買取コラム

故障車でも不動車でも部品取り車として高価買取!?

故障車でも不動車でも部品取り車として高価買取!?

年式的にかなり古くて、走行距離も10万kmをはるかに超えていて、なおかつちょっとした修復歴もある……なんていう車を近所の買取店に持ち込んでも、次のように言われてしまうことが多いでしょう。
「……お客さん、コノ車はちょっとウチでは無理ですよ、買い取れません。どうしてもとおっしゃるなら、逆に車の処分代(廃車にするための各種費用)を頂戴することになりますが、それでもいいですか?」
だからって、廃車費用を払って面倒な手続きを任せてしまおう…なんてあきらめないでください!たとえボロボロの過走行車かつ不動車であったとしても、廃車費用を払う代わりに、「部品取り」の車として価値が評価され、高値で売却できるかもしれませんよ。

車買取における「部品取り」とは?

車のステッカーは査定に影響するの?

「部品取り」とは、年式が古く、過走行で故障車や不動車になってしまった車から、まだ使用できる部品(パーツ)を抜き取る行為を指します。そのため、自分では売れないと思っていた古い車でも、部品取りとしての需要で愛車が高値で売れることがあるのです。

特に、部品取りとしての需要がある車は、「希少(レア)なパーツ」や既に「生産終了しているパーツ」が使われていると、そのパーツを抜き取る、部品取り外しのためにその車を欲しがる人が多いです。

車になかなか手に入りづらい希少なパーツが使用されている場合、部品取りとしての需要が高い車になります。特に、パーツ単体ではあまり市場で出回っていない等の場合、そのパーツを使用している車ごと欲しいと思う方は多いのです。また、日本車にしか使用されていないパーツ。反対に外国車にしか使用されていないパーツなどは、部品に分解されて国内外で取引される傾向にあります。国内で需要がなくても、部品単位に分解して海外へ輸出するというビジネスも最近は流行っています。

したがって、故障や事故等により動かなくなってしまった車は価値がないからと廃車にしてしまってはもったいないのです。車そのものとしては機能せず、価値がないとしても、使用されているパーツに価値が見いだされ「部品取り車」として高く評価される可能性があります。

故障車や不動車は一度、「買取カービューの事故車一括査定」で愛車の価値を確かめてみてはいかがでしょうか?

個人は廃車時に部品取り外しができない!

個人は廃車時に部品取り外しができない!

前述のように、たとえ過走行車や事故車で使い物にならなくなったとしても、「部品取り車」としての需要があるとお伝えしました。そこで、車の所有者自身が部品を取り外して、カー用品店やネットオークションでパーツを販売すれば良いのではないか?と思う方もいるかもしれません。

しかし、車の所有者自身が部品取りを行うことは、違法行為とされているので注意が必要です。2005年に施行された「自動車リサイクル法」によると、
“使用済自動車から部品を取り外す行為(いわゆる「部品取り」)は解体行為に該当します。解体を業として行う者には許可が必要です。”
参照:「自動車リサイクルコンタクトセンター」

つまり、使用済み自動車から部品取りを行う場合は解体業の許可が必要であり、個人が勝手に自身の車から部品取り外しすることはできないということです。ただし、例外として以下のような自動車のオプション品の取り外しは解体行為にはあたらないとされていて、個人にも許可されています。

    取り外しても解体行為にあたらないオプション品

  • カーナビ
  • ラジオ
  • ETC
  • オーディオ

以上のようなオプション品や装備品は、自分で取り外してカー用品店やネットオークションで転売することができます。しかし、装備品の取り外しは意外に手間がかかるのに加えて、そのまま買取店に査定に出す方がお得に車を売れるケースが多いです。

オプションパーツは取り外してから売却するのか、オプション品はそのまま買取査定に出した方が良いのかについて詳しくは、以下の記事をご参照下さい。

社外パーツ記事キャプチャ

関連記事:『買取額に影響あり!後付の社外パーツは査定前に外すべき?』

故障車や不動車は廃車にするより高価買取!

事故などで動かなくなってしまった車や年式の古い車、走行距離も10万kmを超えている等の理由で、査定に出すのをあきらめていた方もいるかもしれません。しかし、前述のように、車はたくさんのパーツから成り立っていて、個々のパーツは中古でも国内外で需要があったり、価値があったりするものが多いです。そのため、高値で「部品取り」として愛車を売るなら、車の個々のパーツをきちんと評価してくれる業者に買取を依頼する必要があります。特に、車を部品単位に分解して海外に輸出するビジネスを得意としている買取業者であれば、愛車のパーツを高く評価してくれる可能性が高いです。

こうした買取業者を見つけるには様々な方法がありますが、一番のオススメは、一括査定サービスの利用です。「買取カービューの事故車一括査定」であれば、複数の事故車専門の車買取店に一度に査定見積もり依頼をすることができます。車輌情報とお客様情報の入力後、事故車査定を依頼したい専門店を選択し、ワンクリックでまとめて査定依頼が可能です。

「買取カービューの愛車無料一括査定」であれば、複数の買取店に一括で査定を依頼することが可能です。使い方もカンタン!車輌情報とお客様情報の入力し、車の査定を依頼したい買取店を選択すれば、ワンクリックでまとめて査定依頼が完了します!査定後は、その中から最高額で車を売却できる買取店を選択できるのです。このサービスを利用することで、買取業者の選択もスムーズに行うことができますよ!

買取カービューの事故車無料一括査定サービス申込画面

さらに、事故車買取一括査定サービスの利用は無料で、運営母体もYahoo! JAPANグループで車部門を担当しているカービューのため、情報の取り扱いもより安全・安心してご利用いただけます。

事故車・不動車・故障車だからといって、廃車にするしかないとあきらめていませんか?高いお金を出して購入する車だからこそ、最後は買取カービューの一括査定を上手に利用して、長年の苦楽をともにした愛車の「売却代金」を、多少なりともGETしてください!

この記事を読んだ方は、こんな記事も読んでいます

車買い替え・乗り換え時の疑問を解決して、お得に売却しよう!
利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

本記事について

本記事はYahoo! JAPANグループの株式会社カービューが監修しております。株式会社カービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしており、中古車買取の一括見積依頼サービスである買取カービューや、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラといったお客様のカーライフを応援するウェブサービスを運営しています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP