現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 売却ガイド > リコール対象車を売る方法とは?買取額への影響についても解説

売却ガイド

リコール対象車を売る方法とは?買取額への影響についても解説

リコール対象車を売る方法とは?買取額への影響についても解説

たびたびニュースになるのが「車のリコール」です。リコール対象車とは、自動車の設計や製造過程などでなんらかのトラブルがあった車のことをいいます。対象になった車はメーカーが車を無償で回収し、修理して返却されるのが一般的です。
愛車がリコール対象車だった場合、手放す際に「中古車として売却できるのか不安」と感じている方もいるのではないでしょうか。
そこでこの記事では、リコール対象車を買取店で売ることはできるのかについて解説していきます。対象車を売る予定の方は、今のうちに売却時のポイントを覚えておきましょう。この記事を読めば、対象車を売るときの知識を学べます。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

リコール対象車は売れるの?

リコール対象車は売れるの?

メーカーが回収、修理するのが一般的なリコール対象車ですが、買取店で売ることはできるのでしょうか。ここでは、専門業者で売ることができるかどうかを分かりやすく解説します。

また、気になる買取価格への影響があるかどうかも今のうちにチェックしておきましょう。

リコール対象車は売ることができる!

結論からいうと、リコール対象車は売ることができます。過去にリコールの対象であった車も現在対象になっている車も、中古車として査定に出すことは可能です。

買取業者もリコール対象車であることは理解していますが、だからといって買取を拒否するケースはほとんどないでしょう。過去にリコール対象になっていた自動車が買取店で売られているのは、よくみられる光景です。

リコールによる修理は買取価格に影響しない

実際に車を査定に出せたとしても、査定額が低くなるのではと不安な方もいるでしょう。リコールによる修理によって、買取価格が下がることはありません。

ただし、車の査定額はそのときの需要によって変わります。たとえばリコール対象車がニュースで取り上げられその車を買いたい人が少なくなれば、必然的に店舗での販売価格は下がります。

お店での販売価格が下がるので、買取価格も下がってしまうのです。対象車であるかどうかではなく、そのときの車の人気度が買取価格に影響すると考えておきましょう。

リコール対象車を売るときに覚えておきたいポイント

リコール対象車を売るときに覚えておきたいポイント

ここでは、リコール対象車を売るときに知っておきたい3つのポイントを紹介していきます。リコール箇所の修理の有無や、それ以外の査定対象などについて把握しておけば、より高値で車を売ることができるかもしれません。査定に出す前に売り方を覚えておきましょう。

リコール箇所は修理しないで売ってもOK

リコールされる車は、本体になんらかのトラブルがある車です。しかし、リコール箇所を修理しないで売ったとしても、査定額に影響されることはほとんどありません。たとえトラブル箇所を修理していなくても、メーカーに回収してもらえば無償で修理してくれるためです。

リコール対象になったからといって修理が必須というわけではないので、その点は安心できるでしょう。

ただし、トラブル内容が燃料漏れやシートベルトの欠陥など重要なものであった場合は、事前にメーカーで修理しておくと安心です。あらかじめ修理をしておくことで査定士からの印象も良くなるでしょう。

リコール箇所以外の修理は査定対象になる

リコール箇所は修理しなくても査定が下がることはほとんどありませんが、それ以外の欠陥やトラブルは通常通り査定額に影響します。

リコール箇所は業者が買い取った後であってもメーカーが無償で修理してくれます。しかし、それ以外のトラブルは自己責任で修理しなければならないので、対象車だからといってほかの欠陥部分も大目に見てもらえるわけではありません。

事故によるボディの傷やエンジンのトラブルなど、リコールと関係ない部分で問題があれば、通常の自動車と同じように査定がマイナスになります。このような問題はプロがチェックすればすぐに見抜かれるので、事前に申告しておきましょう。

自分でも簡単に修理できる程度のトラブルであれば、あらかじめ直しておくとプラス査定になる可能性が高まります。

愛車の価格相場を把握しておくことが大事

通常の車の売却と同じく、事前に愛車の価格相場を把握しておくことは大切なポイントです。相場を把握しておくことで、査定の適正価格を知ることができます。業者によってはリコール対象車であることを理由に、相場よりも安い値段で査定を出してくることがあるかもしれません。

売却するモデルの相場を事前にチェックしておけば、安い査定額が出たときに「おかしいかも」と気づけるでしょう。「リコール対象車だからしかたない」とあきらめることなく、より適切な値段で車を売却できる可能性が高まります。

車の相場はインターネットでも簡単にチェックできるので、必ず確認しておきましょう。

そもそもリコールとは?

そもそもリコールとは?

ここまで対象車の売り方や査定への影響などについて解説してきましたが、そもそもリコールとは何なのか、リコールの定義や情報を確認する方法などについて解説していきます。

リコールについての知識を深めておけば、車の売却時だけではなくこれから車を使用するときにも役立つでしょう。

リコールとは

リコールは正式には「リコール制度」と呼ばれます。これは、車の設計や製造過程などでトラブルがあったときに、メーカーが回収して無償で修理する制度です。

メーカーは、国土交通省にリコールについての事前届出を行って車の回収を始めます。届出を受け取った国土交通省は以下のような役割を担い、リコールを公表します。

・不具合情報の収集・分析
・回収や修理状況のリサーチ
・回収や修理状況への指導

この制度は自動車本体だけではなく、タイヤやチャイルドシートなどでも適用されることがあります。

参考:『自動車のリコール・不具合情報 国土交通省』

リコール情報を確認する方法

リコールの対象になった車のオーナーには、自宅にメーカーやディーラーなどから通知書が送付されます。ただし、引っ越しなどによって通知書が届かないこともあるので注意が必要です。

通知書を受け取っていなくても、自分の車が対象車であるかどうか不安になることがあるかもしれません。新聞やテレビなどの告知で自分の車が対象になっていることに気づくオーナーもいるようです。そのようなときはほかの方法でリコール情報を確認しましょう。

リコール情報を確認するには主に2つの方法があります。ひとつは、自動車メーカーのサイトで調べる方法です。リコールがあったときはメーカーのホームページで必ず発表されるので、まずはメーカーサイトを確認してみましょう。

2つめは国土交通省のサイトで調べる方法です。サイト内にある「自動車のリコール・不具合情報」にアクセスすると、対象になっている車種の確認ができます。

愛車がリコール対象車になったときの修理手順

愛車がリコール対象車になったときの修理手順

愛車がリコール対象になったとき、どのように修理を依頼するのでしょうか。ここでは、対象車の修理手順について解説していきます。

リコール制度と聞くと「手続きが難しいのかも」と不安になるかもしれません。しかし、手順をひとつずつクリアしていけば、トラブルなく回収から修理までを完了できます。

1.ディーラーに連絡をする

リコールを依頼するときは、事前予約をしておく必要があります。そのため、はじめにディーラーに連絡をしましょう。ディーラーに電話するときは、車検証と届いた通知書を手元に用意しておきましょう。

電話で入庫日の日時を決めるのが一般的です。ディーラー側のスケジュールと、こちら側のスケジュールを合わせます。特定の部品が必要なときは、部品が入荷しなければ入庫できないこともあるので確認しておきましょう。

2.入庫日時に車を修理に出す

入庫日時になれば、車を修理に出して、あとは修理が終わるのを待つだけです。このとき、修理内容によっては車の返却までに数日かかることもあります。

返却までに時間がかかる場合は代車を用意してくれますが、ディーラーへの電話連絡時に代車が必要かどうか連絡しておくと、当日の受け渡しがスムーズです。

修理が終われば無事に返却となり、今までと同じように乗ることができます。分からないことや詳しく知りたいことがあれば、ディーラーへ相談すると丁寧に対応してくれるでしょう。

高額査定を狙うならcarview!中古車一括査定サービスがおすすめ!

リコール対象車を売るときは、一括査定の利用がおすすめです。一括査定とは、一度の情報入力で複数の買取業者に見積もりが依頼できるサービスのことをいいます。

一括査定サービスでは複数の業者に見積もりを依頼できるので、より高額で買い取ってくれるお店を探しやすくなるのがメリットです。また、業者側もほかの競合店に取られないように、高めの査定額を出してくれる可能性が高まります。

carview!車買取では、無料で一括査定の利用が可能です。carview!中古車一括査定サービスは利用実績500万人を突破しており、全国にある300社以上の提携業者からお店を選べます。

スマートフォンやパソコンなどのデバイスがあれば簡単に見積もり依頼ができるので、車の売却を考えている方はお気軽にご利用ください。

まとめ

まとめ

リコール対象車を売却するときのコツや、情報の確認方法などについて解説してきました。対象車であっても買取店で査定に出すことはできるので、ポイントを踏まえた上で売却に臨みましょう。

carview!車買取では、リコール対象車でも一括査定サービスが利用できます。利用者からの評判も高く、簡単無料で利用できるのが特徴です。一括査定サービスを利用すれば、より高額で売却できる可能性が高まります。買取を検討している方はぜひお気軽にご利用ください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ