日産 エクストレイルハイブリッド 2017年06月~モデルの買取・査定相場

日産 エクストレイルハイブリッド
日産は、2017年6月8日に「エクストレイルハイブリッド」をマイナーチェンジ、同日に販売を開始した。今回のマイナーチェンジでは昨年フルモデルチェンジを受けた「セレナ」に搭載、好評を博している高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」を新設定。渋滞走行や長時間のドライブなどで感じられたストレスを大幅に低減する先進メカで、アクセル、ブレーキ、ステアリングのすべてを自動的に制御し、クルージング時の快適性を向上させた。内外装のリニューアルも行われている。エクステリアはフロントグリルの「Vモーション」を拡大。グリルからエンジンフードへとキャラクターラインを拡大させることでよりタフなイメージになり、プロジェクター方式のヘッドランプ、LEDを採用したリヤコンビランプ、新デザインのアルミホイール、ドアロアのクロームモールディングなどにより、従来型よりも上質かつ精悍なイメージに仕立てられている。ボディカラーは全12色を設定し、6色が新色となっている。インテリアは新形状のインストパッド、新デザインのステアリングホイール、コンソールのステッチライン変更、ドアフィニッシャーカラーの変更を実施して上質感を演出。装備ではハンズフリー機能付きの「リモコンオートバックドア」を新設定、「インテリジェントパーキングアシスト」の機能向上などが行われている。安全装備についてもハイビームアシスト、後退時車両検知警報(RCTA)、車線逸脱防止支援システム(LI)が新たに採用された。パワーユニットについての変更はないものの、ハイブリッド車は空力を向上させるアイテムやアクセルオフ時の回生量を増加させるシステムを採用することで、20.8㎞/L(JC08モード)の燃費を実現している。また、オーテックジャパンからリリースされる「モード・プレミア」、「エクストリーマーX」もマイナーチェンジ。「モード・プレミア」はエクストレイルでは唯一の19インチアルミホイールを装着し、専用マフラーのデザインを変更。インテリアではブラックの本革シートを新たに採用し、シートとステアリングをストーンホワイトとブラックでコーディネートした「ハイコントラストインテリア」を設定した。全席クイックコンフォートヒーター付きシートやPTC素子ヒーター、サイドエアバッグ&カーテンエアバッグも標準装備とした。「エクストリーマーX」は今回のマイナーチェンジでフロント、リヤ、サイドのスタイリッシュガードやドアミラー、ルーフレール(オーテック扱いメーカーオプション)をブラック基調とし、専用デザインの18インチアルミホイールを採用し、よりダイナミックなデザインとした。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
日産 エクストレイルハイブリッドの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

日産 エクストレイルハイブリッド 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

日産 エクストレイルハイブリッドを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

車買取査定のお役立ち情報

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP