メルセデス・ベンツ Cクラス クーペ 2016年04月~モデルの買取・査定相場

メルセデス・ベンツ Cクラス クーペ
メルセデス・ベンツは新型メルセデスAMG C63クーペ/C63Sクーペを2016年4月15日に発表。受注を開始し、同年8月頃に発売する。ベースは3月に発売されたCクラスクーペだが、ドア、ルーフ、トランクを除くほぼすべてのパーツを専用開発。大きく張り出した専用リヤフェンダーが力強さを強調し、エグゾーストエンドをディフューザーと一体化したリヤエンドがエアロダイナミクスを向上させている。トランクリッドスポイラーリップを備えることでリヤに掛かるダウンフォースを増加し、ロードホールディングを高めている。パワーユニットは同社のスポーツカーである「メルセデスAMG GT」と基本設計を共通するAMG 4.0リッターV8直噴ツインターボのM177型を搭載。C63クーペは最高出力350kW(476ps)、最大トルク650Nmの性能を備え、C63Sクーペは375kW(510ps)、700Nmのハイパフォーマンスをアピールし、0-100㎞/h加速を3.9秒でこなす動力性能を実現している。トランスミッションはトルクコンバーターの代わりに湿式多板クラッチを用いた7速スポーツトランスミッション「AMGスピードシフトMCT (マルチクラッチテクノロジー)」を採用。ダイレクト感ある素早いシフトチェンジをもたらし、トルコンに対して燃費効率の改善にも貢献する。シフトダウン時のブリッピング機能、レーススタート機能によりダイナミックな走りが楽しめ、高速走行時などにアクセルから足を離すとエンジンとトランスミッションを切り離し、セーリング機能で燃費を優先するC(コンフォート)モードをはじめ、S(スポーツ)、S+(スポーツプラス)、パラメーターを個別に設定できるI(インディビジュアル)モードを設定。C63Sクーペにはサーキット走行のためのRACE(レース)モードが追加されている。トランスミッションのシフトプログラムに加え、エグゾーストシステムを含むエンジン特性、サスペンション、ステアリング特性、3ステージESP、エコスタートストップ機能が連動して変化するAMGダイナミックセレクトは走行シーンに応じて選択可能。ブレーキはC63クーペに360mm径のドリルドベンチレーテッドディスクを前後に装着。パフォーマンスの向上に対応してC63Sクーペにはフロントに大径の強化タイプ、390mmディスクが装着される。インテリアはサイドサポートを張り出し、ホールド性を高めたAMGスポーツシートを採用。ステアリングもグリップ部に吸湿性にすぐれるDINAMICA素材を用いた本革巻きステアリングを装備する。電動パワステは市街地走行時には操舵力を低減、高速走行時にはアシスト量を変化させて安定性を向上。スポーツドライビング時には正確なステアリングフィールと路面からのダイレクトなフィードバックが得られる。ハンドル位置は両モデルで左右の選択が可能。また、専用の内外装を採用する特別仕様車「C63Sクーペエディション1」も7月末までの期間限定で発売された。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
メルセデス・ベンツ Cクラス クーペの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

メルセデス・ベンツ Cクラス クーペ 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

メルセデス・ベンツ Cクラス クーペを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP