売却ガイド

車を売る場所はどこがおすすめ?高額査定のコツ教えます

車を売る場所はどこがおすすめ?高額査定のコツ教えます

車を所有している際に、「車の維持費が大変」「車に乗らなくなった」などの理由から愛車を手放そうと考えている方もいるのではないでしょうか。手放す際に車を売るのであれば、なるべく高い価格で売りたいと思う事があります。愛車をどのように売却するかによって、得られる金額が大きく異なるかもしれません。
この記事では、車を手放す際に役立つ業者選びのポイントとあわせて車の売却先についてご紹介します。車を高く売るコツについても詳しく解説するので、売却前にきちんとチェックしておきましょう。売却先を適切に選ぶことによって、納得のできる取引につなげられます。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

車を売る場所は主に4つ

車を売る場所は主に4つ

車を売る場所は主に4つあります。ディーラーや中古車買取店、オークション代行業者、個人売買です。それぞれの場所の特徴や、メリット、デメリットをご紹介します。

デメリットもきちんと把握しておくことで、不要なトラブルや手放したあとの後悔を避けられるでしょう。

ディーラー

ディーラーでの下取りは、煩雑な手続きもなく簡単に車を手放せます。新しい車を購入することを前提とした取引です。購入と売却を同時に進められる点はメリットといえます。

しかし車の売却金額を新しい車の購入金額から引くため、購入をしない場合はディーラー下取りを選択できません。下取り金額が自分の手元に現金として残らない点も把握しておく必要があります。

中古車買取店に比べて、売却金額が低くなる点もデメリットです。車の買い替えが目的ではない方や、現金を手元に欲しい方にはディーラーでの下取りは向いていないでしょう。

中古車買取店

中古車買取店では、高額買取になりやすいという点がメリットです。多くの中古車買取店では独自の販売ルートを確立しており、高額買取が可能になっています。複雑な手続きを中古車買取店に任せながら、複数社の査定額を比較できることもメリットです。

デメリットとしては中古車買取店によって査定額にばらつきがあることといえます。中古車買取店によって得意とする車種などが異なることが理由です。

売却の際は買取を行った車の販売ルートだけではなく、海外への販路があるかどうか、愛車と同じような車に強いかどうかなど多くのポイントを確認する必要があります。

オークション代行

オークション代行は、業者に代行依頼をして車をオークションに出す方法です。オークションに出すことで、仲介業者の利益分をカットできるという利点があります。相場に近い価格で売却できる点もメリットです。

しかしオークションにはリスクがあります。オークションに出したからといって、売れる保証はありません。売れない場合でも代行手数料がかかるケースもあるため、事前の確認が必要です。

オークション代行を依頼する際にきちんと取り決めをしていない場合、後々トラブルになりやすいという欠点もあります。オークション代行をする時は、依頼先や条件など慎重に進めましょう。

個人売買

個人売買では、名義変更などの書類手続きを個人で行う必要があります。車両や自賠責保険の名義変更は買い手側がすることが一般的です。

フリマアプリなどで個人売買をする方も増えてきました。見ず知らずの人と取引をするため、買取業者とやり取りをする時よりも慎重になる必要があります。書類では個人情報を扱うためです。信頼できる人かどうかの見極めが重要だといえます。

個人売買でのトラブルを避けるためには、代行サービスを利用する方法がおすすめです。車の査定や名義変更を代わりに行ってくれるサービスで、個人売買でもリスクを軽減した取引ができるでしょう。

個人売買のデメリットは個人間のトラブルです。契約をする前に双方で正しく情報を共有できているかを確認しながら慎重に進めていく必要があります。

車を高く売るためには場所選びが大切

車を高く売るためには場所選びが大切

愛車をより高く売却するためには、業者(場所)選びが重要です。店舗ごとに特徴や得意分野が異なることから、業者間で比較することで高額買取に近づきます。

一般的に下取りよりも買取の方が高額査定になりやすいため、車を高く売りたいと思う時は買取業者を優先して選びましょう。こちらでは一括査定についてもご紹介するので、車の売却を考えている方はぜひ参考にしてください。

下取りではなく買取にする

下取りの魅力は手続きの簡潔さです。一方で、下取りは新車の購入費用としてしか使えない欠点があります。売却したお金で新車を買うとしても、下取りよりも買取業者の査定額のほうが総合的に見ると高額になる傾向がある点を覚えておきましょう。

しかし、買取業者はハードルが高いと思っている方もいるのではないでしょうか。買取業者であってもそれほど煩雑な手続きは必要ありません。書類の手続きは代行依頼が可能で、自ら行わなくても手続きが完了します。

必要書類は自ら揃える必要がありますが、ほとんどの書類はグローブボックスの中に保管してあるでしょう。書類を紛失している場合も業者に相談すれば、対処方法を教えてくれます。買取による車の売却は、車のプロに頼れるのも魅力といえます。

優良な買取業者を見つける

優良な買取業者を探す時の手段の一つとして、買取実績や口コミを確認し、利用者が満足する査定を行っているかを調べます。実際の営業傾向や評価を知ることで、自身の希望に近い査定が見込めるかの判断基準として検討できるためおすすめです。

また、日本自動車購入協会(JPUC)の適正買取店に認定されている業者であれば、中古車売買に関する厳しい審査をクリアしているので安心できます。他にトラブル回避の手段として、大手の買取店を選んだり、長年経営している買取業者を選ぶのも良いでしょう。

複数の業者で査定を受ける

買取業者によって査定額にばらつきが出ることが多いため、複数の業者で査定を受けることは重要です。より多くの買取業者に査定を依頼することによって、たくさんの見積もりを手に入れられるでしょう。見積もりが多いほど、その時の愛車の相場が分かります。

高値をつける買取業者が把握しやすいのも特徴です。1社だけに依頼するのではなく、複数の業者に査定を依頼して業者同士を競わせましょう。

買取業者の販売ルートや抱える顧客の数も査定額に影響を与えます。知名度のある大手買取業者の方が高い査定額であるというわけではないため、愛車に合う買取業者を見つけることが大切です。

一括査定サービスを利用する

複数の業者に対して効率的に査定を依頼する方法が、一括査定サービスです。手間を減らしつつ好みの買取業者へ査定を依頼できるため、複数の業者から見積もりをもらいたい場合は一括査定サービスの利用がおすすめです。

業者の得意ジャンルによっては査定額の金額差が大きくなることもあるため、複数の業者を比較してみると良いでしょう。

車を売る場所が決まったら買取の流れを確認しよう

車を売る場所が決まったら買取の流れを確認しよう

車を売る場所を選んだ後は、スムーズに買取が終えられるように順を追って手続きを進めましょう。どの買取業者も基本の流れは同じ場合が多いので、中古車買取業者に売却する流れを3つの工程に分けて解説します。

売却完了までは遅くて1か月、早くて1週間〜2週間ほどかかると見て良いでしょう。そのため、焦らずに手続きが終えられるよう、売却を終えたい日程から余裕を持って行動することがおすすめです。

1.買取業者に査定依頼をする

売却したい買取業者に査定を申し込みます。大半の買取業者は、ウェブサイトや電話での申し込みが可能です。査定方法には持ち込み査定と出張査定の2種類あり、申し込みの際にどちらかを選んで査定を依頼します。

持ち込み査定は店舗に車を持ち込んで査定を受ける方法となっており、出張査定は自宅など指定した場所まで査定に来てくれます。店舗まで出向くのが難しい場合や都合の良い時間に来て欲しい場合は、出張査定を申し込むと良いでしょう。

2.査定を受け査定額に納得したら契約する

査定後に提示される査定価格に納得できれば、次は売却手続きに入ります。契約書の作成や書類の準備、車を引き渡す日程を調整します。必要書類を以下にまとめましたが、普通自動車と軽自動車で用意する書類に違いがあるので注意しましょう。

  • 自動車検査証
  • 自動車納税証明書(軽自動車納税証明書)
  • 自賠責保険証明書
  • 印鑑登録証明書(軽自動車の場合はなし)
  • 実印(軽自動車は認印可)
  • 自動車リサイクル券
  • 譲渡証明書や委任状(軽自動車の場合はなし)
  • 自動車検査証記入申請書(普通自動車の場合はなし)

3.車を売却する

指定した日時に車を引き渡します。引き渡す前に車内に私物を置き忘れていないか確認しましょう。他にも、ドライブレコーダーやオーディオ類のメディアをそのままにしていないか、カーナビの個人情報は消去しているかも確認します。

車両を引き渡した後、入金を確認したら売却完了です。予定した日に振り込みされない場合は買取業者に連絡を入れて確認しましょう。

車の買取価格が決まる基準

車の買取価格が決まる基準

愛車を売る場所によって買取価格が異なりますが、車の買取金額が決まる基準はどのような項目があるのでしょうか。中古車の買取価格は、相場や車の状態によって変化します。

価格の決定は何を基準にしているのかを把握しておけば、売却の際に参考にできるでしょう。そこで、一般的にチェックされる車の買取金額が決まる基準についてご紹介します。

年式や走行距離

年式が新しく、走行距離が短いほど買取額は高い傾向にあります。目安として、走行距離は年間約1万kmが平均的な数字です。年式が5年以上経過した車は古い部類に入ります。

車がどのモデルかによっても価格の目安は変わり、現行のモデルは高値が付きますが、型落ちしたタイプは安い査定額になりやすいケースがほとんどです。

車の内部や外装の状態

外装は主に傷やへこんだ箇所がないか、汚れがひどくないかどうかを確認します。車のボディカラーも価格に影響し、ブラックやパール系統のカラーは人気色であるため中古車市場で人気があり、相場価格も高めです。

内部もエンジン回りや装備といった車の動作に関わる部分や、車内の汚れ・においのチェックも行います。

地域によっても価格差がある

車の買取価格は基本、年式や走行距離といったスペックや見た目の傷み具合などが大きく影響します。しかし、その買取店がある地域によっては需要が異なり、買取にも価格差が生じることがあります。

例えば、単身者が多く住む地域では軽自動車の人気が高く、富裕層が多い場所では高級車の需要が生まれます。気候の面でも人気車種に影響があり、たとえば、雪が多く降る地域では4WD車が人気で、走行性能が良い車の買取価格が高くなりやすい傾向です。

知っておきたい車を高く売るためのコツ8選

知っておきたい車を高く売るためのコツ8選

車には高く売れる時期があることをご存じでしょうか。また、査定に出す前に車を清掃するだけで、査定士の心象がよくなり査定額に影響することもあります。こちらの誠意や熱意が査定額に反映されることもあるでしょう。

事故歴や修復歴を正直に申告するなど、査定士との信頼関係も重要です。こちらでは車を高く売るためのコツを8つご紹介します。

高く売れる時期やタイミングで売る

中古車の相場は日々変動します。一般的に1〜2月と7〜8月に高く売れる傾向があります。この時期がボーナスや会社の決算時期にあたるためです。買取業者としては、買取額が高くなっても在庫を確保しておきたいということも理由の一つだといえます。

車の走行距離も重要です。たとえば4万8,000kmと5万1,000kmでは、大きく印象が異なるでしょう。車をより高く売却するには5万kmなどの大台にのる前のタイミングで査定に出すのがベターです。

売却時期を狙いすぎて、売却の時期が遅くなればなるほど愛車は古くなってしまいます。総合的に愛車の価値を判断して、一番高く売れる時期やタイミングを見極めましょう。

洗車と車内清掃をする

車の見た目がきれいであれば、その車が大事にされているという印象を抱くのではないでしょうか。洗車がされておらず車内もほこりだらけの車では、きちんと整備がされているのか不安になるかもしれません。

査定額を決定するのは人であるため、きれいに洗車された車や車内を掃除してある車は良い印象を抱くでしょう。きれいにされている車は、大切に乗ってもらえているという印象にもつながります。大切に乗られていれば車の不調も少なくなるのが一般的です。

洗車や車内清掃をすることで、査定士への印象が良くなり査定額に影響することもあります。普段からきれいにしておくことが一番ですが、査定の前だけでも洗車と車内清掃をして、高額買取につなげましょう。

細かな傷は消しておく

小さな傷は市販の研磨剤で消せることがあります。大きな傷は自分で対応できなくても、細かく浅い傷の場合は研磨剤で消しておくことで査定額アップを期待できるでしょう。

研磨剤はホームセンターやカー用品店などで手に入ります。通販でも手に入れることが可能です。細かな傷は専門家に頼むことなく自分一人でも対処できます。難しいことはなく、コツを掴めば誰でも簡単に扱えるでしょう。

ドアの鍵穴付近や洗車の際についた傷はよく見ると目立つものが多いといえます。車を使用していれば傷を一切避けることは不可能です。走行中の飛び石など深い傷はそのままにしておき、自分で対処できる細かい傷を消しておきましょう。

事故歴や修復歴は正直に申告する

査定額に大きく関係するのが事故歴や修復歴です。査定額が減額されることを恐れて嘘の申告をしてしまうと、トラブルになるかもしれません。事故歴や修復歴を正直に申告しなかった場合、減額請求や契約キャンセルだけではなく、損害賠償請求にまで発展する恐れがあります。

事故歴や修復歴はいずれ把握されると考えておきましょう。査定士は車の査定のプロです。さまざまな要素から事故歴や修復歴を見るため、隠し続けることは不可能といえます。

事前に伝えておくことによって良い印象を与えることが可能です。隠したいことを自ら伝えることで、価格交渉が有利になることもあります。

純正パーツや付属品を準備する

車を購入した際についてきた純正パーツや付属品を、使わずにしまっていたという方もいるのではないでしょうか。純正パーツや付属品は、査定の際に準備しておくことでプラスの評価につながります。愛車の売却を考えているのであれば、一緒に査定に出すと査定額がアップするでしょう。

ただし、純正ではないパーツや付属品ではプラスの評価を得られることは難しいといえます。社外品はメーカー保証の有無という点でも不利でしょう。社外品メーカーの保証はあるかもしれませんが、需要が高いのは車メーカーの保証です。購入時についていた取扱説明書やメンテナンスノート、スペアキーも査定額アップにつながります。

愛車の良いところをアピールする

「純正のカーナビがある」「ETCがついている」など、愛車の良いところを存分にアピールしましょう。査定士はアピールされた内容も含めて査定額を出します。事故歴や修復歴がない以外にも、定期的にメンテナンスをしていたこともアピールポイントです。

他にも本革シートなどの高級感をアップさせるオプションもプラスの評価につながります。アピールしなければ伝わらない可能性もあるため、愛車の価値を最大限引き出せるような売り手の言動も重要です。

買取業者によって査定額に反映できるポイントは異なります。カスタマイズをしている場合はカスタマイズカーに強い買取業者を選ぶなど、愛車のアピールポイントを十分に伝えられる買取業者を選びましょう。

売る気がある姿勢を見せる

売る気がある姿勢を見せれば、査定額を上げてくれる可能性があります。売る気があることをきちんと伝えるためにも、査定士とのコミュニケーションは大切です。

売る気がある姿勢を具体的に見せるには、手放す理由や時期について明確に伝える方法があります。査定時に売却に必要な書類を持参していけば、売る気があることは一目瞭然でしょう。

書類は売却先を問わず必要になるものであるため、用意しておいて損はありません。印鑑証明書など一部の書類は有効期限があるので注意が必要ですが、売却の意思を伝えるには有益な方法といえるでしょう。

価格交渉をする

愛車を手放す時は、双方納得のいく価格で契約するのがベストといえます。そのためには価格交渉をするのもひとつの手段です。

価格交渉をする際は愛車の相場を把握する必要があります。相場からかけ離れた額で交渉しても、売却の意思を疑われるだけではなく要注意ユーザーとして認識される可能性があります。あくまでも相場をふまえたうえで、常識の範囲内での価格交渉をしましょう。

価格交渉のコツは、今回ご紹介してきた上記の車を高く売るためのコツが使えます。愛車を手放す時期を明確にしたり、愛車の良いところをアピールしたりすることで、価格交渉を有利に進められるでしょう。

車を売る場所に迷ったらcarview!車買取で一括査定を!

高価買取を目指して車を売却できる場所を探すには、carview!中古車一括査定サービスを利用すると良いでしょう。一括査定が利用できる業者の多いcarview!車買取では、一度に最大で10社の買取業者に見積もり依頼ができます。

また、JPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)に加盟しているため、利用の際は安心感を持てます。一括査定を利用することで高額査定を目指せるため、carview!中古車一括査定サービスはおすすめです。

まとめ

まとめ

車を売る際は中古車買取店がおすすめです。ディーラーでの下取りは安値を提示される可能性が高く、個人売買は書類の手続きなどでトラブルに発展するリスクがあります。

買取業者を探す際、手間なく高値の売却を目指したい場合は一括査定サービスの利用をおすすめします。高く売るためのコツを参考にして、後悔のない取引をしましょう。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーの口コミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

トヨタ プリウス
実際の査定金額
70.0万円
見積り数
5社
査定満足度
3.5
ユーザーコメント

オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

ホンダ フィット
実際の査定金額
63.9万円
見積り数
5社
査定満足度
5
ユーザーコメント

一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

日産 セレナ
実際の査定金額
75.0万円
見積り数
8社
査定満足度
5
ユーザーコメント

はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

買取カービューについて

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営するLINEヤフー株式会社が提供しています。LINEヤフー株式会社のカービューサービスは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP