メルセデス・ベンツ Eクラス クーペ 2018年09月~モデルの買取・査定相場

メルセデス・ベンツ Eクラス クーペ
メルセデス・ベンツ日本は、「Eクラスクーペ」に「メルセデスAMG E53 4MATIC+」を設定して、2018年9月6日に発表、同日より注文受付を開始した。新たに設定された「メルセデスAMG E53 4MATIC+」には、新型3.0リッター直列6気筒「M256」エンジンが搭載される。このユニットは電化を前提に設計されたパワーユニットで、ひと足早く「S450」にも搭載されている。このエンジンをベースに大型のターボ、さらに電動スーパーチャージャーを組み合わせることで「S450」に対して50kW(68ps)、20Nmプラスとなる最高出力320kW(435ps)/6100rpm、最大トルク520Nm/1800~5800rpmを発生する。エンジンとトランスミッションの間に配置された「ISG」は最高出力16kW、最大トルク250Nmを発生する電気モーターでオルタネーターとスターターの機能も兼ねている。この電気モーターと「48V電気システム」により、従来のハイブリッド車のような回生ブレーキによる発電を行い、約1kWの容量を持つリチウムイオンバッテリーに充電。低回転時にはエンジンの補助動力を行い、スターターを電気モーターとすることでエンジン始動時の振動やアイドリングストップの際の再スタート時の快適性を向上させている。「電動スーパーチャージャー」は、低回転域で過給を行うことでターボラグを解消し、あらゆる回転域で俊敏なレスポンスが得られるという。足まわりにはエアサスペンションの「AMG RIDE CONTROL+」を採用。スポーティなスプリング/ダンパー設定と連続可変ダンパーの「ADS+(アダプティブダンピングシステム)」により、すぐれた操縦性と快適な乗り心地を両立。可変トルク配分を行う「AMG 4MATIC+」も安定性や操縦性に貢献する。エクステリアではシルバークロームのツインブレードフロントグリルを採用。フロントスポイラーにはシルバークロームのフロントスプリッターが備わり、左右エアインテークにはシルバークロームの水平フィンが2本ずつあしらわれ、その外側にブラックのフリックが採用される。さらにAMG専用のサイドスカート、20インチの5スポークアルミホイール、ボディ同色のトランクリッドスポイラーリップ、大型リヤディフューザーとクローム仕上げで円形のデュアルエグゾーストエンドが装着されている。インテリアについても63シリーズに採用されている「AMGパフォーマンスステアリングホイール」を装着。ナビゲーションの操作や車両の設定などが行える「タッチコントロールボタン」や「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動発進機能付き)」を操作するスイッチも備わる。また、インストルメントクラスターにはエンジンオイル温度、トランスミッションオイル温度、前後および横方向の加速度、エンジン出力およびトルク、過給圧、タイヤ空気圧などのAMG専用メニューを表示することができる。2019年1月1日には価格改定を実施した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
メルセデス・ベンツ Eクラス クーペの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

メルセデス・ベンツ Eクラス クーペ 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

メルセデス・ベンツ Eクラス クーペを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP