メルセデス・ベンツ Sクラス PHV 2014年11月~モデルの買取・査定相場

メルセデス・ベンツ Sクラス PHV
メルセデス・ベンツ日本は、フラッグシップセダンのSクラスをベースにしたプラグインハイブリッド車を新設定し、2014年11月25日に発売した。設定されたのはS550プラグインハイブリッドロングで、パワートレインは245kW(333ps)/480N・mのパワー&トルクを発生するV型6気筒3.0リッターのブルーダイレクト直噴ツインターボエンジンをベースに、85kW(115ps)/350N・mを発生する高出力電気モーターを組み合わせ、システムとして325kW(442ps)/650N・mのパワー&トルクを発生する。3.0リッターエンジンながら、ツインターボと電気モーターによってS550に搭載されるV型8気筒ツインターボエンジン並みの動力性能に達している。しかもこのシステムは、ドライバーの走行スタイルに合わせて基本の「ハイブリッド」、極力モーターのみで走行する「E-モード」、バッテリーの充電レベルを維持する「E-セーブ」、回生ブレーキなどにより充電を最大化する「チャージ」の4つの走行モードの選択を可能としている。リチウムイオンバッテリーの充電時間は、フル充電まで約4時間(AC200V電源使用時)で、回生ブレーキなどにより走行中も充電が行われる。大容量のリチウムイオン電池を搭載していながらトランク容量は365Lと十分な量を確保した。またプラグインハイブリッドシステムはインテリジェントドライブの部分自動運転とも統合されていて、知能を備えたともいうべきインテリジェントアクセルペダルを備えている。EV走行モードの際にモーター走行の限界点をアクセルペダルの抵抗を増してドライバーに知らせるプレッシャポイント機能や、ディストロニック・プラス同様にレーダーで先行車両との車間距離と速度差を計測し、ドライバーが不要な加速操作を行っている場合にアクセルペダルに2回のノックパルスを発生させて知らせるダブルパルス機能などがそれだ。このほかクルマの周囲の状況に合わせて回生の強さや作動時間を調整することでゼロエミッション走行の距離を極限まで伸ばす「インテリジェントプラグインハイブリッド」としている。S550プラグインハイブリッドロングは、エコカー減税において自動車重量税、自動車取得税が100%免税となり、さらに2014年度はクリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金を最大85万円受けることができる。2015年4月1日には価格改定を行った。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
メルセデス・ベンツ Sクラス PHVの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

メルセデス・ベンツ Sクラス PHVを一括査定した人の口コミ・評判

買取カービューの愛車無料一括査定サービスで実際にSクラス PHVの買取価格を比較したユーザーの口コミ・評判です。
見積もり社数と査定比較で得した金額をチェックしましょう!

大阪府 50代男性
査定時期 2020年2月
最高売却額
0.0万円
見積り数
3社:最大0.0万円
査定満足度
5.0
グレード
その他
年式
2014年/平成26年
走行距離
70,001~75,000
口コミをもっと見る
利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP