売却ガイド

傷ついた車を高値で売るコツを紹介!傷の程度に応じた減額目安も解説

傷ついた車を高値で売るコツを紹介!傷の程度に応じた減額目安も解説

車の買取金額を決める際、買取業者はスペックから状態までさまざまな部分をチェックしています。傷やへこみが多いほど減額の可能性も高まるため「具体的にどのくらい影響するのか知っておきたい」と考える方もいるのではないでしょうか。
そこでこの記事では、傷ついた車における査定額への影響について詳しく解説します。修復歴との相違点も理解しておきましょう。後半では査定額を上げるためのコツもピックアップしてご紹介します。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

傷ついた車の査定基準は?傷に対する評価

傷ついた車の査定基準は?傷に対する評価

多くの査定士が参考にしているのは、日本自動車査定協会(JAAI)が定める査定基準です。たとえば、板金(車体に深い傷やへこみがある場合に元の形状に戻すための作業)に関する基準には以下のような基準があります。

・カードサイズ未満(1cm以上カードサイズ未満)
・小(カードサイズ以上A4サイズ未満)
・大(A4サイズ以上)

傷がどの程度の範囲に広がっているかをチェックし、査定額に反映する仕組みです。ただし、これらはあくまでも基準のひとつとして使用します。すべてが記載の通りになるものではないため、参考材料として把握しておきましょう。

参考:『中古自動車査定基準及び細則〔Ⅰ〕』

傷ついた車を売る時の減額の程度

傷ついた車を売る時の減額の程度

傷ついた状態で車を売る場合でも、傷一つひとつが減額の対象になるわけではありません。目立たない小さな傷はマイナス査定の対象にならないケースが多いため、それほど気にする必要はないでしょう。傷ついた部分のパーツ交換が必要になると大幅に下落する可能性も高まります。「どのくらいの傷が査定に影響するか」を把握することが大切です。

浅い傷の場合

走行中に飛んできた小石で傷ついた場合や、小さな引っかき傷程度であればほとんど減額されません。小石による傷は車を走行するうえで自然につくものと考えられるためです。引っかいたような傷でも、範囲が狭く浅い場合は減額の対象外となるでしょう。

傷自体は浅くとも、範囲が広い場合は減額されるかもしれません。目立つ傷は買い手の印象を左右し、状態によっては塗装が必要になるためです。見た目に影響しない程度であれば安心ですが、ひと目で傷ついているとわかるような車はマイナス査定の可能性も考慮した方が良いでしょう。

再塗装で済む場合

日本自動車査定協会が定める基準では、1cm以下の傷は減額の対象外です。実際に減額されるかどうかは査定士の判断となりますが、1cm以下のサイズであることが明確であれば減額の可能性はほとんどないといえます。

1cm以下の小さな傷は、再塗装の際にも特別な道具を必要としません。買取業者が手間に感じたりお金を費やしたりする可能性が低いことが、マイナス査定を避けられる理由の一つです。

ただし、傷が深く修理に手間・費用がかかる場合は減額される可能性もあります。大幅な減額につながるリスクは低いものの、マイナス査定の可能性がゼロではないことを理解しておきましょう。

参考:『中古自動車査定基準及び細則〔Ⅰ〕』

再塗装+板金修理も必要な場合

板金は、車を形成するうえで重要なパーツです。板金の修理や交換が必要な状態にまで傷ついた車は、マイナス査定に反映される可能性が高いといえるでしょう。日本自動車査定協会では以下のように減点数を定めています。

・小(カードサイズ以上A4サイズ未満):30点
・大(A4サイズ以上):50点
・交換:65点~

具体的な金額は査定士の判断や本来の買取価格によっても左右しますが、数万円の減額につながるかもしれません。交換が必要な状態であれば、板金塗装よりも大幅なマイナス査定になると考えた方が良いでしょう。

参考:『中古自動車査定基準及び細則〔Ⅰ〕』

傷ついた車は修理せずに売る方が良いのはなぜ?

傷ついた車は修理せずに売る方が良いのはなぜ?

傷ついた車を売る際には、なるべくきれいな状態にしてから査定してほしいものです。傷の数が少ないほどプラス査定に有利といえますが、大金を費やして査定に出すのは賢明といえません。結果的に損失を生むことになりかねないためです。車を売る前に傷の修理を行った方が良いのか、判断に役立つポイントを解説します。

傷を直しても、車の価値はあまり変わらない

自分で直せる程度の傷であれば、少しでもきれいな状態にしておくとマイナス査定を避けられるかもしれません。プラス査定につながるケースもありますが、査定額に大きな影響を与える可能性は低いといえるでしょう。

修理業者などに依頼して修理してもらった場合、傷が大きいほど修理に費やす金額も大きくなります。10万円を費やして修理しても査定額が10万円以上プラスになることはほとんどないため、最終的には損をする結果になるでしょう。マイナス査定を避けるために修理は有利ですが、業者に依頼するほどの傷はそのまま売る方が有益です。

再度の修復が必要になることも

車の修理について自信がない方は、無理に復元しようとせずそのまま売る方が良いでしょう。修理した跡が残っていたり、塗装にムラがあったりすると減額される可能性があるためです。

思うように修理できないまま売る場合、買取業者が買取後に再度手を加えなければなりません。査定額に影響するだけでなく、ユーザーと買取業者の両者に負担をかける結果となります。売却前に行った作業が無駄になるリスクがあるため、復元が確信できない傷は直さないまま売るのがおすすめです。

また、車の骨格(フレーム)損傷やエンジン故障により自走できない場合、通常の中古車買取業者では値段が付かないケースもあります。このような時は、廃車買取専門業者に依頼してみましょう。廃車買取専門業者であれば、費用や手間をかけずに廃車手続きを行ってくれるだけでなく、車の資源的な価値からわずかにお金を受け取れることもあります。

「修復歴」について正しく理解しよう!減額の目安も解説

「修復歴」について正しく理解しよう!減額の目安も解説

一般的に見られる車の傷と「修復歴」には明確な違いがあります。事故が原因の場合は事故歴・事故車といった言葉で表現されることもありますが、小さな傷とは違って大幅な減額が適用される要素です。修復歴がある車を売る予定の方は、減額の目安や取引時の注意点もおさえておきましょう。修復歴の概念や通常の傷と異なる点をふまえて解説します。

修復歴とは骨格部位の修理のこと

修復歴とは、災害や交通事故によって骨格部分の修理・交換を行った車を意味する言葉です。骨格部分は具体的に以下のようなパーツが該当します。

・フレーム
・クロスメンバー
・インサイドパネル
・ダッシュパネル
・ルーフパネル
・ピラー
・フロア
・トランクフロア

通常の修理歴と異なるのは、車自体のバランスや耐衝撃性に影響する点です。再販売後に安全な状態で走行できない可能性が出るため、大幅な減額となる要素と考えたほうが良いでしょう。

修理歴と修復歴を混同する方もいますが、修理歴は傷の補修や骨格部分以外の交換も含まれます。骨格部分を修復した車は修復歴車・事故車といった形で売るのに対し、傷の補修や骨格部分以外の交換修理であれば「修理歴車」「修理歴あり」などと明記する必要はありません。修復歴とは根本的な違いがある点を理解しておきましょう。

修復歴ありの車の減額目安

修復歴を理由にマイナス査定となる金額は、査定士の判断だけでなく傷の程度やパーツによっても変動があります。しかし、大半の場合で大幅な減額になる可能性が高いため、10万円以上のマイナス査定を提示される可能性も考慮しておきましょう。

修復歴がない中古車を基準価格とすると、15%~50%が目安です。10%以下の減額で済むケースはほとんどなく、場合によっては基準価格の半額程度にまで下がるケースもあります。

「想像よりはるかに低い金額を提示された」という方は、修復歴のある車や事故歴車を専門的に取り扱う買取業者を探すのも一つの方法です。すべての修復歴車が減額を軽減できるわけではありませんが、通常の中古車買取業者よりは高額になる可能性が期待できます。

修復歴は隠さず伝える

小さな傷の修理やパーツ交換は告知なしでも問題ありませんが、修復歴がある場合は査定員に伝えなければなりません。売り手には契約不適合責任(旧:瑕疵担保責任)があり、再販売価格に影響する要素は漏れなく共有する必要があるためです。

「査定額を下げられるから」という理由で隠したまま売った場合、契約後に減額・解約を要求されるかもしれません。ユーザー自身の信頼度を低下させる要因にもなります。整備記録簿(メンテナンスノート)を見ると修復歴も記載されているケースがほとんどですが、トラブルを避けるためにも査定時に口頭で直接伝えておきましょう。

事故被害によって修復歴ありとなる場合

車に傷が付いた理由が事故の被害だった場合、通常と異なる対応が必要です。被害者の車は、基本的に相手方の保険を使って修理費用などに充てます。それだけでなく、事故の被害を受けた車を売る時は「事故減価額証明書」をJAAI(一般財団法人日本自動車査定協会)に発行してもらうことで、「評価損分」として保険会社から受け取れる金額が増えます。

しかしこの事故減価額証明書が発行してもらえるのは、車が「修復歴車」となってしまうレベルの傷です。該当すればぜひ活用したいところですが、この基準に当てはまらないケースでは受けられないことに注意してください。

中古車査定時のチェックポイント

中古車査定時のチェックポイント

査定士がチェックするのは傷・修復歴の有無だけではありません。ボディや内装の汚れからパワートレインのコンディションまでさまざまな部分を確認します。実際にどのようなパーツを見て価格を決めているのか把握しておきましょう。車の査定時にチェックされるポイントや重要な要素を4つの観点からご紹介します。

車両情報

査定員は再販する時、中古車市場需要でどの程度価値が見込めるかという視点を持っています。車両情報として主に確認されるのは以下の項目です。

    車両情報
  • 車種
  • ボディカラー
  • 年式
  • 走行距離
  • 純正パーツの有無
  • 修理歴の有無
  • 付属品や書類が揃っているか

外装

ボディのコンディションは、車の第一印象を左右する要素です。全体的に汚れが目立つ場合は印象が悪くなるため、マイナス査定に反映される可能性もあります。対して、状態がきれいであればプラス査定の交渉も有利になるでしょう。

査定額に影響しやすい傷・へこみの他にさびの有無も重要なチェックポイントです。ボディにはさびが発生しやすいパーツも多数ありますが、定期的に手入れすることで劣化を防げます。

外装だけでもチェック項目は多岐にわたるため、丁寧に扱っていればマイナス査定の金額も軽減できるでしょう。傷の修復ができないと判断した場合は、他の項目でカバーできるようきれいな状態に整えておきましょう。

内装

査定の際は、なるべく生活感を排除したうえで査定士に見てもらいます。車内の汚れやにおいが目立つほど減額される可能性も高まるためです。常に載せていた荷物をおろすだけでなく、小さなゴミを捨てたり汚れを拭き取ったりといった手入れも意識しましょう。

所有年数が長いほど使用感も増しますが、新しいユーザーの購買意欲を下げる要素がある場合は注意が必要です。車内でタバコを吸う機会が多い方は特に気をつけた方が良いでしょう。喫煙車はリセールバリュー(再販価値)を下げやすいため、禁煙車に比べて減額されるかもしれません。

ペットのにおいも査定額に影響するポイントといえます。犬や猫の独特なにおいを嫌うユーザーも見られるためです。外装の見た目だけでなく乗り心地も査定額を左右することを理解しておきましょう。

また、チャイルドシートによるシートダメージにも注意したいところです。チャイルドシートの着脱は手間に感じやすいものですが、常に乗せたままではシートを傷付けてしまいます。車を売ることが決まったら、できる限り早期に取り外しておくと良いでしょう。

エンジン

エンジンをはじめとするパワートレイン(車の動力源や動力伝達装置)は、車を安全に運転するうえで重要な要素です。内燃機関の他、バッテリー・エンジンオイルといった消耗品の劣化具合もチェックされます。経年劣化による故障リスクが高い状態であれば減額されやすいといえるでしょう。

パワートレインの故障リスクや安全性は、ユーザーの運転方法によっても左右します。急発進・急停止を繰り返したり、強引なハンドリングをしたりなど乱暴な運転は避けた方が賢明です。

車の査定額アップを狙うコツ

車の査定額アップを狙うコツ

少しでも高い金額で買い取ってもらうためには、交渉に有利な方法を把握する必要があります。良好なコンディションで査定に出せるよう、可能な限り丁寧なメンテナンスを済ませておきましょう。純正オプションでプラス査定につなげることも可能です。傷ついた車でも査定額を上げるために有益な方法を5つご紹介します。

車を売るおすすめの時期とタイミング

車を売るのに適したタイミングがあることを知っておくと、より高額査定を狙えるでしょう。中古車買取相場は中古車の購入需要に応じて変動するものです。そのため、中古車購入需要が増える時期の少し前は売り時と言えます。具体的には例年1~2月、7~8月が狙い目です。

一方で、年末と自動車税課税直後の4月は購入需要とともに査定額も下がる傾向にあるためおすすめできません。この他、車検前や走行距離が大台(3万、5万、8万、10万km)に乗る前なども、車を売ることを検討するのに適した時期と言えます。

付属品やオプション品を揃える

メーカーが販売している部品や付属品はプラス査定に有利です。メーカーが製造する純正のものがしっかりと残っていることで、デザイン的にも統一感があります。また、付属品として挙げられるのは、専用工具やスペアタイヤ、スペアキー、定期点検記録簿などです。これらが不足していると、減額の対象となるでしょう。

カーナビ・ホイールなどを購入後に取り外した方は、査定時に車と一緒に提出しましょう。純正品に取り替える必要はなく、単体で出しても問題ありません。取り替えたパーツがある場合、パーツの取り扱い説明書も大切に保管しておいてください。

取り外し可能な装備品の他、レザーシートやサンルーフといったメーカーオプションもアピールしたいポイントです。マイナス査定を少しでもカバーできるよう、魅力的な部分はなるべく多く伝えてみましょう。

なお、タイヤに関しては高額なスタッドレスタイヤでも、夏用のタイヤでも、査定にほぼ影響しません。基本的にタイヤは夏用タイヤを取り付けて査定に出し、まだ使えるスタッドレスタイヤはタイヤ買取専門店に単体で売るのがおすすめです。

車をきれいにして査定に臨む

査定当日まで時間に余裕がある方は、洗車と車内清掃できれいな状態を維持しておきましょう。傷ついた車の査定でも、手入れが行き届いている印象を受けると大幅な減額を回避できるかもしれません。

清掃によってプラス査定となるわけではありませんが、ユーザー自身の印象をよくするためにも役立ちます。無理に傷を修復するのではなく、可能な範囲でできるだけ手を加えることが大切です。車内のにおいもなるべく取り除いておきましょう。

傷の程度に合った買取業者に依頼する

車を売るのにしても、車のコンディションや傷の程度に合った買取業者を選ぶことが大切です。選び方を誤ってしまうと、かえって引き取りに費用を請求される可能性も否めません。傷の程度を考慮した買取業者選びの目安は、以下の通りとなっています。

・修復歴車に該当しない中古車
→通常の中古車買取業者

・修復歴車に該当する中古車
→海外に販路を持つ中古車買取業者

・自走できない車や上記で値段が付かない中古車
→廃車買取専門業者

一括査定を依頼する

「高く売れる買取業者を探したい」という方には一括査定がおすすめです。ウェブサイトからサービスを利用して申し込む方法で、一度に複数の買取業者へ査定依頼ができます。

一つひとつ申し込む手間が省けるだけでなく、高価買取が実現するかもしれません。査定額を決める基準や減額の度合いは買取業者により異なるためです。傷ついた車の査定でも、予想を上回る金額が提示される可能性も高まります。

査定額の基準は明確にわからないため、まずは一括査定サービスから申し込んで車を見てもらいましょう。各社から出た結果を比較し、交渉の道具として活用するのも有益な方法です。一括査定サイトは大手の優良買取業者と提携しているケースが多いため、安心して取引を進めたい方にも向いています。

傷ついた車も買取カービューの愛車無料一括査定サービスにお任せ!

傷ついた車も買取カービューの愛車無料一括査定サービスにお任せ!

買取カービューは中古車一括査定サービスの老舗で、2022年3月現在で安心JPUC加盟業者を含む300社以上と提携しています。ヤフー株式会社の子会社が運営しており、気になるセキュリティ面も安心です。

一度に最大8社まで査定を依頼でき、ウェブサイトから簡単に申し込めます。車両情報の入力はたったの4項目で、最短45秒で完了します。450万人以上の方にご利用いただいている買取カービューの愛車無料一括査定サービスなら、安心して高額査定を目指せるでしょう。

また、自走できない程度に深刻な傷がある中古車の場合は、買取カービューの事故車一括査定サービスを利用すると良いでしょう。状況に応じて使い分けることをおすすめします。

まとめ

まとめ

車のリセールバリューは、傷が多いほど下がる傾向にあります。深さと大きさによって減額される金額も異なるため、日本自動車査定協会の基準を参考にしながら大まかな数字を把握できると安心です。修復歴がある場合は査定の際に伝えましょう。

プラス要素がアピールできると、傷ついた車でも高価買取が期待できます。手を加えられる部分は加え、対応できないものは無理に実行しないことも大切です。買取業者選びに悩んでいる方は、一括査定から自分に合った店舗を見つけましょう。買取カービューの愛車無料一括査定サービスでは300社以上の買取業者から、わずか45秒ほどのフォーム入力で最大8社への一括申し込みが可能です。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーの口コミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

トヨタ プリウス
実際の査定金額
70.0万円
見積り数
5社
査定満足度
3.5
ユーザーコメント

オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

ホンダ フィット
実際の査定金額
63.9万円
見積り数
5社
査定満足度
5
ユーザーコメント

一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

日産 セレナ
実際の査定金額
75.0万円
見積り数
8社
査定満足度
5
ユーザーコメント

はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

買取カービューについて

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営する株式会社カービューが提供しています。Yahoo!JAPANグループのカービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP