現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取相場を調べる > 三菱 > トライトン > 2024年02月〜モデルの買取相場

三菱 トライトン 2024年02月~モデルの買取相場・査定価格

三菱 トライトン
三菱自動車は、新型1トンピックアップトラック「トライトン」の12年ぶりとなる日本導入を2023年12月21日に発表、2024年2月15日に発売する。 新型「トライトン」は、1978年に発売された「フォルテ」をルーツとする1トンピックアップトラックだ。「Power for Adventure」をコンセプトに、内外装デザインからシャシー、ラダーフレーム、エンジンなどを一新し、2023年7月に生産工場のあるタイで販売が開始された。今回日本に導入されるのは、ダブルキャブボディの4WDモデルで、マリンスポーツやウインタースポーツ、キャンプといったアウトドアアクティビティに最適なモデルのひとつだ謳っている。ボディサイズは上級グレードの「GSR」が全長5360mm×全幅1930mm×全高1815mm。エントリーグレードの「GLS」が同5320mm×1865mm×1795mm。ホイールベースはいずれも3130mm。 SUV並みの快適性とピックアップトラックに求められる堅牢性、実用性を兼ね備えた2列シートのダブルキャブボディで、ラダーフレーム、サスペンションなど主要コンポーネントを三菱自動車独自で新開発。ラダーフレームは従来型から大幅に剛性を高めながら、ハイテン鋼の採用比率を大幅に増加させて重量増を最小限に抑制したと謳っている。これにより、走行性能や乗り心地の向上をはじめ、積載時の耐久性、衝突時のエネルギー分散性もアップするなど堅牢性を高たという。ボディはラダーフレームと同様に超ハイテン鋼を採用するなど軽量化を図り、衝突時のエネルギー吸収とキャビンの変形抑制を両立させた衝突安全強化ボディ「RISE」を採用している。 サスペンションはフロントにダブルウィッシュボーン式、リアには強度を確保しながら軽量化したリーフスプリング式を装備。4WDシステムは、パジェロゆずりのSS4-IIシステムを採用した。4WDモードは後輪駆動の「2H」、フルタイム4WDの「4H」、センターディファレンシャル直結の「4HLc」、ローギヤの「4LLc」の4種類が選択できる。また、それぞれの4WDモードに対応する7つのドライブモードを搭載している。すべての4WDモードに設定されている「NORMAL」モードをはじめ、2Hには経済性を重視した「ECO」、4Hに「GRAVEL(未舗装路)」と「SNOW(氷雪路)」、4HLcにトラクション性能を引き出す「MUD(泥濘)」と「SAND(砂地)」、4LLcには「ROCK(岩場)」モードが設定され、あらゆる路面で最適なドライブモードを選択可能となっている。 加えて、コーナー内側の前輪に弱くブレーキをかける事で旋回性を向上させるアクティブヨーコントロール[AYC]を新たに採用。空転している車輪にブレーキをかけて路面をグリップしている車輪に駆動トルクを分配し、滑りやすい路面での安全性が向上するとともにスポーティな運転を楽しむことができるアクティブLSD(ブレーキ制御タイプ)も備えている。その他、ヒルディセントコントロール [HDCやヒルスタートアシスト[HSA]などを採用した。 エクステリアでは、フロントデザインコンセプトである「ダイナミックシールド」を、力強く立体的なフロントグリルやフェンダーから繋がる力強い造形、それを強調するプロテクターでピックアップトラックに最適化し。水平基調のボディサイドは、ドアの厚みを演出する張りのある大きな面で構成しながら、シャープに張り出したフェンダー造形とのコントラストで引き締めている。リアは十分な荷台サイズを確保しながら、サイドから続く張りのある面を後端まで回すとともに、両端にT字型のテールランプをあしらっている。 インテリアは、走行時の車体姿勢の変化をつかみやすい水平基調で力強い造形の「HORIZONTAL AXIS(ホリゾンタル アクシス)」コンセプトを進化させたインストルメントパネルを採用。またプロフェッショナルユースを意識した乗員を保護するためのソフトパットを要所に施して、実用性を確保しながら幾何学的な造形とメタリックを多用した。さらにモニターやメーター、メタリックとブラックでコントラストをつけたスイッチ類は視認性にこだわるとともに、ステアリングホイールやグリップ、ドアハンドル類は握り心地や逞しさを追求するなど「MITSUBISHI TOUCH(三菱タッチ)」という考え方に基づいてデザインされている。 パワートレーンは、いずれも最高出力154kW(204PS)、470Nmを発生する新開発の4N16型クリーンディーゼルエンジンに、6速スポーツモードATやスーパーセレクト4WD-IIを組み合わせている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
三菱 トライトンの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

三菱 トライトン買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にLINEヤフー株式会社が独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

現在 1年後 2年後
現在の走行距離
+1万km
+2万km

三菱 トライトンを一括査定した人のクチコミ・評判

選択した年式のクチコミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ