マツダ 2013年11月~モデル(アクセラスポーツ(ハッチバック) )の買取・査定相場

マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)
マツダは主力の小型5ドア車であるアクセラスポーツをフルモデルチェンジし、2013年11月21日に発売した。アクセラスポーツはCX-5やアテンザに続いてマツダの新世代技術であるSKYACTIVや新DOHCテーマの魂動(こどう)を全面的に採用したモデルで、最新の安全装備であるi-アクティブセンスも採用するなど、意欲的なクルマ作りがなされている。セダンを含めたシリーズ全体で見ると、ひとつの車種で、ガソリン、ディーゼル、ハイブリッドという3種類のパワーユニットを持つ国産車で唯一のモデルとなった。外観デザインは大きな五角形のフロントグリルとシグネチャーウイングがマツダ車のアイデンティティーを強調するとともに、流れるようなボディサイドのラインが動きや勢いを表現している。インテリアは凝縮感のある運転席空間と開放的で心地よいパッセンジャー空間を両立させることを基本に、単眼メーターをドライバーの体の中心線に置いて一体感を演出した。ヘッドアップディスプレーや高めに配置したカーナビは少ない視線移動で確認が可能だ。センターコンソールに配置された回転式のコマンダーコントローラーによって各種操作をするマツダ・コネクトという新しい操作系を採用した。これはヨーロッパ車的な感覚のヒューマン・マシン・インターフェイスとして注目されるとともに、スマートフォンと連携したハンズフリー通話やツイッターやフェイスブックへの接続も可能とした。スポーツの搭載エンジンはガソリンが1.5リッターと2.0リッター、ディーゼルが2.2リッターの計3機種。各エンジンに6速MTと6速ATが組み合わされるが、2.0リッター車の6速MTの発売は2014年春を予定している。また2.2リッターの直噴ディーゼルターボの発売は2014年1月となる。駆動方式はFFが基本で、1.5リッター車には4WDの設定もある。4WDは6速AT車のみの設定だ。1.5リッターエンジンはトルクアップと燃費の向上が図られ、2.0リッターエンジンは4-2-1の新しい排気系を採用して燃費の向上させ、2.2リッターのディーゼルエンジンはN0xの後処理なしで最新の排気ガス規制に適合させるとともに、大トルクによる余裕の走りを特徴とする。i-アクティブセンスには、追突軽減ブレーキのスマート・ブレーキ・サポートを始めとする各種の最新の安全装備が盛り込まれているが、仕様やグレードによって設定が異なっている。グレードは15Cと15SにFFと4WDがあり、ほかに20S、20Sツーリング、20SツーリングLパッケージ、ディーゼル車のXDはFFのみの設定だ。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)の相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にヤフー株式会社が独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)を一括査定した人の口コミ・評判

買取カービューの愛車無料一括査定サービスで実際にアクセラスポーツ(ハッチバック)の買取価格を比較したユーザーの口コミ・評判です。
見積もり社数と査定比較で得した金額をチェックしましょう!

口コミをもっと見る
利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

ヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP