売却ガイド

車を売るときに注意したいトラブルと対処方法を徹底解説!予防策も紹介

車を売るときに注意したいトラブルと対処方法を徹底解説!予防策も紹介

「車を売るときにトラブルに巻き込まれたくない」「車を売るなら安心できる買取業者にお願いしたい」そうお悩みではないでしょうか。車の買取業者のなかには悪質な業者もあり、適切な業者選びをすることが大切です。
そこでこの記事では、車を売るときに注意したいトラブルの事例や対処方法について紹介します。この記事を読めば、車の売却でトラブルに巻き込まれないために何をするべきかわかるでしょう。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

車を売るときに起こりうるトラブルと対処法

車を売るときに起こりうるトラブルと対処法

車を売るときにトラブルに巻き込まれないようにするためには、実際にどのようなトラブルが起きるのか知っておくことがおすすめです。

ここでは車を売るときに起こりうるトラブルにどう対処するべきか、事例を紹介しながら解説します。

キャンセルができない

車を売るときのトラブルで多いのが、契約のキャンセルができないケースです。契約しようとしたものの交渉がうまくいかず、売買契約を途中で解約したいということもあるでしょう。

しかし、すでに契約書を取り交わしたあとだとキャンセルが難しい場合もあります。キャンセルできた場合でも、キャンセル料が発生するケースがほとんどです。

このようなトラブルを回避する唯一の方法は、契約の内容について事前に利害関係者の間でしっかりと合意をとっておくことです。特に契約のキャンセルをする可能性がある場合は、キャンセル規定を細かく確認しておきましょう。

業者によっては、査定額よりもキャンセル料が高いこともあるようです。当事者間での解決が難しい場合は、JPUC相談窓口や都道府県に設置されている国民生活センター、消費者ホットラインなどに問い合わせてみるのも良いでしょう。

強引に契約させようとする

業者側が強引に契約させようと迫ってきて、トラブルになるケースもあるようです。なかには「クーリングオフが適用できるから大丈夫」などと嘘をついて、契約を迫る場合もあります。車の買取については、売主が契約にあたって十分に検討できる余地があるためクーリングオフは適用できません。

車の売買契約を締結する際は、慎重に検討することが重要です。軽い気持ちで契約してしまうとキャンセルができない、または高額のキャンセル料を支払わなければならない可能性もあります。

場合によっては、出張買取を依頼した際に契約するまで長く居座るなどの迷惑行為を行う営業マンもいるかもしれません。そのような場合は最後の手段として、警察に通報することも検討する必要があるでしょう。

契約後に買取額を減らされる

契約後に買取額を減らされる、というのもよく聞くトラブルのひとつです。双方合意のもとで売買契約を結び、愛車を引き渡したあとになって「事故車だった」「走行距離の改ざんがあった」など何らかの理由をつけて、業者側が査定額を下げようとする場合があります。

そのようなトラブルを回避するためには、契約書の内容を確認することが大切です。契約書の体裁は買取業者ごとに異なりますが、たとえば「再査定」や「減額請求」などに関する記載があるかどうかは確認しておくと良いでしょう。

自分で交渉することが難しい場合は、専門機関に問い合わせるのも選択肢です。たとえばJPUC相談窓口、都道府県に設置されている国民生活センター、消費者ホットラインなどであれば、相談にのってくれるでしょう。

また、修復歴があるのに意図的に隠していた場合は、トラブルが大きくなる恐れがあります。愛車の状態については、正直に申告しましょう。

契約後に業者と連絡が取れなくなる

契約後に買取業者と連絡が取れなくなる、というのもありがちなトラブルです。考えられる原因としては以下が挙げられます。

・契約締結後に車の買取相場が変動したため、業者として都合が悪くなった
・経営状態が悪く、倒産する可能性がある

本来、契約書を取り交わしたあとであれば、買取業者は一方的に買取を拒否できません。しかし、小規模な業者だと上記のような問題が発生するケースがあります。

こういったトラブルは、全国に事業所があるような大手の買取業者ではあまり見られません。仮に担当者レベルで連絡がつかなくなっても、本社に問い合わせれば適切な対応をしてくれるでしょう。

車の引き取り後に雲隠れされてしまうリスクを考えると、第一に信頼できる業者に依頼するのが重要といえます。

車を引き渡したのに代金が振り込まれない

契約を締結し、車を引き渡したのに、代金が振り込まれないというトラブルも発生しています。

最初から車を持ち逃げするつもりだった、という悪質なケースも考えられますが、契約が成立したあとで買取業者が倒産してしまったというパターンもあるようです。

このようなトラブルを回避するためには、契約書に記載されている買取代金の支払い日が不自然に遅い日付になっていないか確認しましょう。多くの買取業者では契約後、車の引き渡しが終わってから2日〜1週間前後には振込されます。契約書にある支払日を過ぎても支払いがされない場合は、すぐに買取業者に連絡しましょう。

連絡がつかない場合は、JPUC相談窓口や都道府県に設置されている国民生活センター、消費者ホットラインに相談することをおすすめします。

契約前に車を引き取られる

契約前に車を引き取られてしまうというトラブルも稀にあります。一般的な買取取引では、契約を交わす前に車を引き取ることはありません。

しかし、若い人、車の知識がない人、押しに弱い人などが、悪質業者によって契約前に車の引き取りを迫られた事例はあるようです。契約前に車の引き取りを求めてきた場合は、毅然とした態度で断りましょう。

強引な営業マンに対して、対応できるか不安な人もいるかもしれません。そのような場合は、査定のときに親や友人に立ち会ってもらうのもひとつの手です。悪質な業者であっても、複数人で相対することでトラブルを防げる可能性が高まるでしょう。

トラブルに巻き込まれないための予防策5選

トラブルに巻き込まれないための予防策5選

車の売却でトラブルに巻き込まれないようにするためには、いくつか確認するべきことがあります。適切な業者を選び、契約書の内容をよく確認しておけば、ほとんどのトラブルは未然に防げるでしょう。

ここからは、トラブルに巻き込まれないための予防策を5つお伝えします。あらかじめ予防策を知っておけば、トラブルになりそうな場合にも早めに対処できるでしょう。

JPUCに加盟している業者を選ぶ

車を売るときのトラブルを防止するためには、JPUCに加盟している買取業者を選びましょう。JPUCとは、一般社団法人日本自動車購入協会の略称です。JPUCには「適正買取店認定制度」という制度があり、「消費者に1日10回以上の連絡をしない」「不適切な勧誘をしない」などJPUCが定めた基準を守っている店舗をJPUCが認定してくれます。この「適正買取店認定制度」で認定を受けた店舗であれば、「強引な契約を迫られたときに不安」「トラブルなく契約できる買取業者に依頼したい」という場合でも安心して利用できるでしょう。認定店舗にはロゴやステッカーがあるため、簡単に確認できます。

業者のことを徹底的に調べる

車を売るときにトラブルにあわないようにするためには、査定を検討している買取業者をしっかりと調べることがおすすめです。インターネットで調べてみたり、実際に足を運んでみたりすることで、ある程度信用できる業者かどうかは判断できます。たとえば、以下の点を確認してみると良いでしょう。

・ホームページがあり、査定までの流れがわかりやすいか
・一括査定サイトなどの口コミはどうか
・店舗は清潔感があるか
・電話したときの担当者の対応は丁寧か

これらの点を確認しておけば、信頼できる業者かどうか、ある程度判断できるでしょう。

契約前に振込までの流れをチェックする

契約前に、振込までの流れを確認することも大切です。まずは、契約書の内容をよく確認しましょう。チェックするべき項目には、以下のようなものがあります。

・キャンセル料についての規定
・契約してから振込までの日数
・引き渡し後に再査定があるかどうか

契約をする前に、これらの点をあらかじめ確認しておくことをおすすめします。上記の点を確認しておけば、契約後にトラブルに巻き込まれる確率はグッと下がるでしょう。

少しでも気になることがあれば、担当者に細かく確認することが大切です。その際に納得のいく対応をしてもらえなければ、契約を見直すことも検討しましょう。

修理歴や不備は事前に伝える

後々のトラブルを回避するために、愛車の修理歴や不備は事前に伝えておきましょう。虚偽の申告をしてしまうと、引き渡し後に大きな問題が生じる可能性があります。車を売るときには、売主に不具合を申告する責任があるからです。

あとから査定で発見できなかったような不具合が発覚した場合、契約成立後であっても買取業者から損害賠償などを請求される恐れがあります。自分にとって不都合な車の不備がある場合でも、査定時にはきちんと伝えましょう。

契約を急がせる言葉にだまされない

車を売るときのトラブルに巻き込まれないためには、契約を急がせる言葉にだまされないことが大切です。出張買取などを依頼して、担当者と1対1になるような状況では特に注意しましょう。

強引なやり方ではなくても、買取業者によっては「今契約すれば査定額をアップします」などと甘いセールストークで契約を促すことがあります。そのような甘い言葉に踊らされないよう、冷静な判断ができる状態で査定をお願いしましょう。車を売るときは契約書を必ず確認し、よく納得した上で契約することが大切です。

最悪の場合は弁護士に相談するのも手

「どうしてもトラブルが解決しない」「買取業者と連絡がつかなくなった」など、自分では対応が難しい状態になることもあるでしょう。そのような場合は、最後の手段として弁護士に相談することも選択肢です。

弁護士に相談すれば、その事案について契約書に問題がないか、自分の過失がないかどうか確認してもらえます。状況を説明するだけでも安心感を得られるでしょう。ただし、実際に弁護士に問題解決を依頼する場合は、報酬が発生する点には注意が必要です。

優良な業者を探すなら買取カービューで!

「トラブルに巻き込まれない優良な業者を選びたい」という人は、買取カービューの愛車無料一括査定サービスをぜひご利用ください。

買取カービューでは信頼できる全国230社の買取業者と提携しており、利用者の口コミも掲載しています。Yahoo! JAPANのグループ会社であり、累計利用者数も450万人を突破している実績ある一括査定サービスです。安心して愛車を売却したい人は、ぜひご利用ください。

まとめ

まとめ

車を売るときにトラブルに巻き込まれないためには契約書の内容などを確認し、慎重に判断することが大切です。一方で、信頼できる大手業者を選べばそれほどトラブルを心配する必要はありません。

安心できる買取業者を選びたいという人は、買取カービューの愛車無料一括査定サービスをご利用ください。簡単な情報を一度入力するだけで、最大8社の優良業者に対して一括で査定依頼できます。愛車を安全に売りたいなら、買取カービューにお任せください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーの口コミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

トヨタ プリウス
実際の査定金額
70.0万円
見積り数
5社
査定満足度
3.5
ユーザーコメント

オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

ホンダ フィット
実際の査定金額
63.9万円
見積り数
5社
査定満足度
5
ユーザーコメント

一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

日産 セレナ
実際の査定金額
75.0万円
見積り数
8社
査定満足度
5
ユーザーコメント

はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

買取カービューについて

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営する株式会社カービューが提供しています。Yahoo!JAPANグループのカービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP