたり、販売価格を決めたりといった準備も必要です。つまり、3月に車を買い取ると、売り時である3月に販売するための準備が間に合わない可能性があります。

3月は車購入のニーズが高い時期ではありますが、車を売る時期としては少し遅いといえるでしょう。

車を売るのにおすすめの時期と避けたほうが良い時期

車を売るのにおすすめの時期と避けたほうが良い時期

車を売るには最適な時期があり、時期を選ぶだけで同じ車でも買取価格に違いが出てきます。車を売るのにおすすめの時期は7月~8月、1月~2月、避けたほうが良い時期は3月~4月、11月~12月です。以下で詳しく解説していきます。より高値で買取してもらえるよう、ベストな時期を見極めましょう。

車を売るのにおすすめの時期

車を売る時期としては、7月~8月、1月~2月が狙い目といえます。多くの車買取販売店の決算時期は9月と3月です。1年でもっとも売り上げをつくりたい時期にあたり、そのための商品となる中古車在庫が欲しい時期でもあります。

しかし、買取業者が中古車を買取してから、各種手続きや整備、点検、清掃などの作業を終えて販売に至るまでには、約1か月~2か月かかるのが一般的です。つまり、9月と3月に中古車を売れる状態にもっていくためには、7月~8月、および1月~2月には買取を済ませておく必要があります。

この時期は、どこの買取業者も中古車が欲しいタイミングです。高額査定を狙いやすいですし、交渉次第で値が上がる可能性もあるでしょう。

車を売るのは避けたほうがいい時期

前述したとおり、車を売る時期としては7~8月、1月~2月が狙い目です。さらに、マイナーチェンジが行われることの多い5月~6月ごろや、年末のボーナス需要を見越した10月あたりも、比較的高額買取してもらいやすい時期といえます。

一方、車を売るのを避けたほうが良い時期は、3月~4月、11月~12月です。買取店としては、この時期に買い取っても売り時を逃してしまい、無駄な在庫を抱えることにもなりかねません。

ただ、3月は車の乗り換えを検討する人も多いでしょう。どうしても3月中に愛車を売りたい場合は、3月中に名義変更まで済ませられるよう、3月上旬までには売却することをおすすめします。4月1日までに名義変更ができなければ、翌年分の自動車税の納税義務が発生するので注意が必要です。

時期以外で車を売るのにおすすめのタイミング

時期以外で車を売るのにおすすめのタイミング

1年の間では7月~8月、1月~2月に売るのが良いとお伝えしましたが、それ以外にも売るのに適したタイミングはあります。「車検の前」、「モデルチェンジの前」、そして「自分自身が売りたいと思ったとき」です。時期を待つことで車が古くなるデメリットもあります。いつが愛車を売るのにベストなタイミングなのか、今一度考えてみましょう。

車検の前

車を手放すタイミングとして、ひとつの目安になるのが車検時期です。「次回車検までの期間が長いほうが高く売れるのでは」と考えられがちですが、実際には車検費用のほうが高くなるケースも少なくありません。

車検を受けたときに何らかの不具合が見つかれば、修理費や部品代がかさむこともあります。手放す予定の車にもかかわらず、車検を通すために高額な費用を払うのは、もったいないと感じるでしょう。愛車の車検時期が近い場合は、早めに手放すことをおすすめします。

モデルチェンジの前

愛車のモデルチェンジの予定が決まっている場合、その前に売ることをおすすめします。モデルチェンジ後は、旧モデルの買取価格が下がる可能性が高いからです。

フルモデルチェンジは4年~6年に一度のペースで、マイナーチェンジはフルモデルチェンジが行われる間、2年~3年に一度のペースで行われる傾向があります。一概にはいえませんが、時期的には5月~6月に行われやすいようです。車の売却を考え始めたら、メーカーの動向をこまめにチェックしておくと良いでしょう。

売りたいと思ったとき

前述したように、「車が高く売れる時期」はありますが、実際には「自分が売りたいと思ったとき」が一番良いタイミングともいえます。

走行距離が大幅に伸びてしまったり、年をまたぐことで年式が古くなったりと、時期を待つことによるデメリットも考えられるからです。また、乗っていない車を持ち続けるだけで、駐車場代をはじめとする維持費はかさみます。トータルで考えたときに損のないよう、売るタイミングを考えてみましょう。

車を高く売るための対策のポイント

車を高く売るための対策のポイント

せっかく愛車を売るのであれば、なるべく高値で売りたいものです。時期を選ぶこと以外にも、車の清掃や、小さな傷の修復、整備記録簿を用意しておくなど、高価買取のポイントは多くあります。また、一括査定サービスを利用して、複数社に買取査定を依頼することも重要です。ここからは、車を高く売るための対策について詳しく解説していきます。

査定前に車を綺麗にする

査定前には車内の清掃を行い、洗車をして車をきれいにしておきましょう。車の清掃が行われているかどうかは、必ずしも査定額に影響しませんが、汚れた車を査定するのと、きれいな車を査定するのとでは、査定士の心象も違ってきます。

ピカピカに磨かれた車であれば、売り手の愛車への思いが伝わり、心情的に高く評価したいと思うこともあるでしょう。

また、年式が古い車でも清掃を行うことで、クリーンかつ清潔な印象を与えることができます。ぜひ最後に、愛車にひと手間かけてあげましょう。

査定前に小さな傷は消しておく

車体に小さな傷がある場合は、自分で対応できるレベルであれば直しておきましょう。ホームセンターに行けば、メンテナンス用のグッズが多数販売されています。コンパウンド(研磨剤)で磨いたり、タッチペンで塗装を修復したりといった作業は、初心者でも簡単にできるでしょう。そのひと手間で、査定額アップが期待できるかもしれません。

いざ売却を考えたときのためにも、日ごろからメンテナンスをしておくのがおすすめです。ただし、自分で消せないような大きな傷は、無理に直そうとしないほうが良いでしょう。

整備記録簿を用意しておく

定期的に点検やメンテナンスを行っている場合は、整備士がその内容を整備記録簿に残しています。過去にどのようなメンテナンスを行ってきたかを証明できるため、査定額にも影響を与える重要な書類です。

また、買取業者が車を販売するときにも、整備記録簿は、車の状態を証明する上で重要な意味を持ちます。適切にメンテナンスを行っていれば、高価買取にも結びつきやすいアイテムです。査定当日に慌てないよう、事前にしっかり用意しておきましょう。

純正オプションのアピールをする

純正品オプションは、査定額にプラスの影響を与えます。特に、あとからつけられないメーカーオプションは、高額査定につながりやすいポイントです。なかでも、サンルーフや電動ドアは人気が高い傾向にあります。最近では、先進安全運転技術である自動ブレーキや誤発進抑制機能なども、需要が高いオプションでしょう。

また、ディーラーオプションのアルミホイールやエアロパーツも、高額査定につながる可能性があるため、アピールしてみることをおすすめします。

もし、純正オプションを取り外している場合は、査定時には戻しておくと良いでしょう。ただし、自分でつけられない場合は、無理につけ直さずに引き渡すだけでも構いません。

下取りよりも買取を選ぶ

車を売ろうと思ったとき、ディーラーでの下取りを検討する人もいると思います。ただし、高額での売却を希望している場合は、中古車買取業者のほうがおすすめです。

ディーラーでの下取り価格というのは、各社で用意している基本価格をもとに算出されるため、それ以上の高額査定は出づらい傾向にあるのが実情です。

それに対し、中古車買取業者での買取の場合、中古車市場価格を反映した査定が行われるため、下取りよりも高い査定額が期待できます。また、業者ごとに査定の基準が細かく設定されているため、車種によっては相場より高値がつくこともあるでしょう。装備や車種など、市場の人気度が査定額に直結しやすいのも買取の特徴です。

複数の買取業者に査定依頼をする

中古車の買取価格は一律ではなく、買取業者によって金額に差が出やすいのが特徴です。そのため、一社だけの査定金額で満足してしまうと、さらなる高価買取のチャンスを逃してしまう恐れもあります。

また、買取業者によっては、あなたの愛車が「今まさにお客さんが欲しがっている車だ」というケースもあるかもしれません。その場合は、多少査定額を上げてでも買い取りたいと思うでしょう。

少しでも高く売るためには、複数の買取業者に査定依頼をした上で、一番査定額の高い業者を選ぶことをおすすめします。「他社のほうが高額査定してくれた」という事実をもとに、価格交渉することも可能です。

一括査定サービスを利用する

複数の買取業者に査定を依頼しようと思ったときに、一社一社回って査定を受けるのはとても大変です。また、どこの業者に査定を依頼するべきかも迷いどころでしょう。

そこでぜひ利用したいのが、インターネットで複数社への買取査定が依頼できる、一括査定サービスです。

carview!中古車一括査定サービスは、300社以上の提携買取業者のなかから、あなたの愛車に合った複数業者へ一括査定申し込みができます。もっとも高額な査定額を提示してくれる業者を選べるのはもちろん、各社の対応なども比較できるため、満足いく売却ができるでしょう。

まとめ

まとめ

「車は3月に売るべき」と良くいわれますが、実際には3月に車は売るには注意が必要といえます。高価買取のためには、1月~2月、7月~8月に売るのがベストです。車検前やモデルチェンジ前も、売るタイミングとしておすすめであることを知っておきましょう。

高価買取のためにもっとも重要なのが、複数社に査定依頼をし、一番高値をつけてくれる業者を選ぶことです。

carview!中古車一括査定サービスを利用すれば、インターネットで複数社への査定申し込みが簡単にできます。ぜひ一度、無料査定で愛車の価値を調べてみませんか。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ