ミニ 2021年10月~モデル(MINI Crossover )の買取・査定相場

ミニ MINI Crossover
BMWは、「ミニクロスオーバー」に特別仕様車「シャドーエディション」を設定して、2021年10月18日に発売した。「シャドーエディション」は「クーパーD」と「クーパーD オール4」をベースに、“その影は、光を放つ。”をコンセプトに、内外装を「ブラック」でまとめた特別仕様車。エクステリアは、ブラックとシルバーをキー・カラーとし、ミッドナイト・ブラック・メタリックのボディカラーにシルバー・ルーフのコンビネーションを採用した。またスポーティな18インチブラックホイールやブラックルーフレール、ピアノブラックエクステリアなど、多くのブラックコンポーネントを採り入れている。ライトまわりやドアハンドル、リアのCrossoverモデルロゴなど、標準モデルではクロームであるパーツをすべてピアノブラックでまとめ、重厚感のあるエクステリアを実現した。専用装備品として随所に装備されたパーツは、光と影をモチーフとしてデザイン開発。ユニークな形状のボンネットストライプには、見る角度によってブラックからシルバーに変化する特殊加工を施し、SUVの力強さを訴求する、存在感のあるエクステリアデザインとなっている。インテリアは、ヘッドライナーアンスラサイトや、通常の「クーパー D」では選択できないレザレットシートカーボンブラックを標準装備し、全体をブラックで統一。また、専用装備品として、専用ステッカー付インテリアサーフェスピアノブラックや専用ドアシルプレートを採用し、特別感とともに統一感を演出している。 安全装備も充実しており、運転支援システムであるストップ&ゴー機能付アクティブクルーズコントロールや前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ、視認性を高めるLEDデイライトリング、コーナリングライト付きLEDヘッドライト、LEDフロントフォグランプを標準装備。またリアビューカメラやパークディスタンスコントロール(フロント&リア)、縦列駐車をサポートするパーキングアシストなどを装備した。さらにiPhoneをMINIのセンターディスプレイに表示し、ナビゲーションやメッセージの送信などが可能になるスマートフォンインテグレーション(Apple CarPlay)や、MINI APP接続など、インテリジェントなコミュニケーション機能を多数装備した。2022年1月1日には価格改定を実施した。同年6月1日には価格改定を実施した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
ミニ MINI Crossoverの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

ミニ MINI Crossover 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にヤフー株式会社が独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

ミニ MINI Crossoverを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

ヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP