メルセデス・ベンツ AMG GT ロードスター 2017年08月~モデルの買取・査定相場

メルセデス・ベンツ AMG GT ロードスター
メルセデス・ベンツ日本は、オープントップモデルの「メルセデスAMG GTロードスター」および「メルセデスAMG GT Cロードスター」を2017年8月25日に発表、同日に販売を開始した。メルセデスAMG社による完全自社開発スポーツカー「メルセデスAMG GT」をベースに、自動開閉の「アコースティックソフトトップ」を備えた2シーターオープンスポーツ。このソフトトップはマグネシウム、スチール、アルミニウムの3層構造により軽量化が図られており、走行中でも50㎞/h以下であれば開閉が可能。約11秒で開閉することが出来、オープン時にはソフトトップがシート後方に折りたたまれる省スペース設計を採用する。エクステリアは「GTロードスター」、「GT Cロードスター」とも15本のクロームメッキ垂直フィン「AMGパナメリカーナグリル」を装着。ルーフなしでクーペと同等の運動性能を実現させるためにサイドスカートの肉厚を増したり、補強材の追加などによりボディ剛性を向上。トランクリッドは軽量化にも配慮して炭素繊維SMC(シートモールディングコンパウンド)製としている点も見逃せない。リヤエンドはモデルによって違いがあり、「GT Cロードスター」は20インチホイールを採用し、アルミ製サイドウォールにより、リヤの幅がGTよりも57mm拡大している。また、随所にクロームパーツを施すことでGTとの差別化が図られている。搭載されるエンジンはAMG製の4.0リッターV8直噴ツインターボの「M178」。GTロードスターは最高出力350kW(476ps)、最大トルク630Nm、GT Cロードスターは最高出力410kW(557ps)、最大トルク680Nmを発生し、パワーウエイトレシオ2.98kg/psのGT Cロードスターは0-100㎞/h加速3.7秒(欧州参考値)を実現している。組み合わされるトランスミッションは7速デュアルクラッチの「AMGスピードシフトDCT」。燃費と快適性を優先する「C(Comfort)」、スポーティな「S(Sport)」、「S+(Sport Plus)」のシフトモード、さまざまなパラメーターを個別に設定できる「I(Individual)」を設定し、GT Cロードスターにはサーキット走行用のための「RACE」モードも備わる。サスペンションは前後ともダブルウィッシュボーンを採用し、GT Cロードスターには電子制御ダンピングシステム「AMGライドコントロール スポーツサスペンション」を標準装備。快適なクルージングからサーキット走行まで対応する「AMGダイナミックセレクト」、きめ細かな制御が行われる電子制御LSD「AMGリミテッドスリップデフ」などにより、一段とスポーティな走りが得られる。2018年1月1日には価格改定を実施した。2019年1月1日には価格改定を実施した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
メルセデス・ベンツ AMG GT ロードスターの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

メルセデス・ベンツ AMG GT ロードスター 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

メルセデス・ベンツ AMG GT ロードスターを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP