トヨタ グランエース 2019年12月~モデルの買取・査定相場

トヨタ グランエース
トヨタは、新型車「グランエース」を2019年11月25日に発表、同年12月16日より販売を開始する。同年10月の東京モーターショーで参考出品された「グランエース」は、「アルファード/ヴェルファイア」を超える大型ボディを特徴とする上級ミニバン。そのボディは全長5300mm×全幅1970mm×全高1990mm、ホイールベース3210mmとなる。セミボンネットのパッケージを採用し、フロントには金属調加飾の大型ラジエターグリルを装着。リヤにはバックドアガーニッシュとL字型のリヤコンビネーションランプが組み合わされている。バリエーションは2タイプを用意する。上級グレードとなる「プレミアム」は3列シートの6人乗り、ベースグレードとなる「G」は4列シート8人乗りとなる。プレミアムの2列目と3列目にはゆったりくつろげる本革仕様のエグゼクティブパワーシートを採用。ロングスライドやパワーリクライニング機構、パワーオットマン、快適温熱シート、格納式テーブルなどを標準装備する。4列シートのGには2列目にエグゼクティブパワーシートを、3列目にレバー操作でシートの調整可能なリラックスキャプテンシート、4列目にワンタッチで座面が跳ね上がる6:4分割チップアップシートを採用し、乗車人数や手荷物に応じてフレキシブルに対応する。また、スライドドア開口幅を1000mmとして、後席への乗降性にも配慮した。インテリアはブラックを基調とした内装色を採用し、天井には明るいフロマージュをコーディネート。オプションとしてブラックを設定(プレミアムのみ)し、金属調加飾や木目調加飾と合わせて上質なインテリアを追求した。パワーユニットは2.8リッター4気筒ディーゼルターボ(1GD-FTV)に6速ATの組み合わせ。最高出力130kW(177ps)/3400rpm、最大トルク450Nm/1600~2400rpmを発生し、FRレイアウトにより後輪を駆動する。足まわりは前ストラット、後トレーリングリンク車軸式を採用。ストレートラダーのボディ構造に加え、サスペンションジオメトリの最適化、ストロークの確保によって乗り心地と走行安定性を高めたという。最小回転半径は17インチタイヤ装着車で5.6mを実現している。ディスプレイオーディオ(DA)とDCMを標準装備しており、すべての乗員に安心・便利なコネクティッドサービスの提供が可能。先進安全装備では歩行者(昼夜)、自転車(昼間)を検知対象に加えたプリクラッシュセーフティ採用の予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」を標準装備。駐車時などに障害物を検知して衝突被害の軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ:静止物)、車両後方カメラの映像をミラー内のディスプレイに表示するデジタルインナーミラーなど、安心・安全をサポートする機能も充実させた。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
トヨタ グランエースの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

トヨタ グランエース 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

トヨタ グランエースを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP