売却ガイド

車を売るのに適したタイミングと車検時期の関係は?高額査定のコツも紹介

車を売るのに適したタイミングと車検時期の関係は?高額査定のコツも紹介

愛車を高値で買い取ってもらうためには、どのようなタイミングで売却すべきなのでしょうか?車検前に売る方がお得という情報を耳にしたことがある方も多いでしょう。愛車を高く買い取ってもらうためには車検だけでなく、他の項目についても確認する必要があります。
そこでこの記事では、車の売却と車検時期との関係性や、最適なタイミングについて解説します。愛車をより高値で買い取ってもらうためにも、ぜひご一読ください。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

車を売るタイミングは車検の前?後?

車を売るタイミングは車検の前?後?

車を高値で売るために適した時期はいくつかありますが、車検時期もそのうちの一つです。では、車検の前と後ではどちらがお得なのでしょうか。車検の基礎知識と併せて、車検前と車検後を比較していきましょう。

車検とは?

「自動車検査登録制度」とも呼称される車検制度は、自動車が公道を走行するために必要な最低限の安全性を満たしているかどうか、検査のうえ登録する制度のことです。自家用車の場合は新車登録から3年目、その後は2年ごとに車検を受ける義務があります。

車検はガソリンスタンドやカー用品店などさまざまな場所で受けられますが、満了日を過ぎてしまうと公道を走行できません。

少なくとも車検の3カ月より前には売却しよう

車検の時期を考慮して車の売却時期を決めるのであれば、少なくとも車検の3カ月より前には売却するようにしましょう。

車の査定は、車検の残期間に応じて加点対象となります。車検の残期間が3カ月を過ぎてしまった場合は加点の対象にはなりません。これは、JAAI(一般財団法人日本自動車査定協会)によって定められている査定基準に明記されています。

一例として、車検の残期間が4カ月の軽自動車であれば、1点の加点です。なお、「車検の3カ月より前」という時期は、あくまでも加点対象になり得るという意味に過ぎないため、高値で売却することを目的としているならば、より早い時期に売却すると良いでしょう。

最初の車検前ならより高く売却できる

新車登録から3年目で最初の車検があります。より高値を狙いたい際は、新車購入から3年以内の車検前に売却するのがおすすめです。

理由として、車検費用を支払わずに済む点と、年式が新しい車は高値が付きやすい点が挙げられます。あまりにも走行距離が多かったり、事故などで車両の状態が悪かったりする以外は、高値を付けてもらえる可能性が高いでしょう。

新車を購入してからわずか3年以内で、売却や乗り換えを検討することに「もったいない」と感じる方も多いでしょうが、3年サイクルを目処に新車に乗り換えていくケースも多くあります。3年たつと、乗る用途やライフスタイルも変わることも多いため、その時期に適したカーライフを送れるというメリットもあります。

車検を通してからでは損をする確率が高い

車検費用の相場は、普通自動車の場合はおおむね10万円前後と言われています。車検の残期間に応じて加点対象とはなりますが、プラス査定を狙って車検を通してから売却しても、車検費用にかかった金額を回収できる可能性は低いでしょう。

車検を通した車とそうでない車での、売却価格の差は数万円しかないことが多く、車検が切れた状態の車でも売却は可能です。また、中古車取業者は車検切れの車であっても、安価で車検を通すノウハウを持っているため、車検切れを理由にマイナス査定につながることはありません。

タイミングは車検前だけじゃない!車が高く売れる時期

タイミングは車検前だけじゃない!車が高く売れる時期

車を売却するタイミングとして、車検を通す前はおすすめです。その他にも、需要と供給の関係で買取価格が高くなる時期や、車両の状態によって価格が変動する時期も存在します。

ここでは、車を売るのに最適な時期を認識するとともに、避けておくべき時期についても解説します。

車が高く売れる時期は1~2月と7~8月

中古車は適切な時期を選ぶことで高く売却できる傾向にあります。買取価格が上がる時期は、中古車の需要が高くなるときです。

卒業や進学の時期の3~4月や転勤が多い9月に向けて、1~2月と7~8月は中古車買取店では買取を強化します。多くの新大学生や新社会人は、4月からの新生活に向けて車を購入することも多いことが理由として挙げられます。この時期を狙って車を査定に出すと、相場より高く買い取ってくれる可能性があります。

また、決算期も車が高く売れる時期なので、愛車を手放したい時期と照らし合わせながら売却を進めると査定額もアップするでしょう。

フルモデルチェンジの前

フルモデルチェンジは車種によって違いはありますが、どの車種でも定期的に行われます。同じ車種の新しいモデルが発表される前と後の数カ月の差で、買取価格が大きく開くことも珍しくありません。フルモデルチェンジの情報をいち早く入手し、車の買い替えや売却について検討しましょう。

なお、旧型車の方が人気でモデルチェンジによって買取価格が上がる車種もまれにありますが、一部に限られます。

走行距離と年式が大台に乗る前

車は、走行距離が10万km、年式が10年を超えるタイミングで査定価格が下がる傾向にあります。走行距離が10万km、年式が10年を超えた車は、故障のリスクが高まることや、数字が持つ印象に大きな違いがあるためです。

新車では購入できない人気の高い車などでない限り、古い車や長距離を走った車の魅力はあまりユーザーには伝わりません。車を売却する際は、年式や走行距離が大台に乗る前に売却するよう意識しておきましょう。

自動車税課税前

自動車税は、毎年4月1日時点の所有者に支払い義務が生じる税金です。自動車税の額は総排気量によって分類され、排気量が多くなるほど税額は高くなります。

自動車税はその年の分をまとめて支払うので、4月1日の時点で車を所有していなければ支払い義務は生じません。

支払いは1年分を一括で支払うため、1年分の自動車税を支払ったあとに車を売却した場合、買取価格に還付金が含まれることもあります。しかし、法律で還付金を上乗せすることが定められているわけではないため、含まれないケースもあります。

自動車税を支払った後に売却を決めた際は、査定時に自動車税の還付があるかを事前に確認しましょう。また、自動車税の支払い分を査定額に含めてもらうより、3月中にすべての契約手続きを終えると、よりスムーズです。

注意!避けた方が良い時期について

車の売却において、4月と年末は車の売却は避けるべきだと言えるでしょう。

4月は自動車税課税のタイミングと被るため、売却して車が手元にないにもかかわらず自動車税の支払い義務が発生してしまい損する結果となります。また、年度末決算や新生活に向けた需要と供給が落ち着く時期でもあるため、買取相場が下がってしまう傾向にあります。

また、年末は何かと出費がかさむ時期なので、新たに車を購入するという方は少なく、買取相場が下がるケースが多いようです。

車検のタイミングで車を売る際の注意点

車検のタイミングで車を売る際の注意点

車検の前は車が高く売れる傾向にはありますが、期間に余裕を持つことや、車検が切れてしまった場合でも売却は可能なので、必要以上に気にすることはありません。ここからは、車検前に車を売却したい場合に注意したい点について見ていきましょう。

車検前に売るなら期間に余裕を持とう

車検前に売却する方が高値で売れるという点だけに注目して、車検直前になって慌てて売却手続きを始めることは避けましょう。

手続きに不備があった場合、車検の時期まで手続きが延びてしまい、結果的に車検費用を支払わなくてはいけないリスクも考えられます。また、中古車買取店選びを急いでしまうと、中古車買取店によって査定額は変わるので、そもそもの査定額が下がってしまうというケースもあります。

車検の前に車を売却するのであれば、できる限り期間に余裕を持って手続きをするようにしましょう。

車検が切れても売却可能

車検が切れた車でも売却できます。中古車買取店は車検切れの車を買い取った後、安価で車検を行い再販するノウハウを持ち合わせているため、車検に関しては、さほど重視していないことが多いようです。

万が一、車検が切れてしまった場合に注意すべきポイントは、車検が切れた車は公道を走れないという点です。その際は、無料の出張査定を行っている中古車買取店を探すと良いでしょう。

車の引き取りに必要となるレッカー費用も負担してくれることが多いため、車検切れの車を売る際には、無料で出張査定できる中古車買取店を選ぶようにすると良いでしょう。

車検切れの車を売る際の事前手続き

車検切れの車を売るのであれば、出張査定やレッカーの費用を負担してくれる中古車買取店を選ぶと良いでしょう。

出張査定を行っていない中古車買取店に車を持ち込む場合は、仮ナンバーを発行する必要があります。仮ナンバーは必要書類を用意の上、車を使用する当日か前日にお住いの市区町村の役所にて手続きすれば即日発行が可能ですが、発行費用の約750円とともに、時間や手間がかかります。

また、仮ナンバーでは申請したルート以外の走行は認められておらず、道路運送車両法35条により、仮ナンバーの有効期限は5日と定められています。また、有効期間5日以内に申請した窓口への返納も必要となり、返却期限を過ぎると罰則が科せられることもあります。

なお、仮ナンバーに必要な書類は以下の通りです。

  • 自動車臨時運行許可申請書(市町村の役所で取得可能)
  • 運転免許証
  • 車検証
  • 自賠責保険証(有効期限内、または有効期限が1カ月以上など自治体により異なる)
  • 認印
  • 手数料

車検にかかる費用項目と目安

車検にかかる費用項目と目安

車検を通すためにはさまざまな税金や手数料が必要です。車検前の査定額と車検後の査定額の差を見極めるためにも、車検にかかる内訳に関しても知っておきたいところです。車検で支払う項目は主に6つあります。ここでは、それぞれの費用について解説します。

車検にかかる費用

    車検にかかる費用は以下の6つの項目です。
  • 自動車重量税
  • 自賠責保険料
  • 印紙代
  • 車検基本料
  • 代行手数料
  • メンテナンス料

それぞれが一体どのような費用なのかという特徴と、費用の内訳を知っておきましょう。

自動車重量税

自動車重量税は、車の重さに対して課される税金です。車両が道路を走ることで劣化する道路を補填することを目的に定められています。車両を所有しているだけでは課税されない税金ですが、車検を通すことは公道を走行する車両に課せられた義務です。自動車重量税の支払いをしていないと車検を通せません。

自動車重量税は、自動車の重さによって税額が決まります。エコカー減税対象の車では25~100%の減税が適用されている場合もあります。自動車重量税の額を確認するときは、愛車が減税対象になっているか確認してみましょう。

2年自家用の乗用車の重量税

・0.5トン以下
 エコカー:5,000円
 エコカー対象外:8,200円
 13年経過:1万1,400円
 18年経過:1万2,600円
・~1トン以下
 エコカー:1万円
 エコカー対象外: 1万6,400円
 13年経過: 2万2,800円
 18年経過: 2万5,200円
・~1.5トン以下
エコカー:1万5,000円
 エコカー対象外: 2万4,600円
 13年経過: 3万4,200円
 18年経過: 3万7,800円
・~2トン以下
 エコカー:2万円
 エコカー対象外: 3万2,800円
 13年経過: 4万5,600円
 18年経過: 5万400円

自賠責保険料

自賠責保険とは、正式には自動車損害賠償責任保険と言います。これは、公道を走るすべての自動車に加入が義務付けられている保険です。車を運転する上で加入が必須の保険で、「強制保険」とも呼ばれています。交通事故が発生した場合の被害者への傷害・後遺症・死亡の補償を行うための制度です。

金融庁が保険料を定めており、保険料は軽車両と自家用普通自動車で異なります。原則保険料は一律ですが、長期分の保険料をまとめて支払うことで1カ月あたりの保険料が安くなります。金融機関によって金額は異なる可能性があることを把握しておきましょう。下記はあくまでも一例です。

    24カ月の保険料目安
  • 自家用自動車:2万10円
  • 軽自動車:1万9,730円

印紙代

印紙代は車検を通す上で支払う手数料です。車検が完了すると発行されるステッカーも、このに発行するための手数料が含まれています。印紙という切手のようなものを購入することで支払いが完了します。

印紙代は、新車・中古車購入時の新規検査、車検時の継続検査、車を改造したときの構造等変更検査で費用が異なるのがポイントです。なお、車を購入した際の新規検査は個人で行うことはありません。

印紙代(指定整備)
継続検査
・普通自動車・小型自動車:2,000円(ワンストップサービス:1,800円)
・軽自動車:1,900円

車検基本料

検査費用は、車検を受ける上で24カ月定期点検にかかる費用のことです。24カ月定期点検では、同一性の確認・外回り検査・サイドスリップ検査・ブレーキ検査・スピードメーター検査・ヘッドライト検査・排出ガス検査・下回り検査などの全56項目の検査が義務付けられています。

この検査は1万~5万円が一般的です。検査を行う中古車買取店によって費用が異なり、カー用品店では安くなり、ディーラーでは高くなる傾向があります。

代行手数料

車検を代行してもらうための手数料として必要になるのが車検です。手数料は各中古車買取店で設定額が異なります。の相場は1万~2万円ほどが相場です。

ユーザー自身でも手続きは可能ですが、必要書類を揃えたり、運輸支局に行って手続きをしたりするのは手間がかかります。また、車検を通す際には車を万全の状態にしておく必要もあるため、車検を扱っている中古車買取店に手続きまでを依頼するのが一般的です。

メンテナンス料

車検の点検の際に、車の不備や部品の消耗が発見されて部品交換などのメンテナンスが必要になることがあります。その際にかかってくるのがです。

新車購入後初めてのメンテナンスでも、オイル交換やバッテリー交換などでメンテナンス代は必要です。消耗部品の交換だけではなく、タイヤ交換やホイールアライメントなど、整備箇所が多いほど費用は増えます。

車検前のタイミング以外に車を高く売るコツ

車検前のタイミング以外に車を高く売るコツ

車を高くお得に売るためには、タイミングや時期以外にもさまざまなコツを心得ておく必要があります。簡単にできることも多いため、車を売ることが決まったらぜひ試してみましょう。

中古車買取店を選ぶ

車は下取りに出すより中古車買取店へ売却する方が、高額になる傾向です。

中古車買取店は買い取った中古車の販売経路を確保しており、顧客のニーズに応えるために多種多様な車を揃えようと、できる限り高い査定額を提示してくれるでしょう。知名度が高い全国店舗を展開する中古車買取店なら、より高値売却を目指せる可能性も高まります。

また、下取りは下取り価格を比較できませんが、買取であれば複数の中古車買取店の査定額を比較できます。自分が納得できる価格での売却がしやすいだけではなく、名義変更などの書類手続きの代行依頼も可能です。

中古車買取の相場を事前にチェックする

中古車の買取相場をあらかじめ調査しておくことも、高価買取のためには重要な要素の一つです。中古車買取店の中には、買取相場情報をインターネット上に提供している中古車買取店も多いため、情報収集は難しいことではありません。

また、買取相場ではありませんが、トヨタや日産が提供している下取りシミュレーションサービスも参考になるでしょう。

相場情報を認識しておくと自分の車の市場価値が分かり、買取契約の際に交渉を有利に進められる可能性が高まります。

査定前には車内を清掃する

中古車は買い取った車を清掃したあとに販売されるのが基本ですが、車内を掃除することによって高額査定を狙えるわけではありません。

しかし、汚れが付きやすく目立ちやすい車内のフロアマットやシートのほこり、天井のシミ、エアコンの吹き出し口、ドリンクホルダーなどを掃除しておくことで査定士への印象はアップするでしょう。

また、車内の臭いやペットなどの毛、たばこのヤニに関しては減点項目となるため、事前に掃除しておくと良いでしょう。

純正オプションはアピールする

車の純正オプションは、メーカーオプション、ディーラーオプションの2つに分類されます。メーカーの工場で取り付けを行うメーカーオプションは人気が高いため、査定に出すと査定額アップにつながります・

一方で、社外品の場合は査定ではあまり評価されません。希少価値の高いものであったり、人気が高いものであったりする場合は、査定の際に評価される場合もあります。バックモニターなどは人気が高いため、評価の対象になることもあります。

純正オプションは基本的に車を購入したときにつけるものです。車を購入したときの見積書を見て、どのようなオプションを装着したかを事前に確認し、準備しておきましょう。

小さい傷は修理せずに査定に出す

車体に傷があると査定額は下がりますが、小さい傷であれば修理せずに査定に出しましょう。傷といっても程度はさまざまですが、ごく浅い小さな傷程度では査定額への影響はないでしょう。

傷を直す前と後で査定額が変わらないことがほとんどのため、小さな傷はそのままにして査定に出しましょう。

複数の中古車買取店を比較して選ぶ

複数の中古車買取店を比較することで、ひとつの中古車買取店で査定を行うよりも高値売却を目指すことが可能です。

中古車買取店はさまざまなお客様のニーズに応えるために、多くの車を揃えようとするのが一般的でしょう。他店でも見積もりを出してもらったことを伝えると、査定額が上がることもよくあるようです。競合の中古車買取店同士を比較することも一つの方法でしょう。

一括査定サービスを活用する

一括査定とは、売却したい車の情報を一度入力するだけで、複数の中古車買取店に査定依頼ができるサービスです。

一括査定サービスを利用することで、複数社に足を運ぶ手間が省け、複数社の査定額を比較できます。店舗に行く予定のなかった中古車買取店の見積もりも確認できるため、高価買取をしてくれる中古車買取店の見落としがなくなります。

一括査定サービスを提供している会社は数多く存在します。できるだけ多くの中古車買取店と提携していて、過去の実績を公開している信用できる会社の一括査定を利用しましょう。

車を売るなら買取カービューがおすすめ!

車を売るなら買取カービューがおすすめ!

車を売るタイミングを見極めることは車を高く売るために必要ですが、同時に売却する中古車買取店の見極めも大切です。中古車買取店選びに迷ったときは、買取カービューの「愛車無料一括査定サービス」を、ぜひご利用ください。

提携業者数300社以上!あなたに合った中古車買取店が見つかる

買取カービューの「愛車無料一括査定サービス」は、車両情報とお客さま情報を入力し、車の査定を依頼したい中古車買取店を最大8社お選びいただくと、ワンクリックで全ての査定依頼が完了します。査定後は、ご自身に合った中古車買取店をお選びいだき売却先を決定する流れです。

さまざまな特徴と得意分野を有した中古車買取店と提携しているので、ご希望に沿った中古車買取店とご契約いただける可能性が高まるでしょう。

利用実績450万件以上!安心・安全のサービスを提供

買取カービューの利用実績は450万件を超えています。JPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)加盟事業者として、お客さまが安心・安全にご利用いただけるサービスづくりを心がけています。

車の売却に不慣れな方に対しても、丁寧に対応する優良な中古車買取店ばかりですので、個人情報のセキュリティも含めご安心いただけるでしょう。

まとめ

まとめ

車を高値で売るためには、車検時期も含めたタイミングを見極めることが不可欠です。できる限り自分の希望に沿った売値で買い取ってもらえるよう、愛車の車検時期や、中古車の需要が高まる時期、フルモデルチェンジの時期などを確認すると良いでしょう。

買取カービューでは、実績も豊富で、提携する中古車買取店は約300社以上です。複数の中古車買取業店を比較する一括査定により、愛車を高く売却することが可能です。車の売却先に迷った際は、ぜひ買取カービューの「愛車無料一括査定サービス」を、ぜひご利用ください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーの口コミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

トヨタ プリウス
実際の査定金額
70.0万円
見積り数
5社
査定満足度
3.5
ユーザーコメント

オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

ホンダ フィット
実際の査定金額
63.9万円
見積り数
5社
査定満足度
5
ユーザーコメント

一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

日産 セレナ
実際の査定金額
75.0万円
見積り数
8社
査定満足度
5
ユーザーコメント

はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

買取カービューについて

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営する株式会社カービューが提供しています。Yahoo!JAPANグループのカービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP