現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 売却ガイド > 車を売るのは最短でどれぐらい?高額査定をスムーズに実現するためのポイント

売却ガイド

車を売るのは最短でどれぐらい?高額査定をスムーズに実現するためのポイント

車を売るのは最短でどれぐらい?高額査定をスムーズに実現するためのポイント

車の売却は現金を手にするひとつの方法です。下取りに出せば、新しい車を入手できます。車を売りたい方のなかには、1日でも早く売ったり買い替えたりしたいと思っている方もいるのではないでしょうか。
そこでこの記事では、車を最短で売るためのポイントについてご紹介します。少しでも早く売却したい方におすすめの情報です。記事を読むことで最短の期間とはどのくらいかが分かります。速やかに売却して現金や新しい車を入手しましょう。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

車は最短どのくらいで売れる?

車は最短どのくらいで売れる?

車を最短で売りたいと思うなら、2日~3日で売れます。もっと日数がかかると考える方もいるでしょう。とにかく早く売りたい場合は2日間でも売却はできます。まずは査定を依頼して買取金額を提示してもらうことから始めましょう。

買取金額に不満がなければ契約書の内容を確認し、サインをします。契約には印鑑が必要ですが、持参していればすぐに契約が可能です。他の書類をそろえて次の日に契約するのも良いでしょう。引き渡しにも時間がかかるため、次の日に契約するよう決められます。

ただし、契約時にきちんと交渉することは大切です。早さだけではなく、売却金額の高さも重視しましょう。交渉も含めて契約の期間を考える場合、早くても1週間~2週間かかります。

車を早く売るときの注意点

車を早く売るときの注意点

1日でも早く車を売る契約を済ませたい方もいるでしょう。早く契約できれば、現金や新しい車がその分早く手に入ります。しかし、早く売ることには注意点もあります。契約を急ぎすぎると損をしてしまう可能性も考慮しなければなりません。こちらでは、車を早く売るときに気をつけたい注意点をご紹介します。

買取金額が安くなりやすい

結果的に買取金額が低くなるのはマイナスポイントです。早く現金を手にできたとしても、得られる現金が少なければ魅力が薄れるでしょう。

買取金額が低くなりやすいのは、業者と交渉できないためです。急いで売ろうとしているのが伝わると、業者は査定額を高くしようとしません。高くしなくても確実に買い取れると考え、買い手に有利な契約になるでしょう。

買取金額を高くするためには、バランスの取れた行動を心がけます。複数の業者に査定をしてもらうこともおすすめです。業者としては競合相手がいる場合、車を買い取るために査定額を上げる必要があります。スピーディーに話を進めつつも、賢く交渉しましょう。

詐欺まがいの業者に引っ掛かる可能性がある

急いで決断すると、詐欺まがいの業者と契約することがあります。大手の業者のほとんどは、即日現金支払いには対応していません。契約や入金に関するルールにのっとってビジネスを行っており、消費者としても安心です。

即日現金支払いを行うすべての業者が詐欺まがいというわけではありませんが、十分気をつけたほうが良いといえます。

急いで契約書にサインをするのではなく、一晩じっくり考える気持ちの余裕も大切です。複数の業者に問い合わせて、愛車の査定額が妥当かどうか比較検討しましょう。

必要書類の準備に時間がかかる

査定や契約自体は買取に慣れている業者であれば、スピーディーに行えます。しかし、ときに問題となるのが書類の準備です。車を売るときにはさまざまな書類を用意する必要があります。

ひとつでも書類がそろわないと、車を売れません。きちんと整理していない場合、車や家のなかを探し回ることもあるでしょう。書類をそろえるだけで日数が経つこともあります。

どれだけ探しても書類が見つからないときに行うのが再発行です。書類の発行元に相談して、書類を再発行してもらえます。書類の発行手続きには時間が必要です。いくつもの書類が見つからない場合、より多くの時間がかかります。車を査定に出す前に書類のチェックも行いましょう。

各書類の発行日数と方法

各書類の発行日数と方法

車を売る際にはさまざまな書類をそろえる必要があります。それぞれの書類を探してそろえるだけでも大変な作業でしょう。再発行が必要な場合は、さらに手間がかかります。書類の再発行をする場合、どのくらいの時間がかかるのでしょうか。各書類の発行日数をご紹介します。発行を依頼する方法とあわせてぜひ参考にしてください。

1.自動車検査証

車検を行ったことを証明する書類です。基本的には車のなかで保管します。紛失した場合の相談先は、運輸支局や自動車検査登録事務所です。申請書や理由書の項目を埋めて提出します。運転免許証や健康保険証などの本人確認書類、印鑑も必要です。手数料は300円で、手数料印紙を購入して支払います。

発行には半日程度かかります。空いていれば1時間~2時間で済むこともあるでしょう。しかし、自分で手続きをするのは大変です。業者に代行を依頼する場合、再発行が完了するまでに1週間程度かかります。

参考:『国土交通省 関東運輸局』

2.自賠責保険証明書

自賠責保険を支払ったことを証明する書類です。一般的には自動車検査証と一緒に保管します。再発行の際の相談先は保険会社です。自分がどこの保険会社の自賠責保険に加入したかを確認しましょう。

発行にかかる日数は1週間~2週間程度ですが、保険会社によって異なります。手続きをするために、まずは再交付申請書を送付してもらいましょう。申請書に記入し、本人確認書類のコピーなどを送付したら、再発行した自賠責保険証明書が届くのを待ちます。

3.自動車税納税証明書

毎年4月1日時点の車の所有者が支払う税金の証明書です。金融機関やコンビニエンスストアで支払った場合、手元に残るのが証明書です。インターネットでクレジットカード払いをした場合、支払い完了のページを印刷できます。

どちらの書類もない場合、相談するのは県税事務所や市区町村役場です。車検証や身分証明書を持って向かいましょう。申請をして即日で再発行してもらえるケースや、エリアによっては5日~10日かかる場合もあります。

再発行できる機関に直接出向くか、郵送でのやり取りをするかでも必要な日数が異なるのが一般的です。急いでいる場合は、できるだけ直接出向くほうが良いといえます。

4.リサイクル券

リサイクル券は廃車費用をあらかじめ支払ってあることを証明する書類です。車を買う際にすべての方が支払う必要があります。購入時の書類をチェックせずに、紛失してしまうこともあるでしょう。

リサイクル券を再発行する方法はありません。しかしインターネット上でリサイクル券の代わりとなるものを印刷できます。自動車リサイクルシステムのウェブサイトにアクセスして、リサイクル料金検索をします。検索結果を印刷すればリサイクル券の代わりとして使用可能です。

参考:『自動車リサイクルシステム』

5.印鑑登録証明書

普通自動車を売却する場合、実印が必要です。実印の証明に使うのが印鑑登録証明書です。軽自動車を売却する場合は実印が不要で、認印があれば契約できます。印鑑登録証明書も必要ありません。

印鑑登録証明書は市区町村役場で即日発行してもらえます。印鑑登録をしていない場合は登録の手続きが必要です。印鑑登録の手続きも即日対応をしてもらえることがほとんどなので、登録をしていない方は早めに済ませておきましょう。

売却から振込までにかかる期間は?

契約が完了したら、車を引き渡します。引き渡しも完了すれば、あとは振込を待つのみです。振込までにかかる期間は業者によって異なります。

多くの業者の振込までにかかる期間は1週間程度です。業者によっては手続きの進捗によって振込までの日数が変わることもあります。すべての手続きが完了したあとに振り込まれますが、3営業日以内となることが多いようです。

振込までの期間を明確にしていない業者もあります。社内で確認する項目があり、準備ができ次第振り込んでくれるでしょう。万が一振込が確認できない場合は、早急に問い合わせをする必要があります。契約書をきちんと確認し、業者とユーザーが同じ認識をもつことが大切です。

スムーズかつ高く車を売却するためのポイント

スムーズかつ高く車を売却するためのポイント

車を売る際は高い査定額を目指すだけではなく、スピーディーで安全な契約も意識しましょう。高く愛車を売却するために実践できるコツを3つご紹介します。スピーディーさと査定額の高さを目指してぜひコツを試してみてください。

必要書類はあらかじめ用意しておく

必要書類を紛失している場合には特に準備に時間がかかります。査定を依頼する前に書類をそろえておくのが良いでしょう。業者と交渉をして契約を決めたあとに書類をそろえていると、スムーズな取引を望めません。

事前に書類を確認しておけば、再発行が必要な書類も明確になるでしょう。査定をしてもらいながら書類をそろえられます。業者に書類の発行手続きをお願いしてみるのもおすすめです。有料であったとしても、再発行にかける時間を短縮できます。

業者に依頼できる場合は、どのくらいの時間がかかるのかをはっきりさせることがポイントです。自分で手続きをしたほうが早く済むこともあるため、代行を依頼するかどうかを見極めましょう。

すぐに車を引き渡せる状態にしておく

手放す車の状態も重要です。すぐに引き渡せない状況だと、車を整えるのに時間がかかります。お互いの予定が合わないときは、車を引き渡すタイミングが遅くなるかもしれません。

私物などは車から片づけておき、車をきれいな状態にしておくのがおすすめです。車を一度引き渡すと私物を取り戻すのは難しい可能性があるため、金品や貴重品の確認も行います。契約してすぐに車を引き渡せる状態にしておくなど、取引をスムーズに進めるための行動をすることで入金のタイミングも早まるでしょう。

一括査定サービスを利用する

一括査定サービスは効率的に査定を依頼できます。複数の業者にまとめて査定を依頼できるのが一括査定サービスです。一つひとつの業者に問い合わせる時間を省略でき、問い合わせの返事も数営業日内に集まります。

業者の出す査定額を比較検討しやすいため、より高い査定額を付けた業者と話を進められます。最終的な買取額が上がりやすく、効率的に車を売却できるでしょう。

一括査定サービスの利用を検討中の方は、carview!中古車一括査定サービスをご利用ください。信頼できる多くの業者と提携しています。carview!車買取が提携している業者からは2営業日以内に連絡がくるため、速やかに売却へ進められるでしょう。

まとめ

まとめ

車の売却を急ぎすぎる場合、ときに安い査定額や詐欺まがいの業者に引っ掛かるという問題が起こります。多少時間をかけてでも、複数の業者に相談したり査定額の交渉をしたりすることがおすすめです。

スピーディーかつ高値で車を売りたい方は、carview!中古車一括査定サービスをご利用ください。お客様の条件に合った業者に査定を依頼できます。複数の業者に問い合わせることで、愛車の価値を十分に理解した優良業者と取引ができるでしょう。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ