売却ガイド

名義人以外が車を売ることはできるの?ケース別の手段や手続きをご紹介

名義人以外が車を売ることはできるの?ケース別の手段や手続きをご紹介

普段運転していても車の名義人について意識することはあまりないでしょう。名義人とは車検証の所有者欄に名前が記載されている方を指し、原則、名義人でなければ車の売却はできません。実際に車を売ろうとして、名義人が自分ではないことに気づいた方もいるのではないでしょうか。
そこでこの記事では、名義人以外が車を売る方法についてご紹介します。手続き方法や必要となる書類を把握すれば、他人名義の車をスムーズに売ることが可能です。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

名義人以外が車を売るなら名義変更した方が良いの?

名義人以外が車を売るなら名義変更した方が良いの?

所有する車の名義が自分ではない場合、車を売却する前に名義変更をした方が良いのではないかと考える人もいるでしょう。実際は車の売却前に名義変更をしなくても手続きに手間がかからないケースもあります。

誰が名義人になっているかで、売却前に名義変更をした方が良いのかどうかが変わるので留意しておきましょう。

親名義の場合は名義変更しなくても良い

車の名義が親である場合は、車を売る際に親の承諾を得て委任状や譲渡証明書などを用意すれば良いので、特に名義変更をしなくても構いません。

実際に親から乗らなくなった車を譲り受けたり、プレゼントしてもらったりなど、親名義のままで車を売る方も多くいます。親名義の車を買い取ることが多い買取業者も対応に慣れているため、滞りなく車の売却ができるでしょう。

名義変更をした方が良い場合もある

名義人が血縁者ではない他人の場合、名義変更をしてから売却した方が良いでしょう。他人名義の車を売却するケースは多くはないですが一定数存在します。

買取業者からすると他人名義の車を持ち込まれる場合、事件やトラブルの恐れがないか警戒しなくてはいけません。売却手続きがスムーズに進まない場合もあるため、他人名義の車は名義変更してから売却するのが望ましいでしょう。

車を名義人以外が売るケース:親名義の場合

車を名義人以外が売るケース:親名義の場合

車の名義人が本人の場合、売却の際に必要な書類は以下のとおりです。

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書
  • リサイクル券
  • 印鑑登録証明書(普通自動車の場合)

以上の書類は名義人が誰であっても必要になります。また、契約の際には業者が用意する譲渡証明書や委任状に記入します。実印(軽自動車の場合は認印可)や振込用の銀行口座、本人確認書類も用意しましょう。

ここでは、親名義の車を売る方法をご紹介します。ケース別に見ていきましょう。

親が亡くなっている場合

亡くなった段階で親が所有していた車は相続人全員の共有財産となるため、まずは新所有者を決めます。さらに、売却する際には親から新所有者に名義を移す必要があります。

名義を移す手続き「移転登録」は陸運支局で行います。ここでは、新所有者が代表相続人として手続きする際に必要な書類をご紹介します。

    車の新所有者が代表相続人として手続きする際の必要書類
  • 自動車検査証(車検証)
  • 戸籍謄本または除籍謄本
  • 遺産分割協議書
  • 遺産分割協議成立申立書(相続する車の査定額が100万円以下の場合)
  • 新所有者の印鑑証明書
  • 新所有者の実印
  • 車庫証明書

相続人に名義を変更する場合、通常の移転登録とは必要書類や手続きが異なるので、わからない点があるときは事前に陸運支局に確認すると良いでしょう。

移転登録が完了すれば新所有者である自分の名義になるので、通常の方法で売却が可能です。業者に査定を依頼し、査定額や条件に納得したら売却しましょう。

親が正常な判断をすることが難しい場合

親が認知症になってしまった場合、「成年後見制度」を利用すれば名義人の変更をする必要はありません。成年後見制度とは、認知症が理由で正常な判断ができない方を保護・支援する制度です。

成年後見人になるには、家庭裁判所に申し立てを行いましょう。必要な書類には主に以下のものがあります。

    親の成年後見人になる際の必要書類
  • 申立書
  • 認知症の診断書
  • 申立手数料(1件につき800円の収入印紙)
  • 登記手数料(2,600円分の収入印紙)
  • 切手
  • 戸籍謄本(親のもの)

書類を準備したら、裁判所に電話して面接の予約をします。面接後、審理を経て成年後見人に選任されます。

成年後見人には財産に関するすべての法律行為の代理権が与えられるので、親名義の車でも売却が可能です。印鑑や印鑑登録証明書も成年後見人のものを用意しましょう。

参考:『法務省 成年後見制度~成年後見登記制度~』

参考:『裁判所 後見ポータルサイト』

親が免許を返納している場合

親が免許を返納している場合、運転できないので車を店舗まで持ち込めません。しかし、免許がなくても所有者であれば車の売却は可能です。

親の代理人として手続きする際には、自分名義の車を売却するときの必要書類に加えて、以下の書類を準備しましょう。

    親の代理人として車を売却する際にプラスで必要になる書類
  • 委任状
  • 譲渡証明書
  • 代理人の身分証明書

また、親が免許を返納している場合におすすめなのが一括査定サービスです。必要事項を入力すれば一度に複数の業者に査定を依頼できる便利なサービスで、出張査定サービスの有無についても確認できます。

出張査定サービスを行っている業者なら自宅まで査定に来てくれるので、店舗に持ち込む必要がありません。売却する車を引き渡す際にも、自宅まで引き取りに来てもらえるよう相談すると良いでしょう。

車を名義人以外が売るケース:親以外が名義人の場合

車を名義人以外が売るケース:親以外が名義人の場合

名義人が親以外のケースについても見ていきましょう。たとえば、名義人がローン会社というケースです。車をローンで購入すると、契約によってはローン会社が名義人になります。また、名義人が海外に住んでいるという特殊なケースもあります。ここでは、それぞれに必要な手続きをご紹介します。

名義人がローン会社である場合

まずは「所有権留保」という制度について説明します。所有権留保とは、購入者がローンの返済を完了するまでは、所有権はローン会社が持つという制度です。つまり車が担保になります。ローン会社ではなく、ディーラーが名義人となる場合もあります。

このような車を売却する場合、名義人の変更が必要です。売りたいときには名義人であるローン会社に相談すると良いでしょう。その際、車の査定を受けるよう提案される場合があります。車の買取金額によって対応が変わるためです。

買取金額がローンの未払い金額より高ければ、買取金額をローンの一括返済にあてられます。一方、買取金額の方が安ければ、他のローンを組んだり差額分を支払ったりする方法を検討しなければなりません。

ローン会社の同意が得られたら、陸運支局で移転登記をします。名義人を変更したあとは通常の方法で売却しましょう。

名義人が海外にいる場合

名義人が国際結婚した親族で海外に住んでいるといったケースでも、代理人として売却は可能です。ただし、売却の際に必要な所有者の印鑑登録証明書が海外では取得できません。その代わりとして、「署名証明」を発行してもらいましょう。署名証明とは、申請者の署名が領事の面前でなされたことを証明するもので、印鑑登録証明書の代わりになります。

署名証明は各国の在外公館で取得できます。証明の方法は2つありますが、「形式1」を選ぶよう注意しましょう。また、代理人が車を売却する際には、委任状と譲渡証明書が必要です。こちらの書類も一緒に送ってもらうと良いでしょう。

委任状には自動車登録番号または車台番号の他、所有者と代理人それぞれの住所と氏名、日付、委任状の目的を記入します。所有者は実印の押印も必要です。国土交通省のサイトにテンプレートがあるので、そちらを利用しても良いでしょう。

参考:『外務省 在外公館における証明』

参考:『国土交通省 登録手続き』

名義人以外が車を廃車にできる?

名義人以外が車を廃車にできる?

車の状態によっては売却が難しく、廃車を検討するケースもあるでしょう。名義人以外でも廃車手続きを行うことは可能です。ここでは、名義人以外が廃車を行う際の手続き方法や、必要な書類について解説します。

廃車の手続きが行える

名義人以外が廃車を行うことは可能です。しかし、委任状といった書類を用意する必要があるため手間がかかります。また、名義人以外が手続きを行うため、トラブルに発展しないよう慎重に手続きを進めることが大切です。

普通自動車の場合は、陸運支局で「永久抹消」の手続きをします。軽自動車の場合は少し異なり、軽自動車検査協会で「解体返納」手続きを行う流れです。

名義人以外が廃車手続きを行うときに必要な書類

廃車手続きには以下の書類を準備します。

    他人名義の車を廃車にする場合に必要な書類
  • 車検証
  • 印鑑登録証明書
  • ナンバープレート
  • 移動報告番号と解体報告記録された日のメモなど(解体を行った証明)
  • 委任状
  • 住民票(現住所と車検証の住所が異なる場合のみ)

また、永久抹消の手続きは廃車専門業者に依頼することも可能です。自分で書類を準備して陸運支局に足を運ぶよりも簡単に済みます。万が一、必要な書類を紛失した際も廃車専門業者に相談してみてください。再発行の手続きについて親切に教えてくれるでしょう。

名義人以外が車を高く売るためにやるべきこと

名義人以外が車を高く売るためにやるべきこと

他人名義の車でも「どうせ売るなら高く売りたい」と考える方も多いでしょう。高く査定してもらうコツはいくつかあります。ここでは、他人名義の車を高く売るためのポイントを3つご紹介します。名義人の協力が必要なので、しっかりとお願いして実践しましょう。

純正部品をすべて預かっておく

純正部品は査定額アップにつながります。車種を選んで中古車を買う方にとっては、カスタマイズされた車よりも純正に近い車の方が魅力的なためです。

査定に出す前には、名義人や現在の使用者にお願いして純正部品はすべてそろえておきましょう。取り外した部品も残っていれば用意します。搭載している純正オプションがあれば、リストアップしてもらうと良いでしょう。

押さえておきたい純正部品はスペアキーです。メーカーが用意している鍵として信頼できます。カーナビやETC車載器は人気のあるオプションです。純正品であればさらにプラスの評価が期待できるでしょう。また、ドライブレコーダーもニーズが高まっています。取り外さないようにお願いしておきましょう。

修理に出したことがないか聞いておく

修理歴の有無は査定額に影響を与えます。故障や事故で大きな修理をしていると、査定額が下がることがあるので気を付けましょう。どのような修理をしたことがあるのか、所有者に事前に確認しておくことをおすすめします。

また、メンテナンスを定期的に行っていることも重要です。きちんとメンテナンスしている車は状態が良いと見なされ、プラス査定につながります。

修理歴の有無や整備内容を知るには「点検記録簿」を確認するのが一般的な方法です。点検記録簿には定期点検の作業内容が記録されており、修理歴やメンテナンスについても書かれているので、査定時には忘れずに持参しましょう。

洗車・清掃をしておく

洗車や清掃を行っているかどうかは査定項目にはありません。そのため、直接査定に影響するわけではありませんが、きれいな車は査定士に好印象を与えます。大事に乗ってきた車だと伝われば、査定額のダウンは避けられるでしょう。

清掃のポイントには「砂やホコリを取り除くこと」「手あかや指紋の汚れを拭き取ること」「車内の消臭をしっかり行うこと」といったものがあります。所有者に断りを入れて、査定前に洗車と清掃をしておきましょう。

また、故障や傷は修理しなくても問題ありません。修理にかかる金額以上に査定額がアップすることはほとんどないためです。修理せずに査定に出した方がお得といえるでしょう。

スムーズに手続きを済ませたいなら一括査定サービスを活用しよう

スムーズに手続きを済ませたいなら一括査定サービスを活用しよう

他人名義の車を売る際には一括査定サービスの利用がおすすめです。複数の業者に一括で査定を依頼でき、相見積もりを簡単に取れる上に高額査定を期待できるでしょう。一括査定サービスなら、買取カービューの愛車無料一括査定サービスがおすすめです。300社以上の業者と提携しており、数ある業者の中から愛車に合う買取業者を見つけられます。

一括査定の魅力

一括査定サービスは、サイトにアクセスして必要事項を入力すれば、複数の業者に査定を依頼できます。一括査定サービスのメリットの一つとして、高額査定を期待できることが挙げられます。

また、出張査定サービスを行う業者を指定すれば、家まで査定に来てくれるため、自分が保険の対象になっていない車を動かす必要がなく、安心して売却できるでしょう。

買取カービューの愛車無料一括査定サービスが使いやすい!

買取カービューの愛車無料一括査定サービスなら、一度に複数の買取業者に見積もりを依頼することが可能です。買取カービューは2000年にサービスを開始してから、これまでに450万人以上のユーザーに利用されている確かな実績を誇ります。

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、公式ウェブサイトから最短約45秒で申し込める上に、メーカーや年式といった基本的な情報を入力するだけなので大幅に手間を省けるでしょう。

まとめ

まとめ

他人名義の車を売る際はケースによって手続きが異なります。移転登録を行い自分に名義を移す場合と委任状を書いてもらって代理人として手続きする場合があります。必要書類や手順をしっかりと確認して売却しましょう。

他人名義の車を少しでも高く売りたい方は、買取カービューの愛車無料一括査定サービスをご利用ください。複数の業者の査定額を比較して、より高く買い取ってくれる業者を見つけてみてはいかがでしょうか。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーの口コミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

トヨタ プリウス
実際の査定金額
70.0万円
見積り数
5社
査定満足度
3.5
ユーザーコメント

オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

ホンダ フィット
実際の査定金額
63.9万円
見積り数
5社
査定満足度
5
ユーザーコメント

一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

日産 セレナ
実際の査定金額
75.0万円
見積り数
8社
査定満足度
5
ユーザーコメント

はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

買取カービューについて

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営する株式会社カービューが提供しています。Yahoo!JAPANグループのカービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP