売却ガイド

車を売る時期はいつがベスト?売却に適したタイミングを徹底解説!

車を売る時期はいつがベスト?売却に適したタイミングを徹底解説!

車の売却を考えていても、いつ売れば良いのかわからないという方もいるのではないでしょうか。できるだけ愛車を高く売りたいなら、いつなら高く売れるのかを考えて計画的に売却することが大切です。
そこでこの記事では、車を売るのにベストな時期や売却に適したタイミングについてご紹介します。車を高く売却するためのポイントについても解説するので、買取金額のアップを目指せるでしょう。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

車を売るのにベストな時期は?

車を売るのにベストな時期は?

1年の間でいつ車を売っても同じだと考えている方もいるかもしれません。実は、車は売る時期によって査定額が変わります。多くの人が新生活を迎える時期には中古車の需要が高まるため、同じ車でも査定額が上がる可能性が高いといえるでしょう。ベストな時期を見逃さないようにしましょう。

1~3月ごろが一番高く売れる

車がもっとも高く売れるのは、1~3月ごろだといわれています。4月は新生活が始まるタイミングで、車を新しく買おうとする人が増えるためです。就職先が地方のため車が必要になる人や、進学のお祝いに子どもや孫に買ってあげたいという人もいるでしょう。

このように3月は中古車の需要が高まるため、1台でも多く在庫を確保しようと買取強化を行う中古車業者が多くなります。この流れを利用して、1月から3月にかけて査定を依頼しましょう。業者は通常より金額を上げてでも中古車が欲しい時期なので、査定額が上がる傾向にあります。

また自動車税は4月1日時点で車を所有している人に課税されますが、1年分をまとめて支払わなければなりません。納税後に車を売却すると還付手続きなどが必要なため、3月までに売却することをおすすめします。

7~9月ごろも高く売れやすい

新生活が始まるのは、4月だけではありません。9月を機に、転職したり転勤が決まったりする人が増えます。そのため、9月も中古車の需要が増え査定額が上がりやすくなる時期です。

転勤の場合は何年か先には地元に戻ったり他の地域に異動になったりする場合もあるため、新車より中古車が選ばれることが多いといえるでしょう。転職の場合は転職活動で費用がかかることもあり、まずは中古車にしておこうという方もいるかもしれません。

このように7月から9月にかけて査定額は上がりやすくなりますが、春の新生活のほうが中古車の需要は高まるようです。3月ほど動きが活発にならない可能性もあることを覚えておきましょう。

車を売るのに適したタイミングは?

車を売るのに適したタイミングは?

車は売りたいと思ったときに売るという方も多いかもしれませんが、少しでも査定額を上げるならタイミングを考えましょう。走行距離が大台に乗っていると査定額は下がる、車検が近い場合は通したほうが損など、査定前に知っておきたい情報があります。愛車が以下の項目にあてはまっていないかチェックしてみましょう。

走行距離が大台に乗る前

中古車は走行距離によって査定額が変わります。一般的に車の走行距離は1年で1万kmが目安といわれ、10万kmを超えると車の価値が大きく下がりがちです。10万kmを超えるまでに売却を考えましょう。

他にも3万km、5万km、8万kmといった走行距離を超えると査定額に影響します。中古車の購入を検討している人は、できるだけ走行距離が少ない車両を好むことが理由です。走行距離は故障のリスクにもつながるため、できるだけ短距離なものに需要があります。

愛車を高く売却するためには、走行距離が大台に乗る前に手放すのがおすすめです。特に10万kmを超えると車の価値は大きく下がることを覚えておきましょう。

自動車税が課税される前

自動車税は、4月1日の時点の所有者に課税される税金です。車の総排気量によって課税額は異なりますが毎年発生するもので、基本的に12か月分を前払いします。1年分をまとめて支払うため大きな出費と感じる方もいるでしょう。自動車税を納めた後に車を売却すると税金は還付されますが、手続きが必要なため注意しなければなりません。

自動車税が課税される前に車を売ってしまえば、自動車税を支払う必要もなくなります。還付されるとはいえ一時的にでも大きな出費を減らせるため、経済的な負担も少なくなるでしょう。車の売却を考えているなら、自動車税を支払う前に査定に出したり手続きを進めたりすることをおすすめします。

車検を通す前

車を売却するつもりなら車検を通す必要はないといえます。車の売却を考えている方は、車検の時期が近づいてくると車検を通したほうが良いのかどうか迷うこともあるでしょう。車検を通したほうが車の安全性が保証されるため、少しでも高く売るためには車検を通したほうが良いと考える方もいるかもしれません。

中古車を購入する立場から見ると、車検が通してあったほうがお得だと感じるでしょう。しかし、車検を通しても通さなくても買取価格は大きく変わりません。車検を通した費用以上に買取価格が上がることはほとんどありません。車検代に費用をかけるよりも、できるだけ早く車を売ることをおすすめします。

リセールバリューが下がる前

車のリセールバリューとは、中古車としての価値です。年式が古くなったりモデルチェンジされたりすると、車の価値が落ちて査定額に影響します。

中古車は、年式が新しいものが好まれることを把握しておきましょう。発売から時間がたっていない車は故障のリスクが少なく、車としての人気も落ちていないことが多いためです。車の多くは2年~6年ほどのスパンでモデルチェンジを行いますが、デザインや機能が大きく変わるフルモデルチェンジの後には、旧型の車は人気が下がります。

年式が古くなって人気が落ちたりフルモデルチェンジが発表されたりする前に、車を売却しましょう。

ライフスタイルが変化するとき

車を買い替えるタイミングとしておすすめなのは、ライフスタイルが変化するときです。今乗っている車を売って、新しい車の購入を検討している方もいるでしょう。いつか車を売ろうと思っていても、どのようなタイミングで買い替えれば良いのかわからないという方もいるかもしれません。

結婚や出産など、家族が増えるタイミングで車を買い替えるのが良いでしょう。乗る人が増えたり、用途が変わったりすることで選ぶ車も異なります。好みの車が出たことを理由に買い替えていたら出費がかさんでしまった……という経験がある方も、ライフスタイルに着目すれば無駄な出費を抑えながら賢く車を買い替えられるでしょう。

車の査定額や買取価格には直接関係しませんが、ライフスタイルの変化に合わせて車を乗り替えるという視点をもつことも大切です。

車の売却額に影響する項目

車の売却額に影響する項目

車の売却額に影響を与えるのは、売る時期やタイミングだけではありません。車にはさまざまな車種があり、中古車市場で人気のあるものが高く売れます。また車はモデルチェンジを繰り返すため、その前後では査定額が大きく変わることも理解しておきましょう。自分の車は高く売れそうかどうか、以下の項目をぜひチェックしてみてください。

車種

車の売却額には、人気のある車種かどうかが大きく影響します。人気の車種であれば、車を高く買い取ってもらえるでしょう。逆に人気がなければ高価買取があまり期待できません。

2020年現在中古車市場で人気がある車種は、軽自動車やコンパクトカー、ハイブリッドカーなどです。軽自動車は中古車になっても値落ちがしにくく、小回りのきくコンパクトカーや環境に配慮したハイブリッドカーが人気を集めています。大人数で乗れるミニバンや多目的車として注目されているSUVも人気です。

車検の残り期間

車検が1年以上残っている場合には査定に有利にはたらきますが、それ以下であれば査定に大きな影響を与えません。車検の残り期間が多い場合は、査定時にしっかりとアピールしましょう。

ただし、車検に通したほうが高額査定につながりそうという理由で、査定前に車検に通すことはおすすめできません。車検費用をカバーするほど、査定額が上がることは期待できないケースが多いといえます。

モデルチェンジ

モデルチェンジ後には車を買い替える人が増えるため、買取価格は下がる傾向にあります。新しいモデルを購入する人が増え、中古車市場の需要に合わなくなるためです。

車のモデルチェンジには2種類あります。カラーバリエーションの追加やエンジン性能のアップなど小規模な改良が行われるマイナーチェンジと、車の全面改良を行うフルモデルチェンジです。特にフルモデルチェンジの後には人気が下がるため、査定額に大きく影響するでしょう。

年式

一般的に、車の年式が新しければ査定額は高くなり、古ければ査定額は低くなります。年式が古いほど経年劣化が進んでおり、故障のリスクが高くなると判断されるためです。購入希望者も、そのようなリスクを避けるために年式の新しい車を選ぶ傾向にあります。

車の年式は1年ずつ古くなりますが、たった1年の年式の違いで査定額が大きく変わる場合もあるため、車を売却する予定の方は早めに売ったほうが賢明です。

走行距離

走行距離も車の売却額に大きく影響します。走行距離が短いほど売却額は高くなり、走行距離が長いほど売却額が低くなるのが一般的です。走行距離の査定基準は1年で1万kmと考えられており、5万kmや10万kmを超えると査定額が大きく下がるため注意しましょう。

10年の経過年数に対して走行距離が1万kmであるなど、年式が古いのに走行距離が極端に短い場合にも査定額が下がる傾向にあります。車はある程度定期的に動かしていないと、部品が劣化するなどして動作不良が起こりやすくなるためです。

車を高く売却するためのポイント7つ

車を高く売却するためのポイント7つ

車の買取価格は、売却する時期やタイミングによって異なります。車種や年式、走行年数なども大きく影響しますが、条件がよくないからといって高額査定を諦める必要はありません。少しの工夫で高く買い取ってもらえる可能性が高まります。7つのポイントを実践して、より高く車を買い取ってもらいましょう。

車をきれいにする

少しでも高く車を買い取ってもらうために、査定の前に愛車をきれいにしておきましょう。きれいにするといっても、業者にクリーニングしてもらう必要はありません。ボディをきれいに洗う、車内の細かなゴミまで拾う、できるだけ消臭するなど自分でできる範囲で行いましょう。

車の清掃によって大幅な査定額アップが期待できるわけではありませんが、きれいな車は査定時に良い印象を与えます。「手入れやメンテナンスが行き届いている」と好印象を与えられれば、査定額が少し上乗せされる可能性もあるかもしれません。

小さい傷は補修する

車に乗っている限りまったく傷や汚れがつかないということはありませんが、できる限り取り除いておきましょう。車に傷や汚れが少ないほうが高額査定につながります。小さな傷であれば市販の研磨剤でも補修できることもあります。車をきれいにする延長としてお手入れをしておきましょう。

修理に出さないと直せないような傷はそのままにしておいて構いません。修理費用を上回るほどの査定額アップは望めないことが理由のひとつです。あくまでも自分で直せる範囲の小さな傷をケアしましょう。少しの手間をかけることで、査定額アップが期待できます。

純正パーツ・付属品を揃えておく

パーツを変えたりオプションを取り付けたりするなど、カスタマイズして楽しめるのも車の魅力です。しかし、社外パーツのほとんどは査定時にプラスに影響しません。

純正パーツのほうが見た目に統一感があり、故障のリスクも少ないと考えられるのが一般的です。中古車は純正パーツがついているものが好まれるため、カスタマイズしている車は査定前に交換しておきましょう。

取扱説明書や保証書などの付属品が揃っていることもプラス査定につながります。スペアキーやリモコンがない場合には査定額が下がることが多いため、事前に確認しておきましょう。

必要書類を準備しておく

車を高く買い取ってもらうには、必要書類を揃えておくことも大切です。車の売却にはさまざまな書類が必要で、手元にない場合は取り寄せるのに時間がかかる場合もあります。書類が揃う前に時間がかかると、その間に売却に適したタイミングを逃してしまう可能性もあるため、査定の前には必要書類を揃えておくことが望ましいでしょう。

普通自動車を売る場合には、自動車検査証・自動車納税証明書・自賠責保険証・実印・印鑑登録証明書・リサイクル券が必要です。軽自動車を売る場合も基本的に同様ですが、実印ではなく認印で手続きができます。印鑑登録証明書も不要です。

ディーラー下取りではなく買取業者に売る

一般的に、下取りよりも売却のほうが高く買い取ってもらいやすく、その差は10万円以上になることも珍しくありません。

今の車を売って新しい車を買う場合、下取りと売却の2種類の方法があります。下取りは、今の車をディーラーなどに値段をつけて買い取ってもらい、新車の購入金額から差し引いてもらう方法です。下取りのほうがスムーズに手続きができますが、車を売った現金が手に入るわけではないので注意しましょう。

売却は中古車業者などに車を売ることで現金が手に入るため、車の購入以外にも趣味や旅行などの資金に充てられます。中古車市場の需要によって査定額が変動するため、良い条件の車は高価買取が期待できます。

一括査定サービスを利用する

愛車を少しでも高く買い取ってもらうには、高い査定額を提示してくれる業者を見つけることが大切です。そのためには、一括査定サービスを利用しましょう。一括査定サービスなら車の情報を一度入力するだけで複数社から見積もりをとって比較できるため、一つひとつの業者に査定を依頼する手間が省けます。

また複数の業者に査定額を競わせることで、査定額アップを狙えるのがメリットです。買取カービューの愛車無料一括査定サービスなら、230社以上の業者と提携しているため、愛車に合った買取業者を見つけられます。

価格交渉をする

査定額が出たらすぐに売るかどうかを決めるのではなく、価格交渉をして買取金額のアップを目指しましょう。近年は一括査定サービスの利用者が増えているため、相見積もりをするだけのつもりで査定をする人も増えています。その場合、査定士にも車を本気で売る意思が伝わりにくいでしょう。

「即決したらもう少し金額を上げてもらえますか」「この金額が希望ですがどうですか」などと交渉すると、査定額アップにつながる可能性があります。「あなたのお店で売りたい」という気持ちをアピールするのも有益な方法です。

まとめ

まとめ

車を売却する際には、高く売れる時期やタイミングを逃さないことが大切です。また年式や走行距離、車種や車検がどのくらい残っているかなどによっても査定額が変わります。愛車をできるだけ高く買い取ってもらうには、一括査定サービスで買取業者を見つけましょう。

買取カービューの愛車無料一括査定サービスでは、230社以上の業者から最大8社を選んで査定を依頼できます。業界トップクラスの実績があるので、安心してご利用ください。愛車を売却する際には買取カービューを使って高値を目指しましょう。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーの口コミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

トヨタ プリウス
実際の査定金額
70.0万円
見積り数
5社
査定満足度
3.5
ユーザーコメント

オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

ホンダ フィット
実際の査定金額
63.9万円
見積り数
5社
査定満足度
5
ユーザーコメント

一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

日産 セレナ
実際の査定金額
75.0万円
見積り数
8社
査定満足度
5
ユーザーコメント

はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

買取カービューについて

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営する株式会社カービューが提供しています。Yahoo!JAPANグループのカービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP