トヨタ C-HR 2016年12月~モデルの買取・査定相場

トヨタ C-HR
トヨタは、コンパクトSUVの「C-HR」を2016年9月28日に発表、同年12月14日に発売した。2014年のパリモーターショーではC-HRコンセプトを初出展、日本でも2015年の東京モーターショーで出展され、新世代コンパクトクロスオーバーとして注目を集めたモデルだ。コンセプトモデルのイメージを受け継いだエクステリアは、スピード感のあるキャビン形状と彫刻的な面構成、さらにダイヤモンドをモチーフとした強く絞り込んだ造形、大きく張り出したホイールフレアの対比による立体構成、抑揚の効いたメリハリのあるボディで、大人の感性に響くスタイリングが追求された。「センシュアル・テック」をコンセプトとするインテリアは、質感、形状、配色など細部にこだわり、大人の感性に響く意匠を追求。インパネからドアトリムまで繋がるソフトパッドや金属調オーナメントなどにより、広がり感のある空間が表現され、メーターを中心とした操作パネルをドライバーに向けて配置するなど、運転に集中できるドライバーズ空間を目指したという。盤面にブルーラインを放射状に施した2眼筒型タイプのメーターは奥行きと先進感を表現し、4.2インチTFTカラーを採用したマルチインフォメーションディスプレイは多彩な情報を高解像度で表示する。ホールド性にすぐれたスポーティシートを設定し、座面のパッド厚・硬度を最適化することで座骨への圧力を分散、ロングドライブの疲れにくさにも配慮した。「もっといいクルマづくり」の実現に向けたクルマづくりの構造改革、「TNGA」をプリウスに続いて導入した。プリウスとプラットフォームを共用しながらも世界のあらゆる地域で走行テストを行い、ステアリングやダンパーなど運動性能にこだわった“味付け”がなされており、コンセプトである「我が意の走り」を追求している。フロントには新開発のストラット、リヤにはダブルウィッシュボーンのサスペンションを採用。大径スタビライザーの採用やアブソーバー減衰力特性の最適化などが、すぐれた乗り心地と操縦安定性に寄与。また、ボディ接合部への構造用接着剤の使用や環状骨格構造の採用により、高いボディ剛性が確保された。ザックスアブソーバーを標準装備し、アッパーサポートの緩衝材にはウレタン材をトヨタでは初めて採用した。パワーユニットは1.2リッター直噴ターボの8NR-FTS型を搭載。シングルスクロールターボとバルブリフトを最適に制御するVVT-iW、VVT-iを組み合わせ、最適な燃焼効率を実現するD-4Tの採用により、最高出力85kW(116ps)、最大トルク185Nmの最大トルクを発生する。1500~4000回転の幅広い領域で最大トルクを生み出すおかげで実用域では扱いやすく、伸びやかな加速をもたらし、ダウンサイジングターボによる15.4㎞/Lの経済性を実現。トランスミッションは7速マニュアルモードを備えたCVTが設定されている。装備は、衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンスP」を標準装備したほか、電動パーキングブレーキ、本革巻きステアリング、スマートエントリー&スタートシステムを装備。G-Tには18インチアルミホイール、LEDフロントフォグランプ、ブラインドスポットモニター、クリアランスソナー&バックソナー、上級ファブリック&本革のシート表皮が標準となる。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
トヨタ C-HRの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

トヨタ C-HR 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

トヨタ C-HRを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP