マツダ フレアワゴン 2013年04月~モデルの買取・査定相場

マツダ フレアワゴン
マツダは超ハイト系軽自動車のフレアワゴンをフルモデルチェンジし、2013年4月25日から発売すると発表した。フレアワゴンはスズキからスペーシアをベースにしたクルマのOEM供給を受けるもの。スペーシアはパレットから車名を変更したが、マツダのフレアワゴンはそのままでフルモデルチェンジされた。フレアワゴンはロングホイールベースの新しいプラットホームとハイルーフを採用することで、室内長を拡大するなどしてゆとりある快適な空間を作ると同時に、4.2mという小さな最小回転半径によって優れた使い勝手を実現した。外観デザインは見るからに室内の広さを感じさせると同時に親しみやすさを感じさせるシンプルでクリーンなものとしている。ルーフ部分を白く塗り分けた2トーンカラー仕様車の設定もある。インテリアは広いガラスエリアとインパネの造形によって広さを感じさせる空間を作った。左右独立のダイブダウン式格納のリアシートは、軽量化することで操作性を改善し、ほぼフラットで奥行きのある荷室を作った。一般的な27インチ型自転車の積載も可能だ。搭載エンジンは660ccR06A型で、減速エネルギーを回生するエネチャージ、ブレーキを踏んで13km/h以下に減速するとエンジンを自動停止するアイドリングストップシステム、アイドリングストップ時の室温上昇を抑えるエコクールなどの技術を採用した。これらの低燃費技術とに、従来に比べて90kg低減のの徹底した軽量化を組み合わせることで、2WDモデルで29.0km/Lの優れた燃費性能を実現し、4WD車を含めた全車でエコカー減税の免税対象となった。なお、スペーシアにはターボ車の設定があるが、フレアワゴンは自然吸気エンジンの搭載車のみの設定となる。上級グレードのXSは後席左側ドアにワンアクションパワースライドドアを標準装備したほか、両側のスライドドアを半ドア状態から自動的に全閉するイージークロージャーやロール式サンシェードなどを標準装備した。またマップルナビを標準搭載したスマートフォン連携ナビゲーションを全車にメーカーオプション設定した。マルチタッチ対応6.2インチディスプレイの採用でスマートフォン感覚で操作が可能なほか、バックモニター、AM/FMラジオ、ワンセグテレビ機能を装備し、ブルートゥースによる無線接続にも対応した。安全装備は横滑り防止装置の設定はなく、ABSやSRSエアバッグなどの一般的な仕様が用意されるのにとどまっている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
マツダ フレアワゴンの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

マツダ フレアワゴン 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

マツダ フレアワゴンを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP