ロータス ヨーロッパS 2008年03月~モデルの買取・査定相場

ロータス ヨーロッパS
ロータス・ヨーロッパといえば、スーパーカーブームの中で育った世代にはある種の感慨をもって迎えられるクルマ。かつてヒットしたコミックの主人公が乗っていたクルマでもある。2006年にロータスが復活させ、9月からの正式な発売を前に6月から仮受注を始めた。ロータスというとスパルタンな本格スポーツカーを作っているメーカーだが、ヨーロッパはサイドシルを低くするとともにルーフもやや高くして乗降性を改善したり、トランク容量を増やして実用性を確保するなど、グランドツアラー的な性格のクルマに仕上げられている。基本プラットフォームは111系のものながら、それを発展させた121系とされており、ロータスにとっては久々の新しいクルマとなる。インテリアも本革シートやオートエアコンなどの快適装備を標準で備えるほか、ABSやデュアルSRSエアバッグといった安全装備の充実度も高い。ヨーロッパSの搭載エンジンはトヨタ製ではなくGM(オペル)製のECOTECエンジンで、2.0リッターのDOHC+ターボ仕様。アルミフレームや樹脂製のボディパネルの採用などにより1000kgを切る軽量ボディに対し、このエンジンが発生する200psの実力は十分なもの。0-100km/hの加速も5秒台という実力を持ち、220km/hを超える最高速をマークする。2007年にはインテリアを革張りにするなどラグジュアリーな仕様を備えたヨーロッパLXを追加した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
ロータス ヨーロッパSの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

ロータス ヨーロッパSを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP