スバル シフォンカスタム 2019年07月~モデルの買取・査定相場

スバル シフォンカスタム
スバルは、新型「シフォンカスタム」を2019年7月16日に発表、同年7月25日より販売を開始した。シフォンカスタムはダイハツからOEM供給を受ける「タントカスタム」の兄弟モデル。トールデザインのエクステリアは共通であり、外観上の違いは前後のエンブレムが異なる程度。ボディカラーはモノトーン7色、ルーフがブラックとなる2トーンを3色設定している。大開口の助手席側「ミラクルオープンドア」、広々としたキャビン、多彩な収納スペースがもたらす使いやすさと快適性が持ち味であり。新型では運転席最大540mm、助手席最大380mmのスライド機構を設けることで、前後席間でのウォークスルーが可能となっている。先進安全装備の新「スマートアシスト」は内容を充実。カスタムにはハイビームとロービームを自動で切り替え、対向車の有無によってハイビームの照射範囲を制御する「アダプティブドライビングビーム」を採用したほか、ステレオカメラが区画線を認識し、ステアリング制御ではみ出しを防止する「車線逸脱抑制制御」が新たに装備されている。さらに「スマートアシストプラス」として、渋滞時にも使用可能な「全車速追従機構付きアダプティブクルーズコントロール」、車線中央を維持して走行する「レーンキープコントロール」、駐車時のハンドル操作をアシストする軽自動車初の「スマートパノラマパーキングアシスト」などを設定した。走行性能面ではプラットフォームを一新、高張力鋼板や差圧鋼板を使用することで大幅な軽量化を図りながら剛性を向上させ、操縦安定性を高めたという。さらにリヤサスペンションを高剛性化して車両全体の剛性を高めたことで最適なスプリングの設定が可能となり、乗り心地の向上も図られた。パワーユニットも改良された。エンジンは吸気ポートのデュアル化や複数回点火(マルチスパーク)の採用、燃焼室サイズの最適化により燃焼効率を向上。ターボはインタークーラーの大型化などにより、全域でトルクを拡大している。組み合わされるCVTもベルトとギヤを併用する新開発のスプリットギヤを採用。高速域では従来よりもハイギヤード化され、燃費と静粛性を向上させている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
スバル シフォンカスタムの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

スバル シフォンカスタム 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

スバル シフォンカスタムを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP