車買取契約後に減額を要求された!これって認めるべき?

公開日:2018年06月22日更新日:2019年02月26日
車買取契約後に減額を要求された!これって認めるべき?

それまで所有していた愛車を手放すことは悲しいことですが、どうせ手放すならばできるだけ高額で買取ってもらいたいものです。現在ではインターネットを通じてたくさんの情報が得られるため、はじめての買取でもスムーズに進めやすくなりましたが、それでもトラブルが起こる可能性はあります。

車買取の際には大きな金額が動くため、車買取の契約後であっても不安を感じる方が多く、車買取後こそトラブルに対しての注意が必要です。例えば、車買取の契約が成立した後に、再査定や事前の査定額からの減額を要求されてしまうということがあります。車を売却しようと思ってせっかく納得した買取金額や査定金額で契約が成立したのに、減額要求されるとがっかりしてしまいますよね。こうした車買取後のトラブルにはどう対処していけばよいのでしょうか。

今回は自動車の買取契約後の減額要求(再査定)についてと、減額要求(再査定)されてしまった際の対処法、減額要求を回避するための車買取店の選び方を紹介します。

なぜ車の買取契約後に減額(再査定)されてしまうの?瑕疵担保責任とは?

なぜ車の買取契約後に減額(再査定)されてしまうの?瑕疵担保責任とは?

一度車の買取契約が成立したにも関わらず、買取店が減額(再査定)を要求できるのはなぜなのでしょうか。

それは、不動産取引における売り主・買い主の関係と同じように、車の売買契約においては、中古車買取業者(=買い主)は、売り主の瑕疵担保(かしたんぽ)責任という民法で定められている事項によって守られているからです。瑕疵(かし)とは、見えない部分の欠陥のことです。

瑕疵担保責任という民法の決まりで、「売買のやり取りの際に想定外の欠陥、損傷等が後に発覚した場合、買い主は売り主にたいしてそれ相当の損害賠償請求や契約の解除を申し出ることができる」というものです。

例えば、買取契約が成立した後に、実際は事故車であることが明らかになった、見えないところに大きな傷があることが発覚した、などが該当します。消費者からすれば、「査定のプロが査定しているのだから、後出しで言われても…」と思うのが心情ですが、非常に複雑な構造をしている自動車を短い時間で隅から隅まで完璧に検査するのは現実的には不可能です。

また、ほとんどの場合、買取時に結ぶ契約書において、瑕疵担保責任は売り手にある、すなわち商品に問題がないことは売り手が保証することが明記されています。つまり、車売却時の契約は、買取店と車の売り手の両者が瑕疵担保責任を理解した上で結ばれていることを前提としています。

したがって、自動車の買取契約を結んだ後でも、この契約書内の瑕疵担保責任を根拠として、買取業者は契約を破棄(または減額要求)し、無効にすることができるのです。

再査定時に減額されてしまうのはどのようなとき?

再査定時に減額されてしまうのはどのようなとき?

ではもっと具体的に、車買取店で買取契約後に再査定されたり、買取金額が減額されたりしてしまうのはどのようなときなのでしょうか。再査定を経て、減額を要求されてしまう可能性のある3つのケースについて見てみましょう。

減額査定されてしまうケース

  1. ①自動車の機関系トラブル
  2. ②修復歴車・水没車
  3. ③喫煙車等の車内の臭い

①自動車の機関系トラブル

最も考えられるのが、エンジンやトランスミッションなどクルマの根幹に関わる機関系のトラブルです。こうした部分は、外から見ただけではわからないばかりか、エンジンを回したり少し走ったりするくらいでもなかなかわかりづらいものです。トランスミッションなどは高速走行時にしか不具合が起こらない場合などもあるので、なおさらです。現在では、電子制御が発達していることもあり、テスターと呼ばれる器具を用いて不具合を検出することも可能ですが、それもまた時間が掛かるため、すべての査定において実施されるとは限りません。よって、一度目の査定では発見されづらく、後の再査定時に発覚して減額となるケースがあります。

②修復歴車・水没車

また、水没車であることが判明した場合も考えられます。事故車等の修復歴のある車であるかどうかは、いくらきれいに補修していてもプロの査定士であれば一度目の査定で見落とすことはそうそう考えられませんが、水没車であることは外装の状況からは容易には判断できません。車を買取った後の精密検査で判明することがあり得るのです。この場合にも、もちろん減額の対象となる場合があります。

もし査定時に、実際には修復歴があるのに、修復歴について黙っていた場合には、前述の瑕疵担保責任を理由に売り主が責任を問われることになるので気をつけましょう。また、稀ではありますが、修復歴車に関しては、自分が売却時にそのことについて知らなかったというケースもあります。例えば、中古車として購入した車など、実際の修復歴が不明な場合もあります。このような場合で不運にも後の検査で修復歴があることを指摘された場合には、減額の対象となってしまいます。

修復歴車については、「修復歴車(事故車・故障車)は買取可能??査定額や買取価格にどれくらい影響するの?」をご参照ください。

③喫煙車等の車内の臭い

また、そう多くはないと思われますが、タバコなどの不快な匂いが後に判明することもあります。タバコであれば比較的すぐに気が付くものですが、ファブリックのシートに染み付いた生活臭などによって後に減額を要求されるケースも考えられます。

喫煙車の査定については、「喫煙車はマイナス査定?中古車査定時の禁煙車との価格差をチェック!」に詳しく書かれていますので、車内でタバコを吸ったことのある方は是非ご参照ください。

車買取の契約を破棄(キャンセル)することはできるの?

車買取の契約を破棄(キャンセル)することはできるの?

上述のように、クルマの買取において、契約成立後に減額請求(再査定)されるというトラブルは十分にあり得ることです。一部の大手買取業者では、契約成立後の減額要求は一切しないということをアピールしていますが、そうした業者は一部なのが現状です。もし、愛車の売却成立後に減額(再査定)要求をされてしまったら、どう対処すればよいのでしょうか。また、買取契約後の減額があまりにも大きい場合は、売り手側から契約を破棄(キャンセル)することは可能なのでしょうか。

もし、車の買取契約の後に減額を要求された場合には、以下の2つのポイントを確認し、対処すると良いでしょう。

減額査定になった際に確認するポイント

  1. ①契約後の減額となった理由をきちんと確認する
  2. ②瑕疵担保責任の対象となるかどうかを確認する

①契約後の減額となった理由をきちんと確認する

まずは、買取契約後になぜ減額となったのかを、買取業者からはっきりと聞くべきです。上述のように、査定の際に自分の自動車に修復歴がある等の売り手にとって不利となる事実を故意に隠していた場合は売り主が責任を問われます。しかし、それ以外の減額の場合、多少なりとも買取業者側に責任があるケースもあるのです。

というのも、そもそもそれぞれの買取業者ではプロの査定士がいて、そのプロがしっかり車の状態をチェックして査定金額を算出しています。プロの査定を経た上で、買取契約を結んだので、一方的に減額要求されることはまずありません。したがって、減額された場合には、じっくり隅々まで査定した証拠があり、きちんと納得のいく説明をしてくれる買取業者かどうかも確認しましょう。

②瑕疵担保責任の対象となるかどうかを確認する

車売却の契約後の減額要求の理由を確認したあとは、その理由が瑕疵担保責任を問えるものかどうかを確認しましょう。もし、減額の理由が、高く車買取をしてもらいたいという気持ちが強すぎた結果、自身の車の欠点を伝えずに買取契約を結んでしまったことにあるのであれば、それは瑕疵担保責任を問われてしまいます。

多くの売買契約書には、瑕疵担保責任の記載に加えて、「瑕疵担保期間」も記載されています。いつまで自分の瑕疵担保責任が有効であるかを念のため再度買取契約書で確認しましょう。

その他の対処法として、インターネット上では、買取業者に対して「買取契約後の減額要求はしない」、「瑕疵担保責任条項は削除する」などを一筆書かせることでリスクを回避する方法が紹介されていますが、買取業者が一方的に不利になるだけなのであまりよい方法とは言えません。あまり無理強いして買取が成立しなければ元も子もないでしょう。

車買取の契約後の減額(再査定)を回避するコツは安心の一括査定!

車買取の契約後の減額(再査定)を回避するコツは安心の一括査定!

根本的なことですが、車買取契約後の減額(再査定)を回避するために一番重要なことは、査定時に修復歴などの自身の車に関して査定に影響しそうな事柄については、正直に査定士に話すことです。いくら車を高く売りたいからといっても、嘘をついてしまい、後で瑕疵担保責任を問われたり、損害賠償を求められたのでは、元も子もありません。

そして、次に重要なのは、安心して愛車の売却を任せられる買取業者を見つけることです。現在はインターネットで申し込める自動車の一括査定が一般的になりつつあり、複数の業者を一度に比較してから買取業者を選択することができるサービスが広がっています。Yahoo! Japanグループであるカービューの愛車無料一括査定サービスであれば、全国200社を超える買取店の中から安心して優良な買取業者を選択することができます。ヤフーグループなので個人情報の取扱についても信頼できるでしょう。

愛車を安全に、安心して売却できる買取店を見つけるためにも、ぜひ一度カービューの愛車無料一括査定を試してみてはいかがでしょうか。

愛車の売却をお考えのあなたに

査定額を比較して最高額で売却!

あなたの愛車を1番高く売る!

メーカー
モデル
年式
走行距離

買取サービスの流れ

  1. ①WEBまたは電話でお申込み

    お車やご連絡先の情報をもとに、条件に合った査定会社を最大8社までご紹介。その中から実際に査定を受けたい会社を選んで(複数社選択可)ください。

  2. ②カービューより確認メール

    株式会社カービューより、ご登録いただいたメールアドレス宛てに確認メールが送信されます。24時間以内にメールが届かない場合はよくあるご質問をご確認ください。

  3. ③査定会社よりご連絡

    各査定会社よりお客様に、2営業日以内にご連絡。電話もしくはメールにて、愛車の相場情報や出張査定のご案内などをお知らせいたします。

買取カービューについて

本記事はYahoo! JAPANグループの株式会社カービューが監修しております。株式会社カービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしており、中古車買取の一括見積依頼サービスである買取カービューや、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラといったお客様のカーライフを応援するウェブサービスを運営しています。